2013年のSUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年のSUPER GT
前年: 2012年 翌年: 2014年

2013年のSUPER GTは、2013年4月6日・7日に岡山国際サーキットで開幕し、11月2日・3日にツインリンクもてぎで閉幕する全8戦と、11月22日 - 24日に富士スピードウェイで行われるJAFグランプリのシリーズである。韓国インターナショナルサーキットでエキジビションレースを行う予定もあったが事実上中止となった(後述)。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

  • 5月に韓国でエキシビションレースが行われる予定があった。海外でのエキシビションレースが実現すれば、旧JGTC時代の2004年にアメリカで行われたオールスター戦以来となるはずだったが、その後諸般の事情から延期すると発表[1]。代替日程については11月現在発表されておらず、同年中の開催は事実上中止となっている。
  • 2012年8月に最初の暫定カレンダーが発表されたが、その後11月1日付でカレンダーが修正され、第3戦・セパンについてはル・マン24時間レースとの日程のバッティングを回避するため、第7戦・オートポリスについてはアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)富士ラウンドとのレース間隔を空けるため、それぞれ日程が変更された[2]。また、JAFグランプリについても当初予定していた日程では、プロゴルフツアーの三井住友VISA太平洋マスターズと開催が重なることから、1週間日程をずらすこととなった[3]

レギュレーション[編集]

GT300クラス[編集]

  • 日本自動車連盟(JAF)の「JAF-GT」規定に従って製作されたマシンの取扱いに変更があり、JAF-GT規定の「区分C/D」に分類される少量生産スポーツカーの参戦が同年より禁止される。このため同区分に該当し前年まで参戦していたムーンクラフト・紫電ASL・ガライヤといったマシンが、シリーズから撤退・引退・参戦休止を余儀なくされた[4]

予選方式[編集]

前年までスーパーラップ方式とノックアウト方式を併用してきたが、本年より全レースにおいてノックアウト方式のみでの予選施行となる。実施方式も従来の3回ではなく、15分走行して上位13台(GT300)または8台(GT500)を決めるQ1と、上位車両が12分走行して順位を確定させるQ2の2回で行われる。また、タイヤについてもQ1で6セット中1セット、Q2でもう1セット使用可能で、Q2に進出できなかったチームは決勝はQ1で使用したタイヤで、Q2進出チームはQ1またはQ2で使用したタイヤのどちらかを抽選して選ばれた物でスタートすることとなる[5]

マシン[編集]

GT500クラス[編集]

  • ホンダは従来どおり5台のホンダ・HSV-010 GTを投入するが、2月8日の体制発表で同社は2014年よりホンダ・NSXのプロトタイプの投入を明言している。なお、童夢はタイヤをブリヂストンからミシュランに変更するが、JGTC時代を含めホンダでは初の装着車となる[6]
  • レクサスも従来どおりレクサス・SC430で6台参戦するが、撤退したKRAFTに変わりトムス2005年以来8年ぶりに2台体制で参戦する(詳細は後述)。また前年までミシュラン製タイヤを装着していたサードが、2007年以来6年ぶりにブリヂストン製タイヤに変更する。
  • 日産も従来どおり日産・GT-Rで4台参戦する。前年までブリヂストン製タイヤを履いていたニスモが、後述の柳田・クインタレッリ組の移籍に合わせる形でミシュラン製タイヤに変更する。

GT300クラス[編集]

MP4-12C GT3
  • ムーンクラフト・紫電で参戦していたCars Tokai Dream28は、マシンをマクラーレン・MP4-12Cに変更して参戦することになった。ドライバー(高橋一穂加藤寛規)や[7]エヴァンゲリオンレーシングとのコラボレーションは継続する[8]
  • 従来使用してきたASL・ガライヤが使用できなくなったARTAは、マシンをホンダ・CR-Zに変更し、ゼッケンNo.も55番に変更された[9]
  • 前年はNDDPのみが使用していた日産・GT-R GT3は、後述のBondsRacing→apr、さらに前年シボレー・コルベットを使用していたディジョンレーシングとRUN UP SPORTSの4チームが使用[10]、第5戦からはフェラーリ458を使用していたTEAM MACHもGT-Rに変更する[11]
  • 前年、アウディ・R8 LMS ultraで参戦したGAINER11号車はメルセデス・ベンツ SLS AMG GT3で参戦することが東京オートサロン2013にて発表された[12]。2013年は2台体制で参戦する予定で、体制発表時には未定だった10号車も2013年3月1日発表のエントリーリストでSLS AMG GT3になったことが判明している[13]
  • JLOCは前年のJAF仕様のガヤルド2台とFIA GT3仕様のガヤルド2台の計4台から、FIA GT3仕様3台のエントリーに変更となった。そのうち88号車は2013年最新型のガヤルド GT3 FL2となり、86・87号車は昨年からのガヤルド LP600+ GT3が継続される。なおJAF GPでは87号車が88号車の車番・マシン名に変更され、LP600+の2台エントリーとなった[14]

