安田裕信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安田 裕信(やすだ ひろのぶ、1983年11月11日 - )は、滋賀県出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:168cm
  • 体重:57kg
  • 血液型:Rh+O型

レーシングカートで実績を積み重ね、2002年には、鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラクラス(SRS-F)に入校しスカラシップを獲得した。2003年フォーミュラ・ドリーム(FD)で4輪レースにデビューし、シリーズ2位。2004年も同シリーズに挑戦しシリーズ2位となった。翌2005年ヨーロッパのカートレースを戦うために渡欧し、世界選手権・ヨーロッパ選手権・イタリア選手権を転戦した。

留学を終え、2006年は国内に戦場を求めることになるのだが、彼に一大転機が訪れる。ミドル・フォーミュラの一つであるFDが廃止となり、トヨタ日産ホンダの3社が後援する[1]フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)が創設されたのであるが、彼が帰国した時点においてホンダの推薦シートは埋まっており、フォーミュラカーのシートを失う恐れが出て来たのである。そこで安田はニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)[2]に応募し合格。NDDPドライバーとしてFCJに参戦し、シリーズ3位・4勝(最多勝)の好成績を収めF3へのスカラシップを獲得した。

2007年はThreeBond Racingから全日本F3選手権へ参戦した。リタイヤ回数は1度だけに止まったものの、最高位は4位に終わり、シリーズ成績も8位と低迷した。2008年も引き続き同様の体制で全日本F3選手権へ継続参戦し、第5戦鈴鹿と第8戦もてぎとで優勝しシリーズ4位になった。翌2009年も引き続き同様の体制で全日本F3選手権へ継続参戦したが、第4戦岡山での1勝にとどまり、シリーズ5位と伸び悩んだ。

一方、いわゆる「ハコ」クラスのカテゴリーには、2004年からスポット参戦も含めてスーパー耐久シリーズに挑戦し、2007年にはArabianOasis Racingからエントリーした。 さらに、2006年にはSUPER GT・GT300クラスにMOLAから長島正興と組んでフル参戦を果たした(シリーズ20位・決勝最高位6位)。2007年の第6戦ポッカ1000kmにおいては、GT500クラスの23号車(XANAVI NISMO Z本山哲リチャード・ライアン組)の第3ドライバーとして出場し、決勝では3位の成績を残した。2008年はGT300クラスにMOLAから星野一樹と参戦し、第6戦ポッカ1000kmで勝利し、シリーズチャンピオンを獲得した。2009年にはHASEMI MOTOR SPORTからGT500クラスに参戦。第4戦セパンで優勝した。翌2010年KONDO Racingに移籍し、開幕戦鈴鹿において荒れたコンディションの中タイヤ無交換作戦で優勝を果たした。

なお、CIK-FIAアジア・パシフィック・カート選手権において、複数回優勝した日本人は安田裕信ただ一人である。

レース戦績[編集]

