2015年のF1世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2015年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2014年 翌年: 2016年
一覧: 開催国 | 開催レース

2015年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第66回大会として開催される予定である。

概要[編集]

レギュレーションの変更[編集]

以下の内容は今後変更される可能性がある。

技術規定[編集]

  • 車輌の最低重量が10kg引き上げられ、701kgとなる[2][3](元々は700kgに引き上げる事になっていたが、701kg に変更。これは2014年レギュレーションにて増加するトルクに対してピレリがタイヤのさらなる補強を行うため1kg増えることになったため[4])。

競技規定[編集]

  • コスト抑制のため、チームの予算に対する制限が実施される[5]

参戦チーム・ドライバー[編集]

2015年シーズンは新たに2つのチームが加わる可能性が出ている[6]

エントリーリスト[編集]

開催予定地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ホンダ、F1復帰を正式発表!マクラーレン・ホンダ復活!”. F1-Gate.com. (2013年5月16日). http://f1-gate.com/honda/f1_19381.html 2013年12月15日閲覧。 
  2. ^ “エイドリアン・ニューウェイ 「重量制限は変更するべき」”. F1-Gate.com. (2013年12月4日). http://f1-gate.com/redbull/f1_21896.html 2013年12月15日閲覧。 
  3. ^ “World Motor Sport Council 2014 - Geneva An extraordinary meeting of the FIA World Motor Sport Council (WMSC) took place today (23 January) in Geneva, Switzerland.”. FIA. (2013年1月23日). http://www.fia.com/news/world-motor-sport-council-2014-geneva 2013年1月27日閲覧。 
  4. ^ “マシン最低重量、691kgに改正か”. ESPN F1. (2013年1月23日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/142535.html 2013年1月26日閲覧。 
  5. ^ “F1:2015年から予算キャップを導入”. F1-Gate.com. (2013年12月10日). http://f1-gate.com/fia/f1_21940.html 2013年12月15日閲覧。 
  6. ^ “F1、2015年に2チームが追加?”. F1-Gate.com. (2014年2月12日). http://f1-gate.com/fia/f1_22385.html 2014年2月12日閲覧。 
  7. ^ “インドGP、来季開催はなし。2015年に復活へ”. オートスポーツweb.. (2013年7月31日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=50134 2013年12月15日閲覧。 
  8. ^ “エクレストン氏、2015年タイGP開催を明言”. FMotorsports F1. (2012年12月20日). http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2012/12/2015gp-31ee.html 2013年12月15日閲覧。 
  9. ^ “タイ当局も『2015年タイGP』開催を明言”. FMotorsports F1. (2013年3月31日). http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2013/03/2015gp-5856.html 2013年12月15日閲覧。