マーク・ウェバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ウェバー
Mark Webber 2008.jpg
基本情報
フルネーム Mark Alan Webber
略称表記 WEB
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・ニューサウスウェールズ州クィンビャン
生年月日 1976年8月27日(38歳)
F1での経歴
活動時期 2002-2013
過去の所属チーム '02 ミナルディ
'03-'04 ジャガー
'05-'06 ウィリアムズ
'07-13 レッドブル
出走回数 215
優勝回数 9
通算獲得ポイント 1047.5
表彰台(3位以内)回数 42
ポールポジション 13
ファステストラップ 19
初戦 2002年オーストラリアGP
初勝利 2009年ドイツGP
最終勝利 2012年イギリスGP
最終戦 2013年ブラジルGP
タイトル 0
テンプレートを表示

マーク・アラン・ウェバーMark Alan Webber, 1976年8月27日 - )は、オーストラリア出身のレーシングドライバーであり、元F1ドライバー。日本マスメディアにおいて、姓は「ウェーバー」と表記・発音されることもある。

略歴[編集]

F1参戦以前[編集]

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州のクィンビャンで生まれる。

15歳から18歳までカートで経験を積むと、1995年にオーストラリアのフォーミュラ・フォードにフル参戦した。ランキング2位で終え、1996年に渡英しイギリスのフォーミュラ・フォードに参戦する。ランキングは惜しくも2位となるが、年末のフェスティバルでは他を寄せ付けず優勝を果たす。

1997年はイギリスF3に参戦し、1勝を挙げる。マールボロマスターズでは3位。その年でF3を卒業し、メルセデスのジュニアチームと契約する。

1998年はメルセデスでFIA-GT選手権を戦う。ベルント・シュナイダーらと好戦を演じ、5勝、シリーズ3位で終える。

1999年は、ル・マンでの活動が主となった。しかし、彼の運転するメルセデスベンツ・CLRには、走行中に車体のグラウンド・エフェクトが急激に失われるという、車体構造に設計上の致命的な欠陥があった。予選中と決勝日のウォームアップ走行中に、車体が離陸し舞いあがった後路面に叩きつけられるという事故が二度も続いた。二度の事故で車両は修復不能となったため、ウェバーは決勝に出走することができなかった。なお、同チームは対策のためカナードを追加した車両を決勝に出走させたが、ピーター・ダンブレックがドライブ中に、再度同様の事故に見舞われた。そのアクシデントでメルセデスがスポーツカー部門から撤退したことを受けて、ウェバーはフォーミュラに戻った。その後、初めてF1マシン(アロウズのテスト)を経験した。

2000年から国際F3000に参加。アロウズのF3000でシーズンを戦う。序盤は得点を重ねるも中盤で失速。ランキング2位から大きく離される3位(1勝)でシーズンを終える。

2001年は名門スーパー・ノヴァで戦う。そこで3勝しランキング2位につける。だがジャスティン・ウィルソンに完敗だった。この年は、ベルギースパ・フランコルシャンで開催されたレースで起きたアクシデントにより、靱帯を損傷している。

F1時代[編集]

ミナルディ[編集]

2002年

ミナルディでF1デビューする。戦闘力の劣るミナルディだったが、地元オーストラリアの開幕戦でトヨタミカ・サロを振り切り5位に入賞した。その後は入賞できずにいたが、2002年シーズン中盤でジャガー・レーシングの車両をテストする機会を得て、翌2003年にはジャガーに移籍した。ミナルディでは、予選結果でチームメートのアレックス・ユーンアンソニー・デビッドソン(第13戦、第14戦のみ)に全勝した。

ジャガー・レーシング[編集]

2003年

中堅チームのジャガーでブラジルGPの第1予選で暫定ポールポジションを取り、シーズン全体ではセカンドロー2回という結果を残した。最終的に入賞7回、最高位6位。ランキング10位で2003年を終える。