エントラント[編集]

GT500クラス[編集]

  • トムスは後述のKRAFTのGT500クラス撤退を受ける形で、36・37号車の2台体制で参戦することとなった。37号車のメインスポンサーはKeePerがそのまま継承する形となる[15]。ちなみにトムスの2台体制は2005年シーズン以来8年ぶり。
  • 前々年・前年とモーラで2年連続チャンピオンを獲得した柳田真孝ロニー・クインタレッリが、2人ともニスモに移籍する。これに伴い長年ニスモに在籍してきた本山哲がモーラに移籍し、関口雄飛とコンビを組む。なおゼッケンNo.はモーラがチャンピオンナンバーの1番、ニスモは23番のままとなる。またKONDO Racingは前年までニスモに在籍したミハエル・クルムを迎え、体制を継続するIMPULを除いて大幅なドライバー入れ替えとなった[10]

GT300クラス[編集]

  • GT500クラスに参戦していたKRAFTは、1月4日にGT500クラスへの参戦を断念することを明らかにし[16]、新たにチーム名を『BondsRacing』に変更した上でGT300クラスに参戦することを発表した[17]。車両は日産・GT-R GT3に変更し、ゼッケンNo.は7番を使用する。しかし同チームは第2戦を最後に活動を休止、残されたマシンはそれまでアウディ・R8を走らせていたaprが引き継ぐことになった[18]
  • Team SGCは、2月6日に2013年の活動を休止することを発表した[19]
  • LMP MOTORSPORTは、2月10日に2013年のSUPER GT参戦を休止することを発表した[20]。メインスポンサーだったPACIFIC GROUPは、ディレクションレーシングを新たにスポンサードし[13]、アニメ映画『攻殻機動隊ARISE』とコラボレーションを行う[21]
  • GSR & Studie with TeamUKYOは、前年の0号車ドライバーである谷口信輝片岡龍也組の1台体制での参戦を発表した。さらにチャンピオン奪還を目標にBMW MOTORSPORTとBMW JAPANによるサポートも前年以上に強化される形で継続され、第5戦の鈴鹿1000kmではBMWのワークスドライバーであるヨルグ・ミューラーを第3ドライバーとして起用することを発表した[22]
  • GAINERは前述のように2台体制で参戦する。11号車は平中克幸と前年までGT500クラスで参戦していたビヨン・ビルドハイムとのコンビが発表された。前年まで11号車に乗っていた田中哲也植田正幸とのコンビで10号車にて参戦する[13]
  • GREEN TEC & LEON with SHIFTのスポンサーであった主婦と生活社の「LEON」が、新たに「LEON RACING」を立ち上げ参戦する。チームオーナーに主婦と生活社会長の遠藤大介が就任し、前年GREEN TEC & LEON with SHIFTの監督を務めた黒澤元治が引き続き指揮を執る。ドライバーは黒澤治樹加藤正将の他、第5戦鈴鹿1000kmには黒澤翼の参戦も発表された[23]
  • GREEN TEC RACINGは和田久のRQ'S motorsportsと共同で参戦する。和田と城内政樹がドライバーを務めるほか、監督として歌手の稲垣潤一を起用することが発表された[24]
  • GREEN TECと共同参戦していたSHIFTは、沖縄インターナショナルモータースポーツプロジェクトのチームとして、竹内浩典土屋武士が参戦する[13]
  • Team TAISANはパートナースポンサーやドライバーの変更は無いものの、エントラント名称を千葉泰常代表と親交の深いクレイジーケンバンド横山剣の名前を冠した「TEAM TAISAN 剣 ENDLESS」とした[25]
  • 2010年から参戦してきたA speedがチームを解散したのを受けて、メンテナンスを請け負っていたアルナージュが参戦の意向を示し[26]、新たにアルナージュレーシングを発足させ、アストンマーチンV12ヴァンテージGT3で参戦することを発表した。ドライバーは加納政樹安岡秀徒が担当する[27]
  • R&D SPORTは体制やドライバーは前年と同様で、マシンも前年同様のBRZであるが(マシン自体は2013年シーズン用に新たに製造されたもの)、タイヤをヨコハマからGT300では唯一となるミシュランに変更された。使用するタイヤはGT500と同じサイズを使用する[28]
  • ディジョンレーシングは2010年にスーパー耐久でコラボレーションしたことのあるアニメ『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』とのコラボ仕様のGT-Rで参戦する[29]。またドライバーの高森博士によれば、第2戦以降前年使用したシボレー・コルベットでも参戦する予定であるとブログで発言している[30]

