ジェームス・ハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・ハント
J. Hunt in 1977.jpg
基本情報
フルネーム ジェームス・サイモン・ウォリス・ハント
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・ベルモント
生年月日 1947年8月29日
没年月日 1993年6月15日(満45歳没)
F1での経歴
所属チーム '73-'74 マーチ
'74-'75 ヘスケス
'76-'78 マクラーレン
'79 ウルフ
活動時期 1973 - 1979
出走回数 92
優勝回数 10
通算獲得ポイント 179
表彰台(3位以内)回数 23
ポールポジション 14
ファステストラップ 8
F1デビュー戦 1973年モナコGP
初勝利 1975年オランダGP
最終勝利 1977年日本GP
最終戦 1979年モナコGP
タイトル 1 (1976)
テンプレートを表示

ジェームス・サイモン・ウォリス・ハントJames Simon Wallis Hunt1947年8月29日 - 1993年6月15日)は、イギリス出身の元レーサー。1976年F1のシリーズチャンピオンを獲得した。

プロフィール[編集]

株式仲介人の父親を持つ裕福な家庭に生まれ、8歳の頃より寄宿学校で生活する。学生時代は様々なスポーツで活躍し、テニススカッシュの選手として優秀だった。医者になることを期待されていたが、18歳の時初めてモータースポーツに出場し、その世界で生きることを決める。家族からは反対され、貧しい下積み時代を送る。

F3時代(1969年)
ヘスケス時代(1975年)
マクラーレン時代(1976年)

ジュニアフォーミュラ時代は頻繁に自分のマシンを壊したため、姓のハントの韻を踏んだハント・ザ・シャント(Hunt the Shunt、「壊し屋ハント」)というあだ名を拝命した。だが、レース好きの貴族アレクサンダー・ヘスケス卿が立ち上げたヘスケスに加入したことからツキが回り始める。F3F2を経て、1973年にはヘスケスチームとともにF1へステップアップする。

F1ではそれまでのあだ名が嘘のような走りを見せ、1975年オランダGPで初優勝(チーム唯一の勝利)を達成。チームが資金難で撤退したためシートを失ったが、エマーソン・フィッティパルディの後釜として、1976年に名門マクラーレン加入が決まる。

1976年は優勝を2度も失格処分で取り消される目に遭いながら(1回は後に再認定)、フェラーリニキ・ラウダとチャンピオンを争う。ラウダがドイツGPの炎上事故で欠場する間にポイント差を詰め、最終戦F1世界選手権イン・ジャパンで逆転し、ドライバーズチャンピオンに輝いた。このレースは雨の悪コンディションでラウダが自らリタイアし、ハントは上位を走行していたが、ウェットタイヤが消耗し残り数周でピットイン。順位を落としてタイトルを失ったと思い、ゴール後チーム関係者に怒鳴りかかったが、そこでようやく自分がチャンピオンだと知らされることになった(ハント以外の上位車も順位が錯綜していた)。

カーナンバー1を付けた1977年も3勝を挙げたが、復活したラウダにタイトルを奪還された。この年の日本グランプリでは優勝したが、レース後の表彰式をすっぽかして帰ってしまった。1978年はマクラーレンがグラウンド・エフェクト・カー開発に遅れたため低迷する。

1979年にはウルフに移籍したがマシンに失望し、シーズン途中にあっさり現役引退を表明した。引退の理由については「チャンピオンシップがマシンの性能に大きく左右され、ドライバーの腕だけではいかんともし難くなり興味を失った」と述べている。

現役引退後はBBCのF1中継解説者となり、マレー・ウォーカー英語版との名コンビで人気を博した。1993年ウィンブルドンの自室で心臓発作が原因で急逝した。45歳没。死の僅か数時間前まで、いつものように友人にジョークを飛ばしていたという。

人物[編集]

長身、ブロンドの長髪、ハンサムなマスクといったロックスターのような風貌の持ち主。ヘスケス時代、チーム内では「スーパースター」の愛称で呼ばれていた。

色を好む古典的なプレイボーイ・レーサーで、私生活の放埓(ほうらつ)な話題には事欠かない。F1現役時代、ハントと一夜を過ごしその内容を報告するという依頼をゴシップ紙から受けた女性が、その「取材」に対し、「彼は大したこと無かったわ」と答えた。別のマスコミがこの件についてハントにコメントを取りに行ったところ、ハントは「別に気にするようなことじゃない。大したことないのはお互い様さ」と返したというエピソードがある。

また、フォーマルなパーティー会場へぼろぼろのジーンズにサンダル履き姿で現れるなど、やや奇人めいた自由奔放なスタイルを取りつづけた。酒豪かつヘビースモーカーとしても知られ、ある時はひどい二日酔いのままテストに参加し、コース脇に停車してコクピットの中で寝てしまったという[1]

一方、繊細な神経の持ち主で、レース前には恐怖で嘔吐することもしばしばだったという[2]セキセイインコを愛するという一面もあり、自宅でセキセイインコを繁殖するブリーダーでもあった。

1975年オランダGPで初優勝したハント(中央)と握手するラウダ(左)

プロフェッショナルなニキ・ラウダとは対照的なキャラクターだったが、ふたりはF3時代から馬が合い、安アパートに同居したこともあった。ラウダのクラッシュ炎上事故の発生を露骨に喜ぶそぶりで関係者らのひんしゅくを買ったが、チャンピオン争いでは互いに実力を認め合う好敵手同士だった。また、2輪のロードレース世界選手権 (WGP) チャンピオンのバリー・シーンとは、奔放なライフスタイルが共通することから親友であった。

