フォーミュラ3000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォーミュラ3000(レイナード93D、1993年)

フォーミュラ3000Formula 3000F3000)は、自動車レースの1カテゴリーで、国際自動車連盟(FIA)が定義するフォーミュラカー(オープンホイール)による四輪レースのうち、F1の直下に位置するカテゴリーであった。

F3000には国際選手権と地域選手権が存在した。本項ではおもに国際F3000選手権 (International Formula 3000 Championship) について説明する。

概要[編集]

1985年-1995年[編集]

F1の下位カテゴリーであったF2がワークスエンジンの開発競争激化などによる費用高騰のため、それに代わる物として、F1のレギュレーションの変更により使われなくなった、かつてF1で一時代を築いたフォードコスワースDFVエンジンV8 3,000cc)を再利用し、回転数を9,000rpmに制限するなどの方法でコスト低減されたカテゴリーとして1985年に再編成された。

しかしシリーズが進むにつれてシャシー(マーチローララルトレイナードダラーラフットワーク童夢)、エンジン(無限ジャッドコスワースAC)等多数のメーカーが参入し、また各チームによる「スペシャルガソリン」や「トラクションコントロールシステム」等の開発、シーズン途中でのシャーシー(例 ローラ→レイナード)やエンジンメーカー(例 無限→コスワース)の変更等を行うチームが発生し、その結果参戦コストが大幅に急騰してしまった。そのため1995年にレギュレーションの変更を行いシャーシー、エンジンをワンメイクにし入札を行ない、その結果1996年よりシャーシはローラ、エンジンはザイテック(設計はジャッド)のV型8気筒3,000ccへと変更になった。(タイヤは1986年よりエイヴォン・タイヤのワンメイク)

1996年-2004年[編集]

ローラB99/50(1999年)

1996年以降においてマクラーレンベネトンジョーダンアロウズプロスト等が若手育成を目的として「ジュニアチーム」を設立する(実際には参戦しているチームを支配下に置く方式)。これは若手ドライバーをレースだけに集中させるだけではなく、F1ドライバーになるためのレース活動以外のサポートをしたが、F1とF3000のマシンのレベルに差が大きすぎ、F1チームの予想に反してF1へのステップアップが想定通りには進まなかった。

その結果F1チームにおけるドライバー育成プログラムを見直し、ドイツF3(→F3ユーロシリーズ)やイギリスF3等のランキング上位者ドライバーをテストドライバーとして契約し将来的にはレギュラードライバーへステップアップさせる方法へ切り替えた。僅か数年で各F1チームはジュニアチームを解散させてしまい(本来の単独チームへ戻り)、その影響で多くのスポンサーが撤退してしまった。結果として、ますますF1へのステップアップが難しくなるという皮肉な結末になった。

FIAにおいても国際F3000がF1への重要なステップアップカテゴリーである認識は強かったので、テレビ放送によって露出を増やし、より多くのスポンサーの参入と目的とし、国際F3000による単独レースを止めてヨーロッパ内で行われるF1レースの前座レースへと変更をしたが、FIAの思惑とは裏腹に年々エントリーが減少し、F1へのステップアップカテゴリーとして機能しているとは言い難いものとなり、2005年からGP2に移行した。

選手権[編集]

国際F3000の他、イギリス日本など数カ国で国内選手権が行われており、中でもフェリペ・マッサなどを輩出したユーロ3000選手権の動きが活発であったが、同選手権も2009年限りで終了している。日本では1987年から1995年まで全日本F3000選手権が開催されていた。

ジンクス[編集]

「国際F3000のチャンピオンになったドライバーは、F1ではチャンピオンになれない」というジンクスがある。

この話はヨーロッパF2時代からあり、事実としてヨーロッパF2、国際F3000ともに、そのチャンピオンドライバーはまだ1人もF1世界チャンピオンになっていない。国際F3000チャンピオンの中からはF1における優勝ドライバーもなかなか現れず、チャンピオンを獲得したドライバーで初めてF1で優勝を果たしたのは1995年カナダGPにおけるジャン・アレジである。アレジ以降もオリビエ・パニスファン・パブロ・モントーヤ以外にF1で優勝した元国際F3000チャンピオンはいない。なお、国際F3000とF1の両方で優勝したことがあるドライバーは上記3人のほか、ジョニー・ハーバートデビッド・クルサードエディ・アーバインフェルナンド・アロンソマーク・ウェバーがいる。またデイモン・ヒル(1991年総合7位)、ルーベンス・バリチェロ(1992年総合3位)も優勝こそない(いずれも最高位2位)ものの上位ランカーの一人ではあった。

歴代チャンピオン[編集]

国際F3000選手権チャンピオン
チャンピオン 国籍 所属チーム マシン レポート
1985年 クリスチャン・ダナー ドイツの旗 ドイツ BSオートモーティブ英語版 マーチ85B・コスワース 詳細
1986年 イヴァン・カペリ イタリアの旗 イタリア ジェノア・レーシング マーチ86B・コスワース 詳細
1987年 ステファノ・モデナ イタリアの旗 イタリア オニクス マーチ87B・コスワース 詳細
1988年 ロベルト・モレノ ブラジルの旗 ブラジル Bromley Motorsport レイナード88D・コスワース 詳細
1989年 ジャン・アレジ フランスの旗 フランス エディ・ジョーダン・レーシング レイナード89D・無限 詳細
1990年 エリック・コマス フランスの旗 フランス DAMS ローラT90/50・無限 詳細
1991年 クリスチャン・フィッティパルディ ブラジルの旗 ブラジル パシフィック レイナード91D・無限 詳細
1992年 ルカ・バドエル イタリアの旗 イタリア クリプトン・エンジニアリング レイナード92D・コスワース 詳細
1993年 オリビエ・パニス フランスの旗 フランス DAMS レイナード93D・コスワース 詳細
1994年 ジャン=クリストフ・ブイヨン フランスの旗 フランス DAMS レイナード94D・コスワース 詳細
1995年 ヴィンセンツォ・ソスピリ イタリアの旗 イタリア スーパーノヴァ・レーシング レイナード95D・コスワース 詳細
1996年 ヨルグ・ミューラー ドイツの旗 ドイツ RSMマルコ ローラT96/50・ザイテック 詳細
1997年 リカルド・ゾンタ ブラジルの旗 ブラジル スーパーノヴァ・レーシング ローラT96/50・ザイテック 詳細
1998年 ファン・パブロ・モントーヤ コロンビアの旗 コロンビア スーパーノヴァ・レーシング ローラT96/50・ザイテック 詳細
1999年 ニック・ハイドフェルド ドイツの旗 ドイツ ウェスト・コーポレーション ローラT99/50・ザイテック 詳細
2000年 ブルーノ・ジュンケイラ ブラジルの旗 ブラジル ペトロブラス・ジュニアチーム ローラT99/50・ザイテック 詳細
2001年 ジャスティン・ウィルソン イギリスの旗 イギリス コカコーラ・ノルディック・レーシング ローラT99/50・ザイテック 詳細
2002年 セバスチャン・ボーデ フランスの旗 フランス スーパーノヴァ・レーシング ローラB02/50・ザイテック 詳細
2003年 ビヨン・ビルドハイム スウェーデンの旗 スウェーデン アーデン・インターナショナル英語版 ローラB02/50・ザイテック 詳細
2004年 ヴィタントニオ・リウッツィ イタリアの旗 イタリア アーデン・インターナショナル英語版 ローラB02/50・ザイテック 詳細

関連項目[編集]

外部リンク[編集]