アンドレ・ロッテラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・ロッテラー
Andre Lotterer 2012 WEC Fuji.jpg
基本情報
略称表記 LOT
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・デュイスブルク
生年月日 1981年11月19日(32歳)
F1での経歴
車番 45
所属チーム ケータハム '14
活動時期 2014
出走回数 1
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2014年ベルギーGP
2014年順位 23位 (0ポイント)
タイトル 0
(記録は2014年ベルギーGP終了時)
テンプレートを表示

アンドレ・ロッテラーAndré Lotterer, 1981年11月19日 - )はドイツレーシングドライバーデュイスブルク出身。

プロフィール[編集]

16歳で4輪レースデビュー。1998年ドイツ BMW/ADAC フォーミュラジュニア チャンピオン、1999年にドイツ BMW/ADAC フォーミュラ チャンピオンをそれぞれ獲得した。2000年よりドイツF3に参戦。同年よりジャガーF1テストドライバーを務め、2002年にはリザーブドライバーとなった。しかし、ジャガーがレース活動を縮小したため、テスト兼リザーブドライバーの仕事を失なった。なお途中の2001年シーズンはイギリスF3選手権に参戦し、翌2002年はチャンプカーシリーズの最終戦にスポット参戦している。

2003年に来日。以後2005年まで中嶋悟率いるNAKAJIMA RACINGから、全日本GT選手権SUPER GTフォーミュラ・ニッポンに参戦した。フォーミュラ・ニッポンでは、2003年の開幕戦においていきなり2位表彰台を獲得し、能力の高さを発揮した。当該年度は優勝こそ逃したもののシリーズ4位と好成績を残した。初勝利は翌2004年の第3戦もてぎラウンド、第7戦のセパンラウンドでも勝利しシリーズ2位と躍進した。2005年も2勝しており、シリーズチャンピオン争いの常連となっている。全日本GT選手権には、2003年の第4戦富士ラウンドから小暮卓史に変わって松田次生のパートナーとして参戦している。初勝利は2004年の第5戦のもてぎラウンド。GTにおいては手堅いドライビングを行い安定感を見せていたが、成績面では今ひとつ目立たなかった。

2006年はフォーミュラ・ニッポン・SUPER GTともに、トヨタ陣営であるTOM'Sに移籍した。フォーミュラ・ニッポンでは、このカテゴリーに初挑戦であったTOM'Sからのエントリーにもかかわらず2勝し、フォーミュラにおける能力の高さを周囲に再認識させた。SUPER GTでは脇阪寿一とコンビを組んで参戦、開幕戦で優勝を飾った。その後、優勝こそなかったものの全戦でポイントを挙げるなど安定した成績を収め、トヨタ・SC430のデビューイヤーをドライバーズ/チーム両シリーズチャンピオンで飾った。またロッテラー自身にとっても日本での初タイトルの獲得であった。2007年以降も前年に引き続き同じ体制で両シリーズに参戦し、2008年はチームタイトルを翌2009年は再びドライバーズ/チーム両シリーズチャンピオンを獲得した。2010年は最終戦までチャンピオンを争うも連覇はならなかった。

2009年ル・マン24時間レースでもアウディ・R10 TDIに乗りベストタイムを出すなど、雨天を中心とした悪い場面での高いポテンシャルが光るものの、そのアグレッシブなドライビングスタイルのため、他車との接触も多かった。翌2010年にはアウディワークスの起用が発表され、チームメイトであるブノワ・トレルイエとともに活躍し、総合2位を獲得した。そして2011年にはブノワ・トレルイエ、マルセル・ファスラーとともにチーム・ヨーストから参戦し総合優勝を果たした。またフォーミュラ・ニッポンでは中止となった開催された6戦7レース(第5戦が中止となったため)中、ル・マン24時間参戦のために欠場した第2戦を除く5戦6レースに出場、その中で5勝、残る1レースも2位という圧倒的な強さで念願のシリーズチャンピオンを獲得した。

2012年ル・マン24時間レースにも前年と同じメンバーで連覇するとともに、2012年より始まったFIA 世界耐久選手権(WEC)の初代チャンピオンも獲得した。

2013年以降も引き続きトヨタでフォーミュラー・ニッポンより引き継いだスーパーフォーミュラおよびアウディよりWECに参戦。ともに総合ランキング2位だった。

2014年ル・マン24時間レースではマルセル・ファスラー、ブノワ・トレルイエで戦い、自身3度目の優勝を飾った。

F1の第12戦ベルギーGP小林可夢偉に代わりケータハムF1チームから参戦[1]し、F1デビューを果たした。ル・マン優勝者のデビューで注目を集め、雨の予選でチームメイトを破ったものの、決勝レースはトラブルで2周でリタイアとなった。F1と日程がバッティングしたスーパーフォーミュラ第4戦は欠場した(代役はアンドレア・カルダレッリ)。

