ブルース・マクラーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルース・マクラーレン
McLarenBruce.jpg
基本情報
フルネーム ブルース・レズリー・マクラーレン
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 同・オークランド
生年月日 1937年8月30日
没年月日 1970年6月2日(満32歳没)
F1での経歴
所属チーム '59-'65 クーパー
'66-'70 マクラーレン
'67 イーグル
活動時期 1959-1970
出走回数 104
優勝回数 4
通算獲得ポイント 248
表彰台(3位以内)回数 27
ポールポジション 0
ファステストラップ 3
F1デビュー戦 1959年モナコGP
初勝利 1959年アメリカGP
最終勝利 1968年ベルギーGP
最終戦 1970年モナコGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ブルース・レズリー・マクラーレンBruce Leslie McLaren1937年8月30日 - 1970年6月2日)、ニュージーランドのレーシング・ドライバー、及びチームオーナー。現在もF1に参戦するマクラーレンチームの創始者。1966年にはル・マン24時間耐久レースで優勝している。

幼少期[編集]

9歳の時、大腿骨が破損するパース病にかかり、3年間、闘病生活を送る。その後、病気そのものは完治したが、左足は右足より4センチ縮んだ。この後遺症により、ブルースはレーサーとなった後も、片足を引きずっていたという。

キャリア[編集]

1958年、奨学金を掛けたGPで優勝。有望なレーサーをイギリス留学させる制度の第1号となった。イギリスF2で活躍し、同年、F1のドイツGPクーパーからF2マシンで参戦し、5位に入っている[1]

F1参戦[編集]

クーパー時代(1962年オランダグランプリ)

1959年に、クーパーからF1デビューを果たし、最終戦のアメリカGPで初優勝。22歳と104日での優勝は、2003年第13戦ハンガリーGPにてフェルナンド・アロンソが塗り替えるまで、43年間に渡って最年少記録だった。

1960年も開幕戦アルゼンチンGPで優勝。その後は優勝こそないものの、2位3回、3位2回、4位1回(リタイヤは1回)と安定した記録を残し、ジャック・ブラバムに次ぐシリーズ2位となった。1961年フェラーリの年となり低迷するが、1962年には第2戦モナコGPで自身3勝目を挙げ、他のレースでもシーズンを通し安定した成績を記録。ランキング3位となった。

その後、1965年までクーパーから参戦するが、チームが低迷期を迎えており、あまり活躍はなかった。

自チーム結成[編集]

1963年にはテディ・メイヤー、テイラー・アレクサンダーらとプライベートチーム「ブルース・マクラーレン・モーターレーシング」を設立。1964年に創設されたタスマンシリーズにクーパーのマシンで参戦し、初代チャンピオンを獲得した。またフォードと提携し、開発とテスト・プログラムを担っていた。

1966年にはクーパーから独立し、オリジナルシャシーを製造するコンストラクターとして活動を始める。F1では1966年1967年共に不参加、リタイヤが多い不毛なシーズンとなった。1967年は、途中3戦のみイーグルを駆るが、その後再びマクラーレンから出走している。この2年間は、ブルースのみの1カー体制だった。

北米のスポーツカーレス、Can-Amでは友人のデニス・ハルムと共に選手権を席巻し、「ブルース・アンド・デニー・ショー」と呼ばれた。ブルースは1967年と1969年、ハルムは1968年と1970年にそれぞれシリーズチャンピオンを獲得した。

1969年ドイツグランプリでのマクラーレン

F1でも1968年よりハルムをチームメイトに迎え、他にも数人のドライバーが同チームから参戦するようになる。オーナーという立場であったが、ブルースは友人のハルムのNo.2という立場を喜んで引き受けたという。この年は第4戦ベルギーGPで優勝し、オーナー自らチームに初勝利をもたらす。自身の名前を冠したマシンでの優勝は、ジャック・ブラバムに続き2例目である。

また、僚友のハルムは2勝を挙げ、グラハム・ヒルジャッキー・スチュワートと最終戦までチャンピオン争いを展開した(結果3位)。コンストラクターズでは2位に入るなど、チームは上位グループの仲間入りを果たした。

事故死[編集]

1970年6月2日、ブルースはグッドウッド・サーキットで1970年用のCan-Amマシン、M8Dのテストを行った。しかしその最中に、マシンのリアカウルがウィングごと脱落してクラッシュし[2]、この事故でマクラーレンは死亡した。

チームはテディ・メイヤーに引き継がれ活動を続け、ブルースの死去から4年後の1974年エマーソン・フィッティパルディがマクラーレンのマシンでF1チャンピオンとなり、初タイトルを手にした。その後低迷期を経て、1980年にチームはロン・デニス率いるプロジェクト4と合併、以後も複数のチャンピオンを輩出している。

