1978年イタリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 1978年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza 1976.jpg
日程 1978年シーズン第14戦
決勝開催日 9月10日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアモンツァ
コース長 5800km
レース距離 40周(232.000km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ
タイム 1'37.520
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ
タイム 1'38.23(Lap33)
決勝順位
優勝 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
タイム 1:07'04.54
2位 イギリスの旗 ジョン・ワトソン
3位 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン

1978年イタリアグランプリは、1978年のF1世界選手権第14戦として、1978年9月10日モンツァ・サーキットで開催された。

開催前[編集]

第13戦オランダGP終了時点で、ドライバーズランキング首位のマリオ・アンドレッティロータス)は63ポイントを獲得。3位のニキ・ラウダブラバム)は35ポイントで、残り3戦を連勝しても62ポイント止まりでアンドレッティを越す事ができない。2位のロニー・ピーターソン(ロータス)は51ポイントで唯一アンドレッティを逆転できる位置にいたが、この年のロータスはチームオーダーでアンドレッティを優先させる方針だったため、アンドレッティのチャンピオンはほぼ確定していた。

予選[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター 1日目 2日目 3日目 タイム差
1 5 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ ロータスフォード 1'37.780 1'38.401 1'37.520 -
2 11 カナダの旗 ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 1'39.046 1'38.513 1'37.866 + 0.346
3 15 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ ルノー 1'38.439 1'39.242 1'37.930 + 0.410
4 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ ブラバムアルファ・ロメオ 1'39.378 1'39.092 1'38.215 + 0.695
5 6 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータスフォード 1'38.256 1'40.518[1] 1'38.634 + 0.736
6 27 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ウィリアムズフォード 1'39.181 1'39.143 1'38.271 + 0.751
7 2 イギリスの旗 ジョン・ワトソン ブラバムアルファ・ロメオ 1'38.610 1'39.376 1'38.611 + 1.090
8 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェマトラ 1'39.195 1'40.370 1'38.917 + 1.397
9 20 南アフリカ共和国の旗ジョディー・シェクター ウルフフォード 1'39.170 1'39.017 1'38.937 + 1.417
10 7 イギリスの旗 ジェームス・ハント マクラーレンフォード 1'39.475 1'39.166 1'38.938 + 1.418
11 11 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン フェラーリ 1'39.395 1'38.959 1'38.969 + 1.439
12 35 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ アロウズフォード 1'40.264 1'39.831 1'39.179 + 1.659
13 14 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード 1'40.170 1'40.665 1'39.421 + 1.901
14 3 フランスの旗 ディディエ・ピローニ ティレルフォード 1'41.223 1'41.465 1'39.531 + 2.011
15 17 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ シャドウフォード 1'39.621 1'39.675 1'40.880 + 2.101
16 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード 1'41.934 1'40.774 1'39.630 + 2.110
17 16 ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック シャドウフォード 1'39.701 1'40.550 1'39.882 + 2.181
18 22 アイルランド共和国の旗 デレック・デイリー エンサインフォード 1'40.075 1'40.674 1'40.382 + 2.555
19 8 フランスの旗 パトリック・タンベイ マクラーレンフォード 1'40.290 1'41.202 1'40.163 + 2.643
20 33 イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ マクラーレンフォード 1'40.725 1'41.483 1'40.199 + 2.679
21 30 アメリカ合衆国の旗 ブレット・ランガー マクラーレンフォード 1'52.164 1'44.285 1'40.302 + 2.782
22 37 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ メルツァリオフォード 1'41.561 1'45.963 1'40.702 + 3.182
23 19 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ サーティースフォード 1'40.805 1'41.088 1'40.860 + 3.285
24 29 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ マクラーレンフォード 1'40.846 1'41.548 1'41.080 + 3.326
DNQ 25 メキシコの旗 ヘクトール・レバーク ロータスフォード 1'41.260 1'41.063 1'41.116 + 3.543
DNQ 10 ドイツの旗 ハラルド・アートル ATSフォード 1'43.538 1'43.352 1'41.185 + 3.565
DNQ 9 オランダの旗 マイケル・ブリークモレン ATSフォード 1'41.677 1'42.432 1'41.814 + 4.157
DNQ 18 イタリアの旗 ジマックス サーティースフォード 1'49.914 1'46.080 1'44.408 + 6.888
DNPQ 23 ドイツの旗 ハラルド・アートル エンサインフォード
DNPQ 32 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ ウルフフォード
DNPQ 36 ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン アロウズフォード
DNPQ 34 イタリアの旗 アルベルト・コロンボ メルツァリオフォード

