ロジャー・ウィリアムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・ウィリアムソン
Roger Williamson statue Donington Park.jpg
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
F1での経歴
所属チーム '73 マーチ
活動時期 1973
出走回数 2
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1973年イギリスGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1973年オランダGP
テンプレートを表示

ロジャー・ウィリアムソンRoger Williamson1948年2月2日 - 1973年7月29日)は、イングランド出身の元F1ドライバー。

来歴[編集]

1972年にイギリスF3を制覇。翌1973年はF2に参加していたが、F1ドライバーのジャン=ピエール・ジャリエがF2チャンピオン獲得を狙って、F2に専念[1]。ジャリエの代役として、ウィリアムソンはイギリスグランプリでF1デビューを果たしたが、1周目に発生した多重事故に巻き込まれリタイアした。

死亡事故[編集]

1973年当時のザントフォールト・サーキット。ウィリアムソンは画面上のS字カーブを過ぎた直後にコースアウト。ガードレールに弾き飛ばされて土手を転がり落ち、東トンネル(Tunnel Oost )手前のインコース脇に停止した

デビュー2戦目となったオランダグランプリで悲劇が襲う。8周目コース中盤のS字コーナーを通過した際タイヤトラブルからウィリアムソンのマーチ・731フォードはコースアウトしてガードレールにクラッシュ、そのガードレールが過去のマシンのクラッシュ跡でコースとは反対側に反っているという危険な状態だったため、マシンは飛び上がって一度土手に乗り上げた後コースに転落して横転、さらに火災が発生した。横転後もマシンのスピードは衰えず、逆さまのままコースを燃え上がりながら滑っていき、ガードレール沿いのインコース脇にようやく停止した。同僚のデビッド・パーレイが救出のためにマシンを止めて駆け寄り、消火と救出を試みたが果たせず、ウィリアムソンは燃え盛るマシンの中で焼死してしまった。25歳没。F1デビューからわずか2戦、一度も完走を果たせないままの死であった。

ウィリアムソンが事故に遭いマシンが炎上し、パーレイが救出しようと奮闘するが果たせず、レースを続けている他のドライバーに停車と救出への協力を求めるが無視され、目の前でウィリアムソンが焼死していくのが分かりながら肩を落として去る、という悲劇的な顛末は写真や映像として記録されている。

後にパーレイは「あの時、彼はまだ生きていたんだ。僕に叫んでいた。『For God's sake, David, get me out of here!!(頼むから、デビッド、俺をここから出してくれ!!)』と」と語っている。事故発生後も現場のすぐ脇を走り続け、このレースの優勝者になったジャッキー・スチュワートは「レースが中断されない限り、私達は走り続けることしかできなかった」とコメントした。ニキ・ラウダも、「パーレイを見て、(ウィリアムソンが)無事脱出したと思っていた。まさか乗っていたとは…」とコメントしている。

パーレイの英雄的な行動が大いに賞賛された一方、ほとんど有効な消火救出手段を講じず消防車が到着するのを待つだけだったコースマーシャルや、事故現場のすぐ脇を素通りしレースを続行した他のドライバーや、レースを赤旗中断しなかったレース主催者を非難する声もある。

ただし当時のレースの現場関係者で耐熱性の高い服を着用しているのはパーレイ等ドライバー位であり、マーシャルには十分な装備が与えられていなかったという一面もある。ロレンツォ・バンディーニジョー・シュレッサーピアス・カレッジの事故など、結果として死亡事故になった場合でもレースが中断されなかった例は他にも多かった[2]。事故後もレースを続行したドライバーの多くは前述のラウダと同様にパーレイをウィリアムソンだと勘違いし、炎上しているマシンのドライバーは無事に脱出できたと思っていたという意見もある。現在とはレース運営や安全性に関する意識が異なっていた時代であり、現在の基準でコースマーシャルや他のドライバー達の行為を評価するのは不当という意見もある。

彼の乗っていたマーチのロールバーを補強するステーが前方に伸びていた為に救出が出来なかったという意見があり、当時のマシンデザイナーは大きなショックを受けたと言われている。

成績[編集]

key

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC Pts.
1973 STPマーチ・レーシング 731 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR
Ret
NED
Ret
GER AUT ITA CAN USA NC 0

脚注[編集]

  1. ^ 当時F1ドライバーがF2に掛け持ち出場する例は多かった。
  2. ^ このレースの前戦であるイギリスグランプリでF1選手権史上初の赤旗中断が発生したが、これは多数のマシンがコースをふさぎレース続行が物理的に不可能と判断されたためで、ドライバーの安否とは関係がないと言われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]