1982年サンマリノグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンマリノの旗 1982年サンマリノグランプリ
レース詳細
Imola 1981.jpg
日程 1982年シーズン第4戦
決勝開催日 4月25日
開催地 イモラ・サーキット
イタリアエミリア=ロマーニャ州イモラ
コース長 5.040km
レース距離 60周(302.400km)
決勝日天候 晴れ
タイヤ ドライ
ポールポジション
ドライバー フランスの旗 ルネ・アルヌー
タイム 1:29.765
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 ディディエ・ピローニ
タイム 1:35.036 (Lap 44)
決勝順位
優勝 フランスの旗 ディディエ・ピローニ
タイム 1'36:38.887
2位 カナダの旗 ジル・ヴィルヌーヴ
3位 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート

1982年サンマリノグランプリは、1982年のF1世界選手権第4戦として、1982年4月25日にイタリアのイモラ・サーキットで行われた。

概要[編集]

第2戦ブラジルGPで優勝したネルソン・ピケブラバム)と、2位のケケ・ロズベルグウィリアムズ)のマシンに搭載された水タンク[注釈 1]に対してFISA(国際自動車スポーツ連盟)側が抗議。この時点では抗議は退けられたが[1]、第3戦アメリカ西GP後に両者失格の裁定が下され、水タンクの使用も禁止された。FOCA側はこの裁定に反発、ブラバム・ウィリアムズ・ロータスマクラーレンなど10チームがサンマリノGPボイコットを決める。これに対し、マクラーレンのニキ・ラウダがレースに出走するよう各チームに働きかけたが、ボイコットの決定が翻ることはなかった[2]

レースに参加したのは、FISA側のフェラーリルノーアルファ・ロメオ3チームとトールマン、FOCA側でありながら出走したティレル(新しいスポンサーのCandyがイタリアの企業である関係上[3][4][注釈 2])、ATSオゼッラの7チーム・14台である。

予選はルノールネ・アルヌーがシーズン2回目のポールポジションを獲得。アラン・プロストが2位に付け、ルノーがフロントローを独占した。地元フェラーリのジル・ヴィルヌーヴディディエ・ピローニがそれぞれ3・4位と続いた。

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 1日目 2日目
1 16 フランスの旗 ルネ・アルヌー ルノー 1:32.628 1:29.765
2 15 フランスの旗 アラン・プロスト ルノー 1:31.169 1:30.249
3 27 カナダの旗 ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 1:31.541 1:30.717
4 28 フランスの旗 ディディエ・ピローニ フェラーリ 1:32.020 1:32.779
5 3 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 1:34.480 1:33.209
6 23 イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ アルファ・ロメオ 1:35.214 1:33.230
7 22 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス アルファ・ロメオ 1:33.879 1:33.397
8 35 イギリスの旗 デレック・ワーウィック トールマンハート 1:34.062 1:33.503
9 31 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 1:34.715 1:34.336
10 36 イタリアの旗 テオ・ファビ トールマンハート 1:42.529 1:34.647
11 4 イギリスの旗 ブライアン・ヘントン ティレルフォード 1:36.100 1:35.262
12 9 ドイツの旗 マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 1:36.155 1:35.790
13 32 イタリアの旗 リカルド・パレッティ オゼッラフォード 1:37.999 1:36.228
14 10 チリの旗 エリセオ・サラザール ATS-フォード 1:41.255 1:36.434
出典:[5]

決勝[編集]

トールマンのデレック・ワーウィックがウォームアップ中にリタイアし、13台でのスタート。このレースが決勝初出走となるオゼッラのリカルド・パレッティはエンジントラブルのためピットスタートとなる。レーススタート後はルノーの2台が先行するが、プロストが6周でリタイヤ。アルヌーが首位を走り、それをフェラーリの2台が追いかけるという展開になる。