決勝[編集]

多重事故[編集]

午前中のフリー走行でピーターソンの79がブレーキトラブルのためクラッシュ。スペアカーの79はアンドレッティ用のセッティングが施されていたため、旧型の78でレースに臨んだ。

午後3時半にフォーメーション・ラップが開始され、各マシンがグリッドに付き始めたが、後方のマシンが止まらないうちにグリーンシグナルが点灯した。前方のマシンは慌ててスタートを切り、後方のマシンはまだスピードが出た状態だったため前方の集団に追い付き、集団の前後が詰まった状態となった。さらに、モンツァのホームストレートは第1シケインに向けて横幅が狭まっていくたため、各車が密集した状態となり、シケイン手前で多重接触事故が発生した。

まず、後方集団に押し出される形でリカルド・パトレーゼアロウズ)が進路を変え、これをよけたジェームス・ハントマクラーレン)がピーターソンの78の右後輪にヒットした。ピーターソンはスピンしてコース右側のバリアに衝突し、炎と黒煙が立ち上った。78は炎に包まれながらコースを横切り、ディディエ・ピローニティレル)にぶつかって停止した。このほかクレイ・レガツォーニシャドウ)、パトリック・デパイユ(ティレル)、ヴィットリオ・ブランビラサーティース)など10台がこの事故に巻き込まれた。

レースはただちに赤旗中断となり、負傷者の救助作業が行われた。ピーターソンは炎上する車内からハント、レガツォーニらに引きずり出されたが、右足6ヶ所、左足2ヶ所、足の指の骨折のほか、左腕と肩に火傷を負った[2]。また、ブランビラもホイールが頭部に直撃して重傷を負った。17分後に救急車が到着し[3]、ピーターソンとブランビラはミラノ市内のニグアルダ病院に運ばれた。

レース再開[編集]

レースは1周未満で中断したため、予選順のスタートからやり直しとなった。1時間後にフォーメーションラップが再開されたが、その最中にジョディー・シェクターウルフ)のマシンが「レズモ・カーブ」でクラッシュ。ドライバーたちはバリアの修復が終わるまでレースの開始を拒否した。そのためレースが再開されたのは午後6時近くで、周回数も52周から40周に短縮された。

スタートでは予選2位のジル・ヴィルヌーヴフェラーリ)が先行し、地元フェラーリファンの熱烈な声援を受けながらアンドレッティをリードした。終盤の36周目にアンドレッティがトップに立ち、そのままゴールするが、スタート時にアンドレッティ・ヴィルヌーヴ共にフライング・スタートを犯していたため、1分加算のペナルティーを課せられそれぞれ6位・7位に降格となった。これによりブラバムニキ・ラウダジョン・ワトソンが繰り上がりでワンツーフィニッシュという結果になった。

レース後[編集]

重症を負った2名のうち、ブランビラは一時意識を失っていたため容態が心配されたが、その後回復して翌年にはレースに復帰することができた。ピーターソンは脚の負傷が酷いものの、意識はしっかりしており、大事に至らないと思われた。しかし、翌11日未明に容態が急変し、脂肪塞栓のため死去した。ピーターソンの死によってアンドレッティのチャンピオンが決まると言う皮肉な結果となった。

多重事故を招いた原因として、レーススタートを合図する競技員(スターター)がグリッドの状況を十分に確認せず、早めにスタートシグナルを操作したことが問題となった。これまでは、各サーキットの関係者などがスターターを務めていたが、この事故を教訓として「オフィシャルスターター制度」が導入され、国際自動車連盟 (FIA) 安全委員のデレック・オンガロが全グランプリでスタートシグナルを操作することになった[4]

オンガロの就任に伴い、スターティンググリッドの並び方も改善された。各列に数台が横並びになる"3-2-3"や"2-1-2"方式を廃止し、車両間に間隔をあけるため、縦2列交互に並ぶスタッガード方式が導入された[4]

ハント・ラウダ・アンドレッティ・シェクターフィッティパルディらドライバーからなるF1安全委員会は、パトレーゼに接触事故の責任があるとする判定を下した[5]。当時のパトレーゼは血気盛んな若手として知られ、このレース前にも委員会から警告を受けていた[5]。委員会は次戦アメリカGPのオーガナイザーに働きかけ、パトレーゼの出場を拒否させた。その後、写真を使った調査でパトレーゼに非がなかったことが証明された[5]

レース結果[編集]

