柳田真孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳田真孝
Masataka Yanagida
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1979年6月4日(35歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
2014年SUPER GT
所属 MOLA
車番 46

柳田 真孝(やなぎだ まさたか、1979年昭和54年)6月4日 - )は、東京都出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

経歴[編集]

S Road MOLA GT-R(2014年)

幼少よりカートレーシングを始め、1993年にカートレースにデビューする。1996年に全日本カート選手権デビュー、翌1997年には、立川祐路と同じくエルフ(現TOTAL)のスカラシップを獲得して渡仏する。その後、フランス・フォーミュラ・キャンパスに出場し、開幕戦優勝を果たすなど活躍した。1998年にはフランス・フォーミュラ・ルノーにシリーズ参戦する。1999年には日本へ帰国し、フォーミュラ・ドリーム(~2000年)に参戦、供にシリーズ2位となる。

2001年より全日本GT選手権(現SUPER GT)・GT300クラスにフル参戦を開始する。2001年は長谷見昌弘率いるハセミ・モータースポーツよりシルビアで参戦。第2戦・第4戦・第6戦と2位3回でシリーズ4位。2002年も同様の体制で参戦し、第3戦で初優勝を飾り、シリーズ3位。2003年にはフェアレディZ に車種変更し、待望のGT300クラス・シリーズチャンピオンを獲得した。2004年は、ダイシンに移籍してGT300クラスに引き続き参戦したが、シリーズ6位で終わる(PP獲得2回)。

2005年よりGT500クラスにステップアップし、NISMOよりフル参戦した。GT500初の開幕戦は予選でポールポジションを獲得したが、スタートに失敗して順位を3位に下げてしまった上に後方の車と接触し、スピンしコースアウトするなど散々な結果に終わる。その後は立ち直り、パートナーのミハエル・クルムの力もありチャンピオン争いに絡むもシリーズ5位に終わった。

2006年は、新たにGT500クラスに参戦した近藤真彦率いるKONDO Racingに移籍した。ベテランエリック・コマスとコンビを組んだが、新規に装着したヨコハマタイヤのタイヤ開発がうまく進まず苦戦を強いられた。なお、この年から全日本選手権フォーミュラ・ニッポンにも参戦。チームは、SUPER GTと同じくKONDO Racingでシリーズ14位に終わる。

2007年は、SUPER GT(GT500クラス)・フォーミュラ・ニッポン・スーパー耐久(ST-class1)に参戦したが、特筆すべき成績は残せなかった。GTでは古巣のハセミ・モータースポーツに復帰し、ホンダから移籍のセバスチャン・フィリップとコンビを組んだ。フォーミュラ・ニッポンは引き続きKONDO Racing、スーパー耐久はPETRONAS SYNTIUM TEAMからそれぞれ参戦した。

2008年は、それまでの成績不振が響きフォーミュラ・ニッポンのシートを失ったが、GTでは再度NISMOに移籍し、2005年と同じミハエル・クルムとコンビを組み参戦した。なお使用車両はGT-Rに変更となった。開幕戦の鈴鹿でピットアウト直後にGT300のマシンが絡んだ際に接触し、本山哲の先行を許し、新型GT-Rのデビューウィンを自らが飾ることは成らなかった。この後第4戦のセパンでARTA NSX伊沢拓也に接触を受け、伊沢のペナルティによって首位に立つも、柳田がステアリングのスイッチを押し間違え、ピットロード用のリミッターを作動させるミスを犯し(セパン戦直前にドリンク吸引用のスイッチとリミッターのスイッチが入れ替わっていたのだが、柳田が失念していた)、KONDO Racingの荒聖治にパスされ、ここでも優勝を逃した。最終戦までチャンピオンの権利を有していた物の、この年は同じNISMOの本山、トレルイエ組が王座を獲得し、シリーズ7位に終わった。

2009年は、MOLAに移籍し、再びSUPER GTのGT300クラスに参戦し、1勝を挙げたもののシリーズ7位に終わった。

2010年は、ハセミ・モータースポーツに三度移籍し、星野一樹とのタッグでGT300クラス・シリーズチャンピオンを獲得した。

2011年は、MOLAに再び移籍し、SUPER GTのGT500クラスに、インパルから移籍したロニー・クインタレッリとパートナーを組んで参戦した。チームは初のGT500クラスへの参戦であったが、使用したミシュランタイヤの性能が他社を上回ったこともあり、シリーズを優位に進めるに至った。第4戦のSUGOラウンドで、念願の500クラスでの初勝利を挙げた。その後もランキングトップは維持していたが、NISMOの本山、トレルイエ組が猛追し、タイトル争いは最終戦のもてぎまでもつれ込んだ。柳田は終盤に本山に首位を明け渡したものの2位に入り、自身初のGT500クラス・シリーズチャンピオンを獲得した。なお、GT300・GT500の両クラスをまたぐ形の連覇は史上初である。

