ヤン・ラマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ラマース
Jan Lammers.jpg
基本情報
フルネーム ヨハネス・ラマース
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・ザントフォールト
生年月日 1956年6月2日(58歳)
F1での経歴
所属チーム '79 シャドウ
'80-'81 ATS
'80 エンサイン
'82 セオドール
'92 マーチ
活動時期 1979-1982,1992
出走回数 23
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1979年アルゼンチンGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1992年オーストラリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ヨハネス・ラマースJohannes Lammers1956年6月2日 - )は、オランダ出身のレーシングドライバー1988年ル・マン24時間レース覇者。一般に、ヤン・ラマースJan Lammers )と表記される。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

17歳でオランダ・ツーリングカー選手権にデビューし、初年度にチャンピオンを獲得。その後、一旦フォーミュラレースに転向し、FF1600やドイツF3、ヨーロッパF3に参戦。ヨーロッパF3では、1978年にタイトルを獲得した。

F1[編集]

セオドール・TY02をドライブするラマース(1982年オランダグランプリ

1979年に、中堅チームのシャドウと契約しF1デビュー。しかしマシンの戦闘力は低く、最高位は9位に留まり、3度の予選落ちも喫した。

1980年のATSでも状況は変わらず、開幕戦アルゼンチンGPから3戦連続予選落ちを喫していたが、第4戦アメリカ西GPで突如予選4位に入る。注目を浴びることとなったが、決勝ではスタート直後にトラブルでリタイヤ。その後の2戦も決勝に進出するが、完走はならなかった。第7戦フランスGPよりティフ・ニーデルの後釜としてエンサインに移籍するが、8戦中5戦予選落ちという結果に終わった(最高12位)。

1981年は序盤4戦にのみATSから参戦するが、完走は第3戦アルゼンチンGPの12位のみであり、残りは予選落ち2回、リタイヤ1回という成績だった。1982年は中盤にセオドールから参戦するも、マシンの戦闘力が低いこともあり6戦中5度予選落ち、完走なしという成績で、最終的に同チームを去ることとなった。

F1後の活躍[編集]

セオドール解雇後は、スポーツカーレースにおいては、ヨーロッパルノー5ターボ1983年1984年に2年連続でタイトルを獲得するなど活躍した。その後は世界スポーツプロトタイプカー選手権にも参戦し、1988年にはル・マン24時間レースにおいて、ジャガー・XJR-9を駆りアンディ・ウォレスジョニー・ダンフリーズとのトリオで優勝。ル・マンにおける、久々のイギリス車優勝の立役者となった。またこの年のIMSAでは、デイトナ24時間レースで優勝している。

その後も世界スポーツプロトタイプカー選手権に参戦した他、その高い実績が評価され1992年トヨタ・チーム・トムスのワークスとして全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権にも参戦し、2勝を挙げる活躍をした。

フォーミュラレースにおいては、CARTやヨーロッパF2選手権と国際F3000選手権、全日本F2選手権全日本F3000選手権等に参戦。特に日本において多くのレースに参戦し、優勝を含む活躍をしたことで、日本人にとってお馴染みの外国人ドライバーの1人となった。

F1復帰[編集]

1992年の第15戦日本GPと最終戦オーストラリアGPにて、唐突に10年ぶりとなるF1復帰。スポンサーとのトラブルで契約の切れたカール・ヴェンドリンガーに代わり、小口スポンサーを持ち込んでのものだった(最高位:12位)。この縁から、そのままマーチと1993年シーズンの契約を結んだ。

正ドライバーとして、久々に開幕から戦う予定だったが、チームは資金難であり、開幕までに十分な資金を集めることが出来なかった。開幕戦南アフリカGPにおいて、相棒となる予定だったジャン=マルク・グーノンキャラミ・サーキットを訪れたものの、チームは姿を見せなかった。チームは結局そのまま消滅し、ラマースも以後F1とは縁がない。

その後[編集]

その後もスポーツカーレース、フォーミュラ共に活動を見せたが、主にスポーツカーレースで実績を残している。近年は、1980年代から1990年代にかけて、全日本F3000に童夢から参戦していたこともあり、同社との縁が深く、2001年から2007年にかけて自らがオーナーを務めるチーム「Racing for Holland」より、童夢・S101FIA スポーツカー選手権(FIA SCC)やル・マン24時間レースに参戦。2002年2003年には、FIA SCCのシリーズチャンピオンに輝いている。

2005年から開催されているA1グランプリの、2005年-2006年シーズンのみオランダチームの監督をしていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート
ル・マン24時間優勝者
1988 with:
ジョニー・ダンフリーズ
アンディ・ウォレス
次代:
ヨッヘン・マス
マニュエル・ロイター
スタンレー・ディケンズ