2004年

マレーシアGPでジャガーチームの最高位・予選2位となりフロントローを得るが決勝ではスタートで出遅れ失速。鈴鹿でも予選3位を得るがリタイヤ。第12戦ドイツの6位をベストに、以後のレースはノーポイントだった。ジャガーがシーズン途中に成績不振から撤退を発表・撤退をひかえており車体も前年から大きな開発がなかったため、決勝の結果は安定しないものの、将来チャンピオンを取りうる逸材と関係者から評価されていた。

ウィリアムズ[編集]

2005年

ジャガーを離れ、名門ウィリアムズに移籍、モナコGPでF1では初めての3位表彰台を獲得した。予選では相変わらずの速さを見せたが、決勝ではスタートで順位を落とすことが多く、レースペースにおいてもチームメイトであるニック・ハイドフェルドの後塵を拝することが多かったことから、関係者の間でもこれまでの高評価に疑問が呈された。

2006年

ハイドフェルドに代わってこの年デビューした新人ニコ・ロズベルグがチームメイトとなる。この年はウィリアムズがBMWエンジンを失ったことで戦闘力が大きく低下した年となり、彼も前年から大きく成績を落とす。予選で好位置を獲得し、決勝でも力強い走りを見せるもののマシントラブルでリタイア、というシーンが度々見られ、特にモナコGPでは、予選でフロントローにたち、決勝でも3位を走行していたにもかかわらずトラブルでリタイアを喫し、怒りのあまりステアリングをコックピット内に叩き付けた。予選結果はロズベルグに対して、12勝6敗。ハンガリーGP直前、ウィリアムズがロズベルグとアレクサンダー・ヴルツのラインナップを発表。移籍先を探すことになったが、8月7日、古巣ジャガーを買収し2005年から参戦していたレッドブル・レーシングに移籍することが発表された。

レッドブル・レーシング[編集]

2007年

マシンの信頼性不足でチームメイトのデビッド・クルサードとともに苦労するが、豪雨となったヨーロッパGPで3位表彰台を獲得(クルサードも5位)。マシンなどに問題があり決勝では苦労しているが、ほとんどのGPで予選Q3(トップ10)に進出し、持ち前の予選での速さを見せ予選番長ぷりを見せつけている。第15戦日本GPの決勝では、食あたりを起こしレース中に嘔吐するなど最悪な体調の中、驚異的なパフォーマンスを披露し2位表彰台を獲得できる位置にいたものの、セーフティカー先導時に姉妹チームのトロ・ロッソのドライバーであるセバスチャン・ベッテルに後ろから衝突されリタイアとなる。彼は初めはベッテルを強く非難していたが、後にマクラーレンルイス・ハミルトンがセーフティカー先導時に故意にブレーキングをして事故に発展させたという疑惑が出ると、ハミルトンへの批判が強くなった。

2008年

前年の信頼性不足からの今季マシンへの影響を懸念していたが、一応は平均レベル程度となった。開幕戦は大混乱の中で完走は出来なかったものの、以降モナコGPまで5戦連続で入賞した。第7戦カナダGPでは入賞を逃したが、次の第8戦フランスGPでは6位入賞した。第9戦イギリスGPの予選では自己最高タイとなる2番グリッドを獲得したが、1周目のスピンで最後尾に後退、追い上げを見せるも入賞を逃した。その後第12戦ヨーロッパGPまでノーポイントに終わったが、次のベルギーGPで8位に入り久々のポイントを獲得した。

2009年
2009年イギリスGP表彰台にて

自身が主催するイベント「マーク・ウェバー・ピュア・タスマニア・チャレンジ」の競技中において、足を骨折したためウィンターテストの半分をキャンセルするという、最悪な状態から始まる。

開幕戦地元のオーストラリアでも足を引きずる場面が見受けられ、不安視されたが、エイドリアン・ニューウェイが開発したRB5を操り、第2戦マレーシアGPでは6位入賞(レース距離が75%を満たしていなかったので、F1史上5度目となるハーフポイントとなり1.5ポイントを獲得)。続く第3戦中国GPでは、07年日本GPを思わせるような雨の中、この年からチームメイトとなったベッテルに敗れはしたものの、開幕2連勝中のブラウンGPジェンソン・バトンとのバトルを繰り広げ、自己最高位である2位をもぎ取るなど、開幕前の不安とは裏腹にまずまずのスタートダッシュを切った。

