マニエッティ・マレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニエッティ・マレリ
Magneti Marelli Holding S.p.A.
種類 株式会社
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ミラノ県 コルベッタ
設立 1919年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車部品の製造・販売
売上高 45億ユーロ(2006年)
従業員数 25,195人(2006年)
主要株主 フィアット
外部リンク http://www.magnetimarelli.com/
テンプレートを表示

マニエッティ・マレリ (Magneti Marelli Holding S.p.A.) は、イタリアの自動車部品メーカーである。

日本デンソードイツロバート・ボッシュと並ぶ電装品、燃料噴射装置製造の最大手であり、トランスミッションECU, ショックアブソーバー排気系、灯火関連の部品(前照灯オルタネーター)なども手がける。

歴史[編集]

1919年エルコレ・マニエッティフィアットが共同出資し、セスト・サン・ジョヴァンニに設立した。当時の社名はF.I.M.M.(Fabbrica Italiana Magneti Marelliの略)であった。

1980年代にはディーゼルエンジン用の燃料噴射ポンプを製品化し、1990年代にはコモンレール式燃料噴射装置の開発に着手、1997年にはボッシュと共同で実用化を果たし、アルファロメオ・156JTDに乗用車としては初めてコモンレール式ディーゼルエンジンが搭載された。

また、1998年セミオートマチックトランスミッションの「セレスピード」を製品化し、アルファロメオ・156に搭載。その後、フェラーリの「F1マチック」、マセラティの「カンビオコルサ」など、フィアットグループの各メーカーにもセミATを供給している。

1999年、ボッシュとの合弁で自動車用のランプ部品を生産する企業「K2ライトテクノロジー」を設立。会社自体はマニエッティ・マレリの傘下に属する。このほか、キャブレター製品のブランド「ソレックス」や「ウェーバー」、電装部品の キャレロ(Carello), AL-Automotive Lighting, シエム(Siem SpA), Cofap, 計器類のJaeger, Veglia Borletti, ミラーのVitaloniを傘下に収めている。

レース活動[編集]

サーキットの広告

F1[編集]

2007年シーズンはエンジンの点火装置と燃料噴射装置、ECUをスクーデリア・フェラーリルノーF1BMWザウバートヨタF1レッドブル・レーシングスクーデリア・トロ・ロッソスパイカーF1に供給を行っている[1]。また、トヨタにはステアリングの計器板も供給している[2]

2008年シーズンからはマイクロソフトが全チームに標準ECUを供給するため、マニエッティ・マレリはエンジン関連の部品のみを供給することとなる。

その他[編集]

MotoGPドゥカティテレメトリシステムを、ヤマハにECUや燃料噴射装置を供給するほか、世界ラリー選手権 (WRC) のプジョーシトロエン三菱自動車のエンジンを使用するチームにECUや燃料噴射装置の供給を行っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]