1986年オーストラリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストラリアの旗 1986年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Adelaide (long route).svg
日程 1986年シーズン第16戦
決勝開催日 10月26日
開催地 アデレード市街地コース
オーストラリア アデレード
コース長 3.778km
レース距離 82周(309.796km)
決勝日天候 ドライ
ポールポジション
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1:18.403
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
タイム 1'20.787(Lap 82)
決勝順位
優勝 フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1:54'20.388
2位 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ
3位 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン

1986年オーストラリアグランプリは、1986年F1世界選手権の第16戦として、1986年10月26日アデレード市街地コースで開催された。

概要[編集]

前戦メキシコGPを終え、ランキングトップは有効ポイント70のナイジェル・マンセル、2位は有効ポイント64のアラン・プロスト、3位は63ポイントのネルソン・ピケだった。プロストとピケがタイトルを獲得するための条件は、いずれも優勝しなければならず、その上でマンセルが4位以下というものだった。プロストが優勝してマンセルが3位の場合は両者が有効ポイント72で並ぶものの、優勝回数の差でマンセルがタイトルを獲得する計算だった。

予選[編集]

金曜日の予選セッションは途中で雨が降り始めたため、実質的なタイム争いは土曜日に行われた。土曜日の予選ではマンセルがトップタイムを記録し、シーズン2度目のポールポジションを獲得した。タイトルを争うピケは2位、プロストは4位となった。プロストのチームメイト、ケケ・ロズベルグは初日にはグリップが突然失われると訴え、予選は7位に終わった。

決勝[編集]

マンセルはスタートに失敗してアイルトン・セナネルソン・ピケに抜かれ、オープニングラップのバックストレートでケケ・ロズベルグにも抜かれ4位に後退した。

間もなくロズベルグはトップに立ち、後続を引き離し始めた。プロストはセナとマンセルを抜き3位に上がると、ピケのスピンによりロズベルグに続く2位に上がり、マクラーレンが1-2を占めた。

32周目、プロストがゲルハルト・ベルガーをラップしようとしたときに両者が接触した。パンクに見舞われたプロストはピットに入りタイヤを交換した。レース前、グッドイヤーのエンジニアは各チームにタイヤ交換を推奨していたが、取り外されたプロストのタイヤを確認するとタイヤ交換の必要は無いと見解を変更した[1]

63周目にロズベルグがタイヤトラブルでストップし、タイトルを争う3人が上位3台を占めた。これでタイヤ交換をしていないウィリアムズの1-2となったが、次の周にはマンセルもタイヤトラブルに見舞われた。マンセルのウィリアムズは最高速を記録するバックストレートでリアタイヤがバーストしたが、マンセルはマシンをコントロールし、どこにもクラッシュすることなくランオフエリアに停車することに成功した。ただし、マンセルはこれでレースをリタイヤした。

ロズベルグとマンセルのタイヤトラブルの直後、ウィリアムズチームは再度見解を変更したグッドイヤーのアドバイスに従い[1]、1位を走行するピケをピットに呼び寄せタイヤ交換を行った。

17周を残してトップはプロストのものとなったが、プロストは燃費に問題を抱えていた。プロストは「残り15周の間、ずっと燃料が5リットル不足すると残量計が示していたが、どうしても勝たなければならなかったので、コンピュータが間違っていると自分に言い聞かせてプッシュし続けた。ゴールしたとき、コンピュータはまだ5リットル不足と表示していた」という[2]。プロストはピケの猛追をかわし4秒差をつけて優勝し、2年連続のドライバーズタイトルを獲得した。ピケは最終周にファステストラップを記録し、これは前年の記録を3秒縮めるものだった。

この勝利でプロストの通算勝利数は25となり、前年までのチームメイトニキ・ラウダの記録に並んだ。

結果[編集]

予選結果[編集]