第4戦以降も、第5戦スペインGPで3位表彰台、第7戦トルコGP、第8戦イギリスGPで2位表彰台を獲得するなど、チームメイトのベッテルの成績には劣るものの引けをとらない走りを見せた。

第9戦ドイツGPニュルブルクリンクではF1参戦132戦目にして初のポールポジションを獲得。決勝、スタート時にブラウンGPのルーベンス・バリチェロに対する幅寄せによりドライブスルーペナルティーを科されるという逆境をものともせず、ポールトゥーウィン[1]でF1初優勝を飾った。

第10戦ハンガリーGPでは、初のファステストラップを記録した。第12戦ベルギーGPでは、ピットアウト時に後方にいたBMWのハイドフェルドの前へ無理に出て接触しそうになり、ドライブスルーペナルティを受け9位ノーポイントに終わった。

第16戦ブラジルGPでは大雨の混乱の中予選2位を獲得し、ドライとなった決勝ではポールポジションのバリチェロを1回目のピットストップで逆転し、そのままゴールまでトップをキープし続け、シーズン2勝目を挙げた。

シーズン中盤まではベッテルと互角のポイントを獲得していたものの、第11戦から5戦連続でノーポイントに終わったことが響き、最終的にはランキング4位でシーズンを終えた。

2010年

引き続きレッドブルからF1に参戦した。

第3戦マレーシアGPでは予選Q3で他のチームが深溝のウェットタイヤを装着したのに対して浅溝のインターミディエイトを装着したのが功を奏し、自身2度目のポールポジションを獲得する。決勝ではスタートにおいて昨年に続きチームメイトであるベッテルにかわされるものの2位表彰台に上った。続く第4戦は予選でフロントローを獲得したものの、ウエットレースとなった決勝では8位に沈んだ。

第5戦スペインGPでは予選全セッション1位でPPを獲得、決勝でもスタートから1度もトップを譲らない完璧な走りでシーズン初、通算3度目となる優勝を飾った。

第6戦モナコグランプリでもポールポジションを獲得し、決勝も4度のセーフティーカーが入る荒れたレースをトップでゴールし、伝統のグランプリを2戦連続のポールトゥーウィン[2]で制した。

ヨーロッパグランプリでは予選2番手につけたもののオープニングラップで大きく後退し、タイヤ交換を行ったことで後方に下がってしまう。そして10周目に前方を走行するロータスのヘイキ・コバライネンをかわそうとして追突、ウェバー車の左フロントタイヤがコバライネン車の右リアタイヤに乗り上げる形でウェバーのマシンは飛び上がって看板と接触、さらに上下逆さまのまま路面に叩きつけられタイヤバリアに突っ込んで停止した。幸いにも双方に怪我はなかった。 その後はドイツGPをのぞく4戦中3戦で予選2位を獲得、ベッテルがミスを繰り返すのと対照的に安定した走りでその間2勝している。特にイギリスGPでは自身が装着していた新型フロントウィングを午前中のフリー走行突然脱落させたベッテルに「盗られる」という逆境をものともせず、スタートでトップに立つとパンクで後方に下がったベッテルをしり目に余裕のトップチェッカーを受けた。このときウェバーはチームへの無線で「ナンバー2にしては上出来だろ?」と皮肉とも嫌味とも取れる発言を行っている。

また第12戦ハンガリーGPでは予選2番手につけたが、決勝ではスタートでフェルナンド・アロンソにかわされ3位に後退してしまう。しかし、レース序盤にセーフティーカーが出た際にステイアウトしトップに浮上すると、レース再開後には2位を走行していたベッテルがドライブスルーペナルティーを受けて後退したこともあり、後続を引き離し十分なリードを築く。ピットストップ後もトップを守り優勝した。その後もランキング2位以内をキープし続けるが、大雨の韓国GPで自らのミスによりスピンしてリタイア。そのレースではベッテルもマシントラブルでリタイアしたが、このレースで緊張の糸が切れたのか、その後のレースでは精彩を欠く。最終戦のアブダビGPまでチャンピオン獲得の可能性を残したが、決勝でコンクリートウォールに接触し順位を落とした事でチームメイトのベッテルに逆転され、ランキング3位でシーズンを終えた。

