デニス・ハルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・ハルム
HulmeDenis196508.jpg
基本情報
フルネーム デニス・クライブ・ハルム
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 同・ネルソン
生年月日 1936年8月18日
没年月日 1992年10月4日(満56歳没)
F1での経歴
所属チーム '65-'67 ブラバム
'68-'74 マクラーレン
活動時期 1965-1974
出走回数 112
優勝回数 8
通算獲得ポイント 248
表彰台(3位以内)回数 33
ポールポジション 1
ファステストラップ 9
F1デビュー戦 1965年モナコGP
初勝利 1967年モナコGP
最終勝利 1974年アルゼンチンGP
最終戦 1974年アメリカGP
タイトル 1 (1967)
テンプレートを表示

デニス・クライブ・“デニー”・ハルムDenis Clive "Denny" Hulme OBE, 1936年6月18日 - 1992年10月4日)は、ニュージーランドのレーシングドライバー。デニス・フルムと表記されることもある。

略歴[編集]

F1[編集]

ブラバム時代[編集]

1965年にブラバムからF1デビューし、計6戦に参加。第4戦フランスGPで4位、第6戦オランダGPで5位と2度の入賞を果たした。翌1966年は、第3戦フランスGPで3位に入り、初の表彰台を記録。年間で2位1回、3位3回を記録し、シリーズ4位となった。

1967年には、第2戦モナコGPで初優勝、この時点でランキングトップに立つ。第7戦ドイツGPでも優勝する等、この年11戦中2勝、2位3回、3位3回、4位1回と安定した成績を残し、モナコ以後一度もランキングトップの座を譲らず、ワールドチャンピオンを獲得。

チームのNo.1ドライバー兼オーナーの、ジャック・ブラバムを破ってのチャンピオン獲得劇だったが、このことは同年限りでチームを追われる原因となった。

マクラーレン時代[編集]

1968年のハルム(アメリカGPにて)

1968年、同郷出身の友人であるブルース・マクラーレン1966年に設立したマクラーレンチームに、ファーストドライバーとして移籍。この年は2勝を挙げ、グラハム・ヒルジャッキー・スチュワートと最後までチャンピオンを争ったが、最終2戦の連続リタイヤもあってシリーズ3位となり、2年連続のチャンピオン獲得はならなかった。

1969年にも最終戦メキシコGPで勝利を挙げるが、この年は5戦連続ノーポイントなども響き、ランキングは6位と低迷。翌1970年は逆に安定した成績でシリーズ4位となるが、4年ぶりに未勝利に終わり、またブルースが事故死するアクシデントにも見舞われた。ブルース死後も残留したハルムだが、1971年は安定性・速さ共に欠き、勝利どころか表彰台も無しに終わった。

しかし1972年には第2戦南アフリカGPで優勝し、チームにブルース没後初の勝利を齎す。終盤の連続表彰台などもあり、最終的にはシリーズ3位の成績を収めた。1973年には第3戦南アフリカGPで生涯唯一のPPを獲得し、第7戦スウェーデンGPでは優勝。最後のシーズンとなった1974年も開幕戦のアルゼンチンGPで優勝し、引退まで創生期のマクラーレンチームを支えた。

急死[編集]

F1を引退した後も、ハルムはツーリングカーやGTレースなど、精力的にレース活動を続けていた。しかし1992年10月4日、オーストラリアで行われたバサースト1000のレース中、心臓発作を起こし急死。56歳だった。

この際、「体の異変を察知したハルムが、後続の危険を回避すべく、最期にマシンをコースの脇に止めた」というエピソードが残されている。スローダウンしコース脇にストップしたマシンから、いつまで経ってもドライバーが出て来ないことを不審に思ったマーシャルが、近づきマシンのドアを開けて見ると、シートベルトを締めたまま死亡していたという。

補足[編集]

  • F1史において、チャンピオン獲得時点でPPの獲得経験がなかったのは、ハルムのみである (2014年シーズン終了時点)。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1965年 ブラバム BT7 RSA MON
8
BEL GER
Ret
11位 5
BT11 FRA
4
GBR
Ret
NED
5
ITA
Ret
USA MEX
1966年 BT22 MON
Ret
BEL
Ret
4位 18
BT20 FRA
3
GBR
2
NED
Ret
GER
Ret
ITA
3
USA
Ret
MEX
3
1967年 RSA
4
MON
1
NED
3
1位 51
BT19 BEL
Ret
BT24 FRA
2
GBR
2
GER
1
CAN
2
ITA
Ret
USA
3
MEX
3
1968年 マクラーレン M5A RSA
5
3位 33
M7A ESP
2
MON
5
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
5
GBR
4
GER
7
ITA
1
CAN
1
USA
Ret
MEX
Ret
1969年 RSA
3
ESP
4
MON
6
NED
4
FRA
8
GBR
Ret
GER
Ret
ITA
7
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
1
6位 20
1970年 M14A RSA
2
ESP
Ret
MON
4
BEL NED FRA
4
GBR
3
GER
3
AUT
Ret
ITA
4
CAN
Ret
USA
7
MEX
3
4位 27
1971年 M19A RSA
6
ESP
5
MON
4
NED
12
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
ITA CAN
4
USA
Ret
13位 9
1972年 ARG
2
RSA
1
ESP
Ret
3位 39
M19C MON
15
BEL
3
FRA
7
GBR
5
GER
Ret
AUT
2
ITA
3
CAN
3
USA
3
1973年 ARG
5
BRA
3
6位 26
M23 RSA
5
ESP
6
BEL
7
MON
6
SWE
1
FRA
8
GBR
3
NED
Ret
GER
12
AUT
8
ITA
15
CAN
13
USA
4
1974年 テキサコマクラーレン ARG
1
BRA
12
RSA
9
ESP
6
BEL
6
MON
Ret
SWE
Ret
NED
Ret
FRA
6
GBR
7
GER
DSQ
AUT
2
ITA
6
CAN
6
USA
Ret
7位 20

関連項目[編集]


先代:
ジャック・ブラバム
F1ドライバーズチャンピオン
1967年
次代:
グラハム・ヒル