オゼッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オゼッラ 
参戦年度 1980 - 1990
出走回数 132
コンストラクターズ
タイトル
0 
ドライバーズタイトル 0 
優勝回数 0 
通算獲得ポイント 5 
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1980年南アフリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1990年オーストラリアGP
テンプレートを表示

オゼッラOsella Squadra Corse)は、1980年から1990年までF1に参戦していたレーシングチーム。

歴史[編集]

F1参戦前[編集]

1960年代、ビンチェンツォ(エンツォ)・オゼッラ(Vincenzo "Enzo" Osella)がレーシングカーチームを結成した。F2F3へ参戦後、1980年にF1に参戦を開始した。

F1[編集]

1980年[編集]

オゼッラはジョルジョ・スティラーノによる設計のFA1を製作、エンジンにフォードDFV、タイヤはグッドイヤーで参戦。ドライバーは前年度の国際F2で同チームから参戦していたエディ・チーバーを起用した。

しかしFA1は大型で重量が過多、そして信頼性もなく、予選落ちや、そうでなくても後方からのスタートでリタイアを繰り返していた。

それを受けて、シーズン途中で軽量化した改良型FA1Bを投入した。その結果、予選落ちこそしなくなったものの、第12戦イタリアグランプリで12位完走した以外はすべてリタイアしている。

1981年[編集]

この年から2台体制になる。シャシーは前年型FA1Bでまず戦い、第13戦からジョルジョ・バレンティーニ設計のFA1Cを投入する。タイヤはミシュランを履いた。

ドライバーはベッペ・ガビアーニミフエル・アンヘル・フェッラを起用した。

しかしシーズン序盤は予選通過すらままならず、第4戦限りでフェッラを解雇し、ピエルカルロ・ギンザーニで第5戦・第6戦、ジョルジオ・フランチアで第7戦を戦ったものの、3人合わせて予選通過は2回、完走はなかった。

その後1戦空けて、残り7戦で起用したジャン=ピエール・ジャリエはベテランらしい熟練した走りを見せ、毎回予選を通過、決勝で8位を2度記録するなど活躍した。一方のガビアーニは開幕戦以外全戦予選落ちだった。

1982年[編集]

ドライバーはジャリエと新人のリカルド・パレッティを起用した。

マシンは引き続きFA1Cを使用し、エンジンもDFVを継続した。タイヤはピレリを使用した。

ジャリエは、FISA-FOCA戦争の影響でFOCAを支持するチームの一部が欠場した第4戦サンマリノグランプリで予選9位、決勝4位でチーム初ポイントを獲得した。

第8戦カナダでは、ポールポジションのフェラーリのディディエ・ピローニがエンジンストールしスタートできず、そこに後方グリッドからスタートしたパレッティが追突した。救助活動中にパレッティのマシンから出火、炎上した。この事故でパレッティは死亡した(詳細はリカルド・パレッティ参照)。

パレッティを失ったチームは、第9戦以降ジャリエのみの1台体制で参戦したが、シーズン終盤にはリタイアを繰り返すなど、成績も低迷した。

1983年[編集]

ジャリエがリジェに移籍し、以前起用したギンザーニ、そして前年度国際F2チャンピオンコラード・ファビテオ・ファビの実弟)を起用する。

マシンは当初前年型の改良版FA1Dを使用、第4戦からはアルファ・ロメオV12NAエンジンを搭載したFA1Eトニー・サウスゲート設計)を投入した。しかし、資金難でFA1Eは1台しか用意できず、ファビはFA1Dを第10戦まで使い続けた。タイヤはミシュラン

アルファ・ロメオエンジンを使用したFA1Eは競争力アップの意図があったが、マシンとの相性が悪く、競争力も信頼性も低く、ともに初のF1フル参戦となる両ドライバーの完走は2人合わせて3回のみと成績は低迷した。

1984年[編集]