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'19.255 1'18.403
2 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'20.088 1'18.714
3 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 1'21.302 1'18.906
4 1 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'19.785 1'19.654
5 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェルノー 1'20.491 1'19.976
6 20 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー ベネトンBMW 1'22.260 1'20.554
7 2 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ マクラーレンTAG 1'21.295 1'20.778
8 26 フランスの旗 フィリップ・アリオー リジェルノー 1'22.765 1'20.981
9 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'21.709 1'21.747
10 4 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ ティレルルノー 1'23.262 1'21.720
11 23 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'23.476 1'22.012
12 28 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン フェラーリ 1'22.050 1'22.309
13 19 イタリアの旗 テオ・ファビ ベネトンBMW 1'22.584 1'22.129
14 11 イギリスの旗 ジョニー・ダンフリーズ ロータスルノー 1'23.786 1'22.664
15 15 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ローラフォード - 1'22.796
16 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルルノー 1'24.061 1'23.004
17 16 フランスの旗 パトリック・タンベイ ローラフォード 1'24.584 1'23.008
18 24 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'25.953 1'23.052
19 7 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'23.396 1'23.230
20 8 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ブラバムBMW 1'23.552 1'23.313
21 14 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ザクスピード 1'24.509 1'23.476
22 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 1'24.768 1'24.295
23 29 オランダの旗 ヒューブ・ロテンガッター ザクスピード 1'25.746 1'25.181
24 17 ドイツの旗 クリスチャン・ダナー アロウズBMW 1'25.296 1'25.233
25 21 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 3'03.680 1'25.257
26 22 カナダの旗 アレン・バーグ オゼッラアルファ・ロメオ 1'28.912 1'27.208

決勝結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 1 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンTAG 82 1:54'20.388 4 9
2 6 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 82 + 4.205 2 6
3 28 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン フェラーリ 81 +1 Lap 12 4
4 3 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ティレルルノー 81 +1Lap 16 3
5 4 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ ティレルルノー 80 燃料切れ 10 2
6 11 イギリスの旗 ジョニー・ダンフリーズ ロータスルノー 80 +2 Laps 14 1
7 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェルノー 79 +3 Laps 5  
8 26 フランスの旗 フィリップ・アリオー リジェルノー 79 +3 Laps 8  
9 14 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ザクスピード 77 +5 Laps 21  
10 19 イタリアの旗 テオ・ファビ ベネトンBMW 77 +5 Laps 13  
NC 16 フランスの旗 パトリック・タンベイ ローラフォード 70 規定周回数不足 17  
リタイヤ 5 イギリスの旗 ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 63 タイヤ 1  
リタイヤ 7 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 63 電気系 19  
リタイヤ 2 フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ マクラーレンTAG 62 タイヤ 7  
NC 22 カナダの旗 アレン・バーグ オゼッラアルファ・ロメオ 61 規定周回数不足 26  
リタイヤ 8 イギリスの旗 デレック・ワーウィック ブラバムBMW 57 ブレーキ 20  
リタイヤ 17 ドイツの旗 クリスチャン・ダナー アロウズBMW 52 エンジン 24  
リタイヤ 18 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン アロウズBMW 50 エンジン 22  
リタイヤ 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ ロータスルノー 43 エンジン 3  
リタイヤ 23 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス ミナルディモトーリ・モデルニ 40 メカニカル 11  
リタイヤ 20 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー ベネトンBMW 40 エンジン 6  
リタイヤ 29 オランダの旗 ヒューブ・ロテンガッター ザクスピード 29 サスペンション 23  
リタイヤ 15 オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ ローラフォード 16 エンジン 15  
リタイヤ 24 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 10 アクシデント 18  
リタイヤ 21 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ オゼッラアルファ・ロメオ 2 トランスミッション 25  
リタイヤ 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 0 アクシデント 9  
  • 予選、決勝順位は、公式サイト[3]および AUTOCOURSE 1986-1987[4] より。

記録[編集]

  • 最終F1グランプリ:アラン・ジョーンズ、パトリック・タンベイ、ケケ・ロズベルグ、ジョニー・ダンフリーズ、ヒューブ・ロテンガッター、アレン・バーグ

脚注[編集]

  1. ^ a b Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. pp.190-191. ISBN 0-905138-44-9. 
  2. ^ AUTOCOURSE 1986-87. pp. p.186. 
  3. ^ 1986 Australian Grand Prix”. 2008年8月25日閲覧。
  4. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. p260. ISBN 0-905138-44-9. 

関連項目[編集]

前戦
1986年メキシコグランプリ
FIA F1世界選手権
1986年シーズン
前回開催
1985年オーストラリアグランプリ
オーストラリアの旗 オーストラリアグランプリ 次回開催
1987年オーストラリアグランプリ