ダッジ・バイパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バイパーヴァイパー(Viper) はクライスラー社の一部門であるダッジおよびSRTから発売されているアメリカンスポーツカーである。

概要[編集]

バイパーはクライスラーから請われてフォード・モーターより移籍してきたボブ・ラッツ主導のもと、当時北米マッスルカー市場で大きなシェアを得ていたゼネラルモーターズシボレー・コルベットに対抗できるスーパースポーツとして企画された。

開発コンセプトは1960年代後半に登場したスポーツカー、シェルビー・コブラを意識したものと言われており、開発スタッフにはコブラを造ったキャロル・シェルビーも関わっていた。

1989年北米国際オートショーにてコンセプトカーが発表され、1991年1992年モデルイヤーとして市販モデルが登場した。

当初は3年間だけ少量限定生産する計画であったが、発売後大きな反響と共に想定以上の売り上げをたたき出したため、予定を変更して継続販売されることとなった。

バイパーはアメリカ車ならではのOHVエンジンを搭載するが、その実はよく見られるV8ではなくV10排気量は8リッターと市販車の中では最大級である。ベースとなったエンジンは元々ピックアップトラックの「ダッジ・ラム」に搭載されていたもので、当時クライスラーの子会社だったランボルギーニの手によって出力重視にチューンされた。また、ランボルギーニは足回りにも手をつけており、ブレーキもV10のハイパワーに対応すべくブレンボを選定している。2代目モデルのデザイナーは日本人である。

なお、バイパーは当初2010年末をもって生産を終了、後継モデルにはスタンスが引き継がれないとされていたが、クライスラーグループ・ダッジブランドのラルフ・ギレスCEOは、「バイパー後継車は計画通り開発が進んでおり、2012年夏には発表できるだろう。」と発言、V10エンジンを踏襲するモデルが予告された。そのモデルは、2012年にブランドをダッジからクライスラーのハイパフォーマンスカー開発部門である"SRT(Street and Racing Technology)"に移し、「SRT・バイパー」として発表された。しかしその後2014年にSRTブランドがダッジに統合され、わずか2年で再び「ダッジ・バイパー」の名が復活することとなった[1]

コンセプトカー[編集]

ダッジ・バイパーは1989年クライスラーが発表したVM-01コンセプトカーが進化したものである。当時はV10ではなく、5.9リッターV8が搭載されていた。その後1990年4月、クライスラーは8リッターV10エンジンを搭載したコンセプトカー、VM-02を発表した。出力は300馬力(約304ps)、トルクは450lb・ft(約62kg・m)を発揮していた。

初代(1991年-2002年)[編集]

ダッジ・バイパー(初代)
初代(GTS)
Draginline waiting.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1992年–2002年
デザイン Tom Gale
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン 7.9L V10 OHV
最高出力 450ps/5,200rpm
最大トルク 67.7kg-m/3,700rpm
変速機 6MT
駆動方式 FR
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,490mm
全幅 1,980mm
全高 1,190mm
ホイールベース 2,440mm
車両重量 1,590kg
別名 クライスラー・バイパー(日本)
-自動車のスペック表-

コンセプトカーの発表を経て1991年12月に販売開始された。当初は8リッターV10、400hp(約406ps)のオープンモデルであるバイパーRT/10のみがラインナップされたが、後にバイパーGTSというクーペモデル(450hp(約456ps))が追加された。また、市販モデルの意匠を受け継いだ「バイパーGTS-R」という名を与えられたレーシングカーがル・マン24時間やニュルブルクリンク24時間をはじめとするレースに次々に出場、優勝するなどポルシェ等の強豪を抑えた活躍を見せた。日本では1997年に「クライスラー・バイパー」(但し、フロントのエンブレムはオリジナルの物を使用)として正規輸入が行われた。当初はRT/10のみが導入されたが、1999年からはGTSも追加された。当時のクライスラー車の中では1000万円を超す車種であった。なお、2002年12月に正規輸入車としての導入は中止され、2代目以降は正規販売されていない。

2代目(2002年-2010年)[編集]

ダッジ・バイパー(2代目)
2代目(SRT-10)
2008 ZB Viper SRT-10 blue.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2002年-2010年
デザイン Osamu Shikado
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン 8.4L V10 OHV
最高出力 608ps/6,000rpm
最大トルク 77.5kg-m/5,600rpm
変速機 6MT
駆動方式 FR
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,460mm
全幅 1,920mm
全高 1,230mm
ホイールベース 2,510mm
車両重量 1,530kg
-自動車のスペック表-