他シリーズとの連携[編集]

アジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)を主催するフランス西部自動車クラブ(ACO)とGTアソシエイションの合意により、2013年よりシリーズを再開したAsLMSにGT300クラスの車両が参戦できることになった。参加クラスはGTCクラスで、元々同クラスにはFIA GT3車両の参戦が認められており、これにJAF-GT300の車両が加えられることになる。なおAsLMSのクラスチャンピオンには翌年のル・マン24時間本戦への出場権が与えられるが、当面JAF-GT300車両のル・マン本戦への出場はできない[31]

また、9月20日〜22日に富士スピードウェイで開催されるAsLMS第5戦では、GT300クラスに公式登録しているエントラントかつ実際に参加している車両・ドライバーのみが参戦できる「SGTクラス」が設定され、参加条件はGTAが定めた物とし、タイヤもSUPER GTで使用している物のみが使用可能となっている。エントリーフィーはGTAが一部を負担するほか、10位までの入賞車にはシリーズポイントがチーム・ドライバー双方に付与されることとなった(ウエイトハンデの計算対象にもなる)[32]。しかし、この日は鈴鹿サーキットで開催される世界ツーリングカー選手権日本ラウンドおよびスーパー耐久(S耐)第6戦との日程競合が生じており、特にドライバーがS耐に多数出場しているため、結果として出場チーム・ドライバーが限られた形となった[33]

テーマソング・イメージガール[編集]

1st PLACEとGTAがタイアップし、1st PLACEによるVOCALOID「IA」とのコラボレーションによる2013年のSUPER GTオフィシャルサポーターズソングを制作することが発表された。この曲は「SUPER GT+」のエンディングテーマとしても用いられる。また、このタイアップに関連してIA PROJECTの「IA GIRL STARS」がSUPER GTイメージガールとして起用されることも発表された。2010年以来3年ぶりのイメージガール復活となる[34]


エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 REITO MOLA GT-R 日本の旗 本山哲
日本の旗 関口雄飛
MOLA M
6 ENEOS SUSTINA SC430 日本の旗 大嶋和也
日本の旗 国本雄資
LEXUS TEAM LeMans ENEOS B
8 ARTA HSV-010 アイルランドの旗 ラルフ・ファーマン
日本の旗 松浦孝亮
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニックIMPUL GT-R 日本の旗 松田次生
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
TEAM IMPUL B
17 KEIHIN HSV-010 日本の旗 塚越広大
日本の旗 金石年弘
KEIHIN REAL RACING B
18 ウイダー モデューロ HSV-010 日本の旗 山本尚貴
フランスの旗 フレデリック・マコヴィッキィ
ウイダー モデューロ 童夢レーシング M
19 WedsSport ADVAN SC430 日本の旗 荒聖治
ポルトガルの旗 アンドレ・クート
LEXUS TEAM WedsSport BANDOH Y
23 MOTUL AUTECH GT-R 日本の旗 柳田真孝
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
NISMO M
24 D'station ADVAN GT-R 日本の旗 安田裕信
ドイツの旗 ミハエル・クルム
KONDO RACING Y
32 Epson HSV-010 日本の旗 道上龍
日本の旗 中嶋大祐
NAKAJIMA RACING D
36 PETRONAS TOM'S SC430 日本の旗 中嶋一貴
イギリスの旗 ジェームス・ロシター
LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S B
37 KeePer TOM'S SC430 日本の旗 伊藤大輔
イタリアの旗 アンドレア・カルダレッリ
LEXUS TEAM KeePer TOM'S B
38 ZENT CERUMO SC430 日本の旗 立川祐路
日本の旗 平手晃平
LEXUS TEAM ZENT CERUMO B
39 DENSO KOBELCO SC430 日本の旗 脇阪寿一
日本の旗 石浦宏明
LEXUS TEAM SARD B
100 RAYBRIG HSV-010 日本の旗 伊沢拓也
日本の旗 小暮卓史
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
0 ENDLESS TAISAN PORSCHE 日本の旗 峰尾恭輔
日本の旗 横溝直輝
Team TAISAN ENDLESS Y
2 エヴァRT初号機アップルMP4-12C(Rd.1,2,4-)
エヴァRT初号機ペトロナスMP4-12C(Rd.3)
日本の旗 高橋一穂
日本の旗 加藤寛規
オランダの旗 カルロ・ヴァン・ダム(Rd.5)
Cars Tokai Dream28 Y
3 S Road NDDP GT-R 日本の旗 星野一樹
日本の旗 佐々木大樹
スペインの旗 ルーカス・オルドネス(Rd.5)
NDDP RACING Y
4 GSR 初音ミク BMW 日本の旗 谷口信輝
日本の旗 片岡龍也
ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー(Rd.5)
GSR&Studie with TeamUKYO Y
5 マッハGoGoGo車検Ferrari458(Rd.1-3)
→マッハGoGoGo車検 GT-R(Rd.5-)
日本の旗 玉中哲二
日本の旗 山下潤一郎
日本の旗 尾本直史(Rd.2,5)
TEAM MACH Y
7 OGT Bonds Racing GT-R(Rd.1,2) アメリカ合衆国の旗 イゴール・スシュコ
日本の旗 折目遼(Rd.1)
日本の旗 井出有治(Rd.2)
Bonds Racing Y
9 NAC攻殻機動隊ARISE DR ポルシェ 日本の旗 密山祥吾
日本の旗 横幕ゆぅ(Rd.1,2,4-)
日本の旗 茂田久男(Rd.3)
日本の旗 坂本祐也(Rd.5)
PACIFIC DIRECTION RACING Y
10 GAINER Rn-SPORTS DIXCEL SLS 日本の旗 田中哲也
日本の旗 植田正幸
日本の旗 川口正敬(Rd.5)
GAINER D
11 GAINER DIXCEL SLS 日本の旗 平中克幸
スウェーデンの旗 ビヨン・ビルドハイム
GAINER D
16 MUGEN CR-Z GT 日本の旗 武藤英紀
日本の旗 中山友貴
TEAM 無限 B
21 ZENT Audi R8 LMS ultra 日本の旗 都筑晶裕
北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
Hitotsuyama Racing H
22 グリーンテック SLS AMG GT3 日本の旗 和田久
日本の旗 城内政樹
R'Qs MotorSports Y
30 IWASAKI apr R8(Rd.1-3)
→IWASAKI OGT Racing GT-R(Rd.4-)
日本の旗 岩崎祐貴
マラヤ連邦の旗 ファイルーズ・ファウジー(Rd.1,2)
アメリカ合衆国の旗 イゴール・スシュコ(Rd.3-)
日本の旗 小林賢二(Rd.2,5)
apr Y
31 Panasonic apr PRIUS GT 日本の旗 新田守男
日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 中山雄一(Rd.5)
apr Y
33 HANKOOK PORSCHE 日本の旗 影山正美
日本の旗 藤井誠暢
HANKOOK KTR H
35 NISMO ATHLETE GT-R GT3(FSC) イギリスの旗 アレックス・バンカム
スペインの旗 ルーカス・オルドネス
NISMO ATHLETE Global Team Y
48 DIJON Racing IS GT-R 日本の旗 高森博士
日本の旗 千代勝正
日本の旗 田中勝輝(Rd.5)
DIJON Racing Y
50 Exe Aston Martin 日本の旗 加納政樹
日本の旗 安岡秀徒
日本の旗 阪口良平(Rd.2,5)
Arnage Racing Y
52 OKINAWA-IMP SLS(Rd.1-8) 日本の旗 竹内浩典
日本の旗 土屋武士
日本の旗 蒲生尚弥(Rd.5)
OKINAWA-IMP RACING with SHIFT Y
55 ARTA CR-Z GT 日本の旗 高木真一
日本の旗 小林崇志
日本の旗 野尻智紀(Rd.5)
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
61 SUBARU BRZ R&D SPORT 日本の旗 山野哲也
日本の旗 佐々木孝太
日本の旗 井口卓人(Rd.5)
R&D SPORT M
62 LEON SLS 日本の旗 黒澤治樹
日本の旗 加藤正将(Rd.1,2)
日本の旗 黒澤翼(Rd.2-)[35]
日本の旗 中谷明彦(Rd.5)
LEON RACING Y
86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3 日本の旗 山西康司
日本の旗 細川慎弥
日本の旗 坂本雄也(Rd.2)
JLOC Y
87
→88
ラ・セーヌ ランボルギーニ GT3(Rd.1-8)
マネパ ランボルギーニ GT3(FSC)
日本の旗 山内英輝
日本の旗 吉本大樹
JLOC Y
88 マネパ ランボルギーニ GT3(Rd.1-8) 日本の旗 織戸学
日本の旗 青木孝行
JLOC Y
96 DIJON ワコーズ エンドレス Z06R GT3(Rd.2,4,6,FSC) 日本の旗 田中勝輝
日本の旗 井上恵一(Rd.2,FSC)
日本の旗 池上真(Rd.4,6)
DIJON Racing Y
360 RUN UP GROUP GT-R(Rd.1-4,6,7) 日本の旗 白坂卓也
日本の旗 田中篤
TOMEI SPORTS Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュランHハンコック

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 4月6日・7日 岡山国際サーキット 300km 伊沢拓也
小暮卓史
(ホンダ・HSV-010)
平中克幸
ビヨン・ビルドハイム
(メルセデス・ベンツSLS)
第2戦 4月28日・29日 富士スピードウェイ 500km 中嶋一貴
ジェームス・ロシター
(レクサス・SC430)
新田守男
嵯峨宏紀
(トヨタ・プリウス)
エキシビション 5月18日・19日 韓国インターナショナルサーキット
第3戦 6月15日・16日 セパンサーキット 300km 松田次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
(日産・GT-R)
高木真一
小林崇志
(ホンダ・CR-Z)
第4戦 7月27日・28日 スポーツランドSUGO 300km ラルフ・ファーマン
松浦孝亮
(ホンダ・HSV-010)
高木真一
小林崇志
(ホンダ・CR-Z)
第5戦 8月17日・18日 鈴鹿サーキット 1,000km 山本尚貴
フレデリック・マコヴィッキィ
(ホンダ・HSV-010)
山野哲也
佐々木孝太
井口卓人
(スバル・BRZ)
第6戦 9月7日・8日 富士スピードウェイ 300km 立川祐路
平手晃平
(レクサス・SC430)
谷口信輝
片岡龍也
(BMW・Z4)
AsLMS 9月21日・22日 富士スピードウェイ 3時間 武藤英紀
中山友貴
(ホンダ・CR-Z)
第7戦 10月5日・6日 オートポリス 300km 中嶋一貴
ジェームス・ロシター
(レクサス・SC430)
谷口信輝
片岡龍也
(BMW・Z4)
第8戦 11月2日・3日 ツインリンクもてぎ 250km 大嶋和也
国本雄資
(レクサス・SC430)
平中克幸
ビヨン・ビルドハイム
(メルセデス・ベンツSLS)
FSC 11月22日 - 24日 富士スピードウェイ 100km 塚越広大
(ホンダ・HSV-010)
佐々木大樹
(日産・GT-R)
大嶋和也
(レクサス・SC430)
加藤寛規
(マクラーレン・MP4-12C)

ポイントランキング[編集]

ドライバー[編集]

GT500[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 38 立川祐路
平手晃平
8 15 0 0 0 20 15 11 69
2 17 塚越広大
金石年弘
15 0 6 0 5 15 11 15 67
3 36 中嶋一貴
ジェームス・ロシター
0 20 0 1 13 0 20 6 60
4 18 山本尚貴
フレデリック・マコヴィッキィ
6 1 8 0 25 6 6 4 56
5 6 大嶋和也
国本雄資
4 11 4 5 0 8 0 20 52
6 23 柳田真孝
ロニー・クインタレッリ
11 0 2 11 18 2 3 3 50
7 39 脇坂寿一
石浦宏明
3 8 15 8 3 0 4 8 49
8 37 伊藤大輔
アンドレア・カルダレッリ
0 5 1 15 8 11 2 5 47
9 12 松田次生
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
5 6 20 0 10 5 0 0 46
10 100 伊沢拓也
小暮卓史
20 4 11 0 2 0 0 0 37
11 8 ラルフ・ファーマン
松浦孝亮
2 3 3 20 0 3 0 0 31
12 1 本山哲
関口雄飛
1 2 5 4 4 4 8 0 28
13 24 安田裕信
ミハエル・クルム
0 0 0 6 0 1 5 2 14
13 19 荒聖治
アンドレ・クート
0 0 0 2 6 0 0 1 9
15 32 道上龍
中嶋大祐
0 0 0 3 0 0 1 0 4

GT300[編集]

