ミハエル・クルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハエル・クルム
Michael Krumm
2010年
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1970年3月19日(44歳)
出身地 ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ロイトリンゲン
2014年Super GT
デビュー 2005 (2009 to 2011 in FIA GT Championship)
所属 Kondo Racing
車番 24
シリーズ最高順位 4th(2006)
過去参加シリーズ
1988–1989
1990
1993
1994
19941997
1995–2004
1998
19992001
2001
2005
2007
2009
German Formula Ford
German Formula Vauxhall
German Formula Three Championship
All-Japan Formula Three
Japanese F3000 / Formula Nippon
JGTC (excluding 1998)
DTM
Formula Nippon
Champ Car
European Le Mans Series
FIA GT Championship
選手権タイトル
1989
1990
1994
1997, 2003
2011
German Formula Ford
German Formula Vauxhall
All-Japan Formula Three
JGTC (GT500)
FIA GT1 World Championship

ミハエル・クルム(Michael Krumm、1970年3月19日 - )は、ドイツ人のレーシングドライバー。妻はプロテニスプレイヤーのクルム伊達公子である。

プロフィール[編集]

  • 身長:183cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:RH+A型

1988年にドイツ国内のフォーミュラ・フォードでデビューし、2年目にはシリーズチャンピオンを獲得した。翌年にはドイツ・フォーミュラオペルロータスのシリーズチャンピオンとなった。1992年にはドイツF31993年にはドイツF3とイタリアF3で活躍した。

1994年に来日し、同年の全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得した。以後、全日本F3000選手権フォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権SUPER GTなど、日本のトップカテゴリーで活躍した。当初はトヨタワークスでの活動が多かったが、1998年のドイツツーリングカー選手権[1]日産・プリメーラで参戦したのを機に日産のワークスドライバーとなった。

2001年にはアメリカに渡りCARTにデイル・コインレーシングから参戦したが、チームがシーズン途中でCARTから撤退してしまったため日本に復帰した。2002年にはル・マン24時間レースアウディ・R8で参戦し、総合3位を獲得した。

全日本GT選手権(後のSUPER GT)には1995年トヨタ・スープラでデビューし、シリーズランキングは5位、優勝1回と好成績を収めた。1996年ポルシェでスポット参戦し、1997年には後にF1ドライバーとなるペドロ・デ・ラ・ロサとのコンビでシリーズチャンピオンを獲得した。1999年より日産・スカイラインGT-Rで復帰し、以後NISMOのドライバーとして活躍した。2003年には本山哲とともに2度目のシリーズチャンピオンを獲得した。

2009年から2011年にかけてNISMOのドライバーとしてFIA GT選手権日産・GT-Rで参戦。2009年8月22日、23日に開催されたSUPER GT第6戦鈴鹿ブノワ・トレルイエのピンチヒッターとして参戦。スポット参戦ではあるものの、6年ぶりに本山とコンビを組んだ。FIA GT選手権を引き継いだFIA GT1世界選手権にも引き続き参戦し、2011年にはルーカス・ルーアと組んでJRモータースポーツからエントリー、参戦3年目にしてシリーズチャンピオンを獲得した[2]

妻であるクルム・伊達公子がテニス大会復帰の際に、日本テレビなど一部報道機関は「夫であるF1ドライバーのミハエル・クルムさん」と紹介していたが、F1への参戦経験はない。

2012年は、ブノワ・トレルイエがSUPER GTと多くの日程が重なるFIA 世界耐久選手権へ参戦するためにNISMOを離脱したことから、その後釜として2012年より自身3年ぶりにSUPER GTのNISMOに復帰し、本山哲と8年ぶりにコンビを組む。また同年よりル・マン24時間に次世代車枠の“ガレージ#56”でエントリーするデルタウィングのドライバーにも起用される。

2013年9月30日に、日産GT-RのNISMOモデルでニュルブルクリンク(北コース)を7分08秒679で周回し[3]、量産市販車としての世界最速の記録を更新し、同年11月19日に行われたGT-Rの2014年モデルとNISMOモデルの発表会に出席し、日産CEOカルロス・ゴーンと共にこの成果を発表した[4]