2002年にバイパーは2003年モデルイヤーとしてモデルチェンジが行われ、バイパーSRT/10という二代目が登場している。V型10気筒エンジンは8.3 Lまで排気量がアップされ、パワーも510 hp(約517 ps)にまで高められている。こちらもオープンモデルとして登場したが、2006年にクーペが追加された。

2008年モデルでは、エンジンをマクラーレン・パフォーマンス・テクノロジーおよびリカルド社の協力を得て、ボアを1 mm ほど拡大。これにより8.3 L から8.4 L へと排気量をアップさせ、出力も600 hp(約608 ps)へと高められた。無論、この90 ps もの向上は単なる排気量の拡大だけではなく、インテークマニホールドポート形状をよりスムーズな形にモディファイしたり、エアフィルターをより吸気効率の良いものに変更するなど、細かい部分にも改良が施された結果である。

さらに、細かな部分ではオイルポンプをよりハイボリュームのものに変更したり、圧着力の高いクラッチの操作力を18%ほど軽減し、少ない踏力で扱えるように改善するなど、パフォーマンスの向上に合わせて全体的な見直しが図られている。また、搭載エンジンの改良に伴い、エクステリアも若干の変更が行われた。

エンジンフード上にエアアウトレットが追加された他、外装色のバリエーションも増加した。この結果、2008年モデルは、ベノムレッド、スネークスキン・グリーン、バイパー・バイオレット、バイパー・オレンジ、ブライト・ブルーの5色をベースに、オプションでホワイト、ブラック、シルバー、グラファイト、ブルー、レッドの6カラーのレーシングストライプを組み合わせることが可能になっている。

2007年にダッジブランドが日本に導入される際にバイパーの再投入が検討されたものの、マフラーレイアウトが日本の車検制度に適合していない為に見送りとなった[2]。日本には並行輸入で数台が輸入されている。


また2008年モデルからはバイパーSRT-10・ACRというレーシーな仕様がオプションで選べるようになった。

ACRとは"American Club Racer"の略で、クライスラーのスポーツモデルに冠されるチューニングカーブランドである。従来のACRではベースモデルに対してパワー向上などのチューンが奢られるのが常であったが、元々バイパーSRT10は608 ps もの大出力を誇っていたため、動力性能的なアップデートはほとんど行われなかった。

ACR専用パーツとして設定されたのは、エアロダイナミクスの向上を目的とした外装パーツ(フロントデュフューザー・カナード、GTウイング)、ノーマルよりもハードなレーシングサスペンション(KWのサスペンションを採用)、そして軽量化ホイールとなっている。

さらに追加オプションである「ハードコアパッケージ(HCP)」は、完全なサーキットユース向けとして設定され、走行に影響を与えないパーツ(オーディオシステム、トランクカーペット、リアキャビンサウンドインシュレーション、タイヤ補修キット、フードインシュレーター、スチールバッテリーカバー)を取り除き、純正比18kgもの軽量化を果たした。

またACRとは別に、レース専用車としてバイパー・コンペティションクーペが販売されている。

2010年2月10日にダッジより最終モデルとなる特別仕様車の生産告知が行われ、同日に予約が開始された。[3]

SRT・バイパー→ダッジ・バイパー (3代目、2012- )[編集]

SRT・バイパー(2012-2014)
ダッジ・バイパー(2014-)
2013 SRT Viper -- 2012 NYIAS.JPG
GTS-R
Le Mans 2013 (142 of 631) (9344213743).jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2012年-
デザイン Scott Krugger
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 8.4L V10 OHV
最高出力 640hp(約649ps)/6,150rpm
最大トルク 83kg-m/4,950rpm
変速機 6MT
駆動方式 FR
全長 4,463mm
全幅 1,940mm
全高 1,190mm
ホイールベース 2,510mm
車両重量 1,500kg(クーペ)
1,476(GTS)
-自動車のスペック表-

2012年4月、ニューヨークモーターショーで後継モデル「SRT・バイパー」と上級モデル「SRT・バイパー GTS」が正式発表された。前述の通りブランドは2012年から2014年の間はダッジからSRTに変更されていたが、メカニズムやコンセプトは従来型のそれを受け継いだ。