  • 2000年 - 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズ6位)
  • 2001年
    • 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズチャンピオン)
    • CIK-FIAアジア・パシフィック・カート選手権・FAクラス(優勝)
  • 2002年 - SRS-F入校(スカラシップ獲得)
  • 2003年
    • フォーミュラ・ドリーム(#4 SRS-F ARTA FD/FD-03 MF224)(シリーズ2位・1勝)
    • CIK-FIAアジア・パシフィック・カート選手権・FAクラス(優勝)
  • 2004年
    • フォーミュラ・ドリーム(#14 MEIJU RACING FD/FD-03 MF224)(シリーズ2位・2勝)
    • スーパー耐久シリーズ・Class4(TRACY SPORT #39 UNITED ADVAN S2000/AP1)(シリーズ8位)
  • 2005年
    • カート世界選手権
    • ヨーロッパカート選手権
    • イタリアカート選手権
    • CIK-FIAアジア・パシフィック・カート選手権・FAクラス
    • スーパー耐久シリーズ・ST-class3<Rd.6 スポット参戦>(#46 realstyle.jp S2000/AP1)(総合18位・クラス5位)
  • 2006年
    • FCJ(#6 NISSAN DDP FCJ/FC106)(シリーズ3位・4勝)
    • SUPER GT・GT300クラス(MOLA #47 吉兆宝山DIREZZA Z/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズ20位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-class S<Rd.3&5 スポット参戦>(#10 MSF シーケンシャルS2000/AP1)
  • 2007年
    • 全日本F3選手権(ThreeBond Racing #14 ThreeBond/ダラーラF306 SR20VE)(シリーズ8位)
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.6 スポット参戦>(NISMO #23 XANAVI NISMO Z/フェアレディZ Z33 VK45DE)(決勝3位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-class3(ArabianOasis Racing Team #74 アラビアンオアシスZ/フェアレディZ Z33)
  • 2008年
    • 全日本F3選手権・全日本選手権クラス(ThreeBond Racing #12 ThreeBond/ダラーラF308 SR20VE)(シリーズ4位・2勝)
    • SUPER GT・GT300クラス(MOLA #46 MOLAレオパレスZ/フェアレディZ Z33 VQ35DE)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2009年
    • 全日本F3選手権・Cクラス(ThreeBond Racing #12 ThreeBond/ダラーラF309 SR20VE)(シリーズ5位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(HASEMI MOTOR SPORT #3 HASEMI TOMICA EBBRO GT-R/GT-R R35 VK45DE)(シリーズ7位・1勝)
  • 2010年 - SUPER GT・GT500クラス(KONDO RACING #24 HIS ADVAN KONDO GT-R/GT-R R35 VRH34A)(シリーズ10位)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(KONDO RACING #24 ADVAN KONDO GT-R/GT-R R35 VRH34A→VRH34B)(シリーズ10位)
  • 2012年 - SUPER GT・GT500クラス(KONDO RACING #24 D'station ADVAN KONDO GT-R/GT-R R35 VRH34B)(シリーズ15位)

SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
2006 MOLA 日産・フェアレディZ GT300 SUZ
10
OKA
18
FSW
14
SEP
10
SUG
8
SUZ
6
TRM
8
AUT
10
FSW
19
20位 20
2007 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
OKA
FSW
SEP
SUG
SUZ
3
TRM
AUT
FSW
20位 12
2008 MOLA 日産・フェアレディZ GT300 SUZ
Ret
OKA
4
FSW
2
SEP
2
SUG
5
SUZ
1
TRM
7
AUT
4
FSW
6
1位 78
2009 HASEMI MOTOR SPORT 日産・GT-R GT500 OKA
12
SUZ
13
FSW
7
SEP
1
SUG
9
SUZ
2
FSW
6
AUT
8
TRM
12
7位 49
2010 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 SUZ
1
OKA
12
FSW
8
SEP
9
SUG
5
SUZ
Ret
FSW
C
TRM
10
10位 32
2011 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 OKA
9
FSW
7
SEP
4
SUG
4
SUZ
10
FSW
11
AUT
5
TRM
12
10位 29
2012 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 OKA
11
FSW
14
SEP
Ret
SUG
10
SUZ
3
FSW
13
AUT
4
TRM
11
15位 22
2013 KONDO RACING 日産・GT-R GT500 OKA
13
FSW
12
SEP
13
SUG
5
SUZ
Ret
FSW
10
AUT
6
TRM
9
13位 14
2014 TEAM IMPUL 日産・GT-R GT500 OKA
3
FSW
AUT
SUG
FSW
SUZ
BUR
TRM
3位 11

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 順位 ポイント
2012 KONDO RACING SUZ
11
TRM
12
AUT
13
FSW
16
TRM
9
SUG
11
SUZ1
13
SUZ2
9
NC 0
2013 KONDO RACING SUZ
14
AUT
9
FSW
12
TRM
Ret
INJ
C
SUG
6
SUZ1
8
SUZ2
13
14位 3.5

脚注[編集]

  1. ^ 運営主体は日本レースプロモーション:略称JRP
  2. ^ 日産自動車が主催する若手ドライバー育成プログラム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]