デレック・ワーウィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デレック・ワーウィック
Derek Warwick 1982.jpg
基本情報
フルネーム デレック・スタンリー・アーサー・ワーウィック
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・ハンプシャーアレスフォード
生年月日 1954年8月27日(59歳)
F1での経歴
所属チーム '81-'83 トールマン
'84-'85 ルノー
'86 ブラバム
'87-'89 アロウズ
'90 ロータス
'93 フットワーク
活動時期 1981-1990,1993
出走回数 147
優勝回数 0
通算獲得ポイント 71
表彰台(3位以内)回数 4
ポールポジション 0
ファステストラップ 2
初戦 1981年サンマリノGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1993年オーストラリアGP
タイトル 0
テンプレートを表示

デレック・スタンリー・アーサー・ワーウィックDerek Stanley Arthur Warwick1954年8月27日 – )はイギリスハンプシャー州アレスフォード出身の元レーシングドライバー2011年8月にBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)会長に就任。

「Warwick」の発音は「ウォリック」だが、「ワーウィック」表記が定着している。また、「ウォーウィック」と表記されることもある。他にも、フジテレビF1中継では「ディレック・ワーウィック」と表記されていた。

プロフィール[編集]

ドライバー経歴の初期においては、1976年イギリスFF1600でチャンピオンを獲得。翌1977年からイギリスF3に参戦し、1978年には4勝を挙げチャンピオンを獲得。翌1979年よりヨーロッパF2にトールマンから参戦し、1980年にはランク2位を獲得している。

F1[編集]

トールマン時代[編集]

1981年、トールマンチームとともにF1に進出。第4戦サンマリノGPからエントリーするも新興チームということもあり苦戦し、予選落ちが続いた[1]。最終戦アメリカGPにてようやく予選を通過しデビューとなるが、決勝での完走はならなかった。

1982年も予選落ちこそ減少したものの、マシンに速さ・信頼性ともに足りない状況は変わらず、完走は2回だった(最高位:10位)。ただし第9戦オランダGPでは、初のFLをマークしている。またチームメイトのテオ・ファビに対し、予選で10勝3敗[2]と圧倒、予選落ちもファビの6回に対し2回に抑えた。

1983年には前年までと比べマシン性能が向上、開幕戦ブラジルGPでの5位グリッドをはじめ、予選では度々上位に食い込むようになる。決勝はトラブルの多さからリタイヤが多く、第11戦オーストリアGP終了時点では完走2回・入賞なしという状況だったが、第12戦オランダGPで4位初入賞。ここから勢いに乗り、最終戦南アフリカGPまで4戦連続入賞を果たした。チームメイトのブルーノ・ジャコメリに対しても、予選成績では12勝3敗、獲得ポイントでもジャコメリの1に対し9となった。

ルノー時代[編集]

ルノーRE50(1984年)

トールマンでの走りが認められ、1984年にはルノーに移籍。開幕戦ブラジルGPでは、中盤よりトップを走行するが、残り11周でサスペンショントラブルによりリタイヤ[3]。その後は2位2回・3位2回・4位1回・FL1回という成績を残し、予選でも3度の3位グリッドなど上位に食い込むが、勝利を手にすることはなかった。チームメイトのパトリック・タンベイに対しては、予選は10勝6敗と上回った[4]が、獲得ポイントでは下回っている。

1985年はチームが低迷し、入賞は5位2回・6位1回のみ、予選でも2桁グリッドが定位置となった(ベストは3度の6位グリッド)。チームメイトのタンベイに対しても、予選(7勝8敗)・決勝[5]ともに下回った。

ブラバム時代[編集]

1986年にはロータスへの移籍がほぼ確実視されながら、当時ロータスのNo.1ドライバーだったアイルトン・セナが、ワーウィックをチームメイトとすることを拒否[6]。これにより、ロータスはセナのチームメイトにジョニー・ダンフリーズを抜擢、ワーウィックは浪人のまま開幕を迎えることとなった。

