エリセオ・サラザール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリセオ・サラサール
Eliseo Salazar 1982.jpg
基本情報
フルネーム エリセオ・サラサール・バレンスエラ
国籍 チリの旗 チリ
出身地 同・サンティアゴ
生年月日 1954年11月14日(60歳)
F1での経歴
所属チーム マーチ, RAM,
エンサイン, ATS
活動時期 1981 - 1983
出走回数 24
優勝回数 0
通算獲得ポイント 3
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1981年アメリカ西GP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1983年アメリカ西GP
タイトル -
テンプレートを表示

エリセオ・サラサール・バレンスエラ西: Eliseo Salazar Valenzuela1954年11月14日 - )は、チリ共和国の元レーシングドライバー。F1出走歴を持つ唯一のチリ人でもある。

経歴[編集]

1978年・1979年はブラジルF3に参戦した。1979年にイギリス・スラクストンでのF3レースを観戦した後にヒッチハイクをしていると、ネルソン・ピケと遭遇した[1]。ピケはサラザールをラルトロン・トーラナックに紹介した[1]1980年はF5000シリーズに参戦、3勝を記録しランキング2位となった。

ピケと遭遇したことに関して、サラザールは「あれほどの幸運は後にも先にもない」と後に振り返っている[1]

F1[編集]

1981年よりマーチからF1参戦。第4戦サンマリノGPにて23位で予選を通過しデビューとなるが、決勝はリタイヤ。マーチからは6戦出走したが、決勝進出はこれが唯一となった。第7戦スペインGPよりエンサインに移籍、第12戦オランダGPで6位に入り、初入賞を記録した。

1982年はATSから出走、第4戦サンマリノGPで5位に入賞している。1983年はRAMから出走するが、開幕戦を15位で完走した後、続くアメリカ西GPではリタイヤ、その後4戦は予選落ちとなり、チームから離脱した。

F1後[編集]

F1離脱後、国際F3000IMSACARTIRL等に参戦。特に、IRLではトップドライバーの1人として活躍した。

補足・エピソード[編集]

1982年のドイツGPでは、トップ走行中のネルソン・ピケに周回遅れにされる際、ブレーキングミスから接触し、両者リタイヤ。この際、優勝をフイにされたピケが叫びながらサラザールに近づき、ピケに突き飛ばされ蹴られそうになる一部始終が、テレビカメラを通して全世界に流れることになった[1]

この年、ピケはマシンの不安定さなどから予選落ちまで喫すほど不調であり、シーズン1勝しか挙げていなかった。ドイツGPは、その中で巡って来た2勝目のチャンスであり、それをフイにされ怒ったとされる。また、前述の通り元々ピケはサラザールに目をかけた人物であり(サラザール自身は、現在でも感謝の意を示している)、そのことで「恩を仇で返された」と感じたのでは、との意見もある。

2005年には、グランプリマスターズにも出走している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『F1RACING 2010年5月情報号』 三栄書房2010年、p.65。ISBN 9784779609138
[ヘルプ]

関連項目[編集]