エリック・ブーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリック・ブーリエÉric Boullier1973年11月9日 - )は、フランスラヴァル出身[1]モータースポーツ関係者。2010年よりF1ルノーF1チーム(現ロータスF1チーム)のチーム代表[2]、2014年にマクラーレン・レーシングのレーシングディレクター就任。また、フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション (FOTA) の副代表を務める。

経歴[編集]

フランスのInstitut Polytechnique des Sciences Appliquees(先端科学の工科大学)で航空宇宙工学を学んだ後、1999年にフランスの名門チームDAMSに加入し、国際F3000ル・マンプロジェクトで働いた[1]

2002年ワールドシリーズ・バイ・ニッサンに参戦するレーシング・エンジニアリングへ移籍し、チーフエンジニアに任命された(担当ドライバーはフランク・モンタニー)。

2003年にDAMSへ復帰し、テクニカル・ディレクターに就任。その後マネージング・ディレクターも兼任し、GP2フォーミュラ・ルノー3.5A1グランプリ(フランスチーム)で指揮を執った。GP2アジアシリーズでは2008 - 2009年シーズンにDAMS所属の小林可夢偉ジェローム・ダンブロシオが総合1・2位を獲得した。

2009年には、ジェラルド・ロペス率いるジニー・キャピタルが運営するグラビティ・スポーツ・マネージメントの代表に就任し、ダンブロシオらのマネージメントを担当した。

2009年末、ジニー・キャピタルがルノーF1チームの共同運営者となり[3]2010年1月5日に、ブーリエは36歳の若さでルノーのチーム代表に就任した[4]。スキャンダル(クラッシュゲート)の後遺症もあり、新代表の若さとF1経験のなさを不安視する向きもあったが、ブーリエはチームをまとめて2010年シーズンを乗り切った。ルノーが2010年限りでワークス活動を終了したため、2011年はロータス・ルノーGP、2012年以後はロータスF1チームとしてF1に参戦している。2012年にはマネージメントを担当するロマン・グロージャンを正ドライバー、ダンブロシオをサードドライバーとして起用した。

2011年4月、ブーリエはステファノ・ドメニカリスクーデリア・フェラーリ)に代わってFOTAの副代表に就任した[5]

2014年1月24日、ブーリエがロータスを辞職し、マクラーレンに移籍することが報道された[6]

2014年1月29日、マクラーレンから発表があり、ブーリエはマクラーレンでレーシングディレクターとなった[7]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "エリック・ブーリエ". ESPN F1. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ Boullier, le titre d'ici trois ans
  3. ^ "ルノー、ジニー・キャピタルとチームを共同運営、来季もルノーの名称でF1参戦。レッドブルへのエンジン供給も継続". オートスポーツ.(2009年12月16日)2013年2月10日閲覧。
  4. ^ "ルノー、新代表はエリック・ブーリエ". STINGER.(2010年1月6日)2013年2月10日閲覧。
  5. ^ "ウィットマーシュがFOTA会長を継続". ESPN F1.(2011年4月10日)2013年2月10日閲覧。
  6. ^ “Eric Boullier leaves Lotus to be replaced by Gerard Lopez as Team Principal”. Sky Sports. (2014年1月24日). http://www1.skysports.com/f1/news/12433/9130742 2014年1月24日閲覧。 
  7. ^ “マクラーレン、ブーリエとの契約を正式に発表”. AUTOSPORT web(オートスポーツweb). (2014年1月29日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=54171 2014年1月29日閲覧。