ジャッキー・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャッキー・スチュワート
Jackie Stewart speaking.jpg
基本情報
フルネーム サー・ジョン・ヤング・スチュワート
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 ウェスト・ダンバートンシャイア
生年月日 1939年6月11日(75歳)
F1での経歴
所属チーム '65-'67 BRM,
'68-'69 マトラ,
'70 マーチ,
'70-'73 ティレル
活動時期 1965 - 1973
出走回数 99
優勝回数 27
通算獲得ポイント 360
表彰台(3位以内)回数 43
ポールポジション 17
ファステストラップ 15
初戦 1965年南アフリカGP
初勝利 1965年イタリアGP
最終勝利 1973年ドイツGP
最終戦 1973年アメリカGP
タイトル 3 (1969, 1971, 1973)
テンプレートを表示

サー・ジョン・ヤング・“ジャッキー”・スチュワートSir John Young "Jackie" Stewart OBE, 1939年6月11日 - )はスコットランドウェスト・ダンバートンシャイア出身のイギリスの自動車レーサーである。F1ワールドチャンピオンを3回獲得した。

1972年に大英帝国勲章第四位 (OBE) 、2001年にナイト爵を受勲。1990年には国際モータースポーツ殿堂入りした。

レース経歴[編集]

プロレーサーになる前はクレー射撃の選手として、1960年ローマオリンピックのイギリス代表候補になったこともある。父親はジャガーのガレージのオーナーで、兄はジャガーのレーサーであり、ジャッキーがモーターレースの世界に入るのは自然のなりゆきだった。

1963年、ローカルレースで才能を認められクーパーのF1テストに参加すると、レギュラードライバーのブルース・マクラーレンよりも速いタイムを記録した。ケン・ティレルが率いるクーパーF3チームに加入し、1964年のイギリスF3選手権チャンピオンを獲得した。

BRM[編集]

1965年、新人ながら当時F1のトップチームのひとつだったBRMに抜擢されると、2戦目に3位表彰台、8戦目のイタリアGPで早くも初優勝を達成した。エースのグラハム・ヒルを脅かす存在となり、同郷の先輩ジム・クラークと共にフライング・スコット(空飛ぶスコットランド人)旋風を起こした。

1966年にはモナコGPで優勝するが、チームはH型16気筒の新エンジン開発で躓く。ヒルの移籍により1967年はエースドライバーとなるが1勝も挙げられず、スチュワートもBRM離脱を決意した。

マトラ[編集]

マトラMS80に乗るジャッキー・スチュワート(1969年ドイツGP)

1968年、ケン・ティレルが率いるマトラセミワークスチーム「マトラ・インターナショナル」へ移籍し、オランダGPフランス車のF1初勝利を記録した(ただし、自製V12エンジンのマトラワークスと異なり、フォード・コスワース・DFVエンジンを使用していた)。ドイツGPでは濃霧のニュルブルクリンクで2位以下を4分引き離す圧勝劇を演じ、卓越した技量を証明した。この年はもう1勝し、ヒルに次ぐシリーズランク2位となった。

1969年は勝てそうで勝てないヨッヘン・リントとは対照的に開幕から8戦6勝という驚異的な成績を残し、3戦を残して悠々と初のワールドチャンピオンを決めた。

ティレル[編集]

マーチ・701を駆るスチュワート(1970年オランダグランプリ)
1973年のスチュワート(右側の人物)

1970年、マトラとフォードの契約が切れたため、ティレルはマーチシャーシで参戦した。スチュワートは2戦目に優勝し、新興コンストラクターのマーチに初勝利をプレゼントした。カナダGPよりティレルが正式にコンストラクターとして参戦すると、緒戦でいきなりポールポジションを獲得してみせた。

1971年は第2戦スペインGPでティレルの初勝利を獲得すると、11戦中6勝を挙げて2度目のチャンピオンとなった。新興チームながら、恩師ケン・ティレル、愛弟子フランソワ・セベールとのチームワークは素晴らしく機能した。

1972年はシーズン序盤にストレス性の胃潰瘍で欠場し、マシンの不調にも悩まされた。4勝したもののエマーソン・フィッティパルディに敗れた。

1973年にはフィッティパルディに雪辱し、5勝を挙げて3度目のチャンピオンとなった。当時34歳でレーサーとして円熟期を迎えていたが、先輩のジム・クラークや友人のピアス・カレッジヨッヘン・リントらの事故死に心を傷めていた。後継者のセベールが順調に成長していたこともあり、タイトルを花道にシーズン後の引退を決意した。しかし、最終戦アメリカGPの予選中セベールが無残に事故死したため、レースを待たずして現役を退いた。このレースに出場していれば、F1通算100戦目となるはずだった。