順位 No. ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 AsLMS 第7戦 第8戦 合計
1 16 武藤英紀
中山友貴
4 15 15 15 8 3 8 2 15 85
2 11 平中克幸
ビヨン・ビルドハイム
20 5 11 0 6 4 6 8 20 80
3 4 谷口信輝
片岡龍也
15 2 5 0 DSQ 20 - 20 8 70
4 61 山野哲也
佐々木孝太
6 0 8 5 25 2 5 4 11 66
5 52 竹内浩典
土屋武士
8 8 0 8 18 1 2 11 4 60
6 62 黒澤治樹 5 3 3 4 13 8 1 0 5 42
7 55 高木真一
小林崇志
0 0 20 20 0 0 0 0 0 40
8 31 新田守男
嵯峨宏紀
0 20 0 0 0 15 - 0 0 35
9 62 黒澤翼 - DNP 3 4 13 8 1 0 5 34
10 61 井口卓人 - - - - 25 - - - - 25
11 87 山内英輝
吉本大樹
11 4 0 6 0 0 - 1 3 25
12 0 峰尾恭輔
横溝直輝
1 0 0 11 5 0 4 3 1 25
13 86 山西康司
細川慎弥
0 11 2 0 0 11 - 0 0 24
14 88 織戸学
青木孝行
0 0 6 0 10 0 - 0 6 22
15 50 加納政樹
安岡秀徒
0 0 0 0 4 0 - 15 0 19
16 52 蒲生尚弥 - - - - 18 - - - - 18
17 3 星野一樹
佐々木大樹
0 0 1 2 3 6 - 0 2 14
18 7→30 イゴール・スシュコ 0 6 0 0 0 0 0 5 0 11
19 33 影山正美
藤井誠暢
3 0 0 0 2 0 - 6 0 11
20 10 田中哲也
植田正幸
0 1 4 1 0 5 - 0 0 11
21 62 加藤正将 5 3 - - - - - - - 8
22 7 井出有治 - 6 - - - - - - - 6
23 30 岩崎祐貴 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5
24 50 阪口良平 - PO - - 4 - - - - 4
25 2 高橋一穂
加藤寛規
0 0 0 0 0 0 3 0 0 3
26 21 都筑晶裕
リチャード・ライアン
0 0 0 3 0 0 - 0 0 3
27 3 ルーカス・オルドネス - - - - 3 - - - - 3
28 48 高森博士
千代勝正
2 0 0 0 0 0 - 0 0 2
29 5 玉中哲二 0 0 0 - 0 0 1 0 0 1
9 密山祥吾 0 0 0 0 0 0 - 0 0 0
横幕ゆぅ 0 0 - 0 0 0 - 0 0
22 和田久
城内政樹
0 0 0 0 0 0 - 0 0 0
5 山下潤一郎 0 0 0 - 0 0 - 0 0 0
360 白坂卓也
田中篤
0 0 0 0 - 0 - 0 - 0
96,48 田中勝輝 - 0 - 0 0 0 - - - 0
5 尾本直史 - 0 - - 0 - - - - 0
30 ファイルーズ・ファウジー 0 0 - - - - - - - 0
96 池上真 - - - 0 - 0 - - - 0
7 折目遼 0 - - - - - - - - 0
96 井上恵一 - 0 - - - - - - - 0
9 茂田久男 - - 0 - - - - - - 0
2 カルロ・ヴァン・ダム - - - - 0 - - - - 0
9 坂本祐也 - - - - 0 - - - - 0
30 小林賢二 - PO - - 0 - PO - - 0
31 中山雄一 - - - - 0 - - - - 0
10 川口正敬 - - - - PO - - - - 0
55 野尻智紀 - - - - PO - PO - - 0
62 中谷明彦 - - - - PO - - - - 0
86 坂本雄也 - PO - - DNP - - - - 0
4 ヨルグ・ミューラー - - - - DSQ - - - - 0

チーム[編集]

GT500[編集]

順位 No. チーム 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 第8戦 合計
1 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 11 18 3 1 1 23 18 14 89
2 17 KEIHIN REAL RACING 18 0 9 0 8 18 14 18 85
3 36 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S 2 23 3 2 16 2 23 9 80
4 18 ウイダー モデューロ 童夢 レーシング 9 3 11 1 28 9 9 7 77
5 6 LEXUS TEAM LeMans ENEOS 7 14 7 7 0 11 3 23 72
6 23 NISMO 14 0 5 14 21 5 6 6 71
7 39 LEXUS TEAM SARD 6 11 18 10 5 2 7 11 70
8 37 LEXUS TEAM KeePer TOM'S 1 8 4 18 11 14 5 8 69
9 12 TEAM IMPUL 8 9 23 0 13 8 0 2 63
10 100 TEAM KUNIMITSU 23 7 14 1 4 0 3 3 55
11 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 5 6 6 23 1 6 1 1 49
12 1 MOLA 4 4 8 5 7 7 11 1 47
13 24 KONDO RACING 2 2 3 8 0 4 8 5 32
14 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 2 2 3 3 9 0 2 4 25
15 32 NAKAJIMA RACING 3 1 3 4 1 0 4 3 19

GT300[編集]

