FIA 世界耐久選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FIA 世界耐久選手権
カテゴリ ル・マンプロトタイプ (LMP)
グランドツアラー (LM-GTE)
国・地域 インターナショナル
開始年 2012年
ドライバー 30
チーム 21
タイヤ
サプライヤー

M D

P
公式サイト fiawec.com/
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

FIA 世界耐久選手権 (FIA World Endurance Championship,) とはフランス西部自動車クラブ (ACO) が組織し、国際自動車連盟 (FIA) が運営する耐久レースの世界選手権である。略称はWEC(読みは「ダブリュイーシー」もしくは「ウェック」)。

1981年から1985年までの同名の大会についてはスポーツカー世界選手権を参照。

概要[編集]

2010年よりACOが開催していたインターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC)を発展させたものであり、1992年まで開催されていたスポーツカー世界選手権の事実上の後継大会にあたる。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各地域で2から3レースずつが行われる。

レース規定[編集]

開催されるレースは最低6時間以上の耐久レースとする。ただし2012-2014年を通し、ル・マン24時間レース以外のイベントはすべて6時間で行われている。

車両規定[編集]

[1][2]

ル・マン・プロトタイプ (LMP)[編集]

レース専用に設計されたプロトタイプレーシングカー。自動車メーカー系ワークスや有力プライベーターが参加する独自設計が許されたLMP1と、プライベーターを対象とした市販シャーシと市販エンジンの組み合わせに限定されるLMP2に分けられる(LMP2は車両価格やエンジンの上限額が設定されている他、シャーシも最低2種類のエンジンが搭載できることなど、制限が大きい)。更に、LMP1クラスは、ハイブリッドカーを対象とするLMP1-H(HはHybridの頭文字)と、ハイブリッドカー以外を対象とするLMP1-L(LはLightの頭文字)に車両規定を分けていて、LMP1車両ではディーゼルエンジンエネルギー回生システムの使用を認めている。ヘッドライトは白。様々なエンジンレイアウトによる戦力の不均衡が出ないように、BoP(Balance of Performance、性能調整)やEoT(Equivalence of Technology、技術の均一化)といった施策をとって性能調整を図っている。なおワークス格での参戦チームはLMP1-Hでの出場が義務付けとなっており、LMP1-Lはプライベーターによる場とされている。

LMP1、P2の共通ルールで、クローズドボディ車は室温が一定以下になっている必要がある。逆に言うと今まであったクローズとオープンのハンデポイントはこの条項と視界だけなため、空気抵抗低減によるタイムアップや燃費向上が期待できると、先にLMP1がほぼ全車クローズに、2013年に登場したロータスT128を皮切りに2014年からはLMP2にもクローズが増えている。

  • LMP1-H(ハイブリッドカー)
    • 全長4,650mm(リヤウィング含む)以下、全幅1900mm以下、全高1050mm以下。
    • 車両最低車重870kg。
    • エンジン気筒数と最大排気量は自由。
    • エネルギーの回生・放出は前後輪どちらでも可能、およびターボチャージャーからの熱回生も可能だが、前軸での放出が可能なのは120Km/h以上の時に限られる。またMGUは2台まで。ピットレーン (400m) を補助動力のみで60km/hで走行できなければならない。
    • 4輪駆動使用可能。
    • 燃料タンク最大容量はガソリンエンジン車68.3リットル、ディーゼルエンジン車54.3リットル。
    • タイヤ最大径は28.5インチ、最大幅は16インチ。
    • ゼッケンカラー及び順位識別灯[3]は赤。ハイブリッドカーは白地に「HY」と書かれたゼッケンも着用
ル・マン24時間レースまでの暫定パワースペック調整表(2014年シーズン)[4]
ERS無し ERS有り
エネルギー回生値 MJ/Lap 0 2未満 4未満 6未満 8未満
出力値 kw 0 無制限 無制限 無制限 無制限
車重 kg 850 870 870 870 870
エネルギー量(ガソリン) MJ/Lap 157.2 147.0 143.3 139.5 138.0
最大燃料流量(ガソリン) kg/h 100.9 94.3 91.9 89.5 88.5
最大積載燃料(ガソリン) リットル 68.3 68.3 68.3 68.3 68.3
燃料技術ファクター(AV) - 1.074 1.074 1.074 1.074 1.074
燃料技術ファクター(Pmax) - 1.088 1.088 1.088 1.088 1.088
運動回生エネルギー技術ファクター - 1 0.987 0.987 0.987 1
エネルギー量(ディーゼル) MJ/Lap 146.4 138.7 135.2 131.7 128.5
最大燃料流量(ディーゼル) kg/h 84.6 80.2 78.2 76.1 74.3
最大積載燃料(ディーゼル) リットル 54.3 54.3 54.3 54.3 54.3

ガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車の性能調整の為の値。黄色で色分けされた箇所の値は性能調整の為に変更される可能性がある。

  • LMP1-L(ハイブリッドカー以外)
    • 全長4,650mm(リヤウィング含む)以下、全幅1900mm以下、全高1050mm以下。
    • 車両最低車重850kg。
    • エンジン気筒数は自由。エンジン最大排気量は最大5500cc。
    • 4輪駆動禁止。
    • 燃料タンク最大容量はガソリンエンジン車68.3リットル、ディーゼルエンジン車54.3リットル。
    • タイヤ最大径は28.5インチ、最大幅は16インチ。
    • ゼッケンカラー及び順位識別灯[5]は赤
  • LMP2
    • 全長4650mm(リヤウィング含む)以下、全幅は1900mm以下。
    • 最低車重900kg。
    • エンジンは量産ベースのみ。ディーゼルエンジンは使用禁止。エンジンの最大排気量・気筒数は自然吸気エンジンでは5000cc8気筒、過給式エンジンは3200cc6気筒まで。
    • 4輪駆動禁止。
    • 燃料タンク最大容量75リットル。
    • タイヤ最大径は28インチ、最大幅は14インチ。
    • ゼッケンカラー及び順位識別灯は青

ル・マンGTエンデュランス (LM-GTE)[編集]

市販スポーツカーベースの競技車両。2010年までのLMGT1LMGT2を2011年より1本化した。車両規格はLMGT2と同一だが、プロドライバーを対象としたLM-GTE Proと、アマチュアドライバーを中心とするLM-GTE Amの2クラスに分けられる。LM-GTE Amのチームは1年以上の年式落ち車両を使用する。ヘッドライトは黄色。バランスオブパフォーマンスにより車両重量、燃料タンク容量、リストリクター径、ウィングの設置高さ、ガーニーフラップの有無などを変化させることで、車両間の均衡を保つようになっている。BoPについては一人のテストドライバーが全車種をドライブすることにより決定している。

また、SRT・バイパー・GTS-R(エンジン8000cc)のように基本レギュレーションから外れていても、特別調整を受ける事で参戦が認められることもある。

  • 車両最低重量1245kg
  • エンジン最大排気量は自然吸気ガソリンエンジンでは5500cc、過給式ガソリンエンジンでは4000cc。
  • 4輪駆動禁止。
  • フルATセミATギアボックス使用禁止。
  • アクティブサスペンション禁止。
  • カーボンディスクブレーキ禁止。
  • 燃料タンク最大容量90リットル。
  • タイヤ最大径は28インチ、最大幅は14インチ。
  • ゼッケンカラー及び順位識別灯はLM-GTE Proが緑、LM-GTE Amが橙

ドライバーの格付け[編集]

出場するドライバーはレース経験や実績に基づき「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」という4段階のステータスに分類される。また、各カテゴリーにはドライバーのステータスに応じて以下の参戦条件が設定される。

  • 最下級のブロンズのドライバーはLMP1に出場できない。
  • LMP2のマシンでは、ドライバー編成(2名ないし3名)に最低1名はブロンズのドライバーを入れる。
  • LM-GTE Amのマシンでは、ドライバー編成(2名ないし3名)にプラチナもしくはゴールドのドライバーは1人しか入れられない。

チャンピオンシップ[編集]

WECでは以下のチャンピオンシップが設定される。

  • ドライバーズチャンピオンシップ
    • 対象 - 一部を除く参戦ドライバー
  • マニュファクチャラーズチャンピオンシップ
    • ル・マン・プロトタイプ部門 - LMPを開発する自動車メーカー
    • ル・マン・GTエンデュランス部門 - LM-GTEを開発する自動車メーカー
  • クラスチャンピオンシップ
    • LMP1トロフィー - LMP1クラスで参戦するプライベーター
    • LMP2トロフィー - LMP2クラスで参戦するチーム
    • LMGTE-PROトロフィー - LM-GTE Proクラスで参戦するチーム
    • LMGTE-AMトロフィー - LM-GTE Amクラスで参戦するチーム

