伊沢拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊沢 拓也(いざわ たくや、1984年6月1日 - )は東京都出身のレーシングドライバー

正式な名前は、さわの部分が である[1]

プロフィール[編集]


1996年にカートレースでデビューする。2年後の1998年には全日本カート選手権に参戦する。2002年には鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラクラス(略称SRS-F)に入校し、見事首席で卒業するとともにスカラシップを獲得した。同年には、日本で初の限定A級ライセンス[2]日本自動車連盟(JAF)から発給され、F4選手権シリーズに参戦してシリーズ5位の実績を残した。

2003年は戦場をヨーロッパに求めてドイツを拠点とし、ドイツ及びユーロの両フォーミュラ・ルノーシリーズを戦った。なお、この年には、帰国直後にフォーミュラ・ドリームにスポット参戦を果たし、練習走行も殆ど出来ない中、優勝を飾るという離れ業をやってのけ、才能の片鱗を覗わせた。2004年2005年は、フォーミュラ・ドリームにフル参戦する。時折速さを見せ付けるものの、同じ時期には圧倒的な強さでフォーミュラ・ドリームを勝ち続ける塚越広大の存在もあって1勝に終わった。それまで順調に歩みを進めてきた彼にとっては初めての挫折を味わう事になった。

結果を残せなかった伊沢は、2006年のシート喪失の危機を迎えていたが、伊沢の走りを評価していた戸田レーシングの戸田幸男監督に誘われ、全日本F3選手権にデビューし、2度勝利を挙げるもシリーズ成績は6位に留まった。2007年は、引き続き全日本F3選手権にHonda Team Realから参戦したが、勝利することが出来ずシリーズ6位で終わった。またSUPER GTの第6戦鈴鹿1000kmでは、REAL NSXの第3ドライバーとしてスポット参戦、5位入賞を果たした。

2008年は、AUTOBACS RACING TEAM AGURIより全日本選手権フォーミュラ・ニッポンとSUPER GTのGT500クラスに参戦したが、それぞれシリーズ10位及び8位の結果に終わった。2009年は、SUPER GTは引き続きAUTOBACS RACING TEAM AGURIから参戦し、2勝したがシリーズ2位に終わった。車両及びエンジンが一新されたフォーミュラ・ニッポンではTEAM DANDELION RACINGに移籍したが、成績は好転せずシリーズ8位に終わった。

2010年は、フォーミュラ・ニッポンには引き続きTEAM DANDELION RACINGから参戦するが、SUPER GTはTEAM KUNIMITSUに移籍した。HSV-010 GTのデビュー戦であったSUPER GT開幕戦では、荒れたコンディションの中粘り強い走りを見せて、3位表彰台を獲得した。

2012年はフォーミュラ・ニッポンでは開幕戦鈴鹿でポールポジションを獲得、第6戦菅生では念願の初優勝を飾り、最終戦鈴鹿第1レースやJAFグランプリも制すなど活躍、ドライバーズランキング3位と大躍進を遂げた。

2014年よりGP2にARTから参戦予定。

レース戦績[編集]

  • 1996年
    • SL榛名シリーズSCクラス(シリーズチャンピオン)
    • SL全国大会・SCクラス(3位)
  • 1997年 - SL榛名シリーズ・SDクラス(シリーズ2位)
  • 1998年
    • SL榛名シリーズ・SDクラス(シリーズチャンピオン)
    • GKT榛名シリーズ・FR-2クラス(シリーズ3位)
    • 地方選手権・関西シリーズ(10位)
  • 1999年 - 全日本カート選手権ICAクラス(シリーズ2位)
  • 2000年 - 全日本カート選手権・FAクラス(シリーズ5位)
  • 2001年
    • 全日本カート選手権FSAクラス(シリーズ5位)
    • CIK-FIAアジア・パシフィック・カート選手権FAクラス(6位)
  • 2002年
    • 鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-F入校)(首席卒業)
    • F4選手権シリーズ(#8 オートバックスMF401MJ/MF401)(シリーズ5位)
  • 2003年
    • ドイツ・フォーミュラ・ルノーシリーズ(シリーズ7位)
    • ユーロ・フォーミュラ・ルノーシリーズ
    • フォーミュラ・ドリーム<Rd.10&11 スポット参戦>(#5 ARTA FD/FD03 MF224)(1勝)
  • 2004年
    • フォーミュラ・ドリーム(#5 ARTA FD/FD03 MF224)(シリーズ3位)
    • ドイツ・フォーミュラ・ルノー<スポット参戦>(決勝9位)
  • 2005年 - フォーミュラ・ドリーム(#5 ARTA FD/FD03 MF224)(シリーズ4位)
  • 2006年
    • 全日本F3選手権(TODA RACING #2 Honda・戸田FIGHT EX/DOME F107 MF204C)(シリーズ6位・2勝)
    • 第13回十勝24時間レース・STクラス4(フォーミュラドリームレーシング #8 フォーミュラドリーム インテグラ/DC5)(総合12位・クラス優勝
  • 2007年
    • 全日本F3選手権(Honda Team Real #11 Honda Real F307/ダラーラF307 MF204C)(シリーズ6位)
    • 第14回十勝24時間・ST-4クラス(フォーミュラドリームレーシング #10 FD CIVIC Type R/FD2)(総合12位・クラス優勝
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.6 スポット参戦>(RollingStone Real Racing #17 REAL NSX/NSX NA2 C32B)(決勝5位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #56/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #1 ARTA NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ8位)
    • 第15回十勝24時間・ST-4クラス(Team Honda Access #76 Racing Modulo ADVAN Type R/FD2)(総合10位・クラス優勝
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #41/スウィフト017.n HR09E)(シリーズ8位)
    • SUPER GT・GT500クラス(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #8 ARTA NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ2位・2勝)
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #2/スウィフト017.n HR10E)(シリーズ11位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズ8位)
  • 2011年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/スウィフト017.n HR10E)(シリーズ9位)
    • SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG HSV-010 GT/HSV-010 HR10EG)(シリーズ9位)
  • 2012年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/スウィフト017.n HR12E)(シリーズ3位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(TEAM KUNIMITSU #100 RAYBRIG HSV-010 GT/HSV-010 HR10EG)(シリーズ5位)

SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 Rd.9 順位 ポイント
2007 RollingStone Real Racing ホンダ・NSX type R GT GT500 SUZ
OKA
FUJ
SEP
SUG
SUZ
5
MOT
AUT
FUJ
22位 6
2008 Autobacs Racing Team Aguri ホンダ・NSX type R GT GT500 SUZ
14
OKA
3
FUJ
Ret
SEP
11
SUG
15
SUZ
13
MOT
2
AUT
3
FUJ
12
8位 49
2009 Autobacs Racing Team Aguri ホンダ・NSX type R GT GT500 OKA
3
SUZ
14
FUJ
3
SEP
3
SUG
14
SUZ
12
FUJ
1
AUT
4
MOT
1
2位 81
2010 TEAM KUNIMITSU ホンダ・HSV-010 GT GT500 SUZ
3
OKA
8
FUJ
10
SEP
5
SUG
8
SUZ
3
FUJ
C
MOT
6
8位 40
2011 TEAM KUNIMITSU ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
2
FUJ
12
SEP
7
SUG
7
SUZ
Ret
FUJ
5
AUT
14
MOT
4
9位 37
2012 TEAM KUNIMITSU ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
2
FUJ
2
SEP
6
SUG
8
SUZ
11
FUJ
12
AUT
8
MOT
9
5位 43
2013 TEAM KUNIMITSU ホンダ・HSV-010 GT GT500 OKA
1
FUJ
7
SEP
3
SUG
12
SUZ
10
FUJ
Ret
AUT
12
MOT
12
10位 37

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム Rd.1 Rd.2 Rd.3 Rd.4 Rd.5 Rd.6 Rd.7 Rd.8 順位 ポイント
2008 AUTOBACS RACING TEAM AGURI FUJ
Ret
SUZ
9
MOT
4
OKA
5
SUZ1
12
SUZ2
Ret
MOT1
Ret
MOT2
12
FUJ1
18
FUJ2
17
SUG
8
10位 19
2009 DOCOMO TEAM DANDELION RACING FUJ
2
SUZ
7
MOT
DNS
FUJ
Ret
SUZ
8
MOT
9
AUT
6
SUG
11
8位 14
2010 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
5
MOT
11
FUJ
9
MOT
11
SUG
6
AUT
Ret
SUZ1
11
SUZ2
11
11位 7
2011 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
4
AUT
6
FUJ
10
MOT
6
SUZ
C
SUG
DSQ
MOT1
Ret
MOT2
10
9位 11
2012 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
6
MOT
4
AUT
2
FUJ
13
MOT
5
SUG
1
SUZ1
1
SUZ2
6
3位 41.5
2013 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
1
AUT
Ret
FUJ
5
MOT
Ret
INJ
C
SUG
Ret
SUZ1
10
SUZ2
9
7位 15

GP2[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 順位 ポイント
2014 ARTグランプリ BHR
FEA

6
BHR
SPR

12
ESP
FEA

20
ESP
SPR

13
MON
FEA

Ret
MON
SPR

Ret
AUT
FEA

9
AUT
SPR

8
GBR
FEA

GBR
SPR

GER
FEA

GER
SPR

HUN
FEA

HUN
SPR

BEL
FEA

BEL
SPR

ITA
FEA

ITA
SPR

RUS
FEA

RUS
SPR

ABU
FEA

ABU
SPR

15位 11

脚注[編集]

  1. ^ 本名!! - RACINGドライバー 伊沢拓也のブログより
  2. ^ 限定A級ライセンスとは、JAFが発給している普通自動車運転免許が取得出来ない16~17歳を対象とした、一部の国内レースに限って出場が認められるライセンス。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]