ジョーダン・EJ15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョーダン・EJ15
ジョーダン・EJ15B
ティアゴ・モンテイロのドライブする EJ15 、カナダGP
ティアゴ・モンテイロのドライブする EJ15 、カナダGP
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー イギリスの旗 ジョン・マッキリアム
イギリスの旗 サイモン・フィリップス
先代 ジョーダン・EJ14
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションバー ダンパー ペンスキー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド トーションバー ダンパー ペンスキー
トレッド 前:1,480 mm (58.3 in)
後:1,418 mm (55.8 in)
ホイールベース >3,000 mm (118.1 in)
エンジン トヨタ RVX-05 2998cc
900馬力 19,000rpm 90度 V10
トランスミッション ジョーダン 7速 縦置き シーケンシャル セミAT
重量 605 kg
燃料 エルフ, リキモリ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ジョーダン・グランプリ
ドライバー 18. ポルトガルの旗 ティアゴ・モンテイロ
19. インドの旗 ナレイン・カーティケヤン
コンストラクターズ
タイトル
9位、12ポイント
ドライバーズタイトル ティアゴ・モンテイロ : 16位
ナレイン・カーティケヤン : 18位
初戦 2005年オーストラリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 (EJ15)
5 (EJ15B)
0 0 0
テンプレートを表示

ジョーダン・EJ15 (Jordan EJ15) は、ジョーダン・グランプリ2005年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーティアゴ・モンテイロナレイン・カーティケヤンがドライブした。ジョーダンチームとしては最後のF1マシンとなった。

概要[編集]

フォードは2004年末にコスワースの売却を決定し、ジョーダンは2005年シーズンに使用するエンジンが決定しない状態であったが、すぐさまトヨタがワークスと同等のエンジン供給を決定した。

チームは2005年の初めにミッドランド・グループに6,000万ドルで売却された。ジョーダン・グランプリの名称は登録の関係上2005年シーズンも使用されたが、チームは翌年MF1レーシングに名称を変更した。2005年シーズンを通してジャーナリストはミッドランドが長期間フォーミュラ1に参戦するか疑問を呈した。噂はシーズンを通して広がり、エディ・アーバインがチームの買収を希望しているとまことしやかにささやかれた。

チームは2名のルーキー、モンテイロとカーティケヤンを起用した。EJ15はグリッド後方の常連であった。チーム最後の表彰台はアメリカGPでもたらされたが、このレースはミシュランタイヤ勢の自主リタイアにより、ブリヂストンタイヤユーザー6台のみで争われた物であった。モンテイロはベルギーGPで8位に入ったが、これがジョーダン最後のポイントであった。チームの最終戦、モンテイロは11位、カーティケヤンはリタイアという成績であった。モンテイロは16戦連続完走という新人の最多記録をつくった。

イタリアGPにて


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント 順位
2005年 ジョーダン トヨタ V10 B AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
EUR
欧州連合の旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
BRA
ブラジルの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
12 9位
ポルトガルの旗 ティアゴ・モンテイロ 16 12 10 13 12 13 15 10 3 13 17 17 13 15 17 8 Ret 13 11
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン 15 11 Ret 12 13 Ret 16 Ret 4 15 Ret 16 12 14 20 11 15 15 Ret

参照[編集]

外部リンク[編集]