エピソード[編集]

  • 父がレーシングチームのマネージャーをしていたこともあって、幼少よりカートを始めた。その父は、2009年秋に他界している。その後に行われたSUPER GTの最終戦では、チーム全員が喪章を付け参戦した。
  • トヨタがFIA 世界耐久選手権(WEC)に参加していない頃からアウディワークスの一員としてル・マン24時間レースに参戦しているが、「もしあの頃からトヨタが参戦していたらと思う時がある」と語った。
  • フォーミュラ・ニッポン/スーパーフォーミュラへの思い入れが人一倍強く、アウディとの契約上WECを優先させなければならない状態でも日程が重ならないレースは全て参戦している。

レース戦績[編集]

  • 1998年 - BMW/ADACフォーミュラジュニア(シリーズチャンピオン)
  • 1999年 - BMW/ADACフォーミュラ(シリーズチャンピオン)
  • 2000年 - ドイツF3選手権(シリーズ4位)
  • 2001年
    • イギリスF3選手権(シリーズ7位)
    • F1ジャガーチームテストドライバー
  • 2002年 
    • F1ジャガーチームテストドライバー&リザーブドライバー
    • スパフランコルシャン24時間(3位)
    • チャンプカー(シリーズ22位)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #2/ローラB351 MF308)(シリーズ4位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス<Rd.4->(Mobil 1 NAKAJMA RACING #64 Mobil 1 NSX/HONDA NA2 C32B)(シリーズ16位)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #2/ローラB351 MF308)(シリーズ2位・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(EPSON NAKAJMA RACING #64 EPSON NSX/HONDA NA2 C30A)(シリーズ8位・1勝)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #2/ローラB351 MF308)(シリーズ4位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(EPSON NAKAJMA RACING #64 EPSON NSX/HONDA NA2 C32B)(シリーズ9位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DHG TOM'S RACING #5/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ3位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #36 OPENINTERFACE TOM'S SC430/LEXUS SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DHG TOM'S RACING #36/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ5位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM TOM'S #1 宝山 TOM'S SC430/LEXUS SC43U ZZ40 3UZ-FE)(シリーズ6位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PETRONAS TEAM TOM'S #36/ローラB06/51 RV8J)(シリーズ3位)
    • SUPER GT・GT500クラス(PETRONAS TOYOTA TEAM TOM'S #36 PETRONAS TOM'S SC430/LEXUS 430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ3位)
    • 2008-2009 A1グランプリ(ドイツチーム)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PETRONAS TEAM TOM'S #36/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ3位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S #36 PETRONAS TOM'S SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズチャンピオン・1勝)
    • ル・マン24時間レース(チーム・コレス #14/アウディ・R10 TDI)(総合7位)
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PETRONAS TEAM TOM'S #36/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ2位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S #1 PETRONAS TOM'S SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ2位・1勝)
    • ル・マン24時間レース (アウディスポーツ・チーム・ヨースト #8/アウディ・R15 TDI plus)(総合2位)
  • 2011年
    • ル・マン24時間レース (アウディスポーツ・チーム・ヨースト #2/アウディ・R18 TDI)(総合優勝)
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン (TEAM TOMS #36) (シリーズチャンピオン・5勝)
  • 2012年
    • ル・マン24時間レース (アウディスポーツ・チーム・ヨースト #1/アウディ・R18 e-tronクアトロ)(総合優勝)
    • FIA 世界耐久選手権 (同上) (ドライバーズチャンピオン)
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン (TEAM TOMS #36) (シリーズ4位・2勝)
  • 2013年

レース戦績[編集]

フォーミュラカー[編集]

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2002 デイル・コイン・レーシング ローラ・B02/00 コスワース MTY
LBH
MOT
MIL
LS
POR
CHI
TOR
CLE
VAN
MDO
ROA
MTL
DEN
ROC
MIA
SRF
FON
MXC
12
22位 1

