フォース・インディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォース・インディア
エントリー名 Sahara Force India F1 Team
チーム国籍 インドの旗 インド
チーム本拠地 イギリスの旗 イギリスノーサンプトンシャー
シルバーストン
チーム代表者 ビジェイ・マリヤ
テクニカルディレクター アンドリュー·グリーン
2014年のF1世界選手権
ドライバー 27.ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ
11.メキシコの旗 セルジオ・ペレス
テストドライバー TBA
シャーシ フォース・インディア VJM07
エンジン メルセデス PU106A Hybrid[1]
タイヤ ピレリ
F1世界選手権におけるチーム履歴
参戦年度 2008 -
出走回数 112 (224台)
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズ
タイトル
0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 336
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 1
ファステストラップ 2
F1デビュー戦 2008年オーストラリアGP
初勝利
2013年順位 6位 (77pts)
( ※ : 記録は2013年ブラジルグランプリ終了時 )
テンプレートを表示

フォース・インディア(Force India)は2008年からF1に参戦しているコンストラクター。前身はスパイカーF1

概要[編集]

2007年から参戦していたスパイカーF1チームを買収し、2008年度より参戦しているF1チーム。元をたどるとジョーダン・グランプリ(1991年 - 2005年)→ミッドランドF1(2006年)→スパイカーF1(2007年)と続く系譜に連なるチームである。

インドの実業家で、ビール会社や、航空会社のキングフィッシャー航空などを傘下に持つユナイテッド・ブリュワリーズ・グループの総帥、ビジェイ・マリヤと、元スパイカーCEOミシェル・モルジャン・モルが共同出資する「オレンジ・インディア・ホールディングス」がスパイカーF1を約8,800万ユーロで買収しオーナーとなっている[2]。また、チームロゴにはインド国旗色であるオレンジ・ホワイト・グリーンが採用されている[3]

2011年10月、チームの株式の42.5%をインドの複合企業サハラ・インディア・パリワールに売却し、チーム名が「サハラ・フォース・インディア」となった[4]

シーズン[編集]

2008年[編集]

チーム・ドライバー[編集]

2007年から2008年の冬期のみのテストドライバーとして、GP2ドライバーのロルダン・ロドリゲスとの契約を結んでいた[5]。 2008年度のドライバーとしては前身チームであるスパイカーF1との契約期間が残っていたエイドリアン・スーティル[6]ともう一人のドライバーにはスーティルのチームメイトの山本左近、元ホンダ(現ヒスパニア・レーシング)テストドライバーであったクリスチャン・クリエン、元トロ・ロッソヴィタントニオ・リウッツィ、元トヨタ(現DTMドライバー)のラルフ・シューマッハと同テストドライバーであったフランク・モンタニー、元ルノージャンカルロ・フィジケラ、加えてフォース・インディアのテストドライバーだったロルダン・ロドリゲスとギド・ヴァン・デル・ガルデの7名の中から選考の結果、ジャンカルロ・フィジケラが選ばれた。またテストドライバーとしてはヴィタントニオ・リウッツィが起用されている[7]。後日、ビジェイ・マリヤは「ラルフは選択肢ではなく、選択肢はクリエン、フィジケラ、モンタニー、リウッツィの4名だけだった」と語っている[8]。またラルフ本人も「マリヤとの個人的関係・約束からのテスト参加であり、ここに所属するとは思えない」と発言していた[9]

シーズン終了後の2008年11月8日にチーム代表のコリン・コレスとチーフ・テクニカル・オフィサーのマイク・ガスコインの離脱が発表された。オーナーのマリヤによると理由は「マネージメント面の一新のため」である[10]

マシン[編集]

2008年シーズンの序盤は、前身であるスパイカーF1が2007年終盤に使用したF8-VIIBの改良型であるVJM01を走らせた。7月のイギリスGPに大幅改良を施したシャーシを投入した。また、シームレス・ギヤボックスもヨーロッパGPから使用されている。エンジンフェラーリ製を使用。

フェラーリとのエンジン供給契約は2010年まで、[11]。また、2009年から導入予定となっている運動エネルギー回収システム(KERS)については、フェラーリとマニエッティ・マレリが共同開発する物を使用することを明らかにしていた[12]。しかし、2008年11月7日にフェラーリとのエンジン供給契約を解除したことを明らかにした。そして、11月10日マクラーレンとの技術提携及びメルセデスからエンジン、KERS、ギアボックス、ハイドロリックの供給契約を締結した[13]