当時、3度のワールドチャンピオンはジャック・ブラバムと同率で2位(1位はファン・マヌエル・ファンジオの5回)、F1通算27勝は1987年アラン・プロストに破られるまで、14年間F1最多勝として記録された。強烈な速さを備えていると同時に、レース全体の流れを見て無理をせずにポイントを稼ぐ頭脳もあり、後のニキ・ラウダアラン・プロストと似た知性派のチャンピオンだった。

日本でも1966年富士スピードウェイで開催されたインディ200マイルで優勝。また、1970年JAFグランプリにブラバムF2で参加して、生沢徹などの日本のトップドライバーに圧勝した。

スチュワートGP[編集]

1998年のスチュワート・SF-2タータンチェックフォードのロゴが目立つ。

引退後は現役時代から関係の深いフォードのコンサルタントになると同時に、レース界のご意見番として安全性を高めるためのスポークスマン活動をした。

1997年、F1活動へのアドバイスをきっかけにフォードの全面的支援を得て、息子ポール・スチュワートの率いる国際F3000チーム「ポール・スチュワート・レーシング」と共にF1へとカムバック。フォードワークスのスチュワート・グランプリとして参戦した。そのマシンはかつてのヘルメットと同じタータン・チェックを纏った。1999年のヨーロッバGPではジョニー・ハーバートがチームに初優勝をもたらす。

しかし、ポールの病気療養とフォードの意向もあり、チーム売却を決意。2000年からチームはジャガー・レーシング2005年からはレッドブル・レーシング)となった。当初はチームに帯同したが、人事の混乱に巻き込まれ、ボビー・レイホールのCEO就任に伴いチームを離脱した。

その後もスポンサーのPR活動に協力してグランプリに顔を出している。また、トップ・ギアの番組内でジェームズ・メイにドライビングを指南するなど、自動車番組へスポット出演している。

人物・エピソード[編集]

レースの安全性への貢献[編集]

現役時代から安全問題について積極的に発言していたのは有名で、サーキットの設備改善やフルフェイスヘルメットの普及などを訴えた。かつてのレース界では「レーサーは命をかけて走るのが使命で、安全について語るのは臆病者の証拠」といった意識も存在したが、スチュワートはそういった因習に立ち向かった新時代のドライバーの元祖と言える。

1966年、スパ・フランコルシャンで行われたベルギーGPは、スタート直後の突然の雨で大混乱となった。スチュワートのBRMは仰向けに引っくり返り、スチュワートは燃料が漏れ出てくるマシンにしばらく閉じ込められた。近くにはマーシャルがおらず、地元民とクラッシュした他のふたりのドライバーが彼を救出した。煙草の吸殻が落ちている担架に乗せられ、病院へ向かう救急車は途中で道に迷った。幸い鎖骨の骨折程度で済んだが、生命の危険にさらされた経験が、安全性に対する使命感を抱くきっかけになった。

安全性の啓蒙活動を進め、「私は、1滴の血も流さずレースを引退できることを誇りに思う」との言葉を残した一方で、後継者として認めていたセベールの事故死で現役生活に幕が降りたことは、あまりにも皮肉な運命といえた(セベールが乗っていた006の開発にスチュワートも関わっていた)。

引退後もその姿勢は変わらず、カーボンモノコックシャーシの普及で安全性が向上した反面、それにかまけて危険運転を犯すドライバーが増えたことを憂い、レース界のモラル低下を懸念していた。テレビのレース解説者の立場でアイルトン・セナにインタビューした際には、1990年の日本GPでセナとアラン・プロストが接触リタイアした件などを挙げ、セナの面前で「君は危険な運転をすることが多い」と明確に非難(あるいは諫言)したこともある。

F1への発言[編集]

2000年代末にはF1の閉鎖的な体制を批判し、とりわけ当時の国際自動車連盟 (FIA) 会長マックス・モズレーとは犬猿の仲であった。2007年にはマクラーレンの産業スパイ疑惑に対するFIAの制裁を「魔女狩り」と批判したところ、モズレーから「折り紙つきの間抜け」「1930年代の芸人みたいな服装で歩き回っている」と中傷され、訴訟を検討したこともあった[1]

2009年1月5日のインタビューではモズレーとF1の商業権を統括するFOMのバーニー・エクレストン会長に対して「F1の両最高権力者は身を引くべき時」と発言した[2]。同年のF1分裂騒動でモズレーが続投を断念すると、次期会長選への立候補を打診されたが、「会長は過去にも現在にも、F1に関与していない人物であるべきだと思う」として要請を断っている[3]