順位 No. チーム 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 AsLMS 第7戦 第8戦 合計
1 16 TEAM 無限 7 18 18 18 11 6 8 3 18 107
2 11 GAINER 23 8 14 1 7 7 6 11 23 100
3 4 GSR&Studie with TeamUKYO 18 3 8 1 DSQ 23 - 23 11 87
4 61 R&D SPORT 9 0 11 8 28 5 5 7 14 87
5 52 OKINAWA-IMP with SHIFT 11 11 3 11 21 4 2 14 7 84
6 62 LEON RACING 8 6 6 7 16 11 1 1 8 64
7 55 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 1 1 23 23 0 3 0 1 3 55
8 31 apr 0 23 0 1 1 18 - 1 1 45
9 0 Team TAISAN 剣 ENDLESS 2 0 3 14 6 1 4 6 4 40
10 86 JLOC 1 14 5 1 0 14 - 1 3 39
11 87 JLOC 14 7 0 9 0 1 - 2 6 39
12 88 JLOC 0 1 9 1 13 0 - 1 9 34
13 50 Arnage Racing 1 0 1 1 5 1 - 18 0 27
14 3 NDDP RACING 0 0 4 5 4 9 - 0 5 27
15 10 GAINER 1 2 7 4 1 8 - 1 3 27
16 33 HANKOOK KTR 4 1 0 1 3 3 - 9 3 24
17 30 apr 1 1 1 1 1 3 0 8 3 19
18 21 Hitotsuyama Racing 1 0 3 6 1 3 - 1 1 16
19 2 Cars Tokai Dream28 0 1 3 1 1 3 3 1 3 16
20 48 DIJON Racing 3 1 3 3 1 0 - 1 1 13
21 7 Bonds Racing 1 9 - - - - - - - 10
22 5 TEAM MACH 1 1 1 - 1 3 1 1 1 10
23 22 R'Qs MoterSports 0 1 0 1 1 3 - 1 3 10
24 9 PACIFIC DIRECTION RACING 1 1 1 1 1 1 - 1 1 8
25 360 TOMEI SPORTS 1 0 1 1 - 1 - 1 - 5
26 96 DIJON Racing - 0 - 1 - 1 - - - 2

JAFグランプリ[編集]

GT500[編集]

順位 No. マシン名 ドライバー ポイント 合計
Race1 Race2 Race1 Race2
1 17 KEIHIN HSV-010 塚越広大 金石年弘 20 5 25
2 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路 平手晃平 15 8 23
3 36 PETRONAS TOM'S SC430 ジェームス・ロシター 中嶋一貴 6 15 21
4 6 ENEOS SUSTINA SC430 国本雄資 大嶋和也 0 20 20
5 100 RAYBRIG HSV-010 小暮卓史 伊沢拓也 11 6 17
6 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 3 11 14
7 18 ウイダー モデューロ HSV-010 山本尚貴 フレデリック・マコヴィッキィ 8 3 11
8 19 WedsSport ADVAN SC430 アンドレ・クート 荒聖治 5 2 7
9 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一 石浦宏明 2 4 6
10 23 MOTUL AUTECH GT-R ロニー・クインタレッリ 柳田真孝 4 0 4
11 24 D'station ADVAN GT-R 安田裕信 ミハエル・クルム 1 1 2
8 ARTA HSV-010 松浦孝亮 ラルフ・ファーマン 0 0 0
32 EPSON HSV-010 中嶋大祐 道上龍 0 0 0
1 REITO MOLA GT-R 関口雄飛 本山哲 0 0 0
37 KeePer Kraft SC430 アンドレア・カルダレッリ 伊藤大輔 0 0 0

GT300[編集]

