アンドレア・デ・チェザリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・デ・チェザリス
Alfa Romeo 182 1982.jpg
アンドレア・デ・チェザリス(左)
ブルーノ・ジャコメリ(右)と共に
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ローマ
生年月日 1959年5月31日(55歳)
F1での経歴
所属チーム '80,'82-'83 アルファ・ロメオ
'81 マクラーレン
'84-'85 リジェ
'86 ミナルディ
'87 ブラバム
'88 リアル
'89-'90 スクーデリア・イタリア
'91,'94 ジョーダン
'92-'93 ティレル
'94 ザウバー
活動時期 1980-1994
出走回数 208
優勝回数 0
通算獲得ポイント 59
表彰台(3位以内)回数 5
ポールポジション 1
ファステストラップ 1
初戦 1980年カナダGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1994年ヨーロッパGP
タイトル 0
テンプレートを表示

アンドレア・デ・チェザリスAndrea De Cesaris, 1959年5月31日 - )は、イタリア出身の元レーシングドライバー

クラッシュが多いことを揶揄され、「壊し屋」、また壊し屋(Crasher)と姓(Cesaris)を掛けて、「クラッシャリス(Crasheris)」と呼ばれることもあった。

人物紹介[編集]

2008年現在、F1において、未勝利者では「歴代最多出走回数(208回、歴代出走回数では8位、2011年シーズン終わりの時点)」である。また、リタイア総回数・連続リタイヤ数も第1位である(生涯完走率は34.1%にすぎない)。

マールボロからの個人スポンサーを受けていたことから、シートに困らなかったことも、ずっと同じようなドライビングを繰り返していた原因の一つと言われる。後には下位チームに在籍することが多くなり、マシンの信頼性が低く、苦戦したことも起因するという意見もある。

キャリア15年で延べ12チームに在籍し、移籍の多いF1キャリアだった。

公道コースを得意としていた。

経歴[編集]

期待の若手時代[編集]

デ・チェザリスがF1デビューしたアルファ・ロメオ・179

フィリップモリス重役の息子という裕福な環境に育ち、若いころからマールボロのサポートを受ける。世界レーシングカートチャンピオン獲得後、F3F2にも参戦。

1980年

1980年第13戦カナダGPにて、マールボロがメインスポンサーであるアルファ・ロメオからF1デビュー。予選8位につけたが、決勝はエンジントラブルでリタイヤ。続く最終戦アメリカ東GPでは、クラッシュにより序盤にリタイヤと、この年の完走は果たせなかった。

1981年

アルファロメオ同様、メインスポンサーがマールボロのマクラーレンへ移籍。第3戦アルゼンチンGPにて11位初完走を果たし、続く第4戦サンマリノGPで6位に入り、初入賞を記録した。しかしシーズンを通すと、全15戦中リタイヤ8回と多くのリタイヤを喫し、第12戦オランダGPでは予選13位ながら決勝に出走できなかった。また、高額なカーボンモノコックを初めて採用したマクラーレン・MP4/1をデ・チェザリスがクラッシュで何台も大破させたことが、ロン・デニスの逆鱗に触れ、1シーズン限りで解雇された[1]。この年はランキング18位となった。

1982年

デビューチームであるアルファロメオへと復帰。公道コースの第3戦ロングビーチGPでは、当時の最年少記録(現在では歴代5位)でPPを獲得したが[2]、獲得が判明した時点から極度に緊張し、コックピットから出ることができず、チームがデ・チェザリスに対してブランデーと髭を剃るようにとシェーバーをプレゼントして祝福することにより、出走することができた[1]。決勝では1位走行中に周回遅れのラウル・ボーセルに対して、邪魔だと右手の拳を上げ抗議したところ、シフトアップを忘れ、その隙にニキ・ラウダに抜かれ、勝利を逃した(デ・チェザリスは2位走行中、ブレーキトラブル[3]によるクラッシュで壁に衝突しリタイア)。その後、第6戦モナコGPで3位に入り、初の表彰台を獲得。第7戦デトロイトGPでは予選2位に付ける(決勝はリタイヤ)など、公道コースで見せ場を作っていた。