2011年

開幕から連勝しランキングトップを独走するベッテルとは対象的に2011年は後に「(ウェバー車が)もう1台とは別のカテゴリのようだった」と語るほど悩み未勝利が続いたものの、最終戦であるブラジルGPでシーズン初優勝を飾った。 シーズン中盤までランキング2位を維持していたものの、戦闘力が増したフェラーリのアロンソやマクラーレンのハミルトンやバトンの追い上げを受け順位を落としつつ激しい2位争いを繰り広げ、最終的にはランキング3位、年間ファステストラップ記録数1位(年間7回記録)でシーズンを終えた。第13戦イタリアGP後に2012年までの1年契約を結んだ。

2012年

開幕戦オーストラリアGPでは4位入賞を果たす。なお、ウェバーの母国GPであるオーストラリアGPでの4位はF1における自己最高リザルトである。 続く第2戦マレーシアGP、第3戦中国GP、第4戦バーレーンGPにおいてもベッテルが苦戦するのに対し、安定した走りを見せ開幕から4戦連続4位入賞を果たした。 第6戦モナコGPではポールスタートからロズベルグやアロンソらの追撃を振り切りモナコ2勝目を達成した。また、モナコ2勝以上達成した初のオーストラリア人ドライバーとなった。ヨーロッパGPは予選19番手に沈んだが、そこから追い上げを見せ4位を獲得した。イギリスGPではトップのアロンソを残り5周で抜きシーズン2勝目を挙げたが、これがF1での最終勝利となる。同グランプリ後、チームとの契約を2013年まで延長し残留を決めた。

2013年

開幕戦オーストラリアGPでは6位とこの年も表彰台を逃した。

第2戦マレーシアGPでは終盤に差し掛かりピット戦略でベッテルをかわし首位を走行。この段階でウェバーはプライムタイヤでピットアウト、ベッテルはオプションタイヤで2位走行。レッドブルの2台に争わないようチームオーダーが出るが、従ったウェバーに対し無視したベッテルが暖まらないタイヤで走るウェバーに勝負を仕掛け、ウェバーは優勝をさらわれる。憤慨したウェバーが表彰台控え室でベッテルに「マルチ21だろ?セブ」(マルチ21とは、レッドブルの順位固定のチームオーダーの暗号)と問いかける場面が全世界に放送された。この事件を機にベッテルとウェバーの確執は後戻りのできないものになった。

イギリスGP前に今シーズン限りの引退・及び来年からポルシェからWECに参戦する事を発表。その後は度々表彰台に上るも勝利には至らず、終盤9連勝を達成したベッテルの影に隠れる形でF1のキャリアを終えた。ラストレースとなった最終戦ブラジルGPではレース後のインラップでヘルメットを外して走行し、観衆の声援に応えた。

この年は5度の2位が最高成績で、優勝無しに終わった。

経歴年表[編集]

  • 1994年 オーストラリアFormula Ford参戦
  • 1995年 イギリスFormula Ford参戦
  • 1996年 イギリスFormula Ford参戦、フェスティバル優勝
  • 1997年 イギリスF3参戦(チーム:Alan Docking Racing)、マルボーロ・マスターズ3位
  • 1998年 FIA-GT参戦(チーム:AMG Mercedes) 5勝、シリーズ3位
  • 1999年 ル・マン24時間レース参戦(チーム:AMG Mercedes)(マシン:メルセデスCLR-GT1)
アクシデントにより決勝出走せず。アロウズF1をテストドライブ
  • 2000年 国際F3000参戦(チーム:European Arrows)(マシン:Lola B99/50) 1勝・21ポイント・総合3位、ベネトンF1をテストドライブ
  • 2001年 国際F3000参戦(チーム:Super Nova)(マシン:Lola B99/50) 3勝・39ポイント・総合2位、ベネトンF1公式テストドライバーを務める

