RAM (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RAM
参戦年度 1983 - 1985
出走回数 31
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1983年ブラジルGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1985年ヨーロッパGP
テンプレートを表示

RAMRAM Racing)はかつてF1に出走していたチームおよびコンストラクターである。1976年から1977年1980年から1982年はチームとして、1983年から1985年まではコンストラクターとして参戦。

歴史[編集]

1976年にブラバムからBT44Bを購入。スペインGPから参戦開始。1977年にはシャーシをマーチ761にスイッチしたが、完走は少なく、予選落ちが多かった。この年をもっていったんF1から撤退する。

1980年にウィリアムズFW07,FW07Bを購入し、イギリスGPから復帰したが、完走を4度記録するもノーポイントとなる。

1981年から、マーチがF1に復帰する形でマーチ811を使用。811はFW07と酷似していた。しかしこのシーズンも精彩を欠き、デレック・デイリーがイギリスGPで記録した7位が最高位となった。

1982年型のシャーシであるマーチ821は、811からエイドリアン・レイナードによって大幅な改良が加えられ、ロスマンズを新たにメインスポンサーとして迎えたが、結局このシーズンもノーポイントに終わり、ロスマンズはシーズン終了と共にスポンサーから撤退してしまった。


1983年から、マーチに代わってコンストラクター名もRAMとして参戦。この年のマシンであるRAM01は別名マーチ831と呼ばれる。マーチが設計したものを引き継いだからである。1982年いっぱいで撤退したロスマンズの代わりとなる大型スポンサーを見つけることができず、複数の小スポンサーと契約をせざるを得なかった。カナダGPではジャック・ヴィルヌーヴSr.がスポット参戦。しかし結果は予選落ちだった。この年完走したのは開幕戦と最終戦のみでそれ以外はリタイヤ1回と予選落ち12回という結果に終わった。

1985年ドイツGPでマンフレッド・ヴィンケルホックがドライブするRAM03

1984年から1985年は大型スポンサーとして、アメリカのタバコ会社、スコール・バンディットを獲得。車体は濃い緑色となった。

1984年は、開幕2戦をフィリップ・アリオーが02で、ジョナサン・パーマーが01で出走、第3戦から両ドライバーが02で出走した。この年からエンジンをフォード・コスワース・DFVエンジン(V8)からハート直4ターボに変更した。この年参戦したドライバー3人あわせて19回ものリタイヤを喫した。

1985年も前年の体制を継続し、開幕戦から新型マシンRAM03を投入したが、この年も参戦したドライバー3人あわせて19回ものリタイヤとなり、結局ノーポイントに終わる。

1986年はドライバーはマイク・サックウェル、マシンは前年型のRAM03の改良版を使用して参戦継続を企画していたが、資金的なめどがつかなかったため継続を断念。チームは解散した。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング ポイント
1976年 RAM・レーシング
RAM・レーシング・ウィズ・ラヴァッツァ
ブラバムBT44B G フォードDFV - エミリオ・デ・ヴィロタ
ロリス・ケッセル
パトリック・ネーヴェ
ジャック・ネルマン
ダミアン・マギー
ボブ・エバンス
レラ・ロンバルディ
- 0p
1977年 ブリティッシュ・フォーミュラ1・レーシング・チーム マーチ761 G フォードDFV - ボイ・ハイエ
ミッコ・コザロウィットスキー
アンディ・サトクリフ
ミハエル・ブリークモレン
- 0p
1980年 RAM/ペントハウス・リツラ・レーシング
RAM/レインボー・ジャン・レーシング
ウィリアムズFW07,FW07B G フォードDFV - ルパート・キーガン
ケビン・コーガン
ジェフ・リース
- 0p
1981年 マーチ・グランプリ・チーム マーチ811 M


A

フォードDFV バルボリン デレック・ダリー
エリセオ・サラザール
- 0p
1982年 マーチ・グランプリ・チーム
ロスマンズ・マーチ・グランプリ・チーム
マーチ821 P フォードDFV バルボリン ヨッヘン・マス
ルパート・キーガン
ラウル・ボーセル
エミリオ・デ・ヴィロタ
- 0p
1983年 RAM・オートモーティブ・チーム・マーチ 01(マーチ831) P フォードDFV バルボリン エリセオ・サラザール
ジャック・ヴィルヌーヴSr.
ケネス・アチソン
ジャン=ルイ・シュレッサー
18 0p
1984年 スコール・バンディット・フォーミュラ1・チーム 01,02 P ハート415T シェル フィリップ・アリオー
ジョナサン・パーマー
マイク・サックウェル
16 0p
1985年 スコール・バンディット・フォーミュラ1・チーム 03 P ハート415T シェル マンフレッド・ヴィンケルホック
フィリップ・アリオー
ケネス・アチソン
13 0p

*斜体になっているドライバーはスポット参戦など


関連項目[編集]