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2003 PIAA NAKAJIMA RACING SUZ
2
FSW
4
MIN
7
TRM
6
SUZ
Ret
SUG
2
FSW
3
MIN
9
TRM
5
SUZ
Ret
5位 22
2004 PIAA NAKAJIMA RACING SUZ
2
SUG
4
TRM
1
SUZ
8
SUG
Ret
MIN
Ret
SEP
1
TRM
3
SUZ
7
2位 33
2005 PIAA NAKAJIMA RACING TRM
11
SUZ
Ret
SUG
9
FSW
Ret
SUZ
Ret
MIN
10
FSW
1
TRM
Ret
SUZ
1
4位 20
2006 DHG TOM'S RACING FSW
8
SUZ
5
TRM
1
SUZ
5
AUT
8
FSW
2
SUG
Ret
TRM
Ret
SUZ
1
3位 30
2007 DHG TOM'S RACING FSW
Ret
SUZ
5
TRM
2
OKA
Ret
SUZ
13
FSW
1
SUG
7
TRM
4
SUZ
2
5位 37
2008 PETRONAS TEAM TOM'S FSW
Ret
SUZ
3
TRM
2
OKA
2
SUZ1
2
SUZ2
4
TRM1
11
TRM2
7
FSW1
5
FSW2
4
SUG
12
3位 49
2009 PETRONAS TEAM TOM'S FSW
10
SUZ
3
TRM
5
FSW
8
SUZ
7
TRM
1
AUT
2
SUG
2
3位 39
2010 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ
3
TRM
3
FSW
2
TRM
Ret
SUG
3
AUT
1
SUZ1
3
SUZ2
2
2位 43
2011 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ
1
AUT FSW
1
TRM
2
SUZ
C
SUG
1
TRM1
1
TRM2
1
1位 56
2012 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ
5
TRM
1
AUT
Ret
FSW
1
TRM
2
SUG
10
SUZ1
5
SUZ2
8
4位 38
2013 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ AUT
1
FSW
1
TRM
2
INJ
C
SUG
2
SUZ1 SUZ2 2位 37
2014 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ
5
FSW1
4
FSW2
1
FSW
6
TRM
AUT
1
SUG
Ret
SUZ1
SUZ2
3位 26.5

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2014年 ケータハム CT05 AUS
MAL
BHR
CHN
ESP
MON
CAN
AUT
GBR
GER
HUN
BEL
Ret
ITA
SIN
JPN
RUS
USA
BRA
ABU
23位 0

スポーツカー[編集]

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2003 Mobil 1 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 TAI FSW SUG FSW
13
FSW
9
TRM
Ret
AUT
2
SUZ
12
16位 19
2004 EPSON NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 TAI
10
SUG
4
SEP
9
TOK
6
TRM
1
AUT
12
SUZ
5
8位 42
2005 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 OKA
5
FSW
8
SEP
5
SUG
13
TRM
10
FSW
2
AUT
14
SUZ
10
9位 38
2006 TOYOTA TEAM TOM'S レクサス・SC430 GT500 SUZ
1
OKA
8
FSW
3
SEP
15
SUG
4
SUZ
10
TRM
2
AUT
7
FSW
4
1位 80
2007 TOYOTA TEAM TOM'S レクサス・SC430 GT500 SUZ
7
OKA
5
FSW
DNS
SEP
8
SUG
5
SUZ
1
TRM
6
AUT
6
FSW
6
6位 54
2008 PETRONAS TOYOTA TEAM TOM'S レクサス・SC430 GT500 SUZ
3
OKA
4
FSW
2
SEP
7
SUG
10
SUZ
3
TRM
3
AUT
8
FSW
7
3位 63
2009 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
11
SUZ
2
FSW
2
SEP
6
SUG
7
SUZ
8
FSW
3
AUT
1
TRM
2
1位 88
2010 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 SUZ
4
OKA
3
FSW
2
SEP
8
SUG
7
SUZ
10
FSW
C
TRM
1
2位 62
2011 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
4
FSW
4
SEP
6
SUG
9
SUZ
6
FSW
15
AUT
4
TRM
8
8位 39

ILMC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 TDI LMP1 SEB
SPA
5
LEM
1
IMO
SIL
PET
ZHU

WEC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2012 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 SEB
11
SPA
2
LMN
1
SIL
1
SÃO
2
BHR
1
FSW
2
SHA
3
1位 172.5
2013 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 SIL
2
SPA
1
LMN
5
SÃO
1
COA
3
FSW
26
SHA
1
BHR
2
2位 149.25
2014 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1-H SIL
Ret
SPA
5
LMN
1
COA
1
FSW
6
SHA
BHR
SÃO
3位 93
スポーツのタイトル
先代:
ティモ・ベルンハルト
ロマン・デュマ
マイク・ロッケンフェラー
ル・マン24時間優勝者
2011 with:
マルセル・ファスラー
ブノワ・トレルイエ
次代:
マルセル・ファスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
先代:
マルセル・ファスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
ル・マン24時間優勝者
2012 with:
マルセル・ファスラー
ブノワ・トレルイエ
次代:
トム・クリステンセン
アラン・マクニッシュ
ロイック・デュバル

外部リンク[編集]

  1. ^ “ケータハム、可夢偉に代えロッテラー起用を発表”. AUTO SPORT web. (2014年8月20日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=59232 2014年8月21日閲覧。