レース戦績[編集]

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1998 AMGメルセデス メルセデス・ベンツ・CLK-GTR GT1 OSC
3
SIL
1
2位 69
メルセデス・ベンツ・CLK-LM HOC
1
DIJ
11
HUN
1
SUZ
1
DON
1
A1R
2
HMS
4
LAG
2

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2000 ヨーロピアン・アロウズ F3000 IMO
3
SIL
1
CAT
Ret
NÜR
Ret
MON
Ret
MAG
16
A1R
4
HOC
3
HUN
9
SPA
16
3位 21
2001 スーパーノヴァ・レーシング INT
7
IMO
1
CAT
Ret
A1R
7
MON
1
NÜR
2
MAG
1
SIL
4
HOC
Ret
HUN
Ret
SPA
Ret
MNZ
Ret
2位 39

F1[編集]

所属チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2002 ミナルディ PS02 AUS
5
MAL
Ret
BRA
11
SMR
11
ESP
DNS
AUT
12
MON
11
CAN
11
EUR
15
GBR
Ret
FRA
8
GER
Ret
HUN
16
BEL
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
JPN
10
16位 2
2003 ジャガー R4 AUS
Ret
MAL
Ret
BRA
9
SMR
Ret
ESP
7
AUT
7
MON
Ret
CAN
7
EUR
6
FRA
6
GBR
14
GER
11
HUN
6
ITA
7
USA
Ret
JPN
11
10位 17
2004 R5 AUS
Ret
MAL
Ret
BHR
8
SMR
13
ESP
12
MON
Ret
EUR
7
CAN
Ret
USA
Ret
FRA
9
GBR
8
GER
6
HUN
10
BEL
Ret
ITA
9
CHN
10
JPN
Ret
BRA
Ret
13位 7
2005 ウィリアムズ FW27 AUS
5
MAL
Ret
BHR
6
SMR
7
ESP
6
MON
3
EUR
Ret
CAN
5
USA
DNS
FRA
12
GBR
11
GER
Ret
HUN
7
TUR
Ret
ITA
14
BEL
4
BRA
Ret
JPN
4
CHN
7
10位 36
2006 FW28 BHR
6
MAL
Ret
AUS
Ret
SMR
6
EUR
Ret
ESP
9
MON
Ret
GBR
Ret
CAN
12
USA
Ret
FRA
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
TUR
10
ITA
10
CHN
8
JPN
Ret
BRA
Ret
14位 7
2007 レッドブル RB3 AUS
13
MAL
10
BHR
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
CAN
9
USA
7
FRA
12
GBR
Ret
EUR
3
HUN
9
TUR
Ret
ITA
9
BEL
7
JPN
Ret
CHN
10
BRA
Ret
12位 10
2008 RB4 AUS
Ret
MAL
7
BHR
7
ESP
5
TUR
7
MON
4
CAN
12
FRA
6
GBR
10
GER
Ret
HUN
9
EUR
12
BEL
8
ITA
8
SIN
Ret
JPN
8
CHN
14
BRA
9
11位 21
2009 RB5 AUS
12
MAL
6
CHN
2
BHR
11
ESP
3
MON
5
TUR
2
GBR
2
GER
1
HUN
3
EUR
9
BEL
9
ITA
Ret
SIN
Ret
JPN
17
BRA
1
ABU
2
4位 69.5
2010 RB6 BHR
8
AUS
9
MAL
2
CHN
8
ESP
1
MON
1
TUR
3
CAN
5
EUR
Ret
GBR
1
GER
6
HUN
1
BEL
2
ITA
6
SIN
3
JPN
2
KOR
Ret
BRA
2
ABU
8
3位 242
2011 RB7 AUS
5
MAL
4
CHN
3
TUR
2
ESP
4
MON
4
CAN
3
EUR
3
GBR
3
GER
3
HUN
5
BEL
2
ITA
Ret
SIN
3
JPN
4
KOR
3
IND
4
ABU
4
BRA
1
3位 258
2012 RB8 AUS
4
MAL
4
CHN
4
BHR
4
ESP
11
MON
1
CAN
7
EUR
4
GBR
1
GER
8
HUN
8
BEL
6
ITA
Ret
SIN
11
JPN
9
KOR
2
IND
3
ABU
Ret
USA
Ret
BRA
4
6位 179
2013 RB9 AUS
6
MAL
2
CHN
Ret
BHR
7
ESP
5
MON
3
CAN
4
GBR
2
GER
7
HUN
4
BEL
5
ITA
3
SIN
15†
KOR
Ret
JPN
2
IND
Ret
ABU
2
USA
3
BRA
2
3位 199

