1985年ブラジルグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジルの旗 1985年ブラジルグランプリ
レース詳細
Circuit Jacarepagua.png
日程 1985年シーズン第1戦
決勝開催日 4月7日
開催地 ジャカレパグア
ブラジル リオデジャネイロ市
コース長 5.031km
レース距離 61周(306.889km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
タイム 1'27.768
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1'36.702(Lap 34)
決勝順位
優勝 フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1:41:26.115
2位 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート
3位 イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス

1985年ブラジルグランプリは、1985年F1世界選手権の第1戦として、1985年4月7日ジャカレパグアで開催された。

概要[編集]

前年、シーズン途中にピレリからミシュランにタイヤメーカーを変更したトールマンは、このシーズンに参戦したタイヤメーカーのピレリとグッドイヤーのいずれとも契約することができず、このレースを欠場した。

ティレルチームは正ドライバーステファン・ベロフとの間で契約問題が発生したため[1]、トールマンから出走する予定だったステファン・ヨハンソンに急遽ドライバーを変更した。

予選では完全に新設計された156/85を持ち込んだフェラーリミケーレ・アルボレートポールポジションを獲得し、前年は1勝1ポールポジションに終わったフェラーリチームにとって幸先の良いスタートを切った。

レースはスタート直後に2番手スタートのケケ・ロズベルグが先頭に立った。アルボレートは第1コーナーでナイジェル・マンセルと接触したが、走行を続けることができた。

ロズベルグがターボトラブルでストップすると先頭はアルボレートのものとなったが、マンセルとの接触以後アンダーステアに悩まされており[2]、19周目にはアラン・プロストに抜かれた。プロストは以後ゴールまで先頭を譲らず、ブラジルグランプリでは6度の参戦で3勝目を挙げた。

地元レースとなるネルソン・ピケは2周でリタイヤした。アイルトン・セナはチームメイトのエリオ・デ・アンジェリスに次ぐ4番グリッドからスタートしたが、決勝では48周でリタイヤするまでアンジェリスの前を走り続けた。

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'28.899 1'27.768
2 6 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ ウィリアムズホンダ 1'32.135 1'27.864
3 11 イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス ロータスルノー 1'28.081 -
4 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 1'28.705 1'28.389
5 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'31.211 1'28.848
6 2 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'30.253 1'29.117
7 28 フランスの旗 ルネ・アルヌー フェラーリ 1'30.813 1'29.612
8 7 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ブラバムBMW 1'31.364 1'29.855
9 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マクラーレンTAG 1'30.716 1'29.984
10 16 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ルノー 1'31.533 1'30.100
11 15 フランスの旗 パトリック・タンベイ ルノー 1'30.254 1'30.516
12 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 1'32.207 1'30.953
13 25 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス リジェルノー 1'33.718 1'31.411
14 22 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ アルファ・ロメオ 1'32.107 1'31.790
15 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェルノー 1'37.803 1'32.021
16 9 ドイツの旗 マンフレート・ヴィンケルホック RAMハート 1'36.239 1'32.560
17 8 フランスの旗 フランソワ・エスノー ブラバムBMW 1'34.742 1'32.904
18 23 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー アルファ・ロメオ 1'33.094 1'33.091
19 17 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー アロウズBMW 1'34.919 1'34.773
20 10 フランスの旗 フィリップ・アリオー RAMハート 1'35.726 1'37.409
21 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルコスワース 1'36.225 1'36.152
22 24 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 1'38.272 1'36.743
23 4 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン ティレルコスワース 1'37.799 1'37.293
24 21 イタリアの旗 マウロ・バルディ スピリットハート 1'41.330 -
25 29 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ ミナルディコスワース 1'44.046 -

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 61 1:41'26.115 6 9
2 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 61 + 3.259 1 6
3 11 イタリアの旗 エリオ・デ・アンジェリス ロータスルノー 60 +1 Lap 3 4
4 28 フランスの旗 ルネ・アルヌー フェラーリ 59 +2 Laps 7 3
5 15 フランスの旗 パトリック・タンベイ ルノー 59 +2 Laps 11 2
6 26 フランスの旗 ジャック・ラフィット リジェルノー 59 +2 Laps 15 1
7 4 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン ティレルコスワース 58 +3 Laps 23  
8 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルコスワース 58 +3 Laps 21  
9 10 フランスの旗 フィリップ・アリオー RAMハート 58 +3 Laps 20  
10 16 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ルノー 57 +4 Laps 10  
11 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 57 +4 Laps 12  
12 24 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 57 +4 Laps 22  
13 9 ドイツの旗 マンフレート・ヴィンケルホック RAMハート 57 +4 Laps 16  
リタイヤ 17 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー アロウズBMW 51 サスペンション 19  
リタイヤ 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 48 電気系 4  
リタイヤ 23 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー アルファ・ロメオ 42 エンジン 18  
リタイヤ 29 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ ミナルディコスワース 41 エンジン 25  
リタイヤ 1 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マクラーレンTAG 27 燃料システム 9  
リタイヤ 25 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス リジェルノー 26 アクシデント 13  
リタイヤ 22 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ アルファ・ロメオ 20 パンク 14  
リタイヤ 6 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ ウィリアムズホンダ 10 ターボ 2  
リタイヤ 8 フランスの旗 フランソワ・エスノー ブラバムBMW 9 アクシデント 17  
リタイヤ 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 8 排気系 5  
リタイヤ 21 イタリアの旗 マウロ・バルディ スピリットハート 7 ターボ 24  
リタイヤ 7 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ブラバムBMW 2 トランスミッション 8  
  • 予選、決勝順位は、F1公式サイト[3]およびAUTOCOURSE 1985-86[4]より。

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1985). AUTOCOURSE 1985-86. Hazleton Publishing. pp. p.87. ISBN 0-905138-38-4. 
  2. ^ AUTOCOURSE 1985-86. pp. p.89. 
  3. ^ The Official Formula 1 Website”. 2009年1月11日閲覧。
  4. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1985). AUTOCOURSE 1985-86. Hazleton Publishing. pp. pp.230-231. ISBN 0-905138-38-4. 

関連項目[編集]

FIA F1世界選手権
1985年シーズン
次戦
1985年ポルトガルグランプリ
前回開催
1984年ブラジルグランプリ
ブラジルの旗 ブラジルグランプリ 次回開催
1986年ブラジルグランプリ