第9戦アメリカGPで5位を獲得したFA1Fとギンザーニ

ギンザーニは残留したがファビがブラバムに移籍し、1カーエントリーでシーズンに臨んだ。第4戦と第10戦以降最終戦までは、ヨー・ガルトナーが2台目としてエントリーされた。

マシンはアルファ・ロメオから買い取った前年型183Tを改良したFA1Fを使用、エンジンはアルファ・ロメオだったが、自然吸気V12からターボV8に変更された。1台エントリーで参戦したが、第4戦サンマリノグランプリで、ヨー・ガルトナーを2台目としてエントリーした。ガルトナーはこのレースでは自然吸気V12を使用した。第5戦から第9戦までは再度1カーエントリーとなったが、第10戦以降はシーズン終了までガルトナーが2台目のステアリングを握り、2台ともターボエンジンを搭載した。タイヤはピレリ

この年のマシンはFA1Fとされたが、第2戦南アフリカグランプリの予選でギンザーニが大破させた車体は1983年にアルファ・ロメオチームが使用した183Tそのものを改良したものである[1]。完全に新しく作成されたFA1Fモノコックは、第3戦ベルギーグランプリで初めて投入された[1]

第9戦アメリカグランプリでギンザーニが5位入賞を記録、ガルトナーも第14戦イタリアグランプリで5位入賞する。結果的には、これがチーム最後のポイントとなった[2]。延べ22回決勝をスタートしたが、完走は8回だった。

1985年[編集]

ギンザーニが残留し、1台エントリーとなった。マシンはFA1Fをジュゼッペ・ペトロッタが改良したFA1G、エンジンは継続使用。

しかし、小改良を繰り返しただけのシャーシと燃費の悪いアルファ・ロメオエンジンでは戦闘力は低く、成績は低迷する。

シーズン途中からギンザーニがトールマンに移籍したため、第9戦からヒューブ・ロテンガッターが後釜として起用された。

1986年[編集]

ドライバーはギンザーニが戻り、前年度の国際F3000チャンピオンでザクスピードからF1デビューしたクリスチャン・ダナーが起用され2台体制となる。マシンは当初FA1Gを使用し、第5戦ベルギーグランプリからペトロッタが設計したFA1Hを投入した。

しかし、第6戦カナダグランプリを前に参戦したラリーで重傷を負ったマルク・スレールの代役として、ダナーが第7戦アメリカグランプリよりアロウズに移籍した。ダナーの後任として、第7戦からはF3で走っていたアレン・バーグを起用した。(ただし、第13戦はアレックス・カフィが代役出場。)

第10戦でバーグが初めて完走し、シーズン中は延べ4度の完走を果たしたにとどまった。

1987年[編集]

ギンザーニ、バーグともにチームを去り、カフィの1台体制。第2戦ではガブリエル・タルキーニ、第11戦から第13戦ではフランコ・フォリーニが2台目としてスポット参戦した。

マシンは前年型FA1Hとさらにその前のFA1Gを併用した。タイヤはそれまでのピレリが撤退したため、グッドイヤーを履いた。

エンジンは前年限りで撤退したアルファ・ロメオ名義であったが、これはオゼッラがエンジンを譲り受けて自社管理・開発をしたもので、アルファ・ロメオは開発にはかかわっていない。燃料の使用量が制限されていたため燃費の悪さにも苦しめられ、完走は第2戦12位ただ1度のみだった。

1988年[編集]

カフィはスクーデリア・イタリアに移籍、後釜にニコラ・ラリーニが起用される。

マシンはFA1Hとアントニオ・トマイーニ設計のFA1Lが使用される。エンジンはオゼッラ―アルファ名義のエンジン(85年型アルファ・ロメオターボエンジンを自社で改良したもの)を使用する。

この年は決勝での燃料使用量が150リッター、ターボのブースト圧が最大2.5バールまでに制限されたため、それに合わせて圧縮比の変更、バルブ径の縮小などの変更が加えられ、フルエレクトロニックインジェクションの採用なども行われた[3]が、自然吸気エンジン勢のチームにも後れを取った。それでもラリーニの努力で予選では14番手(スペイングランプリ)を取るなどしたが、完走は3回のみだった。

