ヨー・ガルトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨー・ガルトナー
基本情報
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
出身地 同・ウィーン
生年月日 1954年1月4日
没年月日 1986年6月1日(満32歳没)
F1での経歴
所属チーム '84 オゼッラ
活動時期 1984
出走回数 8
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1984年サンマリノGP
最終戦 1984年ポルトガルGP
テンプレートを表示

ヨーゼフ・"ヨー"・ガルトナーJosef "Jo" Gartner, 1954年1月4日 - 1986年6月1日)はオーストリアウィーン出身のレーシングドライバー

経歴[編集]

最初はメカニックとしてレース界に入り、ドライバー転身後フォーミュラー・スーパー・Veeから1979年ヨーロッパF3に参戦。翌年にはヨーロッパF2に参戦し、1983年に1勝を挙げている。

F1[編集]

1984年にイタリアのオゼッラから第4戦サンマリノGPでデビュー。弱小チームではあったが、この年のオゼッラは時折速さを見せ、ガルトナー自身は第11戦イタリアGPで5位入賞を果たした(チームメイトのピエルカルロ・ギンザーニも第9戦アメリカGPで5位入賞を果たしている)。

ところがギンザーニ1台のみの出走という登録であった為、ガルトナーのポイントは抹消されてしまった。また、マシンの信頼性も低く、全8戦中完走は3戦のみとなった。結局ガルトナーはこの年限りでF1を去った。

F1後[編集]

F1を去った後のガルトナーは、IMSAGTPシリーズに参戦。ここで頭角を現し始め、1986年にはセブリング12時間レースポルシェ962Cを駆り、ハンス=ヨアヒム・スタックボブ・エイキンと共に総合優勝を飾った。

同年6月1日、ル・マン24時間レースクレマー・レーシングから高橋国光サレル・ファン・デル・メルヴェと共に出場していた最中、ポルシェ962Cで夜間走行中にガードレールに激突。マシンは大破、炎上し、ガルトナーは即死した(32歳)。

チームのスポンサーだったケンウッドは、事故後企業TVCM中にガルトナーへの追悼文を字幕で流していた。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1984年 オゼッラ FA1E BRA RSA BEL SMR
Ret
FRA MON CAN DET DAL NC
(21位)
0
FA1F GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
12
ITA
5
EUR
12
POR
16

(key)

  •  : 入賞圏内でフィニッシュしたものの、出走未登録であったためポイントは抹消された。