アロウズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロウズ(フットワーク)
参戦年度 1978 - 2002
出走回数 301 (アロウズ)
81 (フットワーク)
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 142 (アロウズ)
25 (フットワーク)
表彰台(3位以内)回数 8 (アロウズ)
1 (フットワーク)
ポールポジション 1 (アロウズ)
0 (フットワーク)
ファステストラップ 1 (アロウズ)
0 (フットワーク)
F1デビュー戦 1978年ブラジルGP
初勝利
最終勝利
最終戦 2002年ドイツGP
テンプレートを表示

アロウズArrows)は、かつてF1に出走していたチームおよびコンストラクターである。チーム名の由来は、チーム設立にかかわった、フランコ・アンブロジオ(A)、アラン・リース(R)、ジャッキー・オリバー(O)、デイブ・ウォス(W)、トニー・サウスゲイト(S)の頭文字をとったものである。

歴史[編集]

チーム設立[編集]

1977年の末に、シャドウチームからリース・オリバー・ウォス・サウスゲイトが独立する形でチームが設立された。ドライバーは新鋭のリカルド・パトレーゼをシャドウから引き抜いた。ロータスからグンナー・ニルソンも移籍してきたが、精巣癌のため参戦を断念、ロルフ・シュトメレンと交代した。また、デビューイヤーを戦うマシンとして「FA1」を製作したが、これはシャドウの「DN9」と酷似していたことから、コピーではないかとのクレームが出された。結局、アロウズはこの訴訟に敗北し、1978年シーズンの終盤に再設計した「A1」をデビューさせることとなる。

中堅チーム[編集]

1978年のスウェーデンGP1980年アメリカ西GPで2位入賞、1981年のアメリカ西GPではポールポジションを獲得するなど、パトレーゼが時折印象に残る成績を残すこともあったが、コンストラクターズランキングでは中位から下位といったポジションがほとんどであった。

最盛期[編集]

2008年グッド・ウッド・フェスティバルでエディー・チーバーがドライブするA10B

その後、1980年代中盤にアメリカ損害保険会社のUSF&Gがメインスポンサーにつき、財政状況が向上した。

この様な状況の変化を受けたアロウズがコンストラクターズランキングで最も上位になったのは、メガトロンエンジン(BMWの市販バージョン)を搭載した1988年であった。この年はデレック・ワーウィックがコンスタントにポイントを獲得し、エディー・チーバーイタリアGPで3位表彰台を獲得した。最終的な順位は4位であったが、実はシーズン最終戦を終えた時点では6位となっていた。

しかし、ベルギーGPベネトンの燃料規定違反による失格裁定が確定すると、このレースで7、8位フィニッシュしていたアロウズが繰上げで5、6位となり、この3ポイントがきいて、同点で並んでいたウィリアムズや2点先行していたマーチをかわし、ロータスと並ぶコンストラクターズ4位に躍進することとなった(当時は現在と異なり、ポイント圏外の成績までを考慮した順位ではなかった)。

ターボエンジンが禁止された翌1989年は、コスワースの市販エンジンを搭載し勢いは落ちたものの、マシンバランスはよく、ワーウィックがところどころで光る走りを見せた。

フットワーク時代[編集]

1990年日本の運送会社のフットワークがメインスポンサーとなり、後にフットワークがチームを買収した。翌年の1991年からは、チームとして、1992年からはコンストラクターとしても「フットワーク」を名乗った。

1991年には、かつてマクラーレンと組んでチャンピオンを獲得していたポルシェのエンジンを使用してシーズンをスタートしたが、このエンジンはかつてのV6エンジンを単純に2つ並べてつなげた程度の代物で、当初チームに知らされていた寸法と実際に届けられたエンジンの寸法が異なるという前代未聞のエンジンであった。さらに他のエンジンに比べて大きくて重いため、シーズン途中で前年まで使用していたコスワースDFRエンジンに換装するというドタバタを演じた。 当然この年の成績は振るわず、F1参戦以来初(結果的には25年間で唯一)となる年間ノーポイントに終わった。

井上隆智穂がドライブするFA16(1995年)

1992年には無限のエンジンを使用。これに伴い、鈴木亜久里がチームに加わる。エースドライバーのミケーレ・アルボレートがリタイアわずか2回という堅実な走りでチームを引っ張った。7位が6回とすんでのところでポイント獲得を逃すことが多かったものの、対照的に、亜久里は駆動系などにトラブルを多く抱え、シャシーも長身の亜久里に合わないなどの問題があり、入賞することが出来なかった。但し、当時はまだHパターンのギヤボックスが主流であった中、シーケンシャルタイプのギヤボックスを開発するなど技術的な進歩も見られた。