ポイントシステム[編集]

マニュファクチャラーズポイントは、各マニュファクチャラーの最上位のマシンに付与される。2012年は全8戦中6戦の有効ポイント制を採用する[6]ル・マン24時間レースを必ず含む)。各レース1位から10位のマシンにポイントが与えられ、11位以下の完走したマシンには半分のポイントが与えられる。ただし、ル・マン24時間レースのみ獲得ポイントが2倍になる。

ポイントシステム[2]
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位以下 ポールポジション
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1 0.5 1

歴代チャンピオン[編集]

ドライバーズ マニュファクチャラーズ クラス
LMP LM-GTE LMP1プライベーター LMP2 LMGTE-PRO LMGTE-AM
2014年 イギリスの旗アンソニー・デビッドソン
スイスの旗セバスチャン・ブエミ
スイスの旗レベリオン・レーシング イタリアの旗AFコルセ イギリスの旗アストンマーチン・レーシング
2013年 スコットランドの旗アラン・マクニッシュ
フランスの旗ロイック・デュバル
デンマークの旗トム・クリステンセン
ドイツの旗アウディ アメリカ合衆国の旗フェラーリ[7] スイスの旗レベリオン・レーシング フランスの旗OAK・レーシング イタリアの旗AFコルセ アメリカ合衆国の旗8スター・モータースポーツ
2012年 ドイツの旗アンドレ・ロッテラー
フランスの旗ブノワ・トレルイエ
スイスの旗マルセル・フェスラー
ドイツの旗アウディ イタリアの旗フェラーリ スイスの旗レベリオン・レーシング アメリカ合衆国の旗スターワークス・モータースポーツ イタリアの旗AFコルセ フランスの旗ラルブル・コンペティシオン

レースカレンダー[編集]

2014年[編集]

大会名 開催日 サーキット 優勝ドライバー 優勝車
第1戦 シルバーストン6時間レース 4月20日 イギリスの旗シルバーストン・サーキット デビッドソンラピエールブエミ トヨタ・TS040 HYBRID
第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース 5月3日 ベルギーの旗スパ・フランコルシャンサーキット デビッドソンラピエールブエミ トヨタ・TS040 HYBRID
第3戦 ル・マン24時間レース 6月14-15日 フランスの旗サルト・サーキット ロッテラートレルイエフェスラー アウディ・R18 e-tronクアトロ
第4戦 オースティン6時間レース 9月20日 アメリカ合衆国の旗サーキット・オブ・ジ・アメリカズ ロッテラートレルイエフェスラー アウディ・R18 e-tronクアトロ
第5戦 富士6時間レース 10月12日 日本の旗富士スピードウェイ デビッドソンブエミ トヨタ・TS040 HYBRID
第6戦 上海6時間レース 11月2日 中華人民共和国の旗上海インターナショナルサーキット デビッドソンブエミ トヨタ・TS040 HYBRID
第7戦 バーレーン6時間レース 11月15日 バーレーンの旗バーレーン・インターナショナル・サーキット ヴルツサラザンコンウェイ トヨタ・TS040 HYBRID
第8戦 サンパウロ6時間レース 11月30日 ブラジルの旗インテルラゴス・サーキット
  • 優勝ドライバーと優勝車の項目は、LMP1クラスのみ表示。

2013年[編集]

大会名 開催日 サーキット 優勝ドライバー 優勝車
第1戦 シルバーストン6時間レース 4月14日 イギリスの旗シルバーストン・サーキット マクニッシュデュバルクリステンセン アウディ・R18 e-tronクアトロ
第2戦 スパ・フランコルシャン6時間レース 5月4日 ベルギーの旗スパ・フランコルシャンサーキット ロッテラートレルイエフェスラー アウディ・R18 e-tronクアトロ
第3戦 ル・マン24時間レース 6月22-23日 フランスの旗サルト・サーキット マクニッシュデュバルクリステンセン アウディ・R18 e-tronクアトロ
第4戦 サンパウロ6時間レース 9月1日 ブラジルの旗インテルラゴス・サーキット ロッテラートレルイエフェスラー アウディ・R18 e-tronクアトロ
第5戦 オースティン6時間レース 9月22日 アメリカ合衆国の旗サーキット・オブ・ジ・アメリカズ マクニッシュデュバルクリステンセン アウディ・R18 e-tronクアトロ
第6戦 富士6時間レース 10月20日 日本の旗富士スピードウェイ ヴルツ/ラピエール/中嶋 トヨタ・TS030 HYBRID
第7戦 上海6時間レース 11月9日 中華人民共和国の旗上海インターナショナルサーキット ロッテラートレルイエフェスラー アウディ・R18 e-tronクアトロ
第8戦 バーレーン6時間レース 11月30日 バーレーンの旗バーレーン・インターナショナル・サーキット デビッドソンブエミサラザン トヨタ・TS030 HYBRID
  • 優勝ドライバーと優勝車の項目は、LMP1クラスのみ表示。