1976年、ゲストとして参加したカナダのフォーミュラ・アトランティックにて、ある地元選手に打ち負かされた。ハントはマクラーレンの監督(当時)であるテディ・メイヤーにその「地元選手」の獲得を進言する。その選手とは、後にフェラーリのスタードライバーとなるジル・ヴィルヌーヴであった(ヴィルヌーヴは翌77年のイギリスGPにてマクラーレンからF1デビューする)。

1977年、カナダGPでは、マクラーレンの同僚であるヨッヘン・マスを周回遅れにしようとして追突し勝利を逃した。リタイアしたハントは激昂し、周回を続けるマスに拳を振り上げ、なだめようとしたマーシャルを殴り倒した。この件でハントには合計2,750ドルの罰金が課せられた[3]

BBCの解説者としては、歯に衣着せぬ発言を連発する辛口ぶりで知られることとなった。特にリカルド・パトレーゼに対しては、パトレーゼが1978年ロニー・ピーターソン死亡のきっかけとなる多重クラッシュの原因であったと疑われていた時期があったせいか、自らの死に至るまでむしろ罵倒と呼ぶべき内容の酷評を続けていた。しかし現在では事故の主因はハント自身のドライビングにある事が判明している。そんなハントが賛辞したのはジョニー・ハーバートであり、当時落日のロータスで苦戦していたハーバートを「ナイジェル・マンセルと同じマシンに乗せたら、彼の方が速い」とまで言っている。ハーバートは1995年イギリスGPでF1初勝利を挙げるが、ハントはその姿を見ることができなかった。

家族[編集]

父親のかつての愛機ヘスケス・308に乗るフレディ・ハント(2007年シルバーストン

私生活では2度結婚している。3人目の相手へのプロポーズが成功した数時間後、ハントは心臓発作でこの世を去った[4]

最初の妻となったモデルのスージー・ミラーは、俳優のリチャード・バートンとの不倫スキャンダルでマスコミを賑わせた。スージーはハントの元を去り、エリザベス・テイラーと離婚したバートンと再婚した。

2人目の妻との間に設けた息子のフレディ・ハントは、父親と同じくレーサーとなり、2007年にフォーミュラ・フォードにデビューした。

弟のデイヴィッド・ハントはレーサーを引退した後実業家となり、1994年にチーム・ロータスの経営に参加した。チームの消滅後も「チーム・ロータス」の名称使用権を保有し、2010年にロータス・レーシングが「チーム・ロータス」の復活を唱え、グループ・ロータスとの間で係争を行った際には、キーパーソンとして名が取りざたされた。

映画化[編集]

2011年、1976年シーズンのハントとラウダのライバル関係を描く"Rush"の製作が発表された。ピーター・モーガンが脚本を執筆、ロン・ハワードが監督を務め[5]、ハント役は『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが演じる。

2013年9月より全米で封切られ、日本では邦題『ラッシュ/プライドと友情』として2014年2月7日に公開された。日本語吹き替え版ではKinKi Kids堂本光一がハント役を演じた。

F1での年度別成績[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1973年 ヘスケス マーチ 731 ARG BRA RSA ESP BEL MON
9
SWE FRA
6
GBR
4
NED
3
GER AUT
Ret
ITA
DNS
CAN
7
USA
2
8位 14
1974年 マーチ 731 ARG
Ret
BRA
9
8位 15
308 RSA
Ret
ESP
10
BEL
Ret
MON
Ret
SWE
3
NED
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
3
ITA
Ret
CAN
4
USA
3
1975年 308B ARG
2
BRA
6
RSA
Ret
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
SWE
Ret
NED
1
FRA
2
GBR
4
GER
Ret
AUT
2
4位 33
308C ITA
5
USA
4
1976年 マクラーレン M23 BRA
Ret
RSA
2
USW
Ret
ESP
1
BEL
Ret
MON
Ret
SWE
5
FRA
1
GBR
DSQ
GER
1
AUT
4
NED
1
ITA
Ret
CAN
1
USA
1
JPN
3
1位 69
1977年 M23 ARG
Ret
BRA
2
RSA
4
USW
7
MON
Ret
5位 40
M26 ESP
Ret
BEL
7
SWE
12
FRA
3
GBR
1
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
USA
1
CAN
Ret
JPN
1
1978年 M26 ARG
4
BRA
Ret
RSA
Ret
USW
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
ESP
6
SWE
8
FRA
3
GBR
Ret
GER
DSQ
AUT
Ret
NED
10
ITA
Ret
USA
7
CAN
Ret
13位 8
1979年 ウルフ WR7 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
8
ESP
Ret
27位 0
WR8 USW
Ret
BEL
Ret
MON
Ret
FRA GBR GER AUT NED ITA CAN USA

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ジェームス・ハントの逸話”. ESPN F1. (2010年1月27日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/7480.html 2012年1月20日閲覧。 
  2. ^ “トップ10:愚かなクラッシュ”. ESPN F1. (2010年4月29日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/15570.html 2012年1月20日閲覧。 
  3. ^ “トップ10:チームメイト同士の衝突”. ESPN F1. (2010年7月8日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/22485.html 2012年1月20日閲覧。 
  4. ^ Gerald Donaldson. “James Hunt” (英語). HALL OF FAME. Formula1.com. 2011年1月20日閲覧。
  5. ^ F1 on film - Q&A with Hollywood director Ron Howard Formula 1.com 2011年8月9日

関連項目[編集]

先代:
ニキ・ラウダ
F1ドライバーズチャンピオン
1976年
次代:
ニキ・ラウダ