フォーミュラ・ドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォーミュラ・ドリームFormula DREAM 、略称:FD)は、本田技研工業(ホンダ)の若手ドライバー育成プロジェクトの名称。トヨタ自動車トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)と並び、日本国内における若手レーシングドライバーの登龍門的存在である。

2005年まで[編集]

1999年から2005年までは、ホンダの主催により行われた自動車レースの一カテゴリー(いわゆるジュニア・フォーミュラの一つ)であった。

過去同シリーズからは井出有治松浦孝亮柳田真孝などが成績優秀者として上位カテゴリー(フォーミュラ・ニッポンSUPER GTなど)で活躍している。

2004年より制度を一部改正し、シーズンに6~7回程度行われるレースへの個別参戦が認められるようになったほか、年齢制限を撤廃。これにより将来のステップアップを目指す若手ドライバーだけでなく、自分のドライビング技術を磨きたい中堅ドライバーなどの参戦が容易になった。

ただ2006年より、フォーミュラ・ニッポンを主催する日本レースプロモーションが新たなジュニア・フォーミュラ『フォーミュラチャレンジ・ジャパン』(FCJ)を立ち上げ、ホンダがFCJのシリーズ展開を支援することとなったため、フォーミュラ・ドリームは2005年シーズンを最後に7年間の活動を終了した。

概要[編集]

元々鈴鹿サーキットが運営しているレーシングスクール「SRS-F(鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ)」の上位カテゴリーとして1999年に創立。「徹底したイコールコンディション」によるスキルアップと「参戦費用の安さ」を売り物にしている。そのため、

  • レースに使用するマシンはシーズン中数回にわたる抽選により定期的に参加者の間で交換される。
  • シーズン全体の参戦費用がメンテナンス費用や消耗品の費用なども含めてあらかじめパッケージ化されている。
  • 破損頻度が高い部品や走行性能に影響の小さい部品は低コストのものを使用する。
  • 使用部品の国産化により部品の低コスト化を行う。
  • データロガーシステムにより得られる走行情報を参加者間で共有し、ドライビングの詳細な比較や分析が出来る。

など、それまでのジュニア・フォーミュラで問題となりやすかった点を解決するための様々な試みや特徴がある。

シリーズチャンピオンに対しては全日本F3選手権へのスカラシップが用意されているほか、成績優秀者には翌年度のフォーミュラ・ドリーム参戦費用を割り引くなどのサポートも行われた。また一レース毎の賞金もこの種のカテゴリーでは他に例のない高額(優勝で100万円)であった。

使用マシン[編集]

童夢製のシャシーにM-TEC製の2.2リッターエンジンを搭載したワンメイクトランスミッションは柳川精機がFDの為に開発した前進5速後進1速のシーケンシャルシフト方式のものを、タイヤブリヂストンがF3と同スペックのものを供給。2001年からはエンジンをオーバーレブさせた場合に、次にアクセルを全開にしたときに数秒間エンジン馬力を低下させる「ペナルティシステム」を導入している。これは単にレースを行うだけではなく、ドライバー育成を大きな目的としているためである。なお、使用されたマシンは1999年から2002年はFD-99、2003年から2005年はFD-03と時期によって違うが、性能は基本的に同一であるとされる。

2006年以降[編集]

前述の通り2006年からはFCJが発足したため、「フォーミュラ・ドリーム」という名称はレースカテゴリーではなく、ホンダの若手ドライバー育成プロジェクト全体を指す名称として使われるようになった(以後ホンダのプレスリリース等では「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」との表記が一般的となっている)。

主な活動としては、FCJでの成績優秀者に対するF3参戦へのスカラシップ提供などが挙げられる。また2007年はアメリカのインディ・プロ・シリーズに参戦する武藤英紀をスポンサーとして支援、武藤がインディカー・シリーズに昇格した翌2008年も支援を続けている。

2009年は武藤への支援を継続する一方で、新たにフォーミュラ・ニッポンReal Racigとタイアップして「HFDP」のエントラント名で参戦することとなった。HFDPのドライバーには塚越広大を起用する。また,F3(Nクラス)には同じくHFDPとして参戦。ドライバーは山本尚貴小林崇志を起用する。

外部リンク[編集]