ルノー・R25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー R25
2005年イギリスGPでのR25フェルナンド・アロンソがドライブ
カテゴリー F1
コンストラクター ルノー
デザイナー ボブ・ベル
ティム・デンシャム
ディノ・トソ
先代 ルノー・R24
後継 ルノー・R26
主要諸元
エンジン ルノーRS25
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム マイルドセブンルノーF1チーム
ドライバー 5. スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
6. イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ
出走時期 2005年
コンストラクターズ
タイトル
1(2005年)
ドライバーズタイトル 1(2005年)
表彰台(3位以内)回数 18
通算獲得ポイント 191
初戦 2005年オーストラリアGP
初勝利 2005年オーストラリアGP
最終戦 2005年中国GP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
19 8 7 3
テンプレートを表示


ルノー・R25 (Renault R25) はルノーF12005年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーボブ・ベル(テクニカルディレクター)、ティム・デンシャム(チーフデザイナー)、ディノ・トソ(チーフエアロダイナミシスト)によって設計され、2005年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

R25[編集]

2005年からレギュレーションが大幅に変更されることを受け、エアロダイナミクス面の見直しを中心に開発が進められた。ノーズは先端が垂れ下がった形状で、R24よりも細く絞られた。フロントウイングは複雑な3D形状となり、第4戦サンマリノGPではフロントウイングにアッパーエレメントが装着され、以後、この空力デバイスはF1マシンのトレンドにもなった。

R25のシャークルーバー

サイドポンツーンはよりタイトに絞り込まれ、冷却面で厳しくなるのを防ぐため、上面に放熱用のシャークルーバーが何本も刻まれた。これは2003年フェラーリ・F2003-GAが始めたものにルノー独自の解釈を加えていた。

R25にはダウンフォース減少に対応するためにメカニカルグリップを上げる方向性を持たせており、その一例としてリヤサスペンションのアッパーアームはR24の左右一体型から、再び別体式に戻されている。フロントサスペンション・ロワアームのマウントにはV字型のステー(Vキール)を開発し、翌年以降も使用した。この年のみ導入された予選・決勝タイヤ共通ルールにも対応し、高度なローンチコントロールシステムを開発して、レーススタート時に優位に立った。

搭載されるRS25エンジンは、R24に搭載されたもの同じバンク角72度の正常進化バージョンとなった。当初は新設計となるバンク角90度のV10エンジンを使用する予定だったが、2006年から2.4リッターV8エンジンの使用が義務付けられたことで、その投入が見送られたためである。

トランスミッションは前年からのキャリーオーバーとなる6速シーケンシャル。7速がトレンドになりつつあった当年においては既に旧式で重い構造であったが引き換えに信頼性は高く、トルクバンドの広いエンジン特性にもマッチしていた。

2005年シーズン[編集]

ピット作業を終えたR25、ドライバーはフェルナンド・アロンソ

2005年シーズンはブリヂストンタイヤを履くフェラーリが低迷し、ミシュランタイヤユーザーのルノーとマクラーレンが2強となった。

開幕戦のオーストラリアGPは新加入のジャンカルロ・フィジケラポール・トゥ・ウィンを達成。その後フィジケラはマシントラブルに悩まされたこともあり、シーズン中に再び優勝を飾ることができなかった。

チームメイトのフェルナンド・アロンソは第2戦マレーシアGPでシーズン初勝利を挙げると、第4戦サンマリノGPではミハエル・シューマッハの猛追を振り切り、3連勝を達成した。マクラーレンのキミ・ライコネンがマシンの信頼性不足に苦しんだのに対し、アロンソは優勝7回、表彰台フィニッシュ15回という抜群の安定感で終始シーズンをリードし、エマーソン・フィッティパルディの記録を33年ぶりに更新して史上最年少チャンピオンを獲得した。

また、ルノーもコンストラクターとして1977年の初参戦以来初めてチャンピオンとなり、選手権2冠を達成した。

2005年-2006年シーズンオフ[編集]

新型V8エンジンを搭載したルノーR262006年1月10日にデビューするまで、V8エンジン搭載時を想定したテストプログラムは制限付きV10エンジンを積んだR25が担うこととなった。これはチームがハイブリッド仕様に否定的であったことに加え、R25のV10エンジンと新型V8エンジンではバンク角が異なる(72度と90度)といった理由から、R25にV8エンジンを搭載するのが困難であったためである。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

  • シャーシ名 R25
  • 全長 4,800mm
  • 全幅 1,800mm
  • 全高 1,000mm
  • ホイールベース 3,100mm
  • 前トレッド 1,450mm
  • 後トレッド 1,400mm
  • クラッチ AP
  • ブレーキキャリパー AP
  • ブレーキディスク・パッド ヒトコ
  • ホイール O・Z
  • タイヤ ミシュラン
  • ギヤボックス 6速シーケンシャル/チタン製ケーシング

エンジン[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
BHR
バーレーンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
EUR
欧州連合の旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
TUR
トルコの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
BRA
ブラジルの旗
JPN
日本の旗
CHN
中華人民共和国の旗
2005 5 スペインの旗アロンソ 3 1 1 1 2 4 1 Ret DNS 1 2 1 11 2 2 2 3 3 1 191 1位
6 イタリアの旗フィジケラ 1 Ret Ret Ret 5 12 6 Ret DNS 6 4 4 9 4 3 Ret 5 2 5

脚注[編集]