2009年[編集]

チーム・ドライバー[編集]

ドライバー陣は2008年から継続となった。

第12戦ベルギーGP予選においてフィジケラがチーム初のポールポジションを獲得。決勝でも優勝はキミ・ライコネンにさらわれたものの2位でフィニッシュ。チームに初ポイントと初表彰台をもたらした。 ベルギーGP後、フェラーリがハンガリーGP予選の負傷で欠場しているフェリペ・マッサの代役として、成績不振のルカ・バドエルに代わりフィジケラをイタリアGPより起用すると発表。チームはフィジケラとの契約を解除した。フィジケラに代わり、リザーブ・テストドライバーのリウッツイがレースドライバーに昇格した[14]。 続くイタリアGPでは、トップスピードが伸びるマシンの特性を生かしてスーティルがチーム初のファステストラップを記録した。 残る最終戦までの4戦はスーティルが予選で上位に入ることもあるが、決勝では安定を欠き、ポイントを得ることはなかった。結局、このシーズンは13ポイントとポールポジション1回、表彰台1回、ファステストラップ1回を手にした飛躍の年となった。

マシン[編集]

3月1日フォース・インディア VJM02を発表。発表に先駆けて2月25日シルバーストーンでシェイクダウンが行われた。

2010年[編集]

昨年終了時のスーティル、リウッツィというドライバーラインナップを継続している。昨年車のコンセプトを進化させたVJM032月9日に発表。

シーズン開始前には、財務会計表の提出が遅れたことで英企業設立関係局から解散通知を送付されたり、テクニカルディレクタージェイムズ・キーコマーシャルディレクターイアン・フィリップスが離脱したりと揺れが起き、チーム消滅の危機もささやかれたが、財務会計表は期限の2月25日までに提出され、レースも開幕戦バーレーンGPでリウッツィが9位完走の2ポイントを獲得し、スーティルも1周目でアクシデントにより後退したものの、その後2番目に速いタイムを記録。いわゆる中団のチームとして定着したことを証明した。

この後も、コンスタントにポイントを獲得していくが、シェイクダウンが遅かった影響もあり、たびたび信頼性の問題に悩まされることもあったが、次第に回復している。また、リウィッツィが、レースペースが上がらない事態に陥ったことがあったが、これは、シャシーに損傷が発見され交換されることとなった。その後はリウィッツィのペースも回復しつつある。

またマクラーレンが開幕から先駆けて導入していたFダクトは、第7戦トルコGPからリウィッツィ車に、第8戦カナダGPよりスーティル車に導入された。

10月18日、ロータスに移籍するテクニカルディレクターのマーク・スミスに代わり、エンジニアディレクターであったアンドリュー·グリーンが昇格就任する事が発表された[15]

2011年[編集]

ドライバーはエイドリアン・スーティルが残留、リウッツィに代わり2010年ドイツツーリングカー選手権チャンピオンのポール・ディ・レスタが加入した。開幕戦オーストラリアにてザウバー勢が失格裁定を受けたこともあり両ドライバーともに入賞した。ドイツブラジルでスーティルが、シンガポールでディ・レスタがシーズン最高の6位に入賞した。最終的に13戦でポイントを獲得し、ウィリアムズ、ザウバー、トロ・ロッソらとの中団争いを制しコンストラクターズ6位でシーズンを終えた。

2012年[編集]

ドライバーはディ・レスタと、リザーブから昇格したニコ・ヒュルケンベルグの2人に変更された。シーズンを通し入賞圏内で完走するレースが多く、特に第12戦ベルギーGPではヒュルケンベルグが4位入賞、ディレスタも第14戦シンガポールGPで4位に入賞し両ドライバー共、自身のベストリザルトを記録した。最終戦ブラジルGPでは、ヒュルケンベルグがトップチームであるマクラーレンに対しオーバーテイクを仕掛けるなどバトルを展開、一時はトップを走るなど競争力の高さを見せたシーズンでもあった。