その後、ブラバムから参戦していたエリオ・デ・アンジェリスが、ポール・リカールでのテスト中に事故死。第6戦カナダGPより、代役としてチームに加入することとなった。しかしこの年のマシン「BT55」は、低重心化を意識しすぎた結果バランスや熟成を欠いており苦戦、入賞を記録することはできなかった(最高位:7位)。チームメイトのリカルド・パトレーゼに対しても、予選成績で3勝8敗だった。

アロウズ時代[編集]

1987年にはアロウズに移籍するが、入賞は5位・6位が1度ずつの計2回に終わった。チームメイトのエディ・チーバーに対しても、予選成績では9勝7敗で上回ったが、獲得ポイントでは下回っている(チーバーの8に対し3)。

1988年は予選でチーバーに12勝4敗と前年以上に差を付け、決勝でも4位4回・5位2回・6位1回とコンスタントに入賞。ポイントでもチーバーの6に対し17を記録[7]し、ランクで1984年同様ベストタイとなる7位となった。

1989年も残留。前年と比較すると劣るものの、5位3回・6位2回の計5度の入賞を記録。予選ではチーバーに14勝1敗、決勝でも獲得ポイントで上回った[8]。なお、第7戦フランスGPではカートの事故により負傷したため欠場した。

ロータス時代[編集]

1990年には、因縁のロータスに移籍。チームメイトは前年に欠場した際に代役を務めたマーティン・ドネリー。しかしこの時点で、ロータスのチーム力は1986年当時から大幅に低下しており、入賞は5位・6位が1回ずつと、思うような活躍はできなかった。

この年をもって、ワーウィックはF1からの一時引退を宣言。SWCへ転向することとなる。

SWC時代[編集]

ワーウィックはF1参戦中も、1986年から1991年まで、スポーツカーレースにジャガーで出走していた。F1のシートを失った後はスポーツカーレースに力を入れるようになり、1991年は3勝を挙げ、ランク2位を記録。また、ル・マン24時間レースでは4位に入った。

1992年にはプジョーチームの一員として、ヤニック・ダルマスマーク・ブランデルとともにル・マン24時間レースに勝利。これを含めた計3勝でSWCのチャンピオンとなるなど、成功を収めた。

F1復帰[編集]

フットワーク時代[編集]

前年の活躍をきっかけに、1993年にはフットワークからF1に復帰。前半戦の苦戦から一転し、後半戦に調子を上げるも、入賞は4位・6位がそれぞれ1回ずつとなった(ただし、チームメイトの鈴木亜久里はノーポイント)。予選では亜久里に9勝7敗だった。

結局、同年末にチームから放出され、F1からの引退を余儀なくされた。

F1引退後[編集]

F1引退後はイギリスツーリングカー選手権(BTCC)に出走し、1998年には1勝をマーク、さらに共同設立した888レーシングでボクスホールを走らせた。

2006年には、OBのF1ドライバーによるグランプリマスターズの、最初のシーズンに参加。

2011年8月25日に開かれたブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)の年次総会で会長に選ばれた。ワーウィクはデイモン・ヒルの後を継いでの会長就任は重責だと語ったが、BRDCが所有するシルバーストーン・サーキットのさらなる開発という差し迫った難題に取り組むことを楽しみにしているとも述べている。

一方で、前任者のヒルはF1ドライバーの経歴を持つワーウィックが自身の理想的な後任候補だったと言い、次のようにコメントしている。

「デレック・ワーウィックはプロのレーシングドライバーとして生活し、その中でもトップクラスに属していた。彼は勝つために必要なこと、負けた時の気持ちを分かっている。私はレーシングドライバーとして活動した者が常にこのクラブの舵を取るべきだと考えている」「デレックはプロのレーシングドライバーとしてその決断力と完全性を世界に示したように、必ずやこのクラブを同じように導いてくれるだろう。私はそう確信している。BRDCの次期会長に就任するにあたり、デレクに心からの祝辞を述べたい。今後の彼とクラブの成功をお祈りする」[9]

評価[編集]

