エルフ・アキテーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルフ・アキテーヌ (Elf Aquitaine) は、フランス石油会社。トタルフィナと合併し、トタルフィナエルフとなったが、同社は2003年トタルと改名した。エルフは現在トタルの1ブランドである。

歴史[編集]

エルフ・アキテーヌの歴史は三つの石油会社からなる。

  • Regie Autonome des Petroles (RAP)
  • Societe Nationale des Petroles d'Aquitaine (SNPA)
  • Bureau de Recherches de Petroles (BRP)

これらの会社はフランス南西部のアキテーヌ地域圏サン=マルセで発見されたガス田を利用するために創設された。

  • 1965年12月、RAPとBRPは Entreprise de Recherches et d'Activites Petrolieres (ERAP) を形成するために合併した。ERAP は子会社として SNPA 、Union Generale des Petroles (UGP)、および Union Industrielle des Petroles (UIP) を所有した。結果として新会社は油田開発、原油生産からガソリンスタンドまで、石油ビジネスの全ての課程における資産を所有、垂直統合を達成した。
  • 1967年4月28日、同社の異なるブランドおよび製品はエルフ (Elf) に統一された。
  • 1972年当時同じく国有企業だった自動車メーカー・ルノーと、フランスのモータースポーツを発展させるために長期的に手を組むことになり、ルノーのF1やラリーカーをはじめ、市販車両のリアガラスやエンジンルームにもelfのステッカーが貼られることになり以後40年以上続いているが、F1に関しては2009年からTOTALロゴに変更されている。
  • 1976年エルフ=イラップは Antar Pétroles de l'Atlantique と合併、Société Nationale Elf Aquitaine (SNEA) となり、これが後にエルフ・アキテーヌ (Elf Aquitaine) と改名した。エルフ・アキテーヌは1991年ニューヨーク証券取引所に上場した。
  • 1993年には当時のイラク指導者サッダーム・フセインからイラクの油田に関して独占契約を与えられた。
  • 1996年フランス政府は保有株式を売却し、黄金株を保有した。
  • 2000年エルフ・アキテーヌはトタルフィナと合併、トタルフィナエルフとなり、同社は2003年にトタルと改名した。

参照[編集]