リチャード・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ライアン
Richard Lyons
個人情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 1979年8月8日(35歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
北アイルランドの旗 北アイルランドダウン州ヒルズボロ
身長 183cm
体重 76kg
ウェブサイト Richard Lyons Official Web Site
スポーツ
競技 レーシングドライバー
種目 カートレーシング
プロ転向 1996年
成績
国内大会決勝 フォーミュラ・ボグゾールjr・ウインターシリーズ(シリーズチャンピオン、1996年)
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズチャンピオン・2勝、2004年)
全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズチャンピオン・2勝、2004年)
テンプレートを表示

リチャード・ライアン英語: Richard Lyons1979年8月8日 - )は、北アイルランドレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:183cm
  • 体重:76kg
  • 血液型:RH+A

経歴[編集]

父親の趣味がレーシングカートであったため、幼少の頃からカートには親しんでいた。

9歳でカートレースにデビュー。1996年フォーミュラ・フォードで4輪レースに初参戦し、その年にはフォーミュラ・ボグゾールjr(ウィンターシリーズ)のシリーズチャンピオンに輝く。1998年にもフォーミュラ・ボグゾールjrに参戦しシリーズ2位。また、元F1ドライバーのジョナサン・パーマーが主宰するフォーミュラ・パーマー・アウディに参戦し、1999年にはシリーズ2位となるなど、ヨーロッパジュニア・フォーミュラではその名を轟かせた。2000年はスポーツレーシングワールドカップ、フォーミュラ・ルノーに共にスポット参戦している。

ヨーロッパのジュニア・フォーミュラで活躍していたリチャード・ライアンであったが、F3000などの上位クラスにステップアップするチャンスに恵まれず、方針を転換し、戦場を日本に求めて2001年に初訪日。全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦を開始した。2002年は一旦シートを喪失したが、第3戦美祢ラウンドよりDANDELION RACINGから復帰し、その後2005年までの間チームの主力として活躍した。その間2003年には、第5戦鈴鹿ラウンドにて初勝利を飾り、2004年は、優勝者が6人も輩出するなど戦国シリーズとなっていたが、第2戦菅生ラウンド及び第4戦鈴鹿ラウンドで勝利を挙げ、2位アンドレ・ロッテラーとは全くの同ポイントながら、有効完走着順が上位のため、リチャード・ライアンが年間チャンピオンとなった。

一方、2002年からは全日本GT選手権・GT500クラスにも無限×童夢プロジェクトのNSXで参戦を開始し、NSXが得意とする第6戦もてぎラウンドで初勝利を達成する。2003年はNISMOに移籍し、スカイラインGT-Rを操って第2戦富士ラウンドで勝利しシリーズ3位と躍進した。2004年は、日産陣営のエースである本山哲のパートナーとなって、日産の主力チームである1号車のフェアレディZをドライブすることになった。優勝こそ第6戦のオートポリスラウンドの1勝のみであったが、シーズンを通じて安定した成績を収め、シリーズチャンピオンを獲得し、日産の2連覇に貢献した。また前述の通り、フォーミュラ・ニッポンでもチャンピオンに輝き2冠を達成しており、彼のドライバー人生において最良のシーズンとなった。翌2005年も、チーム・パートナーとも体制を継続してSUPER GTに参戦し、第3戦セパンラウンドで優勝するなど善戦したが、シリーズ3位に終わり日産3連覇の夢は達成できなかった。

2005年で一旦日本を離れ、チャンプカーF1へ挑戦することを目指したがシートを得ることが出来ず、2006年のSUPER GT第4戦セパンラウンドからF1に進出した山本左近に代わって参戦し、復帰戦で2位表彰台を獲得している。2007年は再び本山哲とコンビを結成しシリーズチャンピオンを狙うが、全9戦中6戦もリタイヤに見舞われ、第3戦富士ラウンドで勝利するもシリーズ8位と成績は低迷した。

2008年からはトヨタ陣営TOYOTA TEAM CERUMOに移籍し、トヨタ陣営のエースの一人である立川祐路とコンビを組んで参戦している。第3戦 富士500kmで優勝。これでライアンはホンダ、日産、トヨタ 3メーカーで優勝を経験したことになる。

2009年からはDANDELION RACINGに復帰し、フォーミュラ・ニッポンに参戦する。

また冬季開催の国別対抗戦であるA1グランプリに2006年冬から2007年春にかけてアイルランド代表として出場、最高位5位、総合19位に終わる。

レース戦績[編集]