コンスタントにポイントを獲得し、前年度の69ポイントを上回る109ポイントを獲得した。しかしランキングでは表彰台を4度獲得したザウバーに抜かれ7位に終わった。

結果[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
2008 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
TUR
トルコの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
EUR
欧州連合の旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BRA
ブラジルの旗
0 10th
20 ドイツの旗 スーティル Ret Ret 19 Ret 16 Ret Ret 19 Ret 15 Ret Ret 13 19 Ret Ret Ret 16
21 イタリアの旗 フィジケラ Ret 12 12 10 Ret Ret Ret 18 Ret 16 15 14 17 Ret 14 Ret 17 18
2009 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
TUR
トルコの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
EUR
欧州連合の旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
13 9th
20 ドイツの旗 スーティル 9 17 17 16 Ret 14 17 17 15 Ret 10 11 4 Ret 13 14 12
21 イタリアの旗 フィジケラ 11 18 14 15 14 9 Ret 10 11 14 12 2
イタリアの旗 リウッツィ Ret 14 14 11 15
2010 BHR
バーレーンの旗
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
TUR
トルコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
68 7th
14 ドイツの旗 スーティル 12 Ret 5 11 7 8 9 10 4 8 17 Ret 5 16 9 Ret Ret 12 13
15 イタリアの旗 リウッツィ 9 7 Ret Ret 15 9 13 6 16 11 16 13 10 12 Ret 11 6 Ret Ret
2011 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
TUR
トルコの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
BRA
ブラジルの旗
69 6th
14 ドイツの旗 スーティル 9 11 15 13 13 7 Ret 9 11 6 14 7 Ret 8 11 11 9 8 6
15 イギリスの旗 ディ・レスタ 10 10 11 Ret 12 12 18 14 15 13 7 11 8 6 12 10 13 9 8
2012 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
韓国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
109 7th
11 イギリスの旗 ディ・レスタ 10 7 12 6 14 7 11 7 Ret 11 12 10 8 4 12 12 12 9 15 19†
12 ドイツの旗 ヒュルケンベルグ Ret 9 15 12 10 8 12 5 12 9 11 4 21† 14 7 6 8 Ret 8 5


エピソード[編集]

  • インド系チームらしく、モーターホームで提供される食事にカレーが用意されており、関係者の間でも評判が良い。特にフェルナンド・アロンソがしばしばカレーを求めて同チームのモーターホームを訪れているとのこと[16]
  • 2008年には同チームを発端としてF1のパドック内でポーカーがブームとなり、プレイヤーの一人としてバーニー・エクレストンも参加していたため、メディアでも話題となった[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “メルセデス、F1パワーユニットを「PU106A ハイブリッド」と命名”. F1-Gate.com. (2014年1月24日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_22209.html 2014年1月24日閲覧。 
  2. ^ Exclusive interview - Spyker's Dr Vijay Mallya -(The Official Formula 1 News 2007年10月10日記事)
  3. ^ フォース・インディア チームロゴを発表 -(GPUpdate.net 2007年11月13日記事)
  4. ^ “フォース・インディア、チームを一部売却”. F1トップニュース. (2011年10月13日). http://www.topnews.jp/2011/10/13/news/f1/teams/force-india/44967.html 2011年11月3日閲覧。 
  5. ^ Roldan Rodriguez as test driver for 2007/08 winter testing -(フォース・インディア公式プレスリリース 2007年9月20日)
  6. ^ 2008 FIA Formula One World Championship Entry List(FIAプレスリリース 2008年1月4日)
  7. ^ Mallya confirms Fisichella at Force India(autosport.com 2008年1月10日記事)
  8. ^ Ralf never an option for 2008 - Mallya(F1way.com 2008年4月29日記事)
  9. ^ http://www.f1way.com/news/2007/December/7/ralf-says-f1-career-could-be-over
  10. ^ http://f1.gpupdate.net/ja/news/2008/11/08/202998/
  11. ^ Exclusive interview - Spyker's Dr Vijay Mallya -(The Official Formula 1 News 2007年10月10日記事)
  12. ^ Force India to use Ferrari KERS system -(F1way.com 2008年4月11日記事)
  13. ^ フォースインディア マクラーレンとの提携を発表-(GPUpdate.net 2008年11月10日記事)
  14. ^ “フォース・インディア、リウッツィの起用を発表”. F1-Gate.com. (2009年9月7日). http://f1-gate.com/forceindia/f1_4730.html 2009年9月7日閲覧。 
  15. ^ “F・インディア、グリーン氏をテクニカル・ディレクターに”. FMotorsports F1. (2010年10月19日). http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/10/f-b160.html 2010年10月20日閲覧。 
  16. ^ F1GPニュースフジテレビ721)・2008年10月3日放送分での川井一仁の発言による。
  17. ^ GRAND PRIX SPECIALソニー・マガジンズ)2008年10月号 p.48

関連項目[編集]

外部リンク[編集]