リカルド・パレッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リカルド・パレッティ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1958年6月15日
没年月日 1982年6月13日(満23歳没)
F1での経歴
所属チーム '82 オゼッラ
活動時期 1982
出走回数 8(2 starts)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1982年南アフリカGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1982年カナダGP
タイトル 0
テンプレートを表示

リカルド・パレッティRiccardo Paletti1958年6月15日 - 1982年6月13日)は、イタリア出身のレーシングドライバー

経歴[編集]

F1以前には、1979年イタリアF3、1980年前半にはヨーロッパF3に参戦。シーズン途中よりヨーロッパF2に参戦し、翌1981年もヨーロッパF2で走った。

F1[編集]

1982年に、オゼッラからF1に参戦を開始。パイオニアのスポンサーを持ち込んでのものだったが、競争力の低いマシンということもあり、開幕戦から予選落ちと予備予選落ちが続いた。

第4戦サンマリノGPは、F1界における政治的な紛争からFOCA系チームの大半がボイコットしたため、14台のみの参加でGPが行われた。予選落ちの存在しないこのレースで、予選11位となりF1デビューを果たした。決勝では、協議側のミスでまだグリッドにつく前にスタートを切られてしまい、またトラブルで序盤にリタイヤした。

その後第7戦デトロイトGPでは予選23位となり自力で予選を通過するが、決勝前のウォームアップランでマシンを壊したジャン=ピエール・ジャリエにマシンを譲り、レースに出走することが出来なかった。

事故死[編集]

続く第8戦カナダGPにおいても前戦同様予選を23位で通過。3度目の決勝進出であったが、通常のかたちでスタートを経験するのはこのレースが初となった。しかし、ポールポジションを獲得したフェラーリディディエ・ピローニが、スタート時にエンジンをストールさせ立ち往生した。周囲のマシンは手を挙げて合図するピローニのマシンを避けて通過していったが、後方のグリッドから加速中のパレッティは視界を前車に遮られており、ピローニのマシンに気付くのが遅れた。パレッティのマシンは、停車していたピローニのマシンに高速で追突してしまった。

パレッティのマシンは前部(運転席)が押しつぶされる形となり、両足は折れ、胸をステアリングで圧迫されていた。そのうえ救助作業の最中にマシンが炎上し、消火作業で救出に時間を要する結果となった。その後病院に運ばれたが、胸郭破裂で死亡が確認された。23歳。ピローニ車への追突の衝撃でほぼ即死状態だったといわれ、その後にマシンが炎上したもののパレッティの身体に火傷はほとんどなかったという説もある。

事故の原因になってしまったピローニは、激しく追突されたものの、ほとんど無傷だった。

この事故以来、F1では11シーズンに渡りレースウィーク中の死亡事故が起きることはなかった為、長らく「最後の事故死者」として名前が挙がっていた。

補足[編集]

  • その死を悼み、故郷・パルマにあるサーキットには、「リカルド・パレッティ・サーキット」の名がつけられている。

F1での全記録[編集]

(key)

エントラント シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC Pts.
1982 オゼッラ
スクアドラコルセ
FA1C RSA
DNQ
BRA
DNPQ
USW
DNQ
SMR
Ret
BEL
DNPQ
MON
DNPQ
DET
DNS
CAN
Ret
NED GBR FRA GER AUT SUI ITA CPL NC 0