井上隆智穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
井上 隆智穂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 1963年9月5日(50歳)
F1での経歴
所属チーム '94 シムテック
'95 フットワーク
活動時期 1994 - 1995
出走回数 18
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1994年日本GP
最終戦 1995年オーストラリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

井上 隆智穂(いのうえ たかちほ、1963年9月5日 - )は、日本の元レーシングドライバー実業家兵庫県神戸市出身。血液型:O型。海外では「タキ・イノウエ (Taki Inoue) 」と呼称及び表記されることが多い。

経歴[編集]

ジュニアフォーミュラ時代[編集]

1985年に富士フレッシュマンシリーズに参戦してレースデビュー。1987年にはイギリスに渡りジム・ラッセル・レーシングスクールに入学する。1988年にはイギリスのフォーミュラ・フォード1600に参戦した。

全日本F3時代[編集]

その後日本に帰国して、1989年から全日本F3選手権にシリーズ参戦した。バブル景気絶頂時で1991年には参戦台数が40台近くになるなど参戦台数が多い中でコンスタントにポイントを獲得し、1992年にはポイントランキング10位、1993年に同9位。最高位は4位[1]

国際F3000[編集]

1994年には再びヨーロッパに渡り、国際F3000選手権にステップアップし当時の有力チームであるスーパーノヴァ・レーシングからシリーズ参戦した。上位入賞を度々飾ったチームメイトのヴィンセンツォ・ソスピリに比べ、井上の成績は安定していたものの上位入賞は果たせなかった(最高位7位)。

F1[編集]

1994年[編集]

この年も国際F3000選手権に参戦していたが、1994年のF1日本GPに日本企業のノバユニマットなどのスポンサーを持込み、新興チームのシムテックからF1デビューを果たす。デビュー戦は豪雨のため、ホームストレート上でスピンしてリタイアした。続けて最終戦オーストラリアGPにも参戦した。

国際F3000で所属していたのがスーパーノヴァレーシング(大口出資者に語学学校のNOVAがいた)で、F1参入の際もNOVAがスポンサーであったため、古舘伊知郎はTVの実況で井上を「F1駅前留学」と評した。

1995年[編集]

モナコグランプリの事故の際のマシン
1995年イギリスグランプリ

翌1995年には中堅チームのフットワークに移籍してF1フル参戦した。F1にシーズンフル参戦した日本人レーシングドライバーとしては中嶋悟鈴木亜久里片山右京に次ぐ4人目であり、さらに3人とは違い、日本の自動車メーカーからのサポートを全く受けずに参戦を実現したため注目を浴びた(中嶋はホンダ、鈴木はヤマハ無限、片山はヤマハのエンジンを搭載したマシンで参戦している)。

しかし、チームの資金不足やエンジンパワーに劣るハートエンジンを搭載したマシンの競争力、信頼性の低さにも苦しめられ、予選では3回チームメイトを上回ったものの、完走5回、最高位はイタリアGPの8位に終わった。

この年の井上は、2度の珍しい事故に見舞われた。

  • モナコGPのフリー走行でマシンがストップ。井上が乗車したままレッカー車にロープで牽引されピットへ戻ろうとしている最中、後方から猛スピードで走行してきたオフィシャルカー(ジャン・ラニョッティがドライブしていた)に追突されマシンが横転した。井上は軽い脳震盪を起こしたが、ヘルメットを被っていたため大事に至らず、決勝レースには出場できた。
  • ハンガリーGPではエンジントラブルのためマシンを停めた直後、エンジンから出火。シャーシにダメージが及ぶことを恐れ、消火器を持って自ら消火しようとした所、後方からやってきたレスキューカーに振り返りざま撥ねられた。井上はボンネットに乗り上げ、脚の傷みのため倒れこんでしまったが、この時も大事には至らなかった。この事故はその後、井上を象徴する出来事として語り継がれており、自らも事あるごとにネタにするほどである。

1996年[編集]

1996年は当初ミナルディからの参戦が発表され、テスト走行も行っていたが、シーズン開幕直前になって突如井上はシートを失う。持込みスポンサーである日本企業が急きょ他のチームへのスポンサーを決めたために、参戦の後ろ盾を失ったためとも報じられた。後に井上はこれを『Racing On』誌のインタビューで認めたが、詳細は語ろうとしなかった。結局このまま井上はF1を去ることとなった。

日本の大手自動車メーカーの後ろ盾がないままに(つまり自分自身のスポンサー活動による資金調達のみで)F1にレギュラー参戦した日本人ドライバーは、井上の引退時点においては他におらず、井上は各インタビューで「F1はビジネスだから、ボクみたいな技術でも金さえ払えばF1ドライバーになれる」「それを(日本の)もっと若いドライバーは知るべきだ」などと発言している(外部リンク参照)。その一方でF1速報でのインタビュ-では自らが国内海外で目立った成績を残していないことにもかかわらずスーパーライセンスが発給されたことに対しては「自分がスーパーライセンスをお金で買ったとか言うけれど、そんな人はいない」と語っている。

F1以降[編集]

F1以後は1996年鈴鹿1000kmにコンラッド・モータースポーツから参戦したのと(18周リタイア)、1999年全日本GT選手権第2戦からクラブイエローマジックのフェラーリ・F355でGT300クラスに参戦した程度で、耐久レースやトップカテゴリーへのシーズン参戦への復帰のないままドライバー活動を終えている。

引退後[編集]

レーシングドライバー引退後はモンテカルロに在住し、日本と往復しつつ様々なビジネスに取り組んでおり、一時は2002年に倒産したレイナードの欧州における資産を引き継いだとされる「International Racing Management(IRM)」社の経営陣にも名前を連ねていた[2]

2002年にはスーパーノヴァの同僚だったヴィンセンツォ・ソスピリとともに「ユーロノヴァ・レーシング」を設立。井上がチームオーナー[3]、ソスピリが社長兼チーム監督として、ジュニアフォーミュラカテゴリで活動している。関口雄飛佐藤公哉黒田吉隆笹原右京ら若手日本人ドライバーのヨーロッパ挑戦をサポートしている。

2010年には、かつて自らがドライブしたフットワーク・FA16を入手し、かつての姿にレストアするなどしている。

twitterFacebookを活用しており、レーシング関係のみならず、政治・経済など様々なジャンルに発言を行い、現役時代さながらの舌鋒で発信している。チームの経営事情やドライバーの移籍情報に詳しく、2012年よりキミ・ライコネンがF1復帰することを世界中のどのメディアよりも速くリークし[4][5]小林可夢偉ザウバー離脱についても語っていた。

2013年にはイギリス『AUTOSPORT』誌の非公式チャットで行われた「過去20年間で最悪のF1ドライバー」を選ぶ議論に参加し、自分をアピールして見事に選出された[6]。ユーロノヴァが参戦するAUTO GPハンガロリンクラウンドには、消火器を持って参上すると発表した[3]

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1994年 シムテック S941 BRA
PAC
SMR
MON
ESP
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
POR
EUR
JPN
Ret
AUS
45位 0
1995年 フットワーク FA16 BRA
Ret
ARG
Ret
SMR
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
9
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
12
ITA
8
POR
15
EUR
Ret
PAC
Ret
JPN
12
AUS
Ret
24位 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]