インターTEC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターTEC(インターテック、Inter TEC)は、1985年(昭和60年)から1998年(平成10年)まで、日本富士スピードウェイで開催されていたツーリングカーレース。

概要[編集]

1985年から1993年までがグループA規定によるセミ耐久レース、1994年から1998年までがFIAクラス2規定(2リッターの4ドア車両)によるスプリントレース(×2レース)で争われた。いずれも全日本ツーリングカー選手権の1戦として開催されたが、1987年世界ツーリングカー選手権(WTC)のタイトルもかけられた。

主催はVICIC(ビクトリー・サークル・クラブ)とフジテレビフジテレビが本格的に係わった最初のモータースポーツイベント[要出典]である。フジテレビは録画ながら同日夕刻にテレビ放送を行ったほか、事前イベントやテレビでの告知を行うなど人気向上に一役買った。

歴史[編集]

日欧対戦[編集]

開始当初はヨーロッパから遠征して来たボルボ240ターボジャガーXJ-SホールデンコモドアフォードシエラRS500BMWM3等と、全日本ツーリングカー選手権を戦うトヨタ・スープラ日産・スカイラインホンダ・シビックなどの国産マシンで参戦する日本勢との戦いが目玉であった。

国内化と人気の高まり[編集]

日産・スカイラインGT-R

しかし、1988年以降にヨーロッパでグループA規定が衰退すると、これまでのように遠征してくるヨーロッパのチームも減少し、インターTECのみにスポット参戦を行う香港タイ王国のチームやドライバーも少数ながら存在したものの、単なる全日本ツーリングカー選手権シリーズの1戦となっていく。

国際性がほとんど薄れていく中で人気が陰ることも危惧されたが、バブル景気に伴うモータースポーツ人気を受けて参戦台数、人気ともに衰えることはなかった。さらに1990年以降、R32スカイラインGT-Rの登場で、インターTECは更に人気が高まり、グループA最後の年となった1993年には主催者発表で94,600人の動員を記録する。

現在[編集]

クラス2規定を導入した1994年以降、国際性が再度高まることも期待されたが、海外からのチームのエントリーはほとんどなく、徐々に動員力も低下し、全日本ツーリングカー選手権(JTCC)が終了した1998年以降は開催されなくなった。現在はスーパー耐久シリーズの一戦「スーパーTEC」の名称にその名残を残すのみである。

歴代優勝車/ドライバー[編集]

  • 1985年:ボルボ・240ターボ(ミューラ/デュドネ)
  • 1986年:ボルボ・240ターボ(チェコット/オロフソン
  • 1987年:フォード・シエラRS500(ルドウィッヒ/ニーツヴィーツ)
  • 1988年:フォード・シエラRS500(ニーツヴィーツ/横島久)
  • 1989年:フォード・シエラRS500(ニーツヴィーツ/モファット)
  • 1990年:日産・スカイラインGT-R(星野一義/鈴木利男
  • 1991年:日産・スカイラインGT-R(星野一義/鈴木利男)
  • 1992年:日産・スカイラインGT-R(オロフソン/木下隆之
  • 1993年:日産・スカイラインGT-R(横島久/クリステンセン
  • 1994年:第1レース 日産・プリメーラ(星野一義)/ 第2レース ヴォクスホール・カヴァリエ(レイド
  • 1995年:第1レース BMW・318i(ソーパー)/ 第2レース 日産・プリメーラ(星野一義)
  • 1996年:第1レース トヨタ・コロナエクシヴコマス)/第2レース 日産・プリメーラ(レイド)
  • 1997年:第1レース ホンダ・アコード中子修/ 第2レース 日産・プリメーラ(星野一義)
  • 1998年:トヨタ・コロナエクシヴ(金石勝智

関連項目[編集]