長くF1に参戦したが、勝利を挙げることはなかった。未勝利ドライバーの中では最高のドライバーの1人という評価もある。

補足[編集]

  • 得意なスポーツはボウリングで、夫婦そろって腕前は中々のものだという。
  • 握力が強く、握られた相手の手が痺れると言われているほか、トールマン在籍時にマシンの車高を調整する鋼鉄製のレバーをあっさりとへし折ってしまったという逸話もある。
  • 滅多なことでは怒らない上、怒っても静かに怒る英国紳士を絵に描いたような性格とされる。
  • 古舘伊知郎が実況を担当した際にはその風貌や性格から「F1界の二谷英明」「顔面ビッグベン」「F1界の[英国屋]」と実況されていた。

レースでのエピソード[編集]

  • 1990年第12戦イタリアGPでは、オープニングラップの最終コーナーでコースアウト、フェンスに衝突後にマシンが横転する大クラッシュに遭うが無傷で生還。さらに、クラッシュ直後にインタビューマイクを向けた川井一仁に対し、「グージェルミンスリップストリームに入っていたんだけど…」と、ピットへと小走りしながら何事もなかったかのように冷静に状況を話した後、スペアカーに乗り込み再スタートへと向かい、そのタフネスぶりで周囲を驚嘆させた。
  • 1991年8月に、15歳年下でありイギリスF3000で開幕以来全勝を誇っており、翌年にF1進級が噂されていた弟のポール・ワーウィックが、オウルトンパークで行われていたイギリスF3000の事故で他界。この年の末から、英国の優秀な若手レーサーを表彰する「ポール・ワーウィック記念杯」が企画され、当時F3に参戦していたデビッド・クルサードが初代受賞者となった。
    • ポール死去の直後に参戦したSWCの予選中、メルセデス・C291ミハエル・シューマッハに進路を邪魔されたことに激怒してピットに殴り込んだ。しかし、捕まえ殴ろうとした寸前にシューマッハの顔を見ると弟を思い出し、思い留まったという。
  • 一度だけWRCにも参戦したことがある(1990年RACラリーでマシンはプロドライブ製のグループAスバル・レガシィ、成績は13位まで順位を上げていたが3日目にリタイアとなった)。
  • 1982年イギリスGPは、一時2位を走行するも41周目にリタイヤ、ドライブシャフトのトラブルが原因と発表された。しかし後日、実際にはスポンサーからテレビに映るように圧力がかかったため[10]、チームがドライバー承諾のもと、マシンが軽くなり速さを見せられるハーフタンクで走ったという経緯が判明した。結果的には、軽いマシンで予選16位から2位まで追い上げる過程で、TVに多く映り目的を達成した(76周中41周目に燃料切れ)[11]

レース戦績[編集]

F1[編集]

