金石年弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金石 年弘(かねいし としひろ、1978年12月19日 - )は大阪府出身のレーシングドライバーである。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

実家がカートショップ(SRSK=堺レーシング)を経営しており、自然な流れでカートの世界へ。10歳からカート競技を開始し、その後、全日本カート選手権で2度タイトルを取るなど、参加したほぼ全てのクラスでチャンピオンに輝いている。1997年には鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラクラス(SRS-F)に入校し、スカラシップを獲得した。同期には、佐藤琢磨松田次生らの強力なライバルが顔を揃えていて「華の3期生」と呼ばれている。

1998年より全日本F3選手権に参戦を開始し、1999年には2勝を挙げシリーズ2位の好成績を収めた。2000年から2年間はドイツに渡りARTAの支援を受け、ドイツF3選手権を戦った。特に2001年は2勝を挙げ、最終戦まで縺れる混戦を制し日本人初ドイツF3シリーズチャンピオンを獲得した。この年は、フランスF3選手権を福田良が、イギリスF3選手権を佐藤琢磨がそれぞれ制しており、欧州主要F3シリーズで日本人が同時にシリーズチャンピオンを獲得したのは史上初の出来事であった。

2002年は日本に凱旋帰国し全日本選手権フォーミュラ・ニッポンにステップアップした。2003年には第9戦もてぎラウンドにて初優勝を飾り、シリーズランキングも4位に食い込んでいる。2005年は一旦シートを失ったが、2006年は、同じレーシングドライバーで従兄の金石勝智がドライビングアドバイザーを務めるARTAから復帰し、最高位は2位。2007年も同体制で臨んだが、エンジニアの変更が影響し思うような成績が残せず、2008年2004年に所属していた5ZIGENに移籍し、2度の入賞を果たすも、2009年はチームが参戦を断念し、再びシートを失った。 2012年、従兄の勝智がオーナーを務めるHP REAL RACINGにて4年ぶりにフォーミュラ・ニッポンに復帰

一方全日本GT選手権SUPER GTにおいては、2002年第2戦富士ラウンドでチーム国光からNSXでデビューする。2003年はARTAからフル参戦を果たす。2004年及び2005年はハセミモータースポーツに在籍し、フェアレディZで戦っている。この間は着実にポイントを稼ぐ走りは披露するものの未勝利に終わっている。2006年はレギュラーシートを得られなかったが、2007年は金石勝智が立ち上げたRollingStone Real RacingからNSXで参戦。2008年もメインスポンサーがいなくなったものの、同体制で臨んでいる。2009年からはKEIHINがメインスポンサーになり塚越広大を2ndドライバーに迎え引き続き参戦。

レース戦績[編集]

  • 1989年 - カート初走行
  • 1990年 - SL大阪シリーズA2クラス
  • 1991年
    • SL大阪シリーズA2クラス(シリーズチャンピオン)
    • ナショナル近畿地区A2クラス(シリーズチャンピオン)
  • 1993年 - 全日本カート選手権FAクラス(シリーズ2位)
  • 1994年 -全日本カート選手権FAクラス(シリーズチャンピオン)
  • 1995年 - 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズ8位)
  • 1996年 - 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズ7位)
  • 1997年
    • 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズチャンピオン)
    • SRS-Fに入校(スカラシップ獲得)
  • 1998年 - 全日本F3選手権(#55 ARTA ダラーラ無限/ダラーラF398 MF204B)(シリーズ6位)
  • 1999年
    • 全日本F3選手権(#55 ARTA399無限/ダラーラF399 MF204B)(シリーズ2位・2勝)
    • 第1回F3コリアGP出場 (総合5位)
  • 2000年
    • ドイツF3選手権(ARTA GM-Motorsports/ダラーラF399・オペル)(シリーズ8位・1勝)
    • F3マルボロマスターズ(決勝5位)
    • F3マカオGP
  • 2001年
    • ドイツF3選手権(Opel Team BSR #8)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • F3ポーGP(Opel Team BSR #18/ダラーラF301・オペル)
    • F3マルボロマスターズ
    • F3マカオGP
    • F3コリアSP(Opel Team BSR #1/ダラーラF300・オペル)
    • AUTOBACS Super Challenge Race(#23 ARTA FD/FD-99 MF224)(決勝6位)
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #56/レイナード01L MF308)(シリーズ7位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.2 スポット参戦>(チーム国光 with MOONCRAFT #100 RAYBRIG NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ20位)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Forum eng, ARTA TEAM LeMans #7/ローラB351 MF308)(シリーズ4位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(AUTOBACK RACING TEAM AGURI #8 ARTA NSX/NSX LA-NA2 C32B)(シリーズ19位)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(ADiRECT TEAM 5ZIGEN #2/ローラB351 MF308)(シリーズ12位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(ハセミモータースポーツ #3 G'ZOX SSR ハセミZ/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ4位)
  • 2005年
    • SUPER GT・GT500クラス(ハセミモータースポーツ #3 G'ZOX HASEMI Z/フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ8位)
    • 第12回十勝24時間レース・ST-3クラス(TOMEI SPORTS #33 イーストオーシャンings Z/フェアレディZ Z33)(総合26位・クラス8位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #55/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ9位)
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.6 スポット参戦>(Team Honda Racing #8 ARTA NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ22位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #56/ローラB06/51 HF386E)
    • SUPER GT・GT500クラス(RollingStone Real Racing #17 REAL NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ14位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(SG team 5ZIGEN #5/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ14位)
    • SUPER GT・GT500クラス(Real Racing with LEON #17 REAL NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ19位)
  • 2009年 - SUPER GT・GT500クラス(KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ5位)
  • 2010年 - SUPER GT・GT500クラス(KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズ3位・1勝)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズ4位)
  • 2012年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(HP REAL RACING #10/スウィフト017.n HR12E)(シリーズ12位)
    • SUPER GT・GT500クラス(KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズ12位)
  • 2013年 - SUPER GT・GT500クラス(KEIHIN REAL RACING #17 KEIHIN HSV-010/HSV-010 HR10EG)