44周を終えたところでアルヌーもプロスト同様エンジンに異常が発生してリタイヤとなり、ヴィルヌーヴが首位に躍り出、その後ろにファステストラップを記録したピローニが僅差で続き、それぞれ接戦を繰り広げた。3位を走行するティレルのミケーレ・アルボレートとの差は40秒であり、燃料切れを懸念したチームから2台のフェラーリに「SLOW」のサインが出されヴィルヌーヴはそれに従うが、53周目にピローニが首位に立った。59周目にヴィルヌーヴが再度首位に立ち、2台とも再びペースダウンを行った。しかし、最終周である60周目のトサ・コーナー手前でピローニがスピードを上げヴィルヌーヴをインコーナーから抜き去った。突然の展開にヴィルヌーヴは抜き返す余裕がなく、そのままゴールした。

ピローニの行為にヴィルヌーヴは激怒し、レース後のパレードにピローニと同乗することを拒否[6]。表彰台でも終始憮然とした表情で、式が終わるとピローニを無視して、自家用ヘリコプターに乗ってモナコへと帰った[7]。その後ヴィルヌーヴは「(ピローニと)二度と話をしない」と語った[7][8]。この出来事が次戦ベルギーGP予選でのヴィルヌーヴの事故死へとつながることになる。

決勝結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 28 フランスの旗 ディディエ・ピローニ フェラーリ 60 1:36:38.887 4 9
2 27 カナダの旗 ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 60 + 0.366 3 6
3 3 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート ティレルフォード 60 + 1:07.684 5 4
4 31 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ オゼッラフォード 59 + 1 Lap 9 3
5 10 チリの旗 エリセオ・サラザール ATSフォード 57 + 3 Laps 14 2
DSQ 9 ドイツの旗 マンフレッド・ヴィンケルホック ATSフォード 54 失格 12
NC 36 イタリアの旗 テオ・ファビ トールマンハート 52 周回数不足 10
Ret 16 フランスの旗 ルネ・アルヌー ルノー 44 エンジン 1
Ret 23 イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ アルファ・ロメオ 24 エンジン 6
Ret 32 イタリアの旗 リカルド・パレッティ オゼッラフォード 7 サスペンション 13
Ret 15 フランスの旗 アラン・プロスト ルノー 6 エンジン 2
Ret 22 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス アルファ・ロメオ 4 燃料ポンプ 7
Ret 4 イギリスの旗 ブライアン・ヘントン ティレルフォード 0 トランスミッション 11
Ret 35 イギリスの旗 デレック・ワーウィック トールマンハート 0 電気系統 8
出典:[9][10]
  • ラップリーダー - アルヌー (Lap 1 - 26, 31 - 44)→ヴィルヌーヴ (Lap 45. 49 - 52, 59)→ピローニ (Lap 46 - 48, 53 - 58, 60)[9]
  • ヴィンケルホックは最低重量不足のため失格

第4戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 フランスの旗アラン・プロスト 18
2 オーストリアの旗ニキ・ラウダ 12
3 フランスの旗ディディエ・ピローニ 10
4 イタリアの旗ミケーレ・アルボレート 10
5 フィンランドの旗ケケ・ロズベルグ 8
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1 フランスの旗ルノー 22
2 イギリスの旗マクラーレンフォード 20
3 イタリアの旗フェラーリ 16
4 イギリスの旗ウィリアムズフォード 14
5 イギリスの旗ティレルフォード 10
  • ドライバー・コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 走行中に水を噴射してマシンの重量を減らし、レース後に水を注入して最低重量をクリアするというもの。
  2. ^ アロウズにもイタリアの企業であるラグノがスポンサーに付いていたがレースには出走していない。

出典[編集]

  1. ^ 『F1レース10年の軌跡』(グランプリ出版、1991年)p.105。
  2. ^ 『オートスポーツ』p.38。
  3. ^ 『オートスポーツ』p.36。
  4. ^ 『F1レース10年の軌跡』p.106。
  5. ^ オートスポーツ、37頁。
  6. ^ 『オートスポーツ』p.42。
  7. ^ a b ドナルドソン(1991年)p.304。
  8. ^ 『Racing On』p.99。
  9. ^ a b 林信次『F1全史 1981 - 85』(ニューズ出版、1992年)p.118。
  10. ^ The Official Formula 1 website”. 2012年9月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1982年アメリカ西グランプリ
FIA F1世界選手権
1982年シーズン
次戦
1982年ベルギーグランプリ
前回開催
1981年サンマリノグランプリ
サンマリノの旗 サンマリノグランプリ 次回開催
1983年サンマリノグランプリ