レース戦績[編集]

  • 1988年 - ドイツ・フォーミュラフォード(レースデビュー)
  • 1989年 - ドイツ・フォーミュラフォード(シリーズチャンピオン)
  • 1990年 - ドイツ・フォーミュラオペル・ロータス(シリーズチャンピオン)
  • 1993年 - ドイツF3選手権(シリーズ4位)
  • 1994年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #7 TOM'S 034F/トムス034F 3S-G)(シリーズチャンピオン・6勝)
    • 全日本F3000選手権<Rd.8-10>(童夢 #6 トライダンロップ童夢F104/DOME F104 MF308)(シリーズ11位)
  • 1995年
    • 全日本F3000選手権<Rd.3-10>(OASYS ステラインターナショナル #21 STELLAR LOLA MCS/ローラT93/50 MF308)( - 位)
    • 全日本GT選手権(TOM'S #36 トヨタ カストロール スープラ/スープラ JZA80)(シリーズ5位)
    • 全日本ツーリングカー選手権(TOM'S #37 エッソトーネン トヨタエクシヴ/エクシヴ ST202)(シリーズ8位)
  • 1996年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(神奈川クリニック STELLAR #21/レイナード95D MF308)(シリーズ15位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.4 スポット参戦>(TAKU MOTOR SPORT #5 シャトレーゼ・ポルシェGT2/911GT-2 993)
  • 1997年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.1-4>(オートテック STELLAR #35/レイナード96D MF308)
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.8>(Team Le Mans #2/レイナード97D MF308)
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.10>(TEAM CERUMO #11/ローラT96/52 MF308)(シリーズ16位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TOYOTA Castrol TEAM #36 Tom's Castrol SUPRA/TOYOTA SUPRA JZA80 3S-GTE)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 1998年
    • ル・マン24時間レース・LMPクラス(総合5位)
    • ドイツ・ツーリングカー選手権(シリーズ5位)
  • 1999年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.2-10>(TEAM 5ZIGEN #6/レイナード99L MF308)(シリーズ5位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #2 ARTA ゼクセル スカイライン/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT)(シリーズ6位)
  • 2000年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM 5ZIGEN #6/レイナード99L MF308)(シリーズ2位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #2 カストロール ニスモ GT-R/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT)(シリーズ8位)
  • 2001年
    • CARTチャンプカー(シリーズ31位)
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(TEAM 5ZIGEN #6/レイナード01L MF308)(シリーズ7位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #22 ザナヴィ ヒロト GT-R/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT)(シリーズ5位・1勝)
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.1,2>(XBOX TEAM IMPUL #2/レイナード99L MF308)(シリーズ - 位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #22 ザナヴィ ニスモ GT-R/スカイラインGT-R BNR34 RB26DETT)(シリーズ8位)
    • ル・マン24時間レース・LMP900クラス(総合3位)
  • 2003年 - 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #23 ザナヴィ ニスモ GT-R/スカイラインGT-R BNR34 VQ30DETT)(シリーズチャンピオン)
  • 2004年 - 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #22 モチュール ピットワーク Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ9位・1勝)
  • 2005年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 モチュール ピットワーク Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ5位)
  • 2006年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 MOTUL AUTECH Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT→VK45DE)(シリーズ4位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Arabian Oasis TEAM IMPUL #20/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 MOTUL AUTECH Z/フェアレディZ Z33 VK45DE)(シリーズ5位)
  • 2008年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ7位)
  • 2009年 - SUPER GT・GT500クラス<Rd.6>(NISMO #1 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VK45DE)
  • 2010年 - FIA GT1世界選手権(SUMO POWER GT #23 NISSAN GT-R)
  • 2011年 - FIA GT1世界選手権(JR Motorsport #23 NISSAN GT-R)(シリーズチャンピオン)
  • 2012年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VRH34B)(シリーズ8位)

