ダッジ・マグナム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マグナム (Magnum) はクライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売していた自動車

概要[編集]

マグナムの名を持つモデルは2種類存在する。 初代は1978年から1年間だけチャージャーの後継モデルとして生産された2ドアハードトップで、2代目は2004年から生産されたステーションワゴンである。

スタイルが大きくかけ離れた両者だが、どちらにも共通していることはチャージャーとプラットフォームを共有し、ハイパワーなエンジンの設定がある点である。

2004年に復活したマグナムであったが、2008年に300ツーリングへ一本化、販売の芳しくなかった北米ではマグナムの販売は終了した。

また、「マグナム」の名は南米ではダッジ・ダートに宛がわれていた。

初代(1978年-1979年)[編集]

ダッジ・マグナム(初代)
マグナムXE
Dodge Magnum XE 1979.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 1978年–1979年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアハードトップ
エンジン 6.9L V8 OHV
最高出力 238ps/4,200rpm
最大トルク 67.7kg-m/4,000rpm
変速機 5速MT/4速MT
3速AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:トーションバー
後:リーフ
全長 5,535mm
全幅 1,910mm
全高 1,370mm
ホイールベース 2,921mm
車両重量 1,680kg
プラットフォーム クライスラー・Bプラットフォーム
-自動車のスペック表-

マグナムはNASCAR参戦のために、チャージャーSEをベースに生み出されたモデルである。

1978年当時、クライスラーはNASCARにチャージャーSEで参戦していた。 チャージャーSEは市販モデルとしては優秀であったが、そのベースは1974年から大きく変化しておらず、レースカーのベースとして鑑みた場合、デザインなどが旧態化しており空力面などでいささか不利になる要素を含んでいた。そこでチャージャーをベースにデザインを見直し、性能を向上させたモデルとしてマグナムが企画された。

マグナムとチャージャーSEとの大きな違いはフロントマスクである。 マグナムはヘッドライトの透明カバーがリトラクタブルになっており、ヘッドライト点灯とともにカバーが隠れるというユニークな構造であった。 このリトラクタブルの透明ヘッドライトカバーは1979年から販売されるダッジ・セントレジスにも採用されていた。 また、ボディデザインは空力を優先し細長いオペラ・ウィンドウを備えており、ボディタイプはT-バーかパワーサンルーフを選択できた。

こうして誕生したマグナムであったが、ベースになったチャージャー自体の設計が10年以上前の物で既に相当旧態化が進んでおり、またビッグブロックV8エンジンの生産も終了していたことから、わずか1年でダッジ・ミラーダに置き換えられた。

マグナムはBプラットフォームを搭載した最後のモデルであった。

なお、NASCARに投入されたマグナムはエンジントラブルなどが続いたこともあり、芳しい成績を上げることは出来なかった。

2代目(2004年-2008年)[編集]

ダッジ・マグナム(2代目)
マグナムSRT-8
2008 Dodge Magnum SRT-8 DC.JPG
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2004年–2008年
デザイン ラルフ・ジル
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアステーションワゴン
エンジン 6.1L V8 OHV"HEMI"
最高出力 431ps/6,000rpm
最大トルク 58.0kg-m/4,600rpm
変速機 5速AT/4速AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 5,022mm
全幅 1,882mm
全高 1,471mm
ホイールベース 3,048mm
車両重量 1,980kg
プラットフォーム クライスラー・LXプラットフォーム
-自動車のスペック表-

初代の販売終了以来、しばらくマグナムの名は途絶えていたが、2004年に復活する。

往年のスポーツカーではなく、クライスラー・300のワゴンバージョンとして設定された。 プラットフォームは300と同じくLXプラットフォームが使用されている。デザインは300と同じくラルフ・ジル主導で行われた。なお、「マグナム」を名乗るのは北米のみで、他の地域ではクライスラーブランドで販売されており、デザインもフェースリフトされ、300のステーションワゴンであるということが明確化されたデザインとなっている。生産はカナダ・オンタリオ州にある工場で行われた

ダッジとしてのバンは1991年に販売された「コルト・ビスタワゴン」以来のモデルであり、ビッグスリーのワゴンとしてもシボレー・カプリスビュイック・ロードマスター以来であった。

グレード展開は当初3つで、2.7L V6を搭載したベーシックモデルのSE(190馬力)、3.5L V6を搭載したミドルレンジのSXT(250馬力)、5.7L"HEMI"V8を搭載したパフォーマンスのRT(340馬力)となっていた。

また、2005年には300やチャージャーと同じくSRT-8が追加され、ハイパフォーマンスな「6.1L"HEMI" V8」(431馬力)を搭載し、300と同じくメルセデスベンツの5速オートマを採用したモデルとして設定された。

2005年には、カーアンドドライバー誌のテンベストリストを受賞している。

しかし米国市場ではステーションワゴンの需要があまり高くなく、販売は300とは対照的に全米でも年間7000台程度しか売れず、芳しいものではなかった。

そのためマグナムは2008年に生産を終了した。

ただ、欧州やアジア圏などではフェースリフトした300Cツーリングがそこそこ売れており、マグナムとしては生産を終了したが300Cツーリングとしてはオーストリアで生産継続されたものの、こちらも2009年に生産終了となった。

関連項目[編集]