ジョン・ワトソン (レーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ワトソン
Watson at 1982 Dutch Grand Prix.jpg
マクラーレン時代 (1982年)
基本情報
フルネーム ジョン・マーシャル・ワトソン
国籍 イギリスの旗 イギリス
(北アイルランドの旗 北アイルランド)
出身地 同・ベルファスト
生年月日 1946年5月4日(69歳)
F1での経歴
所属チーム '73-'74,'77-'78 ブラバム
'75 サーティース
'75 ロータス
'75-'76 ペンスキー
'79-'83,'85 マクラーレン
活動時期 1973-1983,1985
出走回数 154 (152スタート)
優勝回数 5
通算獲得ポイント 169
表彰台(3位以内)回数 20
ポールポジション 2
ファステストラップ 5
初戦 1973年イギリスGP
初勝利 1976年オーストリアGP
最終勝利 1983年アメリカ西GP
最終戦 1985年ヨーロッパGP
タイトル 0
テンプレートを表示

ジョン・ワトソンJohn Marshall Watson, MBE 1946年5月4日 - )は北アイルランド生まれの元F1レーサーである。

プロフィール[編集]

1973年、ブラバムからF1にデビュー。この年はわずか2レースに終わり、翌年からフル参戦を開始した。当時のチームは競争力が低く、中級チームで腕を磨くことに終始した。

1976年、ペンスキーのマシンを駆ってオーストリアGP(当時はエステルライヒリンク、後のA1リンク)で初優勝。このとき、トレードマークのひげをそるが、その後しばらく勝ちに見放されたこともあり、「ひげと一緒にツキもそった」と揶揄されてしまう。1977年、ブラバムに復帰。ポールポジションやファステストラップは記録したが、あと一歩で表彰台の頂点には立てなかった。

1979年、マクラーレンに移籍。この時期はチーム力が低下していたため成績が不振だったが、ロン・デニスが加入した1981年の第9戦、イギリスGP(シルバーストン)で5年ぶりの勝利をあげた。翌年の1982年が、彼のF1キャリアで最も輝かしい年である。この年は最初からチャンピオン争いに絡み、中盤までに2勝をあげトップに立ったが、終盤に6戦連続でノーポイントに終わったこともあり、結局この年1勝、前年ノーポイントのケケ・ロズベルグにチャンピオンをさらわれ、ワトソンは3位に終わった(2位のディディエ・ピローニとは39ポイントで並ぶが、上位入賞回数の差で負ける)。

1984年アラン・プロストにシートを奪われる形でキャリアを終える。翌1985年に、元同僚ニキ・ラウダの代役として1戦限りの復帰を果たす。現在は解説者として活躍している。

ワトソンはいわゆる「玄人好み」のドライバーで、レース運びに長けていた。生涯5勝のうち3勝は、予選2ケタ着順からの巻き返しであり、特に1983年第2戦のアメリカ西GP(ロングビーチ)での予選22番手からの優勝は、2012年シーズン終了時でも優勝者の予選順位としては最も低いものである(このGPの2位は、予選23番手だった同僚のニキ・ラウダ。低い予選順位からの優勝の歴代2位は2000年ドイツGPのルーベンス・バリチェロの予選18番手)。また、中盤や下位グリッドから表彰台やポイントを何度も獲得するなど、巧さのあるドライバーならではの成績を残している。

カーナンバー (F1)[編集]

  • 29 (1973年第9戦)
  • 9 (1973年第15戦)
  • 28 (1974年.1975年第14戦~1976年)
  • 18 (1975年第1~10.12戦)
  • 6 (1975年第11戦)
  • 7 (1977年.1979年~1982年第1~3.5~16戦.1983年)
  • 2 (1978年)
  • 1 (1985年第14戦) - 前年度チャンピオンであるラウダの代役として。2008年シーズン終了時現在、カーナンバー1が前年度チャンピオンの車両に与えられるようになった1975年以降のF1では、前年度チャンピオン以外がカーナンバー1を付けてレースに参加した唯一の例である。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1973年 ブラバム BT37 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR
Ret
NED GER AUT ITA CAN NC
(36位)
0
BT42 USA
Ret
1974年 ブラバムゴールディ・ヘキサゴン ARG
12
BRA
Ret
RSA
Ret
ESP
11
BEL
11
MON
6
SWE
11
NED
7
FRA
16
GBR
11
15位 6
BT44 GER
Ret
AUT
4
ITA
7
CAN
Ret
USA
5
1975年 サーティース TS16 ARG
DSQ
BRA
10
RSA
Ret
ESP
8
MON
Ret
BEL
10
SWE
16
NED
Ret
FRA
13
GBR
11
AUT
10
ITA NC
(23位)
0
ロータス 72F GER
Ret
ペンスキー PC1 USA
9
1976年 PC3 BRA
Ret
RSA
5
USW
NC
ESP
Ret
BEL
7
MON
10
7位 20
PC4 SWE
Ret
FRA
3
GBR
3
GER
7
AUT
1
NED
Ret
ITA
11
CAN
10
USA
6
JPN
Ret
1977年 マルティーニ (ブラバム) BT45 ARG
Ret
BRA
Ret
RSA
6
USW
DSQ
ESP
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
SWE
5
FRA
2
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
8
NED
Ret
ITA
Ret
USA
12
CAN
Ret
JPN
Ret
13位 9
1978年 ブラバム ARG
Ret
BRA
8
6位 25
BT46 RSA
3
USW
Ret
MON
4
BEL
Ret
ESP
5
FRA
4
GBR
3
GER
7
AUT
7
NED
4
ITA
2
USA
Ret
CAN
Ret
BT46B SWE
Ret
1979年 マクラーレン M28 ARG
3
BRA
8
RSA
Ret
USW
Ret
ESP
Ret
BEL
6
MON
4
FRA
11
9位 15
M29 GBR
4
GER
5
AUT
9
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
6
USA
6
1980年 M29B ARG
Ret
BRA
11
RSA
11
11位 6
M29C USW
4
BEL
NC
MON
DNQ
FRA
7
GBR
8
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
4
USA
NC
1981年 M29F USW
Ret
BRA
8
6位 27
MP4/1 ARG
Ret
SMR
10
BEL
7
MON
Ret
ESP
3
FRA
2
GBR
1
GER
6
AUT
6
NED
Ret
ITA
Ret
CAN
2
CPL
7
1982年 MP4/1B RSA
6
BRA
2
USW
6
SMR BEL
1
MON
Ret
DET
1
CAN
3
NED
9
GBR
Ret
FRA
Ret
GER
Ret
AUT
9
SUI
13
ITA
4
CPL
2
3位 39
1983年 MP4/1C BRA
Ret
USW
1
FRA
Ret
SMR
5
MON
DNQ
BEL
Ret
DET
3
CAN
6
GBR
9
GER
5
AUT
9
NED
3
6位 22
MP4/1E ITA
Ret
EUR
Ret
RSA
DSQ
1985年 MP4/2B BRA POR SMR MON CAN DET FRA GBR GER AUT NED ITA BEL EUR
7
RSA AUS NC
(23位)
0

関連項目[編集]