全日本F3000選手権,フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1994 株式会社童夢 SUZ
FSW
MIN
SUZ
SUG
FSW
SUZ
FSW
4
FSW
7
SUZ
15
11位 3
1995 OASYSステラインターナショナル SUZ
FSW
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
Ret
TOK
7
FSW
Ret
SUZ
7
NC 0
1996 神奈川クリニック STELLAR SUZ
4
MIN
6
FSW
11
TOK
16
SUZ
11
SUG
9
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
Ret
FSW
Ret
15位 4
1997 オートテック STELLAR SUZ
Ret
MIN
13
FSW
Ret
SUZ
SUG
FSW
MIN
11位 7
Team Le Mans TRM
6
FSW
TEAM CERUMO SUZ
10
1999 TEAM 5ZIGEN SUZ
TRM
5
MIN
Ret
FSW
3
SUZ
11
SUG
4
FSW
9
MIN
4
TRM
Ret
SUZ
2
5位 18
2000 TEAM 5ZIGEN SUZ
2
TRM
2
MIN
2
FSW
Ret
SUZ
3
SUG
5
TRM
2
FSW
5
MIN
Ret
SUZ
4
2位 35
2001 TEAM 5ZIGEN SUZ
Ret
TRM
4
MIN
4
FSW
2
SUZ
Ret
SUG
6
FSW
3
MIN
Ret
TRM
7
SUZ
4
7位 20
2002 XBOX TEAM IMPUL SUZ
7
FSW
7
MIN
SUZ
TRM
SUG
FSW
MIN
TRM
SUZ
NC 0
2007 Arabian Oasis TEAM IMPUL FSW
6
SUZ
7
TRM
7
OKA
8
SUZ
5
FSW
Ret
SUG
Ret
TRM
15
SUZ
Ret
10位 12

JTCC[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1994 Object T トヨタ・コロナ AUT1
AUT2
SUG1
SUG2
TOK1
TOK2
SUZ1
SUZ2
MIN1
MIN2
TAI1
TAI2
TSU1
7
TSU2
7
SEN1
Ret
SEN2
DNS
FSW1
27
FSW2
22
24位 8
1995 TOYOTA TEAM TOM's トヨタ・コロナEXiV FSW1
Ret
FSW2
DNS
SUG1
2
SUG2
Ret
TOK1
4
TOK2
1
SUZ1
14
SUZ2
6
MIN1
17
MIN2
13
TAI1
4
TAI2
7
SEN1
Ret
SEN2
Ret
FSW1
Ret
FSW2
9
8位 52
1996 TOYOTA TEAM TOM's トヨタ・コロナEXiV FSW1
4
FSW2
7
SUG1
4
SUG2
1
SUZ1
3
SUZ2
3
MIN1
2
MIN2
6
SEN1
9
SEN2
3
TOK1
4
TOK2
4
FSW1
7
FSW2
10
3位 87
1997 TOYOTA TEAM TOM's トヨタ・コロナEXiV FUJ1
C
FUJ2
C
TAI1
7
TAI2
9
SUG1
1
SUG2
Ret
SUZ1
10
SUZ2
Ret
10位 35
トヨタ・チェイサー MIN1
6
MIN2
4
SEN1
Ret
SEN2
DNS
TOK1
Ret
TOK2
10
FUJ1
12
FUJ2
Ret