1989年[編集]

ラリーニが残留、再びギンザーニが復帰し2台体制となる。マシンは改良型のFA1M89。エンジンはターボエンジン禁止の影響でフォードコスワースDFRを使用する。タイヤは復帰したピレリを履いた。

自然吸気エンジンはF3000ですでに使用されていたため、F3000からのステップアップチームが増加、その結果予備予選に回されてしまい、ますます決勝に出場する機会が減ってしまった。

ラリーニは奮闘し、しばしば10番前後のグリッドを獲得して決勝に出場、雨のカナダグランプリでは一時3位を走行したが、完走は1回のみ。3回決勝に出場したギンザーニに完走はなかった。


1990年[編集]

前年度からスポンサーだった大手ホイールメーカーのフォンドメタル代表ガブリエーレ・ルミが資本参加し、完全新作のFA1MEが製作される。

エンジン[4]・タイヤともに継続使用したが、ドライバーはラリーニ・ギンザーニともに離脱し、オリビエ・グルイヤールの1台体制となる。この年も予備予選からの出場。

開幕戦では予選8位を記録したがそれ以降は低迷、完走4回に終わる。

そしてオゼッラはF1部門をフォンドメタルに売却、撤退する。


変遷表[編集]

エントリー名 シャーシ タイヤ エンジン 燃料・オイル ドライバー ランキング 優勝数
1980 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1,FA1B G フォードDFV モービル エディ・チーバー 15 0
1981 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1B,FA1C M フォードDFV モービル ベッペ・ガビアーニ
ミフエル・アンヘル・フェッラ
ピエルカルロ・ギンザーニ
ジョルジオ・フランチア
ジャン=ピエール・ジャリエ
16 0
1982 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1C,FA1D P フォードDFV Agip ジャン=ピエール・ジャリエ
リカルド・パレッティ
13 0
1983 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1D,FA1E M フォードDFV
アルファ・ロメオ1260
Agip ピエルカルロ・ギンザーニ
コラード・ファビ
17 0
1984 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1E,FA1F P アルファ・ロメオ890T,1260 Agip ピエルカルロ・ギンザーニ
ヨー・ガルトナー
12 0
1985 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1F,FA1G P アルファ・ロメオ890T Agip ピエルカルロ・ギンザーニ
ヒューブ・ロテンガッター
15 0
1986 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1F,FA1G,FA1H P アルファ・ロメオ890T Agip ピエルカルロ・ギンザーニ
クリスチャン・ダナー
アレン・バーグ
アレックス・カフィ
13 0
1987 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1G,FA1I G アルファ・ロメオ890T Agip アレックス・カフィ
ピエルカルロ・ギンザーニ
フランコ・フォリーニ
14 0
1988 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1L G アルファ・ロメオ(オゼッラ)890T Agip ニコラ・ラリーニ 18 0
1989 オゼッラ・スクアドラ・コルセ FA1M89 P フォードDFR Agip ニコラ・ラリーニ
ピエルカルロ・ギンザーニ
19 0
1990 フォンドメタル・オゼッラ FA1M89,FA1ME P フォードDFR Agip オリビエ・グルイヤール 10 0

*斜体になっているドライバーはスポット参戦など

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Hamilton, Maurice (ed.) (1984). AUTOCOURSE 1984-85. Hazleton Publishing. pp. p60. ISBN 0-905138-32-5. 
  2. ^ ただし、チームが出場するのはギンザーニ1台のみという登録をしていたため、ガルトナーの分のポイントは加算されなかった。
  3. ^ バムゼイ, イアン 三重 宗久訳 (1990). 世界のレーシングエンジン. 株式会社グランプリ出版. ISBN 4-906189-99-7. 
  4. ^ ただし前半はマーダー、後半はティックフォードのチューン

関連項目[編集]