  • 1996年
    • フォーミュラ・フォード
    • フォーミュラ・ボグゾールjr・ウインターシリーズ(シリーズチャンピオン)
  • 1998年
    • フォーミュラ・ボグゾールjr(シリーズ2位)
    • フォーミュラ・パーマー・アウディシリーズ
  • 1999年 - フォーミュラ・パーマー・アウディシリーズ(シリーズ2位)
  • 2000年
    • スポーツレーシングワールドカップ<スポット参戦>
    • フォーミュラ・ルノー<スポット参戦>
  • 2001年
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.3から参戦>(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #68/レイナード2KL MF308)(シリーズ10位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(無限×童夢プロジェクト #18 TAKATA童夢 NSX/HONDA NSX NA2 C32B)(シリーズ9位・1勝)
    • 第31回インターナショナルPokka1000km・GT500クラス(無限×童夢プロジェクト #18 Regain童夢 NSX/HONDA NSX NA2 C32B)(決勝DNF)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズ6位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #22 モチュールピットワークGT-R/日産 SKYLINE GT-R BNR34 VQ30DETT)(シリーズ3位・1勝)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #1/ローラB351 MF308)(シリーズ3位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ3位・1勝)
  • 2006年
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.4から参戦>(NISMO #22 MOTUL NISMO Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT→VK45DE)(シリーズ10位)
    • 2006~2007年 - A1グランプリ(アイルランド代表)(綜合19位)
  • 2007年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 XANAVI NISMO Z/日産 フェアレディZ Z33 VK45DE)(シリーズ8位・1勝)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.7スポット参戦>(TP Checker TEAM IMPUL #20/ローラB06/51 RV8J)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ2位・1勝)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/スウィフト017.n HR09E)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ10位・1勝)
  • 2010年 - SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ9位)
  • 2012年 - SUPER GT・GT300クラス(Hitotsuyama Racing #21 ZENT Audi R8 LMS/Audi R8-LMS CJJ)(シリーズ20位)

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2001 Team Morinaga NOVA SUZ
8
MOT
8
MIN
Ret
FUJ
9
SUZ
11
SUG
12
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
13
SUZ
12
NC 0
2002 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
FUJ
MIN
7
SUZ
8
MOT
11
SUG
2
FUJ
7
MIN
Ret
MOT
7
SUZ
Ret
10位 6
2003 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
9
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
3
SUZ
1
SUG
5
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
3
SUZ
9
6位 20
2004 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
8
SUG
1
MOT
8
SUZ
1
SUG
4
MIN
8
SEP
9
MOT
2
SUZ
3
1位 33
2005 DoCoMo TEAM DANDELION RACING MOT
1
SUZ
5
SUG
2
FUJ
4
SUZ
3
MIN
Ret
FUJ
4
MOT
13
SUZ
5
3位 30
2008 TP Checker TEAM IMPUL FUJ
SUZ
MOT
OKA
SUZ1
SUZ2
MOT1
MOT2
FUJ1
13
FUJ2
13
SUG
NC 0
2009 DOCOMO TEAM DANDELION RACING FUJ
Ret
SUZ
6
MOT
7
FUJ
3
SUZ
13
MOT
Ret
AUT
10
SUG
13
10位 11

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2002 無限×童夢 プロジェクト ホンダ・NSX GT500 TAI
2
FUJ
15
SUG
16
SEP
13
FUJ
6
MOT
1
MIN
12
SUZ
14
9位 47
2003 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
8
FUJ
1
SUG
5
FUJ
2
FUJ
11
MOT
13
AUT
6
SUZ
4
3位 65
2004 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 TAI
1
SUG
Ret
SEP
3
TOK
Ret
MOT
3
AUT
1
SUZ
7
1位 73
2005 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 OKA
Ret
FUJ
4
SEP
1
SUG
8
MOT
6
FUJ
10
AUT
6
SUZ
2
3位 60
2006 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
OKA
FUJ
SEP
2
SUG
3
SUZ
2
MOT
10
AUT
6
FUJ
6
10位 62
2007 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
2
OKA
Ret
FUJ
1
SEP
14
SUG
Ret
SUZ
3
MOT
13
AUT
12
FUJ
14
8位 48
2008 ZENT TOYOTA TEAM CERUMO レクサス・SC430 GT500 SUZ
4
OKA
7
FUJ
1
SEP
Ret
SUG
3
SUZ
9
MOT
9
AUT
4
FUJ
2
2位 72
2009 LEXUS TEAM ZENT CERUMO レクサス・SC430 GT500 OKA
6
SUZ
1
FUJ
9
SEP
10
SUG
10
SUZ
3
FUJ
10
AUT
11
MOT
12
10位 41
2010 LEXUS TEAM ZENT CERUMO レクサス・SC430 GT500 SUZ
9
OKA
2
FUJ
4
SEP
6
SUG
9
SUZ
6
FUJ
C
MOT
Ret
9位 37
2012 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
FUJ
4
SEP
SUG
17位 8
Hitotsuyama Racing アウディ・R8 LMS GT300 SUZ
14
FUJ
Ret
AUT
6
MOT
9
20位 7
2013 Hitotsuyama Racing アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 SUZ
15
FUJ
Ret
SEP
14
SUG
8
SUZ
11
FUJ
13
AUT
21
MOT
21
26位 3
2014 Audi Team Hitotsuyama アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 OKA
8
FSW
AUT
18
SUG
3
FSW
23
SUZ
Ret
BUR
TRM
16位 14