マックス・モズレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックス・モズレー

マックス・ルーファス・モズレーMax Rufus Mosley1940年4月13日 - )は、イギリス弁護士で、国際自動車連盟(FIA)の元会長。ロンドン出身。

経歴[編集]

イギリスファシスト連合の指導者として知られた国会議員オズワルド・モズレーの息子として生まれる。オックスフォード大学物理学を修めた後、ロンドン法学院で弁護士資格を取得。辣腕弁護士として知られ、「ぶった斬りマックス」 (Max the Ax) とあだ名される。

弁護士活動の傍ら趣味の4輪レースに熱中し、フランク・ウィリアムズのチームでF2にも参戦する。1968年に競技活動を終え、翌1969年にアラン・リース、グラハム・コーカー、ロビン・ハードと共同でフォーミュラカーコンストラクター・マーチを設立しF1へ参戦する。

その後ブラバムのオーナー、バーニー・エクレストンと共にFOCA(F1コンストラクター協会)の運営に携わり、エクレストンの法律アドバイザーとして活動する。1977年にマーチを辞めた後はF1を巡るFISAとFOCAの政治的対立(いわゆるFISA-FOCA戦争)において調停役を務め、1981年コンコルド協定締結に貢献した。1989年、マーチで関係のあったニック・ワースのシムテック設立に協力。

FIAの世界モータースポーツ評議会役員を経て、1991年のFISA会長選でジャン=マリー・バレストル前会長を破り新会長に就任。1993年にはFISAの吸収に伴い、FIA会長に就任する。以後1997年2001年2005年と4年ごとに改選され、4期16年に渡りFIAの会長職を務めた。

しかし、2008年に後述するセックススキャンダルが明るみに出たことで周囲の反発を受け、2009年にはコスト削減案(バジェットキャップ)の導入を巡ってF1チーム協会(FOTA)と対立。同年の会長選挙に再出馬しないと表明し、任期切れをもってトップの座から退いた。

次期会長には後継者として自らが推していたジャン・トッドが選ばれたため、会長退任後も陰の実力者として影響力を発揮する可能性を多くのメディアが指摘したが、実際にはほとんどメディアにも姿を見せていない。トッドとの関係も微妙なものとなっており、2013年には久々にメディアの前に姿を表しトッドの方針を批判[1]。2013年のFIA会長選挙では、トッドではなくFIAファウンデーション代表だったデビッド・ウォードを支持する可能性を報じられたが[2]、結局ウォードは選挙へのノミネートすらできず、モズレーの影響力低下が顕となった。

改革路線[編集]

  • FIA会長になる前の実績としては、グループCを滅ぼした人間と言われ、今後のF1の将来を心配された。
  • FIA会長就任当初から「安全性の改善」と「コスト削減」を謳い、モータースポーツ界の制度改革を進めている。メーカーとチーム間の技術開発競争を問題視し、マシンの性能向上や開発費用の高騰に歯止めをかけるためレギュレーション変更を重ねてタイヤエンジン、電子制御装置などの性能を規制している。そのリーダーシップは一定の評価を得ているものの、競技者側の意向を汲まない強硬姿勢が幾度となく反発を招いている。
  • F1においては1994年アイルトン・セナの事故死後この路線を断行しているが、自動車メーカー系チームへの厳しい姿勢からメルセデス・ベンツルノーBMWホンダトヨタらがGPMAを結成して新シリーズ発足を図ったこともあった。
  • 2005年アメリカGPではタイヤの安全性に問題を抱えたミシュラン側の「シケイン設置案」要請を受けたがFIA側は「速度を監視する事と速度過剰で処罰を科す案」を双方提示したが話し合いがつかず、その結果ミシュラン系チームの撤退(自主リタイア)という異常な事態が起きてしまった[3]
  • 改革路線をコスト削減と安全性向上と言う方向性で行ったことは評価されているが2レース・エンジン規定、エンジン開発のホモロゲーション化、エンジン規格の統一などエンジンメーカーにとって魅力的とは言えない規定を導入したことが反感を買う部分もあった。
  • 2011年から10年間の間「エンジンの開発および改良の完全凍結」を押し進めていることからF1の大手自動車メーカーとチームから「それでは参加する意味がない」などと問題視されている。
  • 行き過ぎたコスト削減の発想とメーカーなどを無視した自己流規格を押し付ける場面が頻発し、2009年のFIA会長選挙ではアメリカ自動車協会(AAA)・日本自動車連盟(JAF)・ドイツ自動車連盟(ADAC)などがアリ・バタネンを推し、モズレーらが推すジャン・トッドと激しい選挙戦を繰り広げた。

セックス・ビデオ流出事件[編集]

2008年3月30日、イギリスのタブロイド紙「ニュース・オブ・ザ・ワールド」がモズレーのセックス・スキャンダルを報じた。同紙は、モズレーが売春婦に鞭打たれるなど、5人の売春婦とのSM乱交プレイを行っているビデオを入手したことを伝え、続いて、同ビデオをインターネット上に公開したため、一大セックス・スキャンダルに発展した[4][5]

モズレーの父親はイギリス・ファシスト連合の創始者であり、母親のダイアナ・ミットフォードとその妹ユニティ・ミットフォードもナチス信奉者であったことから[6]、同紙は、モズレーが売春婦にナチを思わせる格好させたうえ、自らドイツ語を使ってSM行為に及んでいたと強調したが、モズレーは裁判で乱交パーティを行なったこととドイツ語を使ったことは認めたものの、これらは刑務所プレーであって、ナチをテーマにしたわけではないと否定した[7]。新聞社側は反駁したが、2008年7月24日、高等法院判事は「緊縛、調教、服従などは典型的なSMプレイであり、ナチス的な要素はなかった」とし、モズレーが勝訴した[8]

こうした一連の騒ぎから、タブロイド紙の行き過ぎた取材方法が問題視されるようになり、同社が有名人だけでなく、一般人へも盗聴を行なっていたことがのちに発覚し、2011年に廃刊に追い込まれた(ニュース・オブ・ザ・ワールドの項参照)。

2009年には、モズレーの息子であるアレクサンダーがヘロインの過剰摂取で死亡している。アレクサンダーは元学友とレストランを共同経営しており、数年間に渡り薬物中毒だった[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マックス・モズレー 「F1チームの財政難はジャン・トッドにも非がある」 - F1-gate.com・2013年9月2日
  2. ^ モズレーの元アドバイザー、FIA会長に立候補 - オートスポーツ・2013年8月30日
  3. ^ 2005 UNITED STATES GRAND PRIX - FIAプレスリリース 2005年6月20日(2005年6月22日時点のアーカイブ
  4. ^ 「F1チームがモズレー氏を非難する声明文を発表」 APBBNews 2008年04月04日
  5. ^ 「セックススキャンダルのFIAモズレー会長、留任へ」 AFPBBNews 2008年06月04日
  6. ^ 『ミットフォード家の娘たち―英国貴族美しき六姉妹の物語』講談社 2005年
  7. ^ 「FIAモズレー会長、裁判で「乱交パーティー」赤裸々に語る」 AFPBBNews  2008年07月09日
  8. ^ 「乱交パーティー報道裁判、FIAモズレー会長が勝訴」 AFPBBNews 2008年07月24日
  9. ^ "Max Mosley's son Alexander 'dies at his desk from heroin overdose' Daily Mail 2009年5月6日"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]