[6]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ ブラバムアルファ・ロメオ 40 1:07'04.54 4 9
2 2 イギリスの旗 ジョン・ワトソン ブラバムアルファ・ロメオ 40 +1.48 7 6
3 11 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン フェラーリ 40 +20.47 11 4
4 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェマトラ 40 +37.53 8 3
5 8 フランスの旗 パトリック・タンベイ マクラーレンフォード 40 +40.39 19 2
6 5 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ ロータスフォード 40 +46.33 1 1
7 12 カナダの旗 ジル・ヴィルヌーヴ フェラーリ 40 +48.48 2
8 14 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ フィッティパルディフォード 40 +55.24 13
9 29 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ マクラーレンフォード 40 +1'06.83 24
10 22 アイルランド共和国の旗 デレック・デイリー エンサインフォード 40 +1'09.11 18
11 4 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレルフォード 40 +1'16.57 16
12 20 南アフリカ共和国の旗 ジョディー・シェクター ウルフフォード 39 +1 Lap 9
13 27 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ウィリアムズフォード 39 +1 Lap 6
14 33 イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ マクラーレンフォード 39 +1 Lap 20
NC 17 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ シャドウフォード 33 +7 Laps 15
Ret 35 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ アロウズフォード 29 エンジン 12
Ret 7 イギリスの旗 ジェームス・ハント マクラーレンフォード 19 ディストリビューター 10
Ret 37 イタリアの旗 アルトゥーロ・メルツァリオ メルツァリオフォード 14 エンジン 22
Ret 15 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ ルノー 6 エンジン 3
Ret 6 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン ロータスフォード 0 アクシデント 5
Ret 3 フランスの旗 ディディエ・ピローニ ティレルフォード 0 アクシデント 14
Ret 16 ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック シャドウフォード 0 アクシデント 17
Ret 30 アメリカ合衆国の旗 ブレット・ランガー マクラーレンフォード 0 アクシデント 21
Ret 19 イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ サーティースフォード 0 アクシデント 23
DNQ 25 メキシコの旗 ヘクトール・レバーク ロータスフォード 25
DNQ 10 ドイツの旗 ハラルド・アートル ATSフォード 26
DNQ 9 オランダの旗 マイケル・ブリークモレン ATSフォード 27
DNQ 18 イタリアの旗 ジマックス サーティースフォード 28
DNPQ 23 ドイツの旗 ハラルド・アートル エンサインフォード 29
DNPQ 32 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ ウルフフォード 30
DNPQ 36 ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン アロウズフォード 31
DNPQ 34 イタリアの旗 アルベルト・コロンボ メルツァリオフォード 32
  • ラップリーダー : ジル・ヴィルヌーヴ(Lap1 - 34)→マリオ・アンドレッティ(Lap35 - 40)
  • アンドレッティとヴィルヌーヴはフライングスタートのためゴール時のタイムに1分加算。
  • ハラルド・アートルは予備予選時はエンサインでエントリー。予選時にATSに乗り換える。

第14戦終了時点でのランキング[編集]

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ 64
2 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン 51
3 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ 44
4 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン 35
5 フランスの旗 パトリック・デパイユ 32
コンストラクターズ・チャンピオンシップ
順位 コンストラクター ポイント
1 イギリスの旗 ロータスフォード 86
2 イギリスの旗 ブラバムアルファ・ロメオ 53
3 イタリアの旗 フェラーリ 40
4 イギリスの旗 ティレルフォード 36
5 フランスの旗 リジェマトラ 19
  • ドライバー・コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロータス・78で記録。
  2. ^ 『オートスポーツ』1978年、p.19。
  3. ^ 『オートスポーツ』1978年、p.23。
  4. ^ a b 赤井邦彦 『スーパー・フォーミュラ・ブック-F1グランプリの透視図』 CBS・ソニー出版、1987年、161-162頁。ISBN 478970338X
  5. ^ a b c ジェラルド・ドナルドソン 『ジル・ヴィルヌーヴ 流れ星の伝説』 豊岡真美・坂野なるたか・森岡成憲訳、ソニー・マガジンズ、1991年、163頁。ISBN 4789706788
  6. ^ 『F1全史 1976 - 1980』(ニューズ出版、1993年)p.125参照。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1978年オランダグランプリ
FIA F1世界選手権
1978年シーズン
次戦
1978年アメリカグランプリ
前回開催
1977年イタリアグランプリ
イタリアの旗 イタリアグランプリ 次回開催
1979年イタリアグランプリ