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2002 チーム国光 with MOON CRAFT ホンダ・NSX GT500 TAI
FUJ
5
SUG
SEP
FUJ
MOT
MIN
SUZ
20位 8
2003 Autobacs Racing Team Aguri ホンダ・NSX GT500 TAI
11
FUJ
Ret
SUG
11
FUJ FUJ
12
MOT
8
AUT
Ret
SUZ
6
19位 9
2004 ハセミモータースポーツ 日産・フェアレディZ GT500 TAI
6
SUG
6
SEP
4
TOK
3
MOT
7
AUT
Ret
SUZ
3
4位 50
2005 ハセミモータースポーツ 日産・フェアレディZ GT500 OKA
3
FUJ
9
SEP
Ret
SUG
15
MOT
13
FUJ
4
AUT
3
SUZ
4
8位 42
2006 Team Honda Racing ホンダ・NSX type R GT GT500 SUZ
OKA
FUJ
SEP
SUG
SUZ
6
MOT
AUT
FUJ
22位 13
2007 RollingStone Real Racing ホンダ・NSX type R GT GT500 SUZ
6
OKA
10
FUJ
Ret
SEP
12
SUG
Ret
SUZ
5
MOT
7
AUT
Ret
FUJ
3
14位 29
2008 Real Racing with LEON ホンダ・NSX type R GT GT500 SUZ
8
OKA
16
FUJ
10
SEP
6
SUG
9
SUZ
Ret
MOT
15
AUT
11
FUJ
10
19位 16
2009 KEIHIN REAL RACING ホンダ・NSX type R GT GT500 OKA
5
SUZ
6
FUJ
12
SEP
2
SUG
6
SUZ
10
FUJ
4
AUT
Ret
MOT
3
5位 51
2010 KEIHIN REAL RACING ホンダ・HSV-010 GT GT500 SUZ
7
OKA
7
FUJ
5
SEP
12
SUG
1
SUZ
4
FUJ
C
MOT
3
3位 53
2011 KEIHIN REAL RACING ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
3
FUJ
8
SEP
3
SUG
6
SUZ
12
FUJ
3
AUT
6
MOT
7
4位 50
2012 KEIHIN REAL RACING ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
3
FUJ
6
SEP
7
SUG
9
SUZ
10
FUJ
5
AUT
14
MOT
Ret
12位 30
2013 KEIHIN REAL RACING ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
2
FUJ
Ret
SEP
5
SUG
Ret
SUZ
7
FUJ
2
AUT
3
MOT
2
2位 67
2014 KEIHIN REAL RACING ホンダ・NSX CONCEPT-GT GT500 OKA
6
FSW
Ret
AUT
Ret
SUG
3
FSW
SUZ
BUR
TRM
8位 16

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2002 AUTOBACS RACING TEAM AGURI SUZ
Ret
FUJ
MIN
4
SUZ
6
MOT
5
SUG
6
FUJ
5
MIN
5
MOT
Ret
SUZ
7
7位 11
2003 Forum eng, ARTA Team LeMans SUZ
3
FUJ
8
MIN
5
MOT
7
SUZ
Ret
SUG
8
FUJ
Ret
MIN
2
MOT
1
SUZ
Ret
4位 22
2004 ADiRECT TEAM 5ZIGEN SUZ
6
SUG
13
MOT
10
SUZ
Ret
SUG
13
MIN
3
SEP
Ret
MOT
Ret
SUZ
11
12位 5
2006 AUTOBACS RACING TEAM AGURI FUJ
16
SUZ
Ret
MOT
Ret
SUZ
Ret
AUT
2
FUJ
4
SUG
Ret
MOT
Ret
SUZ
7
9位 9
2007 AUTOBACS RACING TEAM AGURI FUJ
12
SUZ
17
MOT
10
OKA
Ret
SUZ
9
FUJ
11
SUG
Ret
MOT
14
SUZ
Ret
NC 0
2008 SG team 5ZIGEN FUJ
11
SUZ
Ret
MOT
5
OKA
14
SUZ1
Ret
SUZ2
14
MOT1
6
MOT2
Ret
FUJ1
16
FUJ2
20
SUG
11
14位 9
2012 HP REAL RACING SUZ
12
MOT
13
AUT
12
FUJ
Ret
MOT
11
SUG
7
SUZ1
14
SUZ2
14
12位 2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]