タツィオ・ヌヴォラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TazioNuvolari.jpg

タツィオ・ジョルジョ・ヌヴォラーリTazio Giorgio Nuvolari1892年11月16日 - 1953年8月11日)は、イタリアレーサー。故郷マントヴァにちなみ、「空飛ぶマントヴァ人」(Il Mantovano Volente - Flying Mantovan )の異名をとった伝説的なドライバーである。

獲得した主要タイトルは、1925年度モーターサイクル350ccクラス・ヨーロッパチャンピオン、1932年度ヨーロッパ・ドライバーズチャンピオン。

経歴[編集]

タツィオ・ヌヴォラーリ(後列中央)のアルファ・ロメオに乗るベニート・ムッソリーニ

第一次世界大戦から復員した後、1920年にオートバイレースで競技生活を始める。成功を収めた後4輪レースに転向し、アルファ・ロメオランチアスクーデリア・フェラーリなど、主に自国のレーシングチームで活躍した(一時期はフランスブガッティドイツアウトウニオンにも在籍した)。1930年代に全盛期を迎え、タルガ・フローリオミッレミリアなどの国内メジャーレースや、国際グランプリル・マン24時間レースなどで数々の勝利を挙げ、国民的人気ドライバーとなった。

走りは勇猛果敢で、常に全力疾走でサーキットを駆け抜けた。162cmと小柄な身体で重いステアリングを操るため、マシンの4輪を滑らせカウンターステアを当てながら走るドリフト走法を編み出したと言われる。そのドライビングテクニックは神懸りとも悪魔的とも評され、性能の劣るマシンや悪路など困難な条件であるほど冴え渡った。

風貌も独特で、験担ぎに黄色のシャツと、詩人ガブリエーレ・ダンヌンツィオから贈られた金色の亀のブローチを身につけてレースに臨んだ。無骨な顔つきは「馬面」もしくは「皮面」と呼ばれた。

当時アルファ・ロメオのセミワークスチームとして活動していたスクーデリア・フェラーリの創始者エンツォ・フェラーリは、ヌヴォラーリこそ史上最高のレーシングドライバーであると確信し、後年も度々その名を挙げてドライバーの理想像を語っていた。

伝説のドイツGP[編集]

ヌヴォラーリが記録した勝利の中でも、1935年ニュルブルクリンクで行われたドイツGPでの勝利は、モータースポーツ史に残る快挙として語られている。当時のレース界はファシズム国家の国威発揚に利用されており、とりわけドイツは自国の工業技術の優秀さを誇示するため、メルセデス・ベンツアウトウニオンのワークスチームを強力に支援していた。

イタリアもムッソリーニ政権の威信を賭けアルファ・ロメオの正規チームスクーデリア・フェラーリが対抗したが、名車P3を持ってしてもドイツ勢にまったく歯が立たず、連敗を喫していた。

レース決勝当日の7月28日、山間のニュルブルクリンクには自国車の快勝劇を見ようと、40万人ものドイツ人観衆が集まった。ヌヴォラーリはイタリアのエースとして孤軍奮闘したが、ピットイン中の燃料補給に手間取り6位に転落した。しかしヌヴォラーリは諦めることなく、1周22.8kmの難コースで鬼神のごとき追走を開始する。1分以上あったトップとの差を最終周には30秒差まで詰め、焦ったトップのメルセデス・ベンツは無理なペースアップを図るも、タイヤの破裂で後退。ついにヌヴォラーリが敵地で大逆転勝利を達成した。

大観衆は静まり返ったが、やがて勇敢な勝者を讃える拍手がサーキットに広がった。大会役員は表彰台でかける国歌レコードを自国のものしか用意しておらず、ヌヴォラーリが持参したレコードでイタリア国歌が流れることになった。

この逆転劇は、1957年F1ドイツGPでのファン・マヌエル・ファンジオの勝利と共に、ニュルブルクリンク旧コースの名勝負として語られている。

その他の伝説[編集]

  • オートバイレーサー時代、全治1ヵ月の怪我を負いながら病院を抜け出し、ギプスで固めた足でオートバイに跨りイタリアGPを優勝した。
  • 1930年のミッレ・ミリアでは、夜間走行中、先行車に気づかれないようヘッドライトを消して追走し、抜き去って優勝した。
  • 1937年チェコスロバキアブルノGPでは、左後輪がパンクしたまま3輪走行を続けて優勝した。
  • 1946年のブレッツィ杯では、外れたステアリングを片手に持ち、別の手でスパナステアリングコラムに差し込んで操舵し優勝した。
  • 1948年のミッレ・ミリアでは、マシンからフェンダーやボンネットが脱落しながらも力走を続けた。トップを守りながらもサスペンション故障で力尽きたが、自身最後の伝説を残した。

ただし、数多い伝説の中には、ヌヴォラーリの走りに興奮したイタリアのマスコミが誇張して伝えたものもある。ミッレミリアの伝説の真相は、夜明け間近でヘッドライトが必要なかったとも言われる。

グラン・プレミオ・ヌヴォラーリ[編集]

ヌヴォラーリの死後、その功績を讃えてミッレ・ミリアの走行ルートが生地マントヴァを通過するよう変更された。クレモナを出発しマントヴァを経て最終地点のブレシアに到着するこの区間で最速タイムを記録したドライバーには、グラン・プレミオ・ヌヴォラーリ(Gran Premio Nuvolari )が授与された。この賞はミッレ・ミリアが廃止される1957年まで4年間続いた。

年度別受賞者

1991年より、グラン・プレミオ・ヌヴォラーリはヒストリックカーレースとして復活した。マントヴァをスタート/ゴール地点としてヴィアレッジョリミニなどの都市を巡るルートで行われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
レイモン・ソメール
ルイジ・キネッティ
ル・マン24時間優勝者
1933 with:
レイモン・ソメール
次代:
ルイジ・キネッティ
フィリップ・エタンスラン