ナレイン・カーティケヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナレイン・カーティケヤン
Narain Karthikeyan 2011 Malaysia.jpg
基本情報
フルネーム நாராயண் கார்த்திகேயன்
略称表記 KAR
国籍 インドの旗 インド
出身地 同・タミル・ナードゥ州
生年月日 1977年1月14日(37歳)
F1での経歴
活動時期 2005, 2011-2012
過去の所属チーム '05 ジョーダン
'11-'12 HRT
出走回数 48
優勝回数 0
通算獲得ポイント 5
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2005年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
タイトル 0
テンプレートを表示

クマール・ラム・ナレイン・カーティケヤン: Kumar Ram Narain Karthikeyan, タミル語: நாராயண் கார்த்திகேயன், テルグ語: కాకర్ల నారాయణ కార్తికేయన్, 1977年1月14日 - )は、インド人のレーシングドライバー。

日本で現在多く使用される「ナレイン・カーティケヤン」という表記は英語表記に基づいており、現地のタミル語またはテルグ語の音とは異なる。

経歴[編集]

ナレイン・カーティケヤン

初期の経歴[編集]

南インドのタミル・ナードゥ州出身、「インドのモータースポーツの中心地」と言われる高原の街コーヤンブットゥールで生まれ育つ。15歳でフランスに渡りレース競技に身を投じる。フォーミュラ・アジア等を経て、1998年からイギリスF3に参戦。1998年はカーリンモータースポーツから10ラウンドのみ参戦し2回の3位表彰台を獲得しシリーズ12位。1999年は優勝2回、ポール2回、FL3回の活躍でシリーズ6位。この年のマカオGPでは予選6位、決勝6位となる。2000年も引き続き参戦し佐藤琢磨に次ぐシリーズ4位の成績を残した。またマカオGPではポールポジションとFLを獲得、インターナショナルF3のスパとKorea Super Prixでは優勝するなど結果を残した。

2001年にはチーム・インパルからフォーミュラ・ニッポン参戦。本山哲とはチームメイトであった。しかし、この年のフォーミュラ・ニッポン王者となった本山とは対照的に、カーティケヤンはわずか入賞2回に終わった。

2002年からの3年間はワールドシリーズ・バイ・ニッサンに参戦。2004年は2勝を挙げ、シリーズ5位だった。

F1[編集]

2005年[編集]

2005年2月1日ジョーダン・グランプリへの加入が発表され、インド人初のF1レギュラードライバーとなった。ミシュラン製のタイヤを使用するチームがタイヤの安全性の問題から大量にレースを棄権した第9戦アメリカGPではそのお陰もあり4位を獲得をした。

2006年には、ウィリアムズチームの第2テストドライバーを務めることとなった。2007年もチームにとどまってテストドライバーを務めた。しかし、チームは同じテストドライバーである中嶋一貴GP2シリーズとバッティングしないレースでサードドライバーとしてフリー走行に出走させるなど重用したため、年間を通じてほとんどテスト走行の機会は与えられなかった。ウィリアムズで走行機会が与えられないことから、他チームからのスポット参戦を目論見てスパイカーなどと交渉。クリスチャン・アルバースのシーズン中の解雇もあり、チーム加入目前の報道もあったが、山本左近にそのシートを奪われた。

2008年冬、財政難に陥り冬期合同テストに欠席が続いていたスーパーアグリへ、支援が噂されていたインド企業であるスパイス・グループが、カーティケヤンのドライバー就任を要求したと報道された。しかし、チーム設立・存続の大前提である佐藤琢磨はもちろん、セカンドドライバーのアンソニー・デビッドソンについても、同チームが供給・支援を受けるホンダF1のニック・フライCEO、及びホンダ本社の意向により交代は不可とされ、スパイス・グループによる支援も流れ、カーティケヤンの加入は実現しなかった。

2011年[編集]