2012年も、MOLAからクインタレッリとのコンビでGT500クラスに参戦。序盤3戦こそ苦しんだが、第4戦のSUGOでの3位を皮切りに5戦連続表彰台と他を圧倒。第5戦の鈴鹿1000㎞でポールトゥウィンを挙げると、第6戦の富士では2位に入り、そして第77戦の九州ラウンドで再び勝利し、この時点での王座を確定させた。500クラスで最終戦前に王座を獲得したのは、2007年にARTA NSXの伊藤大輔ラルフ・ファーマン組以来5年ぶりで、また史上初の同一コンビによるシーズン2連覇も達成した。最終戦のもてぎでも2位に入り、有終の美を飾っている。

ちなみに、父の柳田春人も元日産ワークスのレーシングドライバーで、現役当時は「Zの柳田」「(フェアレディ)Z使い」「雨の柳田」と呼ばれていたことから、一部では「二代目Zの柳田」「二代目Z使い」と呼ばれている。

レース戦績[編集]

  • 1996年 - 全日本カート選手権・FRクラス
  • 1997年 - フランス・フォーミュラ・キャンパス(1勝)
  • 1998年 - フランス・フォーミュラルノー
  • 1999年 - フォーミュラ・ドリーム(#8 日本カルミック FD99/FD-99 MF224)(シリーズ2位・1勝)
  • 2000年
    • フォーミュラ・ドリーム(#1 ARTA FD/FD-99 MF224)(シリーズ2位・3勝)
    • Formula Dream Super Chllenge Race(#1 ARTA FD/FD-99 MF224)(決勝10位)
  • 2001年
    • 全日本F3選手権(TODA RACING #2 戸田無限ホンダ FIGHTEX/ダラーラF300 MF204B)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス (ハセミ・モータースポーツ #3 ユニシアジェックスシルビア/シルビア S15 SR20DET)(シリーズ4位)
  • 2002年 - 全日本GT選手権・GT300クラス (ハセミ・モータースポーツ #3 ユニシアジェックスシルビア/シルビア S15 SR20DET)(シリーズ3位・1勝)
  • 2003年
    • 全日本F3選手権<Rd.3&4 スポット参戦>(ThreeBond Racing #14 ThreeBond/ダラーラF302 SR20VE)(シリーズ17位)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(ハセミ・モータースポーツ #3 ハセミスポーツ・エンドレスZ/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズチャンピオン)
  • 2004年
    • 全日本F3選手権(Three Bond #14 Three Bond/ダラーラF302 SR20VE)(シリーズ10位)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス(TEAM DAISHIN #81 シーウエストダイシンアドバンZ/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズ6位)
    • スーパー耐久シリーズ・Class3<Rd.1&5>(RS中春 #245 モバイルキャストアドバンZ/フェアレディZ Z33)
    • スーパー耐久シリーズ・Class3<Rd.2>(C-WEST LABS #23 C-WEST ORCアドバンZ/フェアレディZ Z33)
    • 第33回インターナショナルPokka1000kmレース・S-Eクラス(#230 MOTUL ADVAN Z/フェアレディZ Z33)(決勝DNF) 
  • 2005年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 モチュール ピットワーク Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ5位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(KONDO Racing #4/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ14位)
    • SUPER GT・GT500クラス(KONDO Racing #24 WOODONE ADVAN KONDO Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ13位)
    • 第13回十勝24時間レース・STclass3(#23 C-WEST ADVAN Z/フェアレディZ Z33)(総合11位・クラス3位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(CARCHS KONDO RACING #3/ローラB06/51 RV8J)(ノーポイント・完走7回)
    • SUPER GT・GT500クラス(HASEMI MOTOR SPORT #3 YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT→ VK45DE)(シリーズ5位)
    • スーパー耐久シリーズ・STclass1(PETRONAS SYNTIUM TEAM #50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズ5位)
  • 2008年
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #22 MOTUL AUTECH GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ7位)
    • スーパー耐久シリーズ・STclass1(PETRONAS SYNTIUM TEAM #50 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズ2位・3勝)
  • 2009年
    • SUPER GT・GT300クラス(MOLA #46 エスロード MOLA Z/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズ7位・1勝)
    • スーパー耐久シリーズ・STclass1(PETRONAS SYNTIUM TEAM #1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズチャンピオン・5勝)
  • 2010年
    • SUPER GT・GT300クラス(HASEMI MOTOR SPORT #3 TOMICA Z/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズチャンピオン・1勝)
    • スーパー耐久シリーズ・STclass1(PETRONAS SYNTIUM TEAM #1 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズチャンピオン・6勝)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(MOLA #46 S Road MOLA GT-R/GT-R R35 VRH34A→VRH34B)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2012年 - SUPER GT・GT500クラス(MOLA #1 S Road REITO MOLA GT-R/GT-R R35 VRH34A→VRH34B)(シリーズチャンピオン・2勝)

