AGS (F1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AGS
参戦年度 1986 - 1991
出走回数 49
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1986年イタリアGP
初勝利
最終勝利
最終戦 1991年スペインGP
テンプレートを表示

AGS (Automobiles Gonfaronaises Sportives) は、1986年から1991年までF1に参戦していたフランスのレーシングチームである。

歴史[編集]

F1参戦前[編集]

1968年、南フランスのゴンファロンを本拠地にアンリ・ジュリアンが500ccのシングルシーターのマシンを製作するために作ったチームが発祥である。

その後、チームはF3や国際F2、その後身である国際F3000にチームは参戦。F2時代にはチャンピオンを経験するなどの活躍をしていた。

F1参戦[編集]

1986年[編集]

チームはスポット参戦ながらF1に打って出た。

シャーシはルノーF1の前年型マシンRE60をクリスチャン・バンダープレインが改良したJH21C、エンジンはモトーリ・モデルニV型6気筒ターボを搭載したもので、ドライバーは国際F3000でスタードライバーとされていたイヴァン・カペリを起用した。タイヤはピレリを装着した。

JH21Cは明らかに過重で、参戦したイタリアGPとポルトガルGPではともに予選25位、決勝はリタイヤに終わった。

1987年[編集]

チームは1台体制ながらもフル参戦を果たす。

マシンはJH21Cの改良型JH22でエンジンは自然吸気のフォードコスワースDFZ(V型8気筒)エンジンを搭載。タイヤはグッドイヤーを装着した。

ドライバーはレイトンハウスマーチに移籍したカペリにかわり国際F3000ドライバーのパスカル・ファブルを起用した。

しかしながら状況は改善することはなく、決勝では9位を獲得したりしたものの、予選では通過ギリギリの26位であることが多く、また資金難でマシン開発が進まず第11戦イタリアGPでは予選落ちを喫し、第14戦メキシコGPで3回目の予選落ちを喫したところでファブルを解雇、代わりにロベルト・モレノを起用した。

モレノも最後列からのスタートながら最終戦オーストラリアGPでは完走9台のレースで6位となり、チームの初ポイントを記録した。

1988年[編集]

新車JH23は前年までのマシンとは全く変わってシンプルでコンパクトな設計だった。エンジンはフォード・コスワースのエンジンを使用した。タイヤはグッドイヤー。

ドライバーは国際F3000に戻ったモレノにかわって、F2時代に起用していたフィリップ・ストレイフを起用。

シーズン序盤には予選10位(カナダグランプリ)を記録するなどそこそこのポテンシャルを見せたものの、信頼性が低く、また資金難でマシン開発が進まず、シーズンが進むにつれて後退していくという状況であった。

この年の決勝における最高位は日本グランプリでストレイフが記録した8位である。

1989年[編集]

参戦4年目にして2台体制になる。

ドライバーは当初ストレイフが残留予定だったものの、シーズン前のテストでクラッシュ、半身不随となり引退を余儀なくされる。

開幕戦ではとりあえず新人のヨアヒム・ヴィンケルホック単独で出走し、第2戦からガブリエル・タルキーニを2台目で走らせた。

マシンは第7戦まで前年型で走らせ、第8戦からクロード・ギャロパン設計のJH24をまず一台、第12戦でもう二台目を登場させた。エンジンはコスワースDFR、タイヤはグッドイヤー。

ベテランのタルキーニがそれでもなお熟練の走りを見せ、メキシコグランプリでは6位入賞し、チームに久々のポイントをもたらした。

しかし、前半戦を前年型で走らせるところからわかるとおり、チームはかなりの資金難に陥っており、新型マシンのポテンシャルも低く、後半戦からタルキーニも予備予選組に落ちた途端に予備予選を通過できなくなった。

ビンケルホックは予備予選落ちを繰り返し、チームは第8戦からヤニック・ダルマスを起用した。

1990年[編集]