2011年1月7日、チーム側の公式アナウンスを前にカーティケヤンがヒスパニア・レーシングと契約した事を独自に発表。後にチーム側からも正式なリリースがなされた[1]。この年のヒスパニアのマシンは、運動エネルギー回収システムを搭載していないなど競争力に乏しいため、バックマーカーとなることも多いが、しばしば最後まで走りぬく堅実な走りを見せている。完走した2011年ヨーロッパグランプリでは、リタイヤした車両が出なかったため24位というF1史上最低順位を記録している[2]

ヨーロッパGPの後はダニエル・リチャルドに交替させられ出場機会を失ったが、念願の母国開催となった第1回インドグランプリではヴィタントニオ・リウッツィがシートを譲る形で出場を果たし、HRTとしてはまずまずの順位である17位で完走した。

2012年[編集]

2月2日、HRTはカーティケヤンとレギュラードライバーとして契約した事を発表した[3]。ちなみに、前年と同じチームからの参戦となるが、チームの経営陣が代わったために「残留」ではなく「契約」と言う言葉を使用している。

その他のレーシングカテゴリー[編集]

2008-2009年のA1グランプリに参戦するカーティケヤン

A1グランプリ[編集]

2006-2007年のA1グランプリにおいて成績が低迷していたA1グランプリインドチームのドライバーとしてシーズン途中のニュージーランド戦から参戦、最終戦ブランズ・ハッチで行われたイギリス戦では表彰台を逃したが4位入賞を果たし、チームへ貢献した。

2007年9月開幕した2007-2008年のA1グランプリではインドチーム代表として全戦に参戦し第4戦の殊海(Zhuhai)で行われた中国戦ではインドチーム初の表彰台と同時に初勝利を獲得した。また、最終戦ブランズ・ハッチで行われたイギリス戦のフィーチャーレースではインドチーム初となるポールポジションを獲得し優勝している。

2008-2009年のA1グランプリにインドチームから初戦のオランダ戦を除き全戦に参戦し、最終戦ブランズ・ハッチでシーズン最高位となる2位を獲得し12位だった。

ル・マン24時間[編集]

2009年のル・マン24時間レースコリン・コレスのチームであるチーム・コレスからアウディ・R10 TDIでインド人初となるル・マン24時間に参戦した。

スーパーリーグ・フォーミュラ[編集]

2010年はオランダのPSVアイントホーフェンからスーパーリーグ・フォーミュラに参戦している。

AUTO GP[編集]

2013年、スーパーノヴァ・レーシングからAUTO GPに参戦。シリーズ4位を記録。

スーパーフォーミュラ[編集]

2014年は日本のスーパーフォーミュラへのフル参戦を予定。所属はチーム・インパルで、同チームには実に13年ぶりに復帰することになる。

レース戦績[編集]

フォーミュラ・ニッポン、スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2001 excite TEAM IMPUL SUZ
6
MOT
7
MIN
9
FUJ
Ret
SUZ
Ret
SUG
13
FUJ
9
MIN
Ret
MOT
14
SUZ
6
14位 2
2014 Lenovo TEAM IMPUL SUZ
Ret
FSW1
7
FSW2
6
FSW
7
TRM
Ret
AUT
17
SUG
11
SUZ1
10
SUZ2
8
13位 5

F1[編集]

所属チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2005年 ジョーダン EJ15 AUS
15
MAL
11
BHR
Ret
SMR
12
ESP
13
MON
Ret
EUR
16
CAN
Ret
USA
4
FRA
15
GBR
Ret
GER
16
HUN
12
TUR
14
ITA
20
18位 5
EJ15B BEL
11
BRA
15
JPN
15
CHN
Ret
2011年 HRT F111 AUS
DNQ
MAL
Ret
CHN
23
TUR
21
ESP
21
MON
17
CAN
17
EUR
24
GBR GER
TD
HUN BEL ITA SIN
TD
JPN
TD
KOR
TD
IND
17
ABU BRA 26位 0
2012年 F112 AUS
DNQ
MAL
22
CHN
22
BHR
21
ESP
Ret
MON
15
CAN
Ret
EUR
18
GBR
21
GER
23
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
19
SIN
Ret
JPN
Ret
KOR
20
IND
21
ABU
Ret
USA
22
BRA
18
24位 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]