しかし、結果的には16戦中10回のリタイヤを喫し、入賞は上記のモナコGPと、第8戦カナダGPでの6位のみとなった。ランキングは17位。

1983年

開幕戦ブラジルGPにて、いきなり予選で失格処分を受ける。しかしその後は予選で3位グリッド、決勝で2位表彰台をそれぞれ2度獲得した。また第6戦ベルギーGPでは、自身初のファステストラップを記録している(獲得の早さは歴代6位)。入賞は2度の2位のほか4位1回であり、ランキングで8位となった。

しかしこの年も、14戦中9回と多くのリタイヤを喫していた。その後何年経ってもクラッシュやリタイヤが減らなかったことから、デ・チェザリスのイメージは次第に「荒いが速い」から「速いが荒い」に変化していくことになる。

クラッシュキング[編集]

リジェ時代のデ・チェザリス(1984年ダラスGPより)
1984年

1984年からはリジェに移籍。序盤に5位・6位各1回ずつの入賞を果たすが、その後は入賞できず、ランキング16位。この年は16戦中9回のリタイヤであった。

1985年

残留したものの、開幕戦ブラジルGPから3連続リタイヤ。得意とする公道の第4戦モナコGPで3位に入り、ここから3連続完走となるが、以後は再びリタイヤを連発。特に第9戦ドイツGP・第10戦オーストリアGPと連続でクラッシュによりマシンを大破させたことが、オーナーのギ・リジェの逆鱗に触れ、第11戦オランダGPをもって解雇。このレースでも5戦連続かつシーズン8度目のリタイヤを喫した。ランキングは17位。

1986年

1986年はミナルディから参戦するが、競争力が低く、本来得意とする第4戦モナコGPでは予選落ち。またモトーリ・モデルニ・エンジンの信頼性は皆無であり、決勝進出した15戦中、10戦連続を含む計14度のリタイヤを喫した(同僚のアレッサンドロ・ナニーニも完走は1回のみだった)。唯一完走した第15戦メキシコGPも8位であり、この年はノーポイントに終わった。

1987年

1987年ブラバムに移籍、第3戦ベルギーGPでは、残り1周で燃料切れを起こしながらも3位表彰台を獲得した。4年ぶりに表彰台に立つが、以後12戦連続リタイヤ。結果的に計14回のリタイヤを喫した。ランキングは14位。

1988年

新規参入のリアルにエースドライバーとして移籍。公道の第6戦デトロイトGPで4位に入り、第9戦ドイツGPでも速さを見せる一幕もあったが、最終的には16戦中11回のリタイヤとなった。ランキング15位。

1989年

スクーデリア・イタリアに移籍。雨の第6戦カナダGPでは3位表彰台を獲得した。入賞は1度のみでランキング16位ながら、この年は決勝に進出した15戦中リタイヤは6度となり、参戦10年目・フル参戦9年目にして、初めて完走したレースが半数を超えた。しかし第5戦アメリカGPでは、2位を走行していたチームメイトのアレックス・カフィと接触し、カフィをリタイヤに追い込む一幕もあった。

1990年

1990年は開幕戦アメリカGPで予選3位となるが、決勝はリタイヤ。その後も計16戦中、5戦連続を含む12回のリタイヤ・各1度の失格・予選落ちと結果を残せなかった。完走した2回中、最高位は10位であり、4年ぶりのノーポイントに終わった。

再評価[編集]

1991年

1991年は新規参入のジョーダンに移籍した。この年のデ・チェザリスは、安定した走りを見せ、第4戦モナコGPでの予選10位、第5戦カナダGPからの連続入賞など、シーズンを通じ4度の入賞を果たしチームの躍進に貢献した。特に第11戦ベルギーGPでは一時2位を走り、トップのアイルトン・セナの背後にまで迫ったが、エンジンブローで走りきることは出来なかった。この年は6度のリタイアがあったが、そのうち5度はマシントラブルであり、ドライブミスによるリタイアは日本GPのみだった[4]。ランキングは9位。

1992年

ティレルに移籍した1992年も、チームメイトのオリビエ・グルイヤールが1ポイントも獲得できなかったのに対し、デ・チェザリスは計8ポイントを稼ぎ、チームをランキング6位に導いた。自身のドライバーズランキングは9位。リタイヤは16戦中8戦あったが、うち6戦はマシントラブルによるものであった。