1990年、タルキーニとダルマスが残留し、マシンは最初の2戦、前年のJH24で走らせ、第3戦からミシェル・コスタ設計のJH25を投入する。エンジンはコスワースDFR、タイヤはグッドイヤー。

二人とも予備予選からの出走で、マシンのポテンシャルも低く、常に後方集団に居るという状況で、決勝進出はタルキーニが4回、ダルマスが5回のみだった。この年の決勝における最高位はスペイングランプリでダルマスが記録した9位である。

このシーズンオフ、同じフランスのラルースとの合併話があったが、ラルースの失格騒動(詳しくはラルースの項参照)で立ち消えとなった。

また、これまでチーム代表だったジュリアンが辞職し、シリル・ド・ルーブルが新たに代表についたが、チームの借金はすでに膨大な額にまで膨れ上がっており、参戦は不可能に思われた。

1991年[編集]

しかしながら、1991年、150億円の借金を抱えながらチームはエントリーし、F1関係者は非常に驚いた。

ドライバーはタルキーニが残留し、新たにステファン・ヨハンソンを迎え入れた。

シーズン序盤は前年型のJH25、次いでJH27を投入した。エンジンはハイニ・マーダーがメンテナンスするコスワースDFR、タイヤはグッドイヤーを使用した。

だが、エピソードに後述するような状況に陥るほどチームは資金難が進んでおり、第3戦ではチームはイタリア人のガブリエーレ・ラファネリパトリツィオ・カンツォ(前はスクーデリア・イタリアのマネージャーだった。)に売却された。ペイイングドライバーではなかったヨハンソンを解雇し、代わりにファブリツィオ・バルバッツァが起用された。

さらに第14戦スペイングランプリではフォンドメタルとトレードの形でタルキーニを放出し、オリビエ・グルイヤールを起用した。

前年の成績から予備予選を免除され予選からの出走となったが、チームは予選落ちを繰り返し、後半戦は予備予選組に戻された。資金難も限界に達し、フライアウェイとなる日本グランプリとオーストラリアグランプリへの遠征資金が調達できず、シーズン途中での撤退を余儀なくされた。

F1撤退後[編集]

1992年、F1から撤退したAGSは手元に残ったマシンを元手に「F1レジャー」なる事業を始めた。

それはある程度の代金と講習を受ければF1マシンをドライブできるというもので、現在はファクトリーの横にある「Circuit du Var」というところで同事業を行っている。

同サーキットはポール・リカールのようにコースを変形させることができる。

使用できるマシンはアロウズ・A20ペドロ・デ・ラ・ロサ仕様)、プロスト・AP02ジャン・アレジ仕様)、ジョーダン・EJ11(ジャン・アレジ仕様)、2003年に独自に製造したSH03の4台のF1マシンの他に、2台のツーシーターカーや、ル・マン24時間レースで優勝したプジョー・905などがある。

エピソード[編集]

  • 1986年のF1参戦前に行ったテストではディディエ・ピローニがシートに座っていた。ピローニはAGSからのF1復帰を狙っていたが、マシンにポテンシャルが無いと判断、契約をしなかった。
  • 1991年のAGSの資金難の状況は以下に示すような悲惨なものだった。
    • 開幕戦前にオーナーのルーブルが撤退を表明したり(後撤回)、マネージャーのアンリ・コーシャンが資金を持ち逃げしたとの噂が広まった。
    • 仕方なしに現れた開幕戦アメリカグランプリで当初現れたメカニックは9人。これはピットクルーの人数にも満たない。さらに給料は支払われておらず、航空機のチケットに関してはタルキーニが立て替えたという噂が立った。
    • 昼飯がマクドナルドだった。通常はチームがコックを雇ったり、ケータリング会社に頼んで料理を作ってもらう。
    • スポンサーを持たないヨハンソンが当初起用された理由は、当初起用予定だったアンドレア・デ・チェザリスが新規参戦チームのジョーダンに鞍替えしたため、欠場の罰金回避をしようという苦肉の策だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • AGS - 現在営んでいるF1レジャー事業のサイト。