その他[編集]

現役時代には長髪にキャスケット帽と共に、出身であるスコットランドの民族衣装にも使われるタータン・チェックをトレードマークとしていた。特にチェック柄はヘルメットやマシンに帯状に描かれており、引退後にもチェック柄のキャスケット帽やズボンを着用している。

現役時代から政財界の名士と交流していた社交家だった。モナコ公国レーニエ大公グレース公妃夫妻とは家族ぐるみの交際があり、モナコGP期間中は王宮に滞在していた[4]。ビジネスの才もあり、インターナショナル・スポーツ・マネージメント社 (International Sports Management) と契約してコマーシャルに出演した他、フォードの支援によりティレルから当時としては高額の年俸を受け取っていた。

学校の成績が悪く退学させられた経験を持つが、レーサー引退後に失読症であることが判明した。その後は学習障害に関する知識が正しく理解されるよう支援活動を行っており、2009年にはスコットランド議会で議員向けの演説を行った。

F1での年度別成績[編集]

(key) (太字 はポールポジション、イタリック体 はファステスト・ラップを示す)

所属チーム マシン エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1965 Owen Racing Organisation BRM P261 BRM V8 RSA
6
MON
3
BEL
2
FRA
2
GBR
5
NED
2
GER
Ret
ITA
1
USA
Ret
MEX
Ret
3rd 33 (34)
1966 Owen Racing Organisation BRM P261 BRM V8 MON
1
BEL
Ret
FRA
GBR
Ret
NED
4
GER
5
7th 14
BRM P83 BRM H16 ITA
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
1967 Owen Racing Organisation BRM P83 BRM H16 RSA
Ret
NED
Ret
BEL
2
GBR
Ret
ITA
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
9th 10
BRM P261 BRM V8 MON
Ret
FRA
3
BRM P115 BRM H16 GER
Ret
CAN
Ret
1968 Matra International Matra MS9 Ford Cosworth DFV RSA
Ret
ESP
MON
2nd 36
Matra MS10 BEL
4
NED
1
FRA
3
GBR
6
GER
1
ITA
Ret
CAN
6
USA
1
MEX
7
1969 Matra International Matra MS10 Ford Cosworth DFV RSA
1
ESP
1
1st 63
Matra MS80 MON
Ret
NED
1
FRA
1
GBR
1
GER
2
ITA
1
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
4
1970 Tyrrell Racing Organisation March 701 Ford Cosworth DFV RSA
3
ESP
1
MON
Ret
BEL
Ret
NED
2
FRA
9
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
ITA
2
5th 25
Tyrrell 001 CAN
Ret
USA
Ret
MEX
Ret
1971 Elf Team Tyrrell Tyrrell 001 Ford Cosworth DFV RSA
2
1st 62
Tyrrell 003 ESP
1
MON
1
NED
11
FRA
1
GBR
1
GER
1
AUT
Ret
ITA
Ret
CAN
1
USA
5
1972 Elf Team Tyrrell Tyrrell 003 Ford Cosworth DFV ARG
1
RSA
Ret
ESP
Ret
FRA
1
GBR
2
GER
11
2nd 45
Tyrrell 004 MON
4
BEL
Tyrrell 005 AUT
7
ITA
Ret
CAN
1
USA
1
1973 Elf Team Tyrrell Tyrrell 005 Ford Cosworth DFV ARG
3
BRA
2
1st 71
Tyrrell 006 RSA
1
ESP
Ret
BEL
1
MON
1
SWE
5
FRA
4
GBR
10
NED
1
GER
1
AUT
2
ITA
4
CAN
5
USA
DNS


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “スチュワート、名誉棄損でモズレー告訴の構え撤回”. carview. (2008年6月2日). http://www.carview.co.jp/news/4/73401/ 2012年4月25日閲覧。 
  2. ^ http://www.afpbb.com/article/sports/motor-sports/f-one/2554714/3655194
  3. ^ “スチュワート、FIA会長選出馬を拒否していた”. F1トップニュース. (2009年9月16日). http://2009.f1.topnews.jp/2009/09/16/news/f1/others/fia/671.html 2012年4月25日閲覧。 
  4. ^ 「F1アカデミー39時限目 『王妃の愛したグランプリ』」『F1速報 2011年モナコGP号』 イデア、2011年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
グラハム・ヒル
ヨッヘン・リント
エマーソン・フィッティパルディ
F1ドライバーズチャンピオン
1969年
1971年
1973年
次代:
ヨッヘン・リント
エマーソン・フィッティパルディ
エマーソン・フィッティパルディ