マンフレッド・ヴィンケルホック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンフレッド・ヴィンケルホック
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ヴァイブリンゲン
生年月日 1951年10月6日
没年月日 1985年8月12日(満33歳没)
F1での経歴
所属チーム '80 アロウズ
'82-'84 ATS
'84 ブラバム
'85 RAM
活動時期 1980,1982 - 1985
出走回数 56 (47 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1980年イタリアGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1985年ドイツGP
テンプレートを表示

マンフレッド・ヴィンケルホックManfred Winkelhock, 1951年10月6日 - 1985年8月12日)は、ドイツ・ヴァイブリンゲン出身のレーシングドライバーである。名は「マンフレート」、姓は「ビンケルホック/ウィンケルホック」などと表記されることもある。

略歴[編集]

1980年F2に参戦する傍ら、負傷欠場のヨッヘン・マスの代役としてアロウズからF1に1戦のみスポット参戦(予選落ち)。また同年に行われたニュルブルクリンクでのF2レースではジャンピングスポット状の坂で何度も縦回転する程の激しいクラッシュを起こすが、奇跡的にほぼ無傷の状態で生還した。

(この大事故の模様は、本人へのインタビュー映像と共に映画「ウイニングラン」で見ることが出来る(当時のTVCMでも、ジル・ヴィルヌーヴの死亡事故に続いて流されていた。また映画のオリジナル・サウンドトラック盤解説にも、「空中大回転クラッシュ」と紹介されている)。映像では空中高く舞い上がる直前のマシン左フロントウイングが歪んでいるようにも見えるが、本人は「マシンに問題は無かった。原因は自分のシフトミス」と答えている。また「今までに色んな事故を経験したが、クルマのことを考えなかったのは初めて。今回は我が身の危険を感じた‥馬鹿げてるだろ?」と語り、ナレーションが「彼の冷静さが自らの命を救った。」と結んでいる。)

翌年のF1出走は無かったが、1982年にBMWのサポートを受けATSのレギュラーシートを獲得。第2戦ブラジルGPでは、ネルソン・ピケケケ・ロズベルグの失格による繰り上げではあったが5位入賞を果たした。しかしマシンの信頼性がシーズンを通してなかなか上がらず、レースでは入賞はおろか完走することもままならない状況で、この年の入賞は先述のブラジルGPのみ、完走もそのレースを含む僅か4戦に留まった。第4戦サンマリノGPでは入賞圏内の6位でチェッカーを受けたものの、重量規定違反で失格となっている。 ATSには1984年シーズンまで在籍したが、マシンの信頼性は一向に上がらず、予選では時折上位に入ることがあるものの決勝ではリタイアという状態が続いた。 1984年の最終戦のみ、F1と並行してCARTにも参戦していたテオ・ファビの代役としてブラバムから出走している。

RAM時代(1985年ドイツグランプリ)

1985年はATSが前シーズンをもってF1から撤退してしまったためRAMと契約。またF1と並行してWEC(世界耐久選手権)にマルク・スレールとコンビを組んで参戦。F1では信頼性の低いマシンに手を焼いていたが、こちらでは開幕戦のムジェロ1000kmで2位、続く第2戦モンツァ1000kmで優勝を飾るなど、好調を見せていた。

事故死[編集]

しかしWECの第6戦として行われたモスポート1000kmのレース中、83周目走行中に2コーナーでコースアウトし、コンクリートウォールにTボーンクラッシュ(現場写真)。 マシンは前部が完全に潰れてしまい、ヴィンケルホックはマシンから救出されたもののクラッシュの際に負った頭部と両足の損傷が激しく、翌日死亡した。33歳没。

家族[編集]

弟のヨアヒムや息子のマルクスもレーシングドライバーで、共にF1参戦経験も持っている。

ヨアヒムの方は決勝に出走することはできなかったが、マルクスがデビュー戦となった2007年ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)で最後尾スタートながらピット戦略と雨の影響で一時的ながらラップリーダーとなる走りを見せた。

F1での全記録[編集]

(key)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC Points
1980 Warsteiner Arrows アロウズ A3 コスワース V8 ARG BRA RSA USW BEL MON FRA GBR GER AUT NED ITA
DNQ
CAN USA NC 0
1982 Team ATS ATS D5 コスワース V8 RSA
10
BRA
5
USW
Ret
SMR
DSQ
BEL
Ret
MON
Ret
DET
Ret
CAN
DNQ
NED
12
GBR
DNQ
FRA
11
GER
Ret
AUT
Ret
SUI
Ret
ITA
DNQ
CPL
NC
24位 2
1983 Team ATS ATS D6 BMW 直4 BRA
16
USW
Ret
FRA
Ret
SMR
11
MON
Ret
BEL
Ret
DET
Ret
CAN
9
GBR
Ret
GER
DNQ
AUT
Ret
NED
DSQ
ITA
Ret
EUR
8
RSA
Ret
NC 0
1984 Team ATS ATS D7 BMW 直4 BRA
EX
RSA
Ret
BEL
Ret
SMR
Ret
FRA
Ret
MON
Ret
CAN
8
DET
Ret
DAL
8
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
DNS
NED
Ret
ITA
DNS
EUR NC 0
MRD International ブラバム BT53 BMW 直4 POR
10
1985 Skoal Bandit F1 Team RAM 03 ハート 直4 BRA
13
POR
NC
SMR
Ret
MON
DNQ
CAN
Ret
DET
Ret
FRA
12
GBR
Ret
GER
Ret
AUT NED ITA BEL EUR RSA AUS NC 0

関連項目[編集]