トム・コロネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・コロネル(2007年)

トム・コロネルTom Romeo Coronel, 1972年4月5日 - )は、オランダ出身のレーシングドライバーである。

父親で同名のトム・コロネル、双子の兄弟であるティム(ティム・アルファ)もカーレースドライバーである。

略歴[編集]

初期の経歴[編集]

1990年にオランダ・シトロエン・AXカップに参戦し、翌年にチャンピオンとなり、1992年からオランダ・フォーミュラ・フォード選手権に参戦し、やはり2年目にチャンピオンとなる。

ユーロシリーズ・フォーミュラ・オペル参戦(1994年)を経て、1995年にはドイツF3にステップアップした。

日本時代[編集]

1996年に来日し、全日本F3選手権に参戦。2年目の1997年には同選手権でチャンピオンとなったほか、地元オランダのザントフォールト・サーキットで開催されたF3の国際レース、マールボロ・マスターズを制した。

1998年にはフォーミュラ・ニッポンにステップアップし(全日本GT選手権への参戦も同年に開始)、翌年にはフォーミュラ・ニッポンでチャンピオンに輝いた。

なお、1998年から1999年にかけてはフォーミュラ・ニッポン、全日本GT選手権とも中嶋企画に所属した。

ツーリングカー[編集]

1990年代末にはF1アロウズチームでテストドライバーを務めるなどしたものの、フォーミュラカーにおけるキャリアはここまでとなり、以後は活躍の場をツーリングカーに移した。

1998年から1999年にかけて全日本GT選手権に参戦したのを皮切りに、1999年にはル・マン24時間レースに参戦した(以後2003年まで同レースへの参戦を続けた)。

2001年にはル・マンのほか、オランダ・ツーリングカー選手権、FIA-GT選手権に参戦したが、翌2002年からはヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)を参戦の場とし、インディペンデントチームのCarly、AutoDelta Squadra Corse、次いでGR Asiaから参戦している。

ETCC最終年となった2004年にはインディペンデント部門であるミシュラントロフィーの覇者となった。

2005年、ETCCが世界ツーリングカー選手権(WTCC)となったのを機に、チームもGR Asiaに移した。初年度セアト・トレドを駆ったが、この年はインディペンデント部門においてBMWBMW 320i)勢が強く、同部門において、この年のチャンピオンであるマルク・ヘンネリシと並んでシーズン最多勝となる5勝を挙げたものの、ランキング的にはBMW勢4台に次ぐ5位に甘んじる結果となった。

コロネルのセアト・レオン

2006年のWTCCシーズンに向け、セアト(セアト・スポーツ)は新型車両セアト・レオンをワークスチームに供給したが、コロネルはインディペンデント組の中では唯一人この車両を与えられたこともあって、全20戦のシーズンで10勝を挙げ、ポイントでも178ポイントを獲得し、こちらもBMWの最新型である320siを駆ったランキング2位のルカ・ランゴーニ(2勝)に対し、実に78ポイントもの大差をつける文字通りの圧勝でインディペンデント部門であるヨコハマトロフィーの勝者となった。2007年からはワークスでの参戦となり、2008年はガソリンエンジン車での参戦ながら第11戦岡山レース2でWTCC初優勝を果たした。

レース戦績[編集]

JGTC[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 順位 ポイント
1998 Mobil 1 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
2
FUJ
C
SEN
Ret
FUJ
1
MOT
Ret
MIN
2
SUG
Ret
2nd 50
1999 Mobil 1 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
11
FUJ
14
SUG
4
MIN
Ret
FUJ
8
TAI
1
MOT
5
5th 41
2003 無限(-Rd.5)
童夢 レーシングチーム(Rd.6-)
ホンダ・NSX GT500 TAI
4
FSW
Ret
SUG
9
FSW
12
FSW
8
TRM
1
AUT
10
SUZ
11
10th 38

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1998 PIAA NAKAJIMA RACING SUZ
8
MIN
6
FUJ
Ret
MOT
4
SUZ
5
SUG
5
FUJ
MIN
Ret
FUJ
Ret
SUZ
14
11th 8
1999 PIAA NAKAJIMA RACING SUZ
2
MOT
Ret
MIN
3
FUJ
1
SUZ
2
SUG
1
FUJ
1
MIN
Ret
MOT
3
SUZ
Ret
1st 50

外部リンク[編集]