1990年アメリカグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国の旗 1990年アメリカグランプリ
レース詳細
Phoenix track.jpg
日程 1990年シーズン第1戦
決勝開催日 1990年3月11日
開催地 フェニックス市街地コース
アメリカ合衆国 アリゾナ州フェニックス
コース長 3.798km
レース距離 72周(273.456km)
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'28.664
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 1'31.050(Lap 34)
決勝順位
優勝 ブラジルの旗 アイルトン・セナ
タイム 1:52'32.829
2位 フランスの旗 ジャン・アレジ
3位 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン

1990年アメリカグランプリ(1990 U.S. Grand Prix)は、1990年F1世界選手権第1戦として、1990年3月11日フェニックス市街地コースで開催された。

概要[編集]

フェニックス市街地コースでは2年連続2回目の開催となったF1アメリカグランプリはスケジュールが前年の第5戦から開幕戦に変更となり、時期も6月から3月へと約3ヶ月前倒しされた。

GPウィークに入ってから、ティレルは使用タイヤをグッドイヤーからピレリに変更すると発表した。ティレルはピレリタイヤのテストをすることなくシーズンに臨むことになった。

予選2日目は降雨となり、マクラーレンゲルハルト・ベルガーが初日のタイムでポールポジションを獲得した。2位以下はピエルルイジ・マルティニアンドレア・デ・チェザリスジャン・アレジの3人のピレリタイヤユーザが入るという予想外の展開となった。2日目に初日のタイムを上回ったドライバーは居なかった。多くのドライバーがコースに出ず、J.J.レートは両日ともにタイムを記録することなく予選不通過となった。

決勝も曇天で寒い中路面温度が上がらず、スタート直後にコンディションがマッチしたピレリタイヤを使用する予選4位のアレジが首位に立った。予選PPのベルガーも追いつけず、44周目にミスによる単独スピンで自滅。やがて予選5位のアイルトン・セナが首位のアレジに追いつくと抜きつ抜かれつの末35周目に首位に立った。結局セナは8秒あまりの差をつけて1位でゴール。2位には序盤首位を走ったアレジ、4位には前年型B189Bで走ったネルソン・ピケ、5位にはこの年唯一のポイント獲得となるステファノ・モデナ、6位には2位アレジのチームメイト中嶋悟が入賞し、予選から続いて荒れた結果となった。

予備予選[編集]

Pos No Driver Team Time
1 33 ブラジルの旗 ロベルト・モレノ ユーロブルン-ジャッド 1'32.292
2 29 フランスの旗 エリック・ベルナール ラルース-ランボルギーニ 1'32.711
3 14 フランスの旗 オリビエ・グルイヤール オゼッラ-コスワース 1'33.181
4 30 日本の旗 鈴木亜久里 ラルース-ランボルギーニ 1'33.331
5 17 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ AGS-コスワース 1'35.420
6 18 フランスの旗 ヤニック・ダルマス AGS-コスワース 1'35.481
7 34 イタリアの旗 クラウディオ・ランゲ ユーロブルン-ジャッド 1'37.399
8 39 オーストラリアの旗 ゲイリー・ブラバム ライフ 2'07.147
9 31 ベルギーの旗 ベルトラン・ガショー コローニ-スバル 5'15.010

予選[編集]

決勝[編集]

記録[編集]

参考文献[編集]

FIA F1世界選手権
1990年シーズン
次戦
1990年ブラジルグランプリ
前回開催
1989年アメリカグランプリ
アメリカ合衆国の旗 アメリカグランプリ 次回開催
1991年アメリカグランプリ