1993年にはシーズン途中でマクラーレンからアクティブ・サスなどのハイテク装置を購入すると、それまでと比べ予選順位が両ドライバー(3年ぶりF1復帰のワーウィックと残留した亜久里)とも10ポジション程度アップした。弱点であったハンドリング不良が消えて戦闘力は大幅に増したが、レースではギアボックスにトラブルが続出してなかなか結果に結びつかなかった。

そしてシーズン終了後、フットワークの業績悪化からチームを手放さざるをえなくなり、ジャッキー・オリバーが再びチームオーナーとなった。以降チーム名は以前のアロウズを名乗ったが、コンストラクターとしては1996年までフットワークと名乗り続けることになる。1995年には日本人の井上隆智穂を起用したが入賞もままならないなど低迷期を迎えることとなる。

TWR時代[編集]

1996年の序盤に、ベネトンやリジェを率いていたトム・ウォーキンショーがチーム買収に成功。チーム運営もスポーツカーレースで数々の好成績を収めていた「トム・ウォーキンショー・レーシング(TWR)」が行うこととなり、コンストラクターズ名称もアロウズに戻った。

1997年には、著名デザイナーのジョン・バーナードと、前年にウィリアムズでチャンピオンになったデイモン・ヒルを獲得し、A18はカーナンバー"1"を纏った。エンジンはヤマハ、タイヤはブリヂストンと奇しくも日本関連の陣容となった。開幕当初はヒルをもってしても苦戦が続いていたが、ハンガリーGPで快走を見せ、ファイナルラップ途中でマシントラブルによりジャック・ヴィルヌーヴに抜かれるまではトップを独走していた(最終的には2位でフィニッシュ)。

しかし、TWR傘下のハートとの軋轢からヤマハが撤退し、ヒルも1年限りで移籍。バーナードの意欲作A19も成功しなかった。1999年はナイジェリアのマリク王子と投資銀行モルガン・グレンフェルが経営参加し、「t-minus(ティーマイナス)」という謎のブランドを提唱。日本人ドライバーの高木虎之介が加入したが、予選ではバックマーカーが定位置となりチームとしてわずか1ポイントの獲得に終わる。

2000年Orangeのメインスポンサーを獲得し、スーパーテックエンジンを搭載。直線スピードの速いA21で意外な好走を見せた。

2001年にはプジョー改めアジアテックエンジンの無償供給を受けるものの、成績は低迷。わずか1ポイントの獲得に終わる。

2002年はフォード・コスワースCRエンジンのカスタマー供給を受け、さらにはニューマシンA23の出来が良く、新加入のハインツ=ハラルド・フレンツェンがしばしば好走を見せたが、資金難は悪化する一方でモナコGPでは撤退の話が出た。当時ウォーキンショー代表は明確に撤退を否定したが、イギリスGPで再度撤退するのではないかとの噂が流れた。次戦のフランスGPでは両ドライバー共に予選アタックを全開で行うことなく「予定通り」に予選不通過となる。結局、ドイツGPを最後に一時休止の決断をするが、その後復活を果たすことなく、足掛け25シーズンにわたるアロウズのF1参戦は終止符を打った。

その後[編集]

TWRの倒産後、アロウズの工場はアメリカのメナード・エンジニアリングが購入し運営を行っており、2006年から2008年にかけてF1に参戦していたスーパーアグリF1チームが、同工場を活動拠点として使用していた(メナードからのリース)。他にもスーパーアグリは、初年度のマシンとなる「SA05」「SA06」に2002年にアロウズが使用した「A23」のモノコックを流用していたほか、スタッフも旧アロウズに所属していた人間が多数を占めるなど、アロウズと密接な関係を持っていた。

変遷表[編集]

エントリー名 車体型番 タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1978年 アロウズ・レーシング・チーム FA1,A1 G フォードDFV フィナ リカルド・パトレーゼ
ロルフ・シュトメレン
9 0
1979年 ウォルスタイナ・アロウズ・レーシング・チーム A1B,A2 G フォードDFV バルボリン リカルド・パトレーゼ
ヨッヘン・マス
9 0
1980年 ウォルスタイナ・アロウズ・レーシング・チーム A3 G フォードDFV バルボリン リカルド・パトレーゼ
ヨッヘン・マス
マイク・サックウェル
マンフレッド・ヴィンケルホック
7 0
1981年 ラグノ・アロウズ・ベータ・レーシング・チーム A3 M