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2001 ハセミモータースポーツ 日産・シルビア GT300 TAI
6
FSW
2
SUG
12
FSW
2
TRM
9
SUZ
2
MIN
12
4位 53
2002 ハセミモータースポーツ 日産・シルビア GT300 TAI
4
FSW
Ret
SUG
1
SEP
3
FSW
3
TRM
4
MIN
Ret
SUZ
Ret
3位 70
2003 ハセミモータースポーツ 日産・フェアレディZ GT300 TAI
6
FSW
2
SUG
17
FSW
3
FSW
21
TRM
3
AUT
4
SUZ
2
1位 77
2004 TEAM DAISHIN 日産・フェアレディZ GT300 TAI
19
SUG
14
SEP
6
TOK
3
TRM
4
AUT
19
SUZ
7
6位 33
2005 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 OKA
12
FSW
2
SEP
6
SUG
7
TRM
4
FSW
9
AUT
2
SUZ
8
5位 57
2006 KONDO RACING 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
10
OKA
10
FSW
10
SEP
8
SUG
10
SUZ
5
TRM
6
AUT
14
FSW
3
13位 34
2007 HASEMI MOTOR SPORT 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
10
OKA
13
FSW
4
SEP
7
SUG
4
SUZ
8
TRM
11
AUT
7
FSW
15
12位 30
2008 NISMO 日産・GT-R GT500 SUZ
2
OKA
15
FSW
12
SEP
2
SUG
13
SUZ
4
TRM
7
AUT
5
FSW
11
7位 57
2009 TEAM NISHIZAWA MOLA 日産・フェアレディZ GT300 OKA
7
SUZ
3
FSW
6
SEP
4
SUG
6
SUZ
1
FSW
9
AUT
8
TRM
7
7位 62
2010 HASEMI MOTOR SPORT 日産・フェアレディZ GT300 SUZ
5
OKA
3
FSW
5
SEP
5
SUG
2
SUZ
Ret
FSW
C
TRM
1
1位 64
2011 MOLA 日産・GT-R GT500 OKA
6
FSW
10
SEP
2
SUG
1
SUZ
2
FSW
7
AUT
2
TRM
2
1位 90
2012 MOLA 日産・GT-R GT500 OKA
8
FSW
7
SEP
14
SUG
3
SUZ
1
FSW
2
AUT
1
TRM
2
1位 93
2013 NISMO 日産・GT-R GT500 OKA
3
FSW
Ret
SEP
9
SUG
3
SUZ
2
FSW
9
AUT
8
TRM
8
6位 50
2014 MOLA 日産・GT-R GT500 OKA
10
FSW
Ret
AUT
2
SUG
7
FSW
6
SUZ
Ret
BUR
13
TRM
5
11位 31

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
2006 KONDO Racing FSW
7
SUZ
Ret
TRM
9
SUZ
13
AUT
13
FSW
12
SUG
Ret
TRM
6
SUZ
13
14位 1
2007 KONDO Racing FSW
9
SUZ
18
TRM
Ret
OKA
15
SUZ
14
FSW
12
SUG
12
TRM
16
SUZ
Ret
NC 0

主要レース通算戦績[編集]

  • 全日本GT選手権&SUPER GT
GT500クラス (通算勝利数・3勝)(最高シリーズランキング・1位-2011年・2012年)
GT300クラス (通算勝利数・3勝)(最高シリーズランキング・1位-2003年・2010年)
  • スーパー耐久シリーズ
STclass1 (通算勝利数・14勝)(最高シリーズランキング・1位-2009年・2010年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]