福山英朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福山英朗
生誕 1955年8月13日(58歳)
日本の旗 日本 三重県尾鷲市出身
職業 レーシングドライバー
モータースポーツ解説者
純資産 あり
配偶者 あり
公式サイト
http://www.hideo-fukuyama.com
補足
全日本ツーリングカー選手権・クラス1チャンピオン(1992年
全日本GT選手権GT300クラスチャンピオン(1997年2000年

福山英朗(ふくやま ひでお、1955年8月13日 - )は、日本レーシングドライバー。血液型はRH+A型。GTやツーリングカーレースにおいて数々のチャンピオンを獲得していることから、いわゆる「ハコ使い」系ドライバーとして有名である。

略歴[編集]

デビュー[編集]

三重県尾鷲市出身。1977年に地元である鈴鹿サーキットで開かれた鈴鹿シルバーカップ・FL500でデビューした。その後は鈴鹿サーキットを中心に活躍し、1979年には鈴鹿シルバーカップ・FL500のチャンピオンとなった。

全日本F3選手権と全日本F3000選手権[編集]

1982年には全日本F3選手権にステップアップし、1988年にかけてシリーズ参戦して優勝1回、ポールポジションを2回獲得するなど活躍した。また1992年にもスポット参戦している。1990年には全日本F3000選手権にステップアップしTEAM NOJIからスポット参戦し、翌1991年にはシーズン参戦し1992年まで参戦した。

ル・マン24時間レース[編集]

1988年にはル・マン24時間レースに初参戦した。1990年にはスパ・フランコルシャン24時間レースに日産自動車のワークスドライバーとして日産・スカイラインGT-Rで参戦し、クラス2位を獲得した。ル・マン24時間レースにはその後もワークスドライバーとして参戦を続け、クラス優勝を含む上位入賞を複数回獲得している(後述)。

全日本ツーリングカー選手権チャンピオン[編集]

全日本F3000への参戦をしつつ1992年から全日本ツーリングカー選手権に参戦し、参戦初年度の1992年には長谷見昌弘とのコンビで全日本ツーリングカー選手権・クラス1のチャンピオンに輝いた。全日本ツーリングカー選手権の最終開催年となった1993年は、チャンピオンに届かなかったが複数の優勝を果たしている。

全日本GT選手権チャンピオン[編集]

1994年より全日本GT選手権に参戦(1994年・1995年はスポット参戦のため、本格参戦は1996年より)し同年行われた十勝24時間レース第1回大会で優勝を果たした。また1998年から2001年にかけて、鈴鹿1000kmにおいてGTクラス4連覇を達成している。

1997年には織戸学とのコンビで全日本GT選手権のGT300クラスチャンピオンを獲得した(日産・シルビア)。さらに2000年にも松田秀士とのコンビで全日本GT選手権GT300クラスチャンピオンを獲得した(シェルタイサンアドバンGT3R、ポルシェ911GT3R)。また2000年と2001年には再びル・マン24時間レースに参戦し、2000年にはLM-GTクラスでクラス優勝を果たした。

スーパーN1耐久チャンピオン[編集]

1996年には砂子智彦とのコンビでスーパーN-1耐久シリーズのチャンピオンを獲得した(日産・スカイラインGT-R)。その後もスーパー耐久に継続的に参戦し、近年も2011年2012年に続き、2013年も参戦を行っている。

NASCAR[編集]

1998年1999年には日本で開催されたNASCARコカ・コーラ500に出場した。2002年にはアメリカに渡り、NASCARの最高峰クラスである「ウインストンカップ(現・スプリントカップシリーズ)」にスポット参戦した。

2003年にはウインストンカップにキッコーマンからのスポンサーを得てシリーズ参戦し(トラビス・カーター/ フォード・トーラス)、日本人として、またアジア人として初めて同カップの決勝に進出したドライバー、かつシーズン参戦したドライバーとなった[1]

現在[編集]

2013年にはスーパー耐久に、桧井保孝大文字賢浩とともに「museo cinquecento racing team」のアバルト695アセットコルセで参戦するなど[2]レーシングドライバーとして活躍する一方で、同チームの監督も務める。

また日テレG+で放送されるNASCARや、J SPORTSで放送されるSUPER GTの中継で解説なども行っている。またアバルトのドライビングスクールの講師を務めるほか、アバルトやフェラーリなどのイベントにもゲストドライバーとして参加するなど、その経験と知名度を生かして幅広い活動を行っている。

レース戦績[編集]

JTC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1992 ハセミモータースポーツ 日産・スカイラインGT-R JTC-1 TAI
1
AUT
7
SUG
5
SUZ
2
MIN
1
TSU
4
SEN
3
FUJ
2
1位 110
1993 ハセミモータースポーツ 日産・スカイラインGT-R JTC-1 MIN
2
AUT
4
SUG
4
SUZ
1
TAI
4
TSU
5
TOK
5
SEN
Ret
FUJ
5
7位 89

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
1994 BLITZ RACING TEAM トヨタ・スープラ GT1 FUJ
Ret
SEN
7
FUJ
SUG
MIN
20位 4
1995 牧口エンジニアリング BMW・M3 GT2 SUZ
Ret
FUJ
SEN
NC 0
Racing Team 中春 日産・スカイラインGT-R GT1 MIN
6
SUG
Ret
MIN
22位 6
1996 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
4
FUJ
Ret
SEN
7
MIN
3
SUG
5
MIN
3
6位 42
1997 RS-Rレーシングwith BANDOH 日産・シルビア GT300 SUZ
1
FUJ
2
SEN
2
FUJ
3
MIN
1
SUG
5
1位 90
1998 TEAM DAISHIN 日産・シルビア GT300 SUZ
Ret
FUJ
C
SEN
Ret
FUJ
6
MOT
8
MIN
3
SUG
8
11位 24
1999 TEAM DAISHIN 日産・シルビア GT300 SUZ
10
FUJ
Ret
SUG
3
MIN
Ret
FUJ
4
TAI
4
MOT
Ret
10位 33
2000 TEAM TAISAN Jr. with ADVAN ポルシェ・911 GT300 MOT
1
FUJ
1
SUG
9
FUJ
7
TAI
7
MIN
1
SUZ
2
1位 85
2001 TEAM TAISAN ADVAN ポルシェ・911 GT300 TAI
4
FUJ
17
SUG
7
FUJ
13
MOT
2
SUZ
3
MIN
8
6位 44
2002 TEAM TAISAN ADVAN ポルシェ・911 GT300 TAI
2
FUJ
Ret
SUG
16
SEP
5
FUJ
1
MOT
7
MIN
Ret
SUZ
2
4位 65
2004 TEAM GAIKOKUYA ポルシェ・911 GT300 TAI
SUG
SEP
Ret
TOK
13
MOT
Ret
AUT
15
SUZ
21
NC 0
2005 A&S RACING シボレー・コルベット GT300 OKA
DNS
FUJ
Ret
SEP
DNQ
SUG
DNQ
MOT
22
FUJ
Ret
AUT
SUZ
NC 0
2007 DHG Racing フォード・GT GT300 SUZ
OKA
FUJ
SEP
SUG
SUZ
9
MOT
AUT
FUJ
28位 2

出典[編集]

  1. ^ Yahoo!Sports date=2013年1月
  2. ^ フィアット クライスラー ジャパン date=2013年1月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]