2012年[編集]

大会名 開催日 サーキット 優勝ドライバー 優勝車 HY
第1戦 セブリング12時間レース 3月17日 アメリカ合衆国の旗セブリング・インターナショナル・レースウェイ カペッロクリステンセンマクニッシュ アウディ・R18
×
第2戦 WEC スパ・フランコルシャン6時間レース 5月5日 ベルギーの旗スパ・フランコルシャンサーキット デュマデュバルジェネ アウディ・R18 ウルトラ
×
第3戦 ル・マン24時間レース 6月16-17日 フランスの旗サルト・サーキット フェスラーロッテラートレルイエ アウディ・R18 e-tronクアトロ
第4戦 シルバーストーン6時間レース 8月26日 イギリスの旗シルバーストーン・サーキット フェスラー/ロッテラー/トレルイエ組 アウディ・R18 e-tronクアトロ
第5戦 サンパウロ6時間レース 9月15日 ブラジルの旗インテルラゴス・サーキット ヴルツラピエール トヨタ・TS030 HYBRID
第6戦 バーレーン6時間レース 9月29日 バーレーンの旗バーレーン・インターナショナル・サーキット フェスラー/ロッテラー/トレルイエ組 アウディ・R18 e-tronクアトロ
第7戦 富士6時間レース 10月14日 日本の旗富士スピードウェイ ヴルツ/ラピエール/中嶋 トヨタ・TS030 HYBRID
第8戦 上海6時間レース 10月28日 中華人民共和国の旗上海インターナショナルサーキット ヴルツ/ラピエール組 トヨタ・TS030 HYBRID
  • 優勝ドライバーと優勝車の項目は、LMP1クラスのみ表示。
  • HYの項目は、 優勝車がハイブリッドカーか否かを○×にて表示。

日本開催[編集]

新生・世界耐久選手権(WEC)の1戦として、開催初年度の2012年から日本の富士で6時間レースが開催された。富士での世界選手権は2008年のF1日本GP以来4年ぶり、耐久レースの世界選手権としては1988年のWEC-JAPAN以来24年ぶりの開催となった。日本においてもSWC時代の1992年鈴鹿1000km以来20年ぶりの開催となった。

開催初年度は、F1日本GPの1週間後と言う日程、トップカテゴリーのLMP1に参加するワークスがアウディとトヨタのみ、WEC-JAPAN時代のようにメディアグループのバックアップが無いなど不安要素もあったが、両陣営の主力ドライバーが中嶋一貴アンドレ・ロッテラーブノワ・トレルイエなど日本でもおなじみの顔ぶれだったこともあり主催者発表で32,000人の観衆とまずまずの成功を納めた。

予選でポールポジショントヨタ・TS030 HYBRID中嶋一貴が獲得。日本人の世界選手権でのポールポジション獲得は、1987年WEC-JAPANの和田孝夫、1988年同じくWEC-JAPANの岡田秀樹に次いで3人目となった。

決勝でもトヨタの勢いは止まらず、2位アウディ・R18 e-tron クアトロに11秒の差を付けて優勝した。耐久レースの世界選手権で日本人が優勝するのは、1985年WEC-JAPANの星野一義/松本恵二/萩原光(松本/萩原はドライブしていない)、1992年モンツァ小河等以来の事である。

2013年はトヨタも2台体制で挑み、アウディとの対決が大いに期待されたが、決勝日は朝から悪天候でセーフティーカーランでスタート、結局3度の赤旗提示でレースらしいレースが行われないまま16周で成立、優勝は中嶋組のトヨタとなった。中嶋は大会2連覇となった。トヨタはシーズン初勝利となった。