エピソード[編集]

ル・マン優勝[編集]

1966年ル・マン24時間レースでは、同郷出身のクリス・エイモンと共にフォード・マーク2をドライブし、フォードにとって念願のル・マン初制覇を達成した。

このレースのフィナーレでは、1〜3位を独占したフォード勢がチームの指示により一団となってチェッカーを受けた。トップを独走していたケン・マイルズ / デニス・ハルム組が優勝するはずだったが、24時間目のチェッカー直前でマクラーレンが誤ってマイルズを抜いてしまい、マクラーレン / エイモン組が優勝してしまった。フォードチームは2台優勝にしてほしいと依頼したが、主催者のフランス西部自動車クラブ (ACO) に認められなかった。

夢の実現[編集]

ブルースは生前、Can-Amマシンをベースとしたマクラーレンブランドのロードゴーイングカーを製作することを計画していた。しかし、諸事情で実現せず、更にブルースの他界によって計画は頓挫してしまう事になった。

このブルースの果たせなかった夢が、後にマクラーレンF1という形で結実する事になる。1995年にル・マン24時間レース優勝記念として五台だけ限定生産された「マクラーレンF1-LM」は、彼に敬意を表してオレンジ一色のカラーリングを採用している。オレンジ色は母国ニュージーランドのナショナルレーシングカラーであり、初期のマクラーレンのマシンの象徴だった。

伝記映画[編集]

2007年、ニュージーランドにおいて、ブルースの生涯を映画化する計画が発表された。監督はブルースのファンであるマイケル・ガーリックプロデューサーは『マトリックス』、『ロード・オブ・ザ・リング』等を手がけたバリー・オズボーンが担当。

未亡人のパティや一人娘のアマンダ、政府大臣の他、レーシング関係者からはエマーソン・フィッティパルディジャック・ブラバムクリス・エイモン、数名の元マクラーレンチームスタッフなどが支援している。

公開の目標は2009年。俳優による演技だけでなく、実際のレース映像も盛り込まれる予定である。

その後、製作状況に関する情報は不明である(2012年時点)。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 WDC ポイント
1958年 クーパー T45 F2 ARG MON NED 500 BEL FRA GBR GER
5*
POR ITA MOR
12
NC
(42位)
0*
1959年 MON
5
500 NED 16位 16.5
T51 FRA
5
GBR
3
GER
Ret
POR
Ret
ITA
Ret
USA
1
1960年 ARG
1
2位 34 (37)
T53 MON
2
500 NED
Ret
BEL
2
FRA
3
GBR
4
POR
2
ITA USA
3
1961年 T55 MON
6
NED
12
BEL
Ret
FRA
5
GBR
8
GER
6
ITA
3
USA
4
8位 11
1962年 T60 NED
Ret
MON
1
BEL
Ret
FRA
4
GBR
3
GER
5
ITA
3
USA
3
RSA
2
3位 27 (32)
1963年 T66 MON
3
BEL
2
NED
Ret
FRA
12
GBR
Ret
GER
Ret
ITA
3
USA
11
MEX
Ret
RSA
4
6位 17
1964年 MON
Ret
7位 13
T73 NED
7
BEL
2
FRA
6
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
2
USA
Ret
MEX
7
1965年 RSA
5
9位 10
T77 MON
5
BEL
3
FRA
Ret
GBR
10
NED
Ret
GER
Ret
ITA
5
USA
Ret
MEX
Ret
1966年 マクラーレン M2B MON
Ret
BEL
DNS
FRA GBR
6
NED
DNS
GER ITA USA
5
MEX
Ret
16位 3
1967年 M4B RSA MON
4
NED
Ret
BEL 14位 3
アングロ・アメリカン T1G FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
マクラーレン M5A CAN
7
ITA
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
1968年 M7A RSA ESP
Ret
MON
Ret
BEL
1
NED
Ret
FRA
8
GBR
7
GER
13
ITA
Ret
CAN
2
USA
6
MEX
2
5位 22
1969年 RSA
5
3位 26
M7C ESP
2
MON
5
NED
Ret
FRA
4
GBR
3
GER
3
ITA
4
CAN
5
USA
DNS
MEX
DNS
1970年 M14A RSA
Ret
ESP
2
MON
Ret
BEL NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA MEX 14位 6

脚注[編集]

  1. ^ 当時、一部のグランプリではF2マシンの混走が認められていた。
  2. ^ Nye, Doug (1988). McLAREN: The Grand Prix, CanAm and Indy cars. (New Edition). Hazleton Publishing. pp. pp.23-24. ISBN 0-905138-54-6. 

関連項目[編集]