JGTC,SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1995 TOYOTA Castrol TEAM トヨタ・スープラ GT1 SUZ
6
FSWJ
6
SEN
1
FSW
Ret
SUG
7
MIN
4
5位 46
1996 TAKU MOTOR SPORT ポルシェ・911 GT500 SUZ
FSW
SEN
FSW
Ret
SUG
MIN
NC 0
1997 TOYOTA Castrol TEAM トヨタ・スープラ GT500 SUZ
14
FSW
3
SEN
1
FSW
2
MIN
1
SUG
15
1位 67
1998 TEAM IMPUL 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
FSW
C
SEN
FSW
TRM
MIN
SUG
NC 0
1999 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
5
FSW
SUG
9
MIN
12
FSW
12
TAI
2
TRM
2
6位 40
2000 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TRM
6
FSW
2
SUG
11
FSW
6
TAI
11
MIN
Ret
SUZ
4
8位 37
2001 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
4
FSW
3
SUG
Ret
FSW
1
TRM
10
SUZ
8
MIN
6
5位 52
2002 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
11
FSW
7
SUG
7
SEP
4
FSW
2
TRM
10
MIN
2
SUZ
Ret
8位 51
2003 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
2
FSW
4
SUG
3
FSW
5
FSW
2
TRM
11
AUT
5
SUZ
3
1位 86
2004 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 TAI
9
SUG
Ret
SEP
6
TOK
1
TRM
8
AUT
9
SUZ
Ret
9位 39
2005 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 OKA
12
FSW
2
SEP
6
SUG
7
TRM
4
FSW
9
AUT
2
SUZ
8
5位 57
2006 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
12
OKA
3
FSW
9
SEP
2
SUG
3
SUZ
2
TRM
10
AUT
6
FSW
6
4位 75
2007 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
5
OKA
3
FSW
2
SEP
10
SUG
Ret
SUZ
6
TRM
2
AUT
4
FSW
9
5位 63
2008 NISMO 日産・GT-R GT500 SUZ
2
OKA
15
FSW
12
SEP
2
SUG
13
SUZ
4
TRM
7
AUT
5
FSW
11
7位 57
2009 NISMO 日産・GT-R GT500 OKA
SUZ
FSW
SEP
SUG
SUZ
6
FSW
AUT
TRM
18位 5
2012 NISMO 日産・GT-R GT500 OKA
4
FSW
3
SEP
7
SUG
Ret
SUZ
5
FSW
11
AUT
6
TRM
6
8位 40
2013 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 OKA
13
FSW
12
SEP
13
SUG
5
SUZ
Ret
FSW
10
AUT
6
TRM
9
13位 14
2014 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 OKA
12
FSW
4
AUT
13
SUG
10
FSW
15
SUZ
9
BUR
2
TRM
4
10位 35

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8
2009 NISMO 日産・GT-R GT1 SIL
Ret
ADR
OSC
9
SPA
3
HUN
ALG
PRI
ZOL
7

FIA GT1世界選手権[編集]

所属チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2010 スモウ・パワー GT 日産・GT-R ABU
QR

11
ABU
CR

16
SIL
QR

8
SIL
CR

Ret
BRN
QR

3
BRN
CR

3
PRI
QR

9
PRI
CR

2
SPA
QR

8
SPA
CR

Ret
NÜR
QR

Ret
NÜR
CR

15
ALG
QR

1
ALG
CR

4
NAV
QR

16
NAV
CR

Ret
INT
QR

2
INT
CR

6
SAN
QR

6
SAN
CR

Ret
9位 71
2011 JRモータースポーツ 日産・GT-R ABU
QR

3
ABU
CR

14
ZOL
QR

7
ZOL
CR

9
ALG
QR

2
ALG
CR

1
SAC
QR

11
SAC
CR

9
SIL
QR

2
SIL
CR

1
NAV
QR

9
NAV
CR

6
PRI
QR

1
PRI
CR

1
ORD
QR

11
ORD
CR

9
BEI
QR

4
BEI
CR

3
SAN
QR

2
SAN
CR

Ret
1位 137

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2013 グレーヴス・モータースポーツ ザイテック Z11SN LMP2 SIL
SPA
LMN
3
SAO
COA
FUJ
SHA
BHR
12位 30

著書[編集]

  • 『パートナーピラティス』 (クルム伊達公子との共著) 2007年 ISBN 4062140349
  • 『ミハエル・クルムのレーシング「超」運転術 』 2009年 ISBN 4809407934

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIA・グループST車両による選手権で、現在のドイツツーリングカー選手権(DTM)とは異なる
  2. ^ クルム/ルーア組ニッサンGT-R、FIA GT1王座獲得AUTO SPORTSweb 2011年11月6日付
  3. ^ Michael Krumm Attacks Nürburgring in a Nissan GT-R NISMO(解説付き走行動画) nissan news room 2013年11月19日
  4. ^ 日産、"量販車ニュル最速"のスーパー・スポーツカー「GT-R NISMO」を正式発表! auto blog 2013年11月20日

外部リンク[編集]