1993年

残留したものの、3年落ちのマシンに苦しみ、低位置に喘ぐこととなる。第9戦イギリスGPから、新車021が投入されるも、状況は変わらず。リタイヤ8回・失格1回・周回不足1回で完走は6度のみであり、最高位は10位と3年ぶりのノーポイントに終わる。リタイヤしたGPのうち、アクシデントによるものは2度のみで、大半はマシントラブルだった。

チームメイトの片山右京もノーポイントであり、水タンク事件で全ポイントを剥奪された1984年を除けば、ティレルチームは創設初年度の1970年以来のノーポイントだった(この際は終盤3戦に参戦したのみ)。

1994年

第4戦モナコGPには、出場停止処分を受けていたエディ・アーバインの代役としてジョーダンから参戦、急遽出走したにもかかわらず4位に入り、ストリートコースでの強さを発揮した。

その後第6戦カナダGPより、モナコGPで負傷したカール・ヴェンドリンガーの後任としてザウバーからレギュラー参戦、第7戦フランスGPでは6位に入賞した。ただしその後はリタイヤが続き、第14戦ヨーロッパGPが最後のF1となった[5]

F1後[編集]

2005年、往年の名選手達を集めて行われた第1回グランプリマスターズ大会に出場、4位の成績を収めている。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1980年 アルファ・ロメオ 179 ARG
BRA
RSA
USW
BEL
MON
FRA
GBR
GER
AUT
NED
ITA
CAN
Ret
USA
Ret
32位 0
1981年 マクラーレン M29F
M29C
MP4/1
USW
Ret
BRA
Ret
ARG
11
SMR
6
BEL
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
8
NED
DNS
ITA
7
CAN
Ret
CPL
12
18位 1
1982年 アルファ・ロメオ 179D
182
182B
RSA
13
BRA
Ret
USW
Ret
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
3
DET
Ret
CAN
6
NED
Ret
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
SUI
10
ITA
10
CPL
9
17位 5
1983年 183T BRA
DNQ
USW
Ret
FRA
12
SMR
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
DET
Ret
CAN
Ret
GBR
8
GER
2
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
4
RSA
2
8位 15
1984年 リジェ JS23
JS23B
BRA
Ret
RSA
5
BEL
Ret
SMR
6
FRA
10
MON
Ret
CAN
Ret
DET
Ret
USA
Ret
GBR
10
GER
7
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
7
POR
12
18位 3
1985年 JS25 BRA
Ret
POR
Ret
SMR
Ret
MON
4
CAN
14
DET
10
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
BEL
EUR
RSA
AUS
17位 3
1986年 ミナルディ M185B
M186
BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
MEX
8
AUS
Ret
24位 0
1987年 ブラバム BT56 BRA
Ret
SMR
Ret
BEL
3
MON
Ret
DET
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
Ret
MEX
Ret
JPN
Ret
AUS
8
14位 4
1988年 リアル ARC-01 BRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
MEX
Ret
CAN
9
DET
4
FRA
10
GBR
Ret
GER
13
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
8
15位 3
1989年 スクーデリア・イタリア ダラーラ BMS189 BRA
13
SMR
10
MON
13
MEX
Ret
USA
Ret
CAN
3
FRA
DNQ
GBR
Ret
GER
7
HUN
Ret
BEL
11
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
7
JPN
10
AUS
Ret
17位 4
1990年 ダラーラ BMS190 USA
Ret
BRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
CAN
Ret
MEX
13
FRA
DSQ
GBR
Ret
GER
DNQ
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
10
POR
Ret
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
27位 0
1991年 ジョーダン 191 USA
DNPQ
BRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
CAN
4
MEX
4
FRA
6
GBR
Ret
GER
5
HUN
7
BEL
13
ITA
7
POR
8
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
8
9位 9
1992年 ティレル 020B RSA
Ret
MEX
5
BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
14
MON
Ret
CAN
5
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
8
BEL
8
ITA
6
POR
9
JPN
4
AUS
Ret
9位 8
1993年 020C
021
RSA
Ret
BRA
Ret
EUR
Ret
SMR
Ret
ESP
DSQ
MON
10
CAN
Ret
FRA
15
GBR
NC
GER
Ret
HUN
11
BEL
Ret
ITA
13
POR
12
JPN
Ret
AUS
13
27位 0
1994年 ジョーダン 194 BRA
PAC
SMR
Ret
MON
4
ESP
20位 4
ザウバー C13 CAN
Ret
FRA
6
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
EUR
Ret
JPN
AUS