P

フォードDFV バルボリン リカルド・パトレーゼ
ジークフリート・ストール
ジャック・ヴィルヌーヴSr.
8 0
1982年 アロウズ・レーシング・チーム A4,A5 P フォードDFV エルフ マウロ・バルディ
ブライアン・ヘントン
マルク・スレール
11 0
1983年 アロウズ・レーシング・チーム A6 G フォードDFV バルボリン マルク・スレール
チコ・セラ
アラン・ジョーンズ
ティエリー・ブーツェン
10 0
1984年 バークレイノルディカ・アロウズ・BMW A6,A7 G フォードDFV
BMW M12/13
ウィンターシャル
バルボリン
ティエリー・ブーツェン
マルク・スレール
9 0
1985年 バークレイ・アロウズ・BMW A8 G BMW M12/13 ウィンターシャル
カストロール
ゲルハルト・ベルガー
ティエリー・ブーツェン
8 0
1986年 バークレイ・アロウズ・BMW A8,A9 G BMW M12/13 ウィンターシャル
カストロール
ティエリー・ブーツェン
マルク・スレール
クリスチャン・ダナー
10 0
1987年 USF&G・アロウズ・メガトロン A10 G メガトロン(BMW)M12/13 ウィンターシャル
カストロール
デレック・ワーウィック
エディ・チーバー
7 0
1988年 USF&G・アロウズ・メガトロン A10B G メガトロン(BMW)M12/13 ウィンターシャル
カストロール
デレック・ワーウィック
エディ・チーバー
5 0
1989年 アロウズ・グランプリ・インターナショナル A10C,A11 G フォードDFR モービル デレック・ワーウィック
エディ・チーバー
マーティン・ドネリー
7 0
1990年 フットワーク・アロウズ・レーシング A11,A11B G フォードDFR エルフ ミケーレ・アルボレート
アレックス・カフィ
ベルント・シュナイダー
8 0
1991年 フットワーク・グランプリ・インターナショナル A11C,FA12 G ポルシェ3512
フォードDFR
シェル ミケーレ・アルボレート
アレックス・カフィ
ステファン・ヨハンソン
17 0
1992年 フットワーク・無限ホンダ FA13 G 無限MF351H BP ミケーレ・アルボレート
鈴木亜久里
7 0
1993年 フットワーク・無限ホンダ FA13B,FA14 G 無限MF351HB BP デレック・ワーウィック
鈴木亜久里
9 0
1994年 フットワーク・フォード FA15 G フォードHB8 エルフ クリスチャン・フィッティパルディ
ジャンニ・モルビデリ
9 0
1995年 フットワーク・ハート FA16 G ハート830 サソル ジャンニ・モルビデリ
井上隆智穂
マッシミリアーノ・パピス
8 0
1996年 フットワーク・ハート FA17 G ハート830 カストロール リカルド・ロセット
ヨス・フェルスタッペン
9 0
1997年 ダンカ・アロウズ・ヤマハ A18 B ヤマハ OX11A エルフ デイモン・ヒル
ペドロ・ディニス
8 0
1998年 ダンカ・ゼプタ・アロウズ A19 B アロウズT2-F1(ハート1030) エルフ ミカ・サロ
ペドロ・ディニス
7 0
1999年 アロウズ A20 B アロウズT2-F1(ハート1030) レプソル ペドロ・デ・ラ・ロサ
高木虎之介
9 0
2000年 アロウズF1チーム A21 B スーパーテックFB02 レプソル ヨス・フェルスタッペン
ペドロ・デ・ラ・ロサ
7 0
2001年 オレンジ・アロウズ・アジアテック A22 B アジアテックAT01 エルフ ヨス・フェルスタッペン
エンリケ・ベルノルディ
10 0
2002年 オレンジ・アロウズ A23 B コスワースCR-3 エルフ エンリケ・ベルノルディ
ハインツ=ハラルド・フレンツェン
11 0

*枝がついているチームに車体を供給(括弧内に供給した車体の型番を記載)
*斜体になっているドライバーはスポット参戦など

主な参戦ドライバー[編集]

関連項目[編集]