2014年は、ポルシェポルシェ・919ハイブリッドで世界耐久選手権に参戦し、アウディ・トヨタを交えた3コンストラクターによってLMP1クラスが争われることになった。トヨタがレースカーをTS040 HYBRIDに進化させて、シーズン当初から圧倒的なスピードを見せて序盤2レースを制していたが、第3戦ル・マン24時間レースではトップを快走中に電気系のトラブルでリタイア[8]、第4戦では1・2位走行中に豪雨に見舞われコースオフし、赤旗中断後に周回遅れとして再スタートして追い上げるも3位でフィニッシュと[9]、2戦続けてトップ走行していたレースを落とし、アウディが連勝してポイントリーダーの座を奪っている状況であった[10]

第5戦として開催された富士6時間レースでは、ポールポジションのトヨタ8号車が1周目こそポルシェ・アウディ勢とトップを奪い合う激しいレースを展開したものの最終コーナーまでにトップを奪い返すと、その後は安定したレースを展開した[11]。基本的にはほぼトップを独走し、見事なポールツーウインを果たした。2位は中嶋一貴がドライブするトヨタ7号車で、優勝した8号車以外では唯一の同一周回車となった。トヨタ・TS040 HYBRIDは3位以下の全車を周回遅れにし、1-2フィニッシュを飾った。ポルシェ20号車が3位表彰台を獲得した。3位・4位にポルシェ、5位・6位にアウディが入っている。

レース結果[編集]

開催年 開催日 開催地 シリーズ名 レース形態
優勝 PP 出走 観衆
# ドライバー - 周回数 / 車種 # ドライバー - タイム / 車種
2014年 10月12日 富士
WEC  6時間 8 イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
スイスの旗 セバスチャン・ブエミ
236周 / トヨタ・TS040 HYBRID
8 イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
スイスの旗 セバスチャン・ブエミ
1分26秒886 / トヨタ・TS040 HYBRID
27  32,000
2013年 10月20日 富士
WEC  6時間 7 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
日本の旗 中嶋一貴
16周 / トヨタ・TS030 HYBRID
1 ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー
フランスの旗 ブノワ・トレルイエ
1分26秒577 / アウディ・R18e-tronクアトロ
29  23,700
2012年 10月14日 富士
WEC  6時間 7 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
日本の旗 中嶋一貴
233周 / トヨタ・TS030 HYBRID
7 日本の旗 中嶋一貴

1分27秒499 / トヨタ・TS030 HYBRID
27  32,000

脚注[編集]

  1. ^ 2012年ル・マン24時間/WEC/各ル・マン・シリーズの主要レギュレーション - 日本ミシュランタイヤ モータースポーツレポート(2012年3月28日)
  2. ^ a b FIA世界耐久選手権(WEC)とは? - トヨタ・モータースポーツ
  3. ^ 車体の左右側面に3つのLEDランプがあり、その点灯数で各クラスの順位を識別する。クラス別に色分けされている。クラス1位は1つ点灯、2位は2つ点灯、3位は3つ点灯。4位以下は点灯なし。
  4. ^ http://www.fia.com/sites/default/files/regulation/file/LMP1%20%2814-15%29_11%2004%202014.pdf
  5. ^ 車体の左右側面に3つのLEDランプがあり、その点灯数で各クラスの順位を識別する。クラス別に色分けされている。クラス1位は1つ点灯、2位は2つ点灯、3位は3つ点灯。4位以下は点灯なし。
  6. ^ WEC、トヨタを考慮し2012年のポイント制を変更 (2012年2月16日掲載)
  7. ^ フェラーリはイタリアを代表する自動車メーカーだが、FIA世界耐久選手権の公式ホームページの記載 (2013年12月2日閲覧)に則り、国籍をアメリカ合衆国とした。
  8. ^ 北島友和 (2014年6月16日). “【ルマン24時間 2014】ハイブリッド3強レース総括…アウディの強さ、トヨタの速さ、ポルシェのしぶとさ”. response.jp/. Response.. 2014年10月13日閲覧。
  9. ^ 【WEC 2014年 第4戦 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース 決勝”. TOYOTA MOTOR CORPORATION. トヨタ (2014年9月20日). 2014年10月13日閲覧。
  10. ^ 【アウディ、WECオースティンで今季2勝目を挙げる”. as-web.jp/. オートスポーツ (2014年9月22日). 2014年10月13日閲覧。
  11. ^ 【【FIA WEC 6 Hours of FUJI】トヨタ、地元の富士スピードウェイで1-2フィニッシュで同レース3連覇を達成”. CAR Watch (2014年10月12日). 2014年10月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]