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1981 トールマン TG181 USW
BRA
ARG
SMR
DNQ
BEL
DNQ
MON
DNPQ
ESP
DNQ
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
AUT
DNQ
NED
DNQ
ITA
DNQ
CAN
DNQ
LVS
Ret
NC 0
1982 TG181C RSA
Ret
BRA
DNQ
USW
DNPQ
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
DNQ
USE
CAN
NED
Ret
GBR
Ret
FRA
15
GER
10
AUT
Ret
SUI
Ret
32位 0
TG183 ITA
Ret
LVS
Ret
1983 TG183B BRA
8
USW
Ret
FRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
BEL
7
USE
Ret
CAN
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
4
ITA
6
EUR
5
RSA
4
14位 9
1984 ルノー RE50 BRA
Ret
RSA
3
BEL
2
SMR
4
FRA
Ret
MON
Ret
CAN
Ret
USE
Ret
USA
Ret
GBR
2
GER
3
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
EUR
11
POR
Ret
7位 23
1985 RE60 BRA
10
POR
7
SMR
10
MON
5
CAN
Ret
USA
Ret
FRA
7
14位 5
RE60B GBR
5
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
BEL
6
EUR
Ret
RSA
AUS
Ret
1986 ブラバム BT55 BRA
ESP
SMR
MON
BEL
CAN
Ret
USA
10
FRA
9
GBR
8
GER
7
HUN
Ret
AUT
DNS
ITA
Ret
POR
Ret
MEX
Ret
AUS
Ret
21位 0
1987 アロウズ A10 BRA
Ret
SMR
11
BEL
Ret
MON
Ret
USA
Ret
FRA
Ret
GBR
5
GER
Ret
HUN
6
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
13
ESP
10
MEX
Ret
JPN
10
AUS
Ret
16位 3
1988 A10B BRA
4
SMR
9
MON
4
MEX
5
CAN
7
USA
Ret
FRA
Ret
GBR
6
GER
7
HUN
Ret
BEL
5
ITA
4
POR
4
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
8位 17
1989 A11 BRA
5
SMR
5
MON
Ret
MEX
Ret
USA
Ret
CAN
Ret
FRA
GBR
9
GER
6
HUN
10
BEL
6
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
9
JPN
6
AUS
Ret
10位 7
1990 ロータス 102 USA
Ret
BRA
Ret
SMR
7
MON
Ret
CAN
6
MEX
10
FRA
11
GBR
Ret
GER
8
HUN
5
BEL
11
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
Ret
14位 3
1993 フットワーク FA13B RSA
7
BRA
9
16位 4
FA14 EUR
Ret
SMR
Ret
ESP
13
MON
Ret
CAN
16
FRA
13
GBR
6
GER
17
HUN
4
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
15
JPN
14
AUS
10

WSPC,WSC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1986 シルクカット・ジャガー ジャガー・XJR-6 C1 MON
Ret
SIL
1
LMN
Ret
NOR
3
BRA
4
JER
3
NÜR
DNS
SPA
FUJ
3
3位 66
1991 シルクカット・ジャガー ジャガー・XJR-14 C1 SUZ
NC
MON
1
SIL
1
NÜR
MAG
5
MEX
6
AUT
2
2位 79
ジャガー・XJR-12 C2 LMN
4
1992 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 C1 MON
2
SIL
1
LMN
1
DON
2
SUZ
1
MAG
5
1位 98

カーナンバー(F1)[編集]

  • 36(1981年第4〜15戦)
  • 35(1982年第1〜6.9戦〜1983年)
  • 16(1984年〜1985年第1〜14.16戦)
  • 8 (1986年第6〜16戦)
  • 17(1987年.1988年)
  • 9 (1989年第1〜6.8〜16戦.1993年)
  • 11(1990年)

注釈[編集]

  1. ^ 予備予選が存在した第6戦モナコGPでは予備予選落ち。
  2. ^ ワーウィックが予備予選落ちを喫した第6戦モナコGPは、ファビは不参加だった。
  3. ^ ニキ・ラウダが、ワーウィックを抜く際に必要以上に幅寄せした際、接触したことに起因するものだった。
  4. ^ ただし、タンベイは第5戦フランスGPPPを獲得している。
  5. ^ タンベイが2度の3位表彰台などで11ポイントを獲得したのに対し、5ポイント。
  6. ^ 自分とワーウィックの実力が拮抗しているため、チームが自分をエースとして盛り立ててくれなくなることを危惧したと言われている。
  7. ^ ただし、チーバーが3位表彰台を記録しており、最高位では下回っていた。
  8. ^ チーバーの6に対し7。ただし、この年もチーバーは3位表彰台を記録していた。
  9. ^ http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/57197.html/ BRDC会長に選任されたワーウィック - ESPN F1・2011年8月26日
  10. ^ 、マシンの信頼性が低く普通に走っては誰にも気づかず終わってしまうため。
  11. ^ GRAND PRIX SPECIAL』2008年8月号P76〜77』

関連項目[編集]

スポーツのタイトル
先代:
フォルカー・ヴァイドラー
ジョニー・ハーバート
ベルトラン・ガショー
ル・マン24時間勝者
1992 with:ヤニック・ダルマス
マーク・ブランデル
次代:
ジェフ・ブラバム
ジャン=クリストフ・ブシュー
エリック・エラリー