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2014 ポルシェ・チーム ポルシェ・919ハイブリッド LMP1-H SIL
3
SPA
12
LMN
NC
COA
5
FSW
SHA
BHR
SÃO
10位 25.5

備考[編集]

  • 身長は185cm[3]
  • ウェバーはイギリスのバッキンガムシャーのアストン・クリントンで恋人のアン・ニールと彼女の息子と共に住んでいる。
  • アンがイギリスでオープンしたレストランをサポートする形で、その共同経営に携わっている。
  • 2007年の日本グランプリの際、直前に食べた寿司に当たって食中毒を起こした中でのレースを強いられたためか、それ以来しばらくは日本に対して苦手意識を持っており、2008年8月、ITV-F1のインタビュー[4]において、「無くなってほしいグランプリは?」との質問に「日本」、さらに「鈴鹿か富士かを問わず、とにかく日本」と答えている。しかし、2009年の日本グランプリ直前の日本メディアの取材で鈴鹿サーキットについては「男を決めるサーキット」と言っているほか、この年の日本GPでファステストラップを記録して以降は苦手意識を見せなくなり、1年後には「待ち遠しくて仕方がない」と話したり、翌2011年にはイベント後に大の日本好きで知られるジェンソン・バトンらとプロ野球観戦を満喫するなど、日本嫌いは払拭されているようである。
  • レース中の無線があまりスポットされない。川井一仁の話によれば、レース以外のテレビインタビューで放送禁止用語等を頻繁に発し、VTRを使えないようにするからである。
  • 2008年11月22日、母国オーストラリアで自らが主催するチャリティ・スポーツイベント「マーク・ウェバー・ピュア・タスマニア・チャレンジ」に参加中、自転車に乗っているところを4輪駆動車と接触する事故に遭った。オーストラリアの「ABCラジオ」により、ウェバーは足と腕を複雑骨折していると報道された。また、タスマニア警察のジョン・フォード巡査部長によると、その容態について「重傷だが命の危険はない」とのこと。
  • フジテレビF1中継でのニックネームは「南半球のジェームズ・ボンド」。
  • 前述のとおり、1999年ル・マン24時間プラクティス、2010年F1ヨーロッパGP(バレンシア)決勝で宙を舞う形のクラッシュを3度起こしている。
  • 日本GPではスタート後の2コーナーでロマン・グロージャンに追突され、この追突後もグロージャンはアクセルを踏み続けたためウェバーはスピンしコースアウト。ピットインを余儀なくされた。最終的には9位入賞したものの、グランプリ終了後のインタビューでウェバーはグロージャンを「1周目の頭のいかれたやつ」と強くグロージャンを批判した。

注釈[編集]

  1. ^ 初ポール、初優勝ともに132戦目での達成は史上最も遅い記録。また過去16回(南コース改修後)の開催においてニュルブルクリンクでポール・トゥ・ウィンを達成したのは2004年のミハエル・シューマッハのみ。
  2. ^ また、ウェバーにとってはF1で初の連勝となった。
  3. ^ Mark Webber Red Bull Racing Formula 1 Driver - Yahoo! Eurosport UK
  4. ^ Mark Webber on the spot Thursday, 28 August 2008 12:43

関連項目[編集]

外部リンク[編集]