エピソード[編集]

  • レース直前に、緊張したり興奮すると白目になるという奇癖を持っていた[6][7]
  • 1979年のF3時代、オールトンパークでのレース中にデ・チェザリスの運転を原因とする事故に巻き込まれて脊椎を2箇所損傷したナイジェル・マンセルからは「気違い野郎」と呼ばれていた。
  • 1980年代まで他人を巻き込むクラッシュが多く、他のドライバーがデ・チェザリスを抜こうとすると、何かしらのトラブルに巻き込まれることから「走る障害物」と揶揄され、他のドライバーから恐れられていた[8][9]
  • 1987年ブラバム時代にベルギーGPでは前述の通り残り1周で燃料切れを起こすが、実は4位以下が周回遅れだったため3位が確定していたのだが、デ・チェザリスは3位が確定したことが分からず、慌ててマシンをゴールまで手で押して行った。
  • 1991年ジョーダン時代にメキシコGPでゴール直前で燃料切れを起こし、マシンをゴールまで手で押して4位フィニッシュした。
  • 1991年、ジョーダンチームとの契約時に「マシンを壊したら罰金」という契約を結んだ。
  • 日本のF1中継で実況を担当していた古舘伊知郎は、クラッシュの多さを比喩した様々な表現を行う一方、「大変な愛妻家で、休日は夫人と一緒にモナコ市街を買物袋いっぱい抱えながら歩いている」と、レースでのイメージとは違った一面を紹介し、解説の今宮純森脇基恭が「プライベートではすごくいい人」とすかさず口を揃えるシーンもあった。
  • アルペンスキーを得意としており、'87~'88シーズンに開催されたF1関係者によるスキー大会(種目はジャイアントスラローム)では、「FISワールドカップスキーレーサー並の腕前」という評判通りの滑りで優勝したリカルド・パトレーゼに次ぐ2位に入っている。ちなみに3位は、やはりスキー好きで知られるアラン・プロストだった。

スポンサー[編集]

フィリップモリスの重役の息子であったことから、一貫してマールボロのサポートを受けていたが、唯一1993年だけはレーシングスーツにマールボロのロゴが入らなかった。これは同年に在籍したティレルのチームメイト片山右京が日本のJT(日本たばこ産業)をスポンサーとして持ち込んでおり、CABINブランドとのバッティングを避けるためであった。(このころは日本においてはマールボロの製造・販売はJTが行っていたことも注記しておく。)

しかし、この年チェザリスはマールボロのサポートが止まった訳ではなく、ロゴの掲出は控えながらもチームへのスポンサーフィーの持ち込みは行なっていた。スポンサーバッティングの解消した翌年以降は、再度マールボロのロゴを付けたレーシングスーツ・ヘルメットを着用していた。

注釈[編集]

  1. ^ a b F1 LEGENDS THE BEST GP 川井一仁による解説
  2. ^ デ・チェザリスの史上最年少PP記録は22歳と308日である。この記録更新は1968年のドイツGPにて史上最年少PPを記録したジャッキー・イクス(23歳と216日)以来の実に14年ぶりの快挙であった。尚、デ・チェザリスの記録を破ったのは1994年ベルギーGPにてルーベンス・バリチェロが記録した22歳と97日であり、デ・チェザリスは12年間最年少PP記録を保持し続けていた。
  3. ^ 本人による証言。
  4. ^ この際には、3台を巻き込んでいる。
  5. ^ 第15戦日本GPからヴェンドリンガー復帰の予定であったが、見送られたため、チームは引き続きチェザリスを起用する予定であった。しかし、デ・チェザリスはバカンスへ出かけてしまい連絡が取れず、J.J.レートが起用されることとなった。
  6. ^ GP Expert Os cacuetes de Andrea de Cesaris
  7. ^ 元チームメイトの片山右京による証言
  8. ^ Formula One Rejects 『The "What Mirrors?" Award 1. Andrea de Cesaris』の項目
  9. ^ ESPNコメンテーターのデイビッド・ホッブスによる解説

関連項目[編集]