搭載されるV10エンジンの排気量は8.4Lと先代から変更はないが、ピストン,インテークマニホールド,エギゾーストパイプなどに改良を施し、最高出力は640hp(約649ps)まで向上、最大トルクは813N・m(83kgf・m)で、自然吸気エンジンとして世界最大であると発表された。
シャシーのねじり剛性を50%向上させながら、ルーフ,ボンネット,リアゲートにはカーボンファイバーを、ドアにはアルミニウムを使用。これにより先代より45kg軽量化された。

トランスミッションには従来同様6速マニュアル式を採用、電子制御システムは、マルチステージ・スタビリティコントロール,トラクションコントロール,4チャンネルABSが搭載される。

上級モデルのバイパー GTSはクーペよりさらに軽量な1,476kgに、加えてショックアブソーバーを組み込んだアクティブサスペンションが標準搭載される。

バイパー・GTS-R→バイパー・SRT・GTS-R[編集]

バイパー GTSをベースに開発されたレース仕様車で、アメリカン・ル・マン・シリーズ2012年シーズンに2台体制で参戦、8月のミッドオハイオ戦でデビューする。ドライバーはドミニク・ファーンバッハー,マーク・グーセン,クノ・ウィットマー,ライアン・ハンター=レイの4人。

ニュルブルクリンク・北コースでの記録更新[編集]

2008年8月18日、ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(1周20.8km)の走行テストにおいて、オランダ人レーシングドライバートム・コロネルが運転するバイパーSRT-10・ACRが7分22秒1というタイムをマークしニュルブルクリンク市販車最速の称号を得た。 当日、何箇所かセミウェットの箇所はあるもののほぼドライ。最初の2周を7分42秒と7分35秒でラップ。そして3回目のスティントは、7分24秒台をマーク。4回目のアタックで、この日のベストタイムである7分22秒1をマーク。 シボレー・コルベットC6 ZR-1が6月に叩き出した7分26秒4、日産・GT-Rが4月に達成した7分29秒3のタイムを大幅に短縮した。参考にパガーニ・ゾンダFは7分27秒8、ポルシェ・カレラGTは7分28秒を叩き出している。 コンピュータによるシミュレーションではACRは7分10秒台で走れることが検証できていた。 その後、2009年8月13日にグンペルト・アポロに記録を塗り替えられるまで、バイパーは最速記録を保持し続けていた。 さらに2010年モデルのバイパーSRT-10・ACRは過去の記録を10秒近く更新する7分12秒13を記録した。

シェルビー・コブラとの類似点[編集]

よく言われているのが、コンパクトなボディーに巨大なエンジンを積んでいるという点である。共にトラック用のエンジンをスポーティーなボディーに積んでおり、バイパーにいたっては約1tのボディーに8.0Lのエンジンを載せている。

そしてオープン→クーペという順でモデルをラインナップさせている点である。シェルビー・コブラはオープンカーという印象が強いが、後にレースマシンとしてクーペモデル(シェルビー・デイトナ)も製作している。また、デイトナとバイパーは、共にリアのトランクの後端に跳ね上げをつけることで、空気の流れを上向きに変えてダウンフォースを得ている。

また、名前はコブラ・バイパー共に毒蛇の意味である。

チューニングカー[編集]

初代より、バイパーはそのパフォーマンスの高さを生かしたチューニングベース車両としてサードパーティーにも人気が高い。著名なものとしてVenomシリーズと呼ばれる、アメリカのバイパーチューナーであるヘネシーモータースポーツ(Hennessey Motorsports)が製作したコンプリートカーがある。排気量を0.5L拡大させたバイパーVenom 600、Venom 600Rというモデルに加え、排気量はGTSそのままに、ツインターボ馬力トルクをアップさせたVenom 800TTという初代バイパー最強モデルが存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ バイパーの SRT、2年でブランド廃止…ダッジに統合”. 2014年5月13日閲覧。
  2. ^ 当時、日本の車検制度では、アメリカ製の自動車(特にSUVが多い)はマフラーが横に向けられている事が多く、車検をクリアさせる為には後ろ側に向けるか、横に向けられている場合は曲げ加工する事で後ろに向けなければならないが、バイパーの場合はマフラーが車体の両横側に向けられる様にレイアウトされており、構造上変更が難しく主にアメリカ本国向けに販売する目的の車種を日本向けに変更させる為には大幅な改修と時間が必要になり、輸入元からしても導入に間に合わないとの見方もある。
  3. ^ ダッジ バイパー、歴史に幕”. 2010年4月12日閲覧。


外部リンク[編集]