順位 No. マシン名 ドライバー ポイント 合計
Race1 Race2 Race1 Race2
1 11 GAINER DIXCEL SLS ビヨン・ビルドハイム 田中哲也 15 15 30
2 3 S Road NDDP GT-R 佐々木大樹 星野一樹 20 4 24
3 2 エヴァRT初号機アップルMP4-12C 高橋一穂 加藤寛規 0 20 20
4 55 ARTA Garaiya 小林崇志 高木真一 11 8 19
5 4 GSR 初音ミク BMW 片岡龍也 谷口信輝 0 11 11
6 16 MUGEN CR-Z GT 武藤英紀 中嶋大祐 5 6 11
7 48 DIJON Racing IS GT-R 千代勝正 高森博士 8 0 8
8 62 LEON SLS 黒澤治樹 黒澤翼 6 1 7
9 88 マネパ ランボルギーニ GT3 山内英輝 吉本大樹 3 3 6
10 10 GAINER Rn-SPORTS DIXCEL SLS 植田正幸 田中哲也 0 5 5
11 0 ENDLESS TAISAN PORSCHE 峰尾恭輔 横溝直輝 4 0 4
12 22 グリーンテック SLS AMG GT3 城内政樹 和田久 2 0 2
13 33 HANKOOK PORSCHE 影山正美 藤井誠暢 0 2 2
14 5 マッハGoGoGo車検 GT-R 山下潤一郎 玉中哲二 1 0 1
9 NAC攻殻機動隊ARISE DRポルシェ 横幕ゆぅ 密山祥吾 0 0 0
21 ZENT Audi R8 LMS ultra リチャード・ライアン 都筑晶裕 0 0 0
30 IWASAKI OGT Racing GT-R イゴール・スシュコ 岩崎祐貴 0 0 0
31 Panasonic apr PRIUS GT 嵯峨宏紀 新田守男 0 0 0
35 NISMO ATHLETE GT-R GT-3 アレックス・バンカム ルーカス・オルドネス 0 0 0
50 exe Aston Martin 加納政樹 安岡秀徒 0 0 0
86 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3 山西康司 細川慎弥 0 0 0
96 DIJON ワコーズ エンドレス Z06R GT3 井上恵一 田中勝輝 0 0 0
61 SUBARU BRZ R&D SPORT 佐々木孝太 山野哲也 0 0 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スーパーGT韓国戦は延期が決定。開催時期は未定 - オートスポーツ・2013年4月18日
  2. ^ SGT、来季日程を変更。セパン&APの開催日変わる - オートスポーツ・2012年11月1日
  3. ^ 今季のJAF Grand Prixの日程が1週間後に変更 - オートスポーツ・2013年4月23日
  4. ^ ガライヤ、JAFグランプリを最後に参戦休止 - オートスポーツ・2012年11月12日
  5. ^ 今季のSGT予選は全戦Q1/Q2のノックアウト式採用,オートスポーツWeb,2013年3月22日
  6. ^ 『HSVラストイヤー』に童夢がミシュラン装着へ - オートスポーツ・2013年2月8日
  7. ^ カーズ東海が来季新体制を発表。高橋/加藤組継続 - オートスポーツ・2012年12月25日
  8. ^ エヴァンゲリオンレーシング、ニューマシンと新レースクイーンを発表,Car Watch,2013年2月27日
  9. ^ ARTA Project、CR-Zを使用。ゼッケン55に変更 - オートスポーツ・2013年2月8日
  10. ^ a b 2013年 日産グローバルモータースポーツ活動計画を発表,日産自動車,2013年2月26日
  11. ^ SGT鈴鹿のエントリー発表。300に多数の第3ドラ,オートスポーツWeb,2013年8月6日
  12. ^ GAINER、今季はSLSを加え2台体制。ビヨン加入 オートスポーツ WEB 2013年1月11日
  13. ^ a b c d GTA、13年SGT年間エントリー発表。41台が登録,オートスポーツweb,2013年3月1日
  14. ^ JAFスプリントカップ金曜日”. 吉本大樹オフィシャルブログ. 2013年11月24日閲覧。
  15. ^ トヨタがSGTの体制発表。500はトムスが2台体制 - オートスポーツ・2013年2月25日
  16. ^ クラフト、今季GT500参戦を断念。GT300移行か - オートスポーツ・2013年1月5日
  17. ^ 今日は・・・ - BondsRacing Official Blog「絆」・2013年2月3日
  18. ^ apr、R8からGT-Rにスイッチ。OGT!と新たな挑戦 - オートスポーツ・2013年7月12日
  19. ^ TeamSGC、2013年のスーパーGT活動を休止 - オートスポーツ・2013年2月6日
  20. ^ LMP MOTORSPORT、今季GT300参戦を休止 - オートスポーツ・2013年2月10日
  21. ^ PACIFIC DIRECTION、『攻殻機動隊ARISE』とタッグ - オートスポーツ・2013年3月19日
  22. ^ GSR、今季は谷口&片岡組の1台体制で参戦 - オートスポーツ・2013年2月10日
  23. ^ LEON RACING発進! SLSでSGTに“お洒落に”参戦 オートスポーツWEB 2013年2月22日
  24. ^ GREEN TECメルセデス、新監督に歌手の稲垣潤一氏、オートスポーツWeb、2013年3月1日
  25. ^ タイサン、新車のGT3Rと峰尾&横溝組で連覇狙う,オートスポーツWeb,2013年1月26日
  26. ^ アストン来季も継続か。アルナージュが参戦の意向,オートスポーツWeb,2012年12月25日
  27. ^ アルナージュ、加納/安岡のGT300参戦体制を発表,オートスポーツWeb,2013年2月22日
  28. ^ STI、ミシュランを装着したSUBARU BRZ GT300を岡山サーキットでシェイクダウン,Inpress Car Watch,2013年3月8日
  29. ^ IS<インフィニット・ストラトス>レーシング再起動!,TBSアニメーション・<インフィニット・ストラトス>公式ホームページ - 最新情報,2013年4月5日
  30. ^ GT開幕戦 岡山,Takamori博士の『レース研究室』,2013年4月3日
  31. ^ GTA、GT300車両の出場についてAsLMSと合意 - オートスポーツ・2012年8月19日
  32. ^ AsLMS富士参加のGT300車にSGTポイントを付与 - オートスポーツ・2013年3月13日
  33. ^ AsLMS富士のSGTクラス参戦ドライバーが発表に,オートスポーツ,2013年9月12日
  34. ^ ボーカロイド“IA”とSUPER GTがコラボ!オフィシャルサポーターズソングを歌う,SUPER GT公式サイト,2013年4月2日
  35. ^ LEON RACING、次戦以降黒澤翼を